BECIで出来た友達

ABOUTこの記事をかいた人

瀬崎真悠

熊本大学出身の瀬崎真悠19歳です。ニュージーランドとかタイに観光に行ったことはあるけど、フィリピンは今回が初めてで、留学も初です!ドキドキする間もなく出発ですが、とにかく頑張ります!

BECIで初めての英語の授業

今日からはついにBECIの授業が始まりました。不安と楽しみのどちらもありましたが、とても優しくフレンドリーなBECIのティーチャーでリラックスして最初の授業に挑むことができました。

グループクラスでは、3コマとも私以外の3人はコリアンでしたがすぐに仲良くなれて授業もとてもアクティブに会話もできました。

また、お互いの国についての情報もやり取りできて視野を広げるとてもいい機会になります。同じようなレベル同士なので、まったく気後れすることもなく、自分の話したいことがどんどん話せました。

英語がうまく話せないのが当たり前、答えが間違っていても何もおかしくないし、恥ずかしくもない。そういう環境の中で話したり勉強したりすることで、格好つけずに自分の実力を確かめながらどんどんチャレンジできると実感しました。

マンツーマンの授業では、今日のほとんどの授業が自己紹介と、家族や日本のことについてのトークでした。グループレッスンとは違っていいところは、たくさんしゃべれることと、焦らずにいれることです。

バギオBECIの友達

単語が出てこなかったり、なんて言っていいか分からない時も、時間をくれてどうしてもの時は、少しサポートしてくれて理解してもらえるまで話させてくれます。また、文法が間違っていたり単語のチョイスや発音が悪かったりしたときには、すぐに指摘してくれます。

今日は、問題を解いたりとかはしなくてずっとSpeakingだったのですが、とても楽しくあっという間に50分の授業が終っていくように感じました。

しかし、自分の国のことについてやhometownについて聞かれると、あまりにも知識がなさ過ぎて、深く聞かれると分からないとしか言えなかったので、自分の身近なことももっと学ばないと思いました。

日本に興味を持っている人がたくさんいるので、日本について面白いことが説明できると、話題作りにもなり友達も作りやすいと思います。

フィリピン留学1日目の授業の感想

バギオBECIの先生

バギオのBECIで11コマの授業を受け終えて、まずはすごく大きな達成感があります。

しかし、正直かなり疲れました。

日本語を聞き取るのとは比べものにならないくらい集中しないと聞き取れないし、マンツーマンや少人数のクラスなので、すべての言葉を英語から日本語に、そして日本語から英語に変換する作業が、私の頭の中で今日1日中繰り返されていました。

こんなにも英語でいっぱいの1日は初めてで、それをやり切ったということは、かなり自信にはなりました。

しかし、まだまだ伸ばしていかなければならないことがたくさんあるし、同じ授業を受けていても自分よりも話せている人を見ると、絶対に追いついてやる!!と闘争心みたいなものも湧いてきました。

4日間でどれだけ英語力を伸ばせるのか、チャレンジします。



フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!