フレキシブルなフィリピン留学には捨てチケットを活用しましょう

ABOUTこの記事をかいた人

ロッキー

金融機関に勤務しながらフィリピンに魅せられ、週末渡航を繰り返すこと数十回。スラムに招待されたり、ホテルで荷物荒らしに遭ったりしながら、ついにはフィリピン人と結婚し、現地に家を購入。

30日を超えてフィリピン留学をされる皆さんにご注意申し上げます。

 

準備万端整えて、いざフィリピン留学!と空港に行ったら、航空会社のカウンターで

 

「日本を出国させられません」

 

と言われてしまうケースが発生しています。

 

特にフィリピン留学の日程を流動的に考えている方々が、陥りやすいミスです。

どういうことなのか、対策も含めて詳しく解説して参ります。

 

フィリピン留学における独特の「常識」とは?

フィリピン留学における独特の「常識」とは?

まず冒頭のケースについて説明いたします。

フィリピンへの入国に関するルールですが、2つの大原則があります。

 

  • フィリピンを出国するときの航空券も、入国前に提示しなければならない
  • フィリピン滞在が30日以内であれば、ビザの申請は不要

 

このため従来から31日以上のフィリピン留学においては、

 

  • 帰国時のチケットも事前手配を済ませておく
  • フィリピン到着後、学校側でビザの申請手続きをする

 

という対応がなされています。

では、帰国スケジュールを確定していない人は?

 

ほとんどの方々は初めてのフィリピン留学でしょうから、「まずは1ケ月くらい、様子を見てから帰国日を決めたい」とか「学校の雰囲気に馴染めなかったら、転校も含めて日程を再度考えよう」など、あえて帰国日を決めずに留学したいとお考えの人もいらっしゃるでしょう。

 

ではその場合、入国ルールをどうしたらクリアできるのでしょうか。

 

 

フレキシブルなフィリピン留学に捨てチケットはマストアイテム

フレキシブルなフィリピン留学に捨てチケットはマストアイテム

捨てチケットとは「実際には使う予定の無い航空券を買うことで、とりあえずフィリピンに入国してしまおう」という、ある種の裏ワザです。日本出国時に、航空会社のカウンターで提示を求められますので、プリントしたチケットを見せれば無事、出国できます。

 

これまでも例えば、こんなケースで使われてきました。

 

  • フィリピンに馴染めたら、留学期間を延長したい(様子をみて検討する)
  • フィリピン留学の後、その足で他の国に行くつもりだが具体的な場所は未定

 

過去にフィリピン留学をされた諸先輩方も、実際に捨てチケットを活用した例は数多くありますので、ご心配は無用です。

また、こんな疑問をお持ちになるかもしれません。

 

  • 購入した航空券を捨ててしまって、問題はないの?
  • 裏ワザということは、バレたら何かペナルティとかもあるの?

 

疑問に感じるのはごもっともですが、チケット代は払っているので実際に搭乗しなくても問題にはなりません。

 

「捨てチケットの日付はいつでも大丈夫」と書いているフィリピン留学関連のサイトもありますが、可能な限りは日本出国から30日以内の日付で取るのが無難でしょう。あくまでも建前上は「30日以内の観光なのでビザなしでの渡航」をするわけですから、整合性が確保されます。

 

 

フィリピン留学の捨てチケットはこうして手配すべし

実際は使わない捨てチケットですから「片道で、できるだけ安く」買うのが原則です。

 

例えば留学先がセブ島であっても、マニラ出国の片道チケットでいいのです(セブ発よりもマニラ発が安価なことが多いです)。その場合であっても、セブ→マニラの国内チケットは不要です。

 

片道で、かつ安くとなれば当然、対象になるのはセブ・パシフィックやエアアジアなどのLCCです。LCCは原則的に「キャンセル」はできませんし、便の変更をするには手数料が高くつくので、「乗れなければチケットを捨てる」のは、フィリピン留学でなくても普通のことです。

 

複数のフィリピン留学関連サイトで「最安」としているのが、セブ・パシフィック航空のマニラ→コタキナバル行きです。

セブパシフィック

セブ・パシフィックの日本語予約ページ

 

複数のエアラインにわたって安い航空券を探すなら、スカイスキャナーというサイトが最も有名です。

スカイスキャナー

スカイスキャナー

 

