フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

2週間のフィリピン留学ってどうですか?費用とあわせて解説

 
improve-english
この記事を書いている人 - WRITER -
シンさん(田中慎一)
ネット情報と現実は全然違う!ビックリするぐらい違う!

そんな情報を信じて後悔する人が後を絶たない。年間7回以上の現地視察と情報力でみんなの助けになりたいです。
詳しいプロフィールはこちら

フィリピンに留学したいけど2週間だけ留学したい!費用ってどれだけ掛かるの?そもそも効果あるの!?

こんなことを考えてる超多忙な学生・社会人からお問合せをもらいます。

ここでは、よく聞かれる2週間の総留学費用とその効果について丁寧に解説しています。

留学計画を立てる際に参考にしてください。

 

★この記事の要点★

  • 交通費まで含めた「2週間の留学総費用相場は約20万円。」
  • 留学費用はちょっとしたことで「現地費用をタダにできるぐらい安くする方法がある。」
  • 「2週間の留学の成果は英会話教室に通う1年分に匹敵。」
  • 短期留学のデメリットは1日の重みが長期留学の人と比べると重いので、「祝日が入るとダメージが大きい。」
  • 実はラピッドコースという「授業数保証コースを選ぶとデメリットが解消できる。」
  • 効果を出すか出さないかは期間の問題ではなく、「正しい取り組みをしてるかどうかがカギ。」

 

フィリピン留学2週間の費用内訳

 

2週間の留学総額:203,240円
 
(条件)
コース:一般的な英会話コース(マンツーマン4時間+グループ2時間+無料クラス3時間)
部屋タイプ:2人部屋
 
ここでは、一般的な英会話コースを2週間受けたと仮定して説明します。
 
学費・滞在費・食費・移動費・法的手続き費用などの諸費用を含めた留学総費用の相場、約203,240です。
 

渡航前に払う費用

  • 入学金(10,000円):学校に登録するための費用
  • 授業料(105,400円):マンツーマン+グループクラスの授業料+滞在費+1日3回の食費
  • 空港ピックアップ費用(2,000円):学校最寄の空港から学校スタッフが迎えに来てくれる費用
  • 海外送金手数料(2,500円):学校の銀行口座に海外送金する際の銀行の手数料

 

渡航後に払う費用

  • SSP費用(15,000円):フィリピン政府から発給される特別就学許可証の費用
  • 寮保証金(7,000円):寮の保証金 ※退寮時に全額返金
  • 水道光熱費(2,000円):現地で使う水道光熱費
  • 学生IDカード(500円):学生証発行費用

 

その他費用

  • 海外航空券(55,000円):往復の海外航空券代
  • 海外旅行保険(10,840円):留学期間中のAIU保険代
  • ※お小遣い(1.5万円~):タクシー代、外食代、観光費用等

 

留学費用を安くする方法

費用の節約方法

2週間でトータル約20万円する費用って少しでも圧縮できないでしょうか?

留学費用のどこを見直せば安くできるのか?そんな疑問に答えましたので、こちらも参考にしてください。

 

▼ひとつ実践するだけで現地費用分が無料になる!?▼
「フィリピン留学で費用に差が出るところはここ!更に格安にする裏技を公開」

 

留学中のスケジュールと生活

留学中のスケジュールと生活
 
殆どの学校では日曜日にピックアップ指定があります。なので、次の日の月曜にオリエンテーションとレベルチェックテスト、それに日用品の買出しがあります。
 
本格的な授業が始まるのは火曜日からだと思ってください。
 
(1日の流れサンプル)
 
1日の流れ
 
朝ご飯を食べてからすぐに授業が始まります。昼休みは1時間あるので食事をしたらおしゃべりしたり、部屋で休憩したり自由にできます。
 
夕食を食べ終わったら無料のグループクラスが開講されるところが多いです。
 

参加率は50%以下です。余裕があれば参加し、なければ参加しなくて構いません。睡眠まで課題をこなしたり、復習をしながら次の日に備えます。

 

フィリピン留学2週間の効果

2ヶ月留学の効果
 
英会話コース(ESL)では、スピーキング・リスニングだけじゃなく、リーディング・ライティングまで満遍なく行うことが殆どです。
 

日本で週に1回英会話スクールに通っているような人であれば、1週間の留学で9ヶ月相当、2週間の留学で18ヶ月相当の授業を一気に行っていくような密度なんだよ

 

へー、たったそれだけの期間でそんなに勉強できるんですね!