検索トップページでまず「片道」を選択し、出発地はマニラ。目的地は「すべての場所」となっているままにして、出発日を「最安値の月」と指定します。最後に「直行便のみ」にチェックを入れて検索です。

ただしスカイスキャナーは万能ではありません。セブ・パシフィックやエアアジアは頻繁に「バーゲンセール」がありますが、スカイスキャナーではバーゲン価格は表示されないのです。

 

もしまだ、フィリピン留学までに2ケ月以上あるようでしたら、出発の5週間前までの間、週1回でいいのでバーゲンをしていないか定期的に確認するのもいいでしょう。

 

また、留学まで半年近くあるなら、今すぐチケットを押さえてしまう手もあります。LCCは早期に予約すればするほど安いのが原則ですから。バーゲンのチェックを「フィリピン留学までに2ケ月以上」としたのはそのためです。ひと月を切ってしまったらかなり高くなってしまいます。

 

捨てチケットを「捨てない」という考え方もあります

捨てチケットを「捨てない」という考え方もあります

最安値だとしても「捨てチケットはムダ金だなぁ」と感じる方もいらっしゃるでしょう。それならば「チケットを捨てずに旅行に行く」のも選択肢ですよね。最安値ではなくても、ムダ金にはなりません。

 

もちろん学校が休みになる週末の「弾丸」旅行になりますが、日本から往復するよりもはるかに安く海外旅行するチャンスでもありますから。

 

ただし、週末の旅行は事前に学校への許可申請が必要になることが一般的です。また、国際線の就航している空港まで遠いバギオやバコロドなどの留学地では、あまり現実的ではありません。フィリピン留学先がマニラ、セブ、クラークのいずれかであれば検討してみる価値はあるでしょう。

 

また学校側と要相談ですが、先に触れましたようにフィリピン留学では学校側でビザの手続きをしてくれます。もしあなたが「留学中は何度でも、30日以内に必ず出国する」なら、ビザ手続きに支払う金額は理論上、必要がなくなりますよね。

 

学校側が認めてくれるなら、ビザ代金が浮くことになります。実際にフィリピン留学された諸先輩のなかには、都度周辺国に出かけてビザ延長しなかった人もいます。

ビザ延長にはひと月目に3,130ペソ、2ケ月目は7,590ペソかかります。だったらそのコストに少しプラスして、実際に旅行に行ってしまおうと考えるのは自然です。

 

ただし、ひとつ大事なポイントがあります。

当然ながら、周辺国へ出かけてフィリピンに戻るときには、また「出国用チケット」が必要になりますから、週末旅行は計画的にしなければいけません。

 

では実際に旅行に行く場合ですが、授業を犠牲にしない前提で考えますと、毎日運航している路線に限られてきます。週4日以下の運行しかない路線も多いのがLCCです。

 

週7日運行している路線が実際にどれくらいあるのか調べてみました。(2018年1月現在)

 

  • セブ・パシフィック航空のマニラ発

 

香港、上海、台北、マカオ、ホーチミン、バンコク、クアラルンプール、シンガポール

 

最低1日1便あるのが以上の路線です。なかでも香港線は週35便、シンガポールは25便もあります。週35便ということは1日5便。それだけあれば出発時間の選択もいろいろ可能でしょう。

1)セブ・パシフィック航空のセブ発

 

香港とシンガポールに週7便、1日1便です。

 

3)セブ・パシフィック航空のクラーク発

 

香港とシンガポールに週7便、1日1便です。

 

4)エアアジアのマニラ発

 

台北、香港、クアラルンプール、シンガポール

 

5)エアアジアのセブ発

 

クアラルンプール、シンガポール

 

いかがですか?思った以上に多くの選択肢があると感じませんか?

ちなみに、他サイトで「捨てチケット」として推奨されているコタキナバルは、マニラから週3便しかないので、週末旅行に実際に出かけるには不向きです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

今までぼくが研究してきた「留学で3倍の成果を上げる」ノウハウを無料でプレゼントしちゃいます。


総ページ数30ページ以上の

充実のコンテンツE-bookです。

ぜひあなたの留学にお役立て下さい。

いつか削除する可能性もあるので
今ダウンロードしちゃって下さい。

ここでは絶対に言えない成功の秘訣を
惜しみなく盛り込みました。

詳しくはE-bookで!




フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!