 

1週間おきに英会話を習うときと比べ、まだ完全に忘れきる前に授業を受けられるってのもいいよね。

 
 
▼現役学生が語るたった1週間の留学でも体感できた効果とは▼
バギオPINESチャピス最後の授業で感じた留学の効果
 
 

2週間留学のデメリットと解決策

デメリット
 

デメリット

 
フィリピン留学の場合、日曜日に到着し月曜日にテストを受けるので本格的な授業は火曜日からとなります。
 

月曜日に授業がないってことは、「1週目は実質火曜~金曜の4日間しか授業がない」ってことか!

 

そう!最低でも1ヶ月ほど期間があればいいんだけど、期間が短い人にとってその1日授業がないと結構多いいよね。それに祝日が入ればさらに短くなって勉強時間も減っちゃう。。

 

わー、それせっかく行く気になってきたのに~、なんともならないんですかね?

 

デメリットの解決策

実は、同じ2週間留学しても短期間留学コースがある学校を選ぶだけで、十分に授業時間を確保できたりします。
 
例えば、ラピッドコースと言われるコースがある学校に行くことで、授業時間が保証されます。
 

どういうことですか?

 

仮に留学期間中に祝日などで学校がお休みになっちゃった場合、その日あるはずだった授業数をほかの日に振替てくれるってコースなんだよ。

 

へー、そのコースだったら短期間でも留学の効果を得られそうですね!

 

ラピッドコースがある学校を紹介するよ!

 

Cebu Pelice Institute(CPI)

▼ラピッドコースのあるセブのCPIを解説▼
【フィリピンセブ島留学2018】CPIに行って分かった、口コミは信じるな!

 

Clark Institute of the Philippines(CIP)

CIP
 
▼ラピッドコースのあるクラークのCIPを解説▼
【フィリピン留学2018】クラークの語学学校「CIP」を本音で語る
 
両校ともラピッドコースがあるので、1~2週間の短期留学生向けです。
 
気になる2校の違いは、クラークのCIPは(本来月曜日にあるレベルチェックテスト)を出発前にオンラインで受講できる点です。
 
これができると、月曜日の朝一から授業が開始できるので、ラピッドコースがある学校でもCIPのほうが実はお得なんです。
 

フィリピンの留学地域・学校選びのコツ

留学地域と学校の選び方
 
ここまで読んできて、2週間の留学費用とその効果やデメリットが理解できたと思います。
 
これで「良し行ける!」と思った方は次に進みましょう!
 
 
まず、①留学地域選び、次に②語学学校選びです。
 
なかなか一人で情報集めて正確に判断していくのは難しいですよね。 でも、以下の記事で丁寧にわかりやすく解説したので安心してください。

 

▼自分に合った留学地域の正しい選び方▼
「フィリピン留学におすすめの地域なんてなかった!騙されない3つの考え方(保存版)」

▼成果を最大限にするための学校選び▼
「フィリピン留学どこがいい?学校の選び方に迷ったら知っておくべき5つの手順(完全保存版)」

 

フィリピン留学に持っていくもの

留学の持ち物
 
留学中に持っていくもの・あった方が良いものを全て解説したので、これを見ながら準備しましょう。
 

▼フィリピン渡航で欠かせないもの▼
【印刷可】フィリピン留学持ち物リスト完全版

 

まとめ

2週間という短期留学。地域選びから学校選びまできちんとできるだけではなく、正しい準備をしていけば短い期間でも効果はでます。

その効果を20万円で出すのが高いと感じれば行かなければいいし、時間を買うと思ったら安い!と感じれば行くといいです。

ただ、2週間留学の人は、たった1日でも長期留学の人と比べたら割合が大きいので、祝日が1回でも入っちゃうとかなり痛いってことです。でも、そんなときは、授業数を保証してくれるようなコースを選択することで解消できます。

芸人の品川さんも実はセブに2週間の留学をしてその成果(※1分20秒~から「2週間での英語の伸びは?」という質問にたいして)をぶっちゃけ語ってます。

2週間行ったからといって、いきなりペラペラになったり、TOEICが100点上がるってことはあり得ません。

ですが、授業外の時間でもしっかりと予習・復習を怠ることなくやることで、少しずつですが効果が表れてきます。(動画の中で)それを品川さんも体感したと話しています。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
シンさん(田中慎一)
ネット情報と現実は全然違う!ビックリするぐらい違う!

そんな情報を信じて後悔する人が後を絶たない。年間7回以上の現地視察と情報力でみんなの助けになりたいです。
詳しいプロフィールはこちら