フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

フィリピン・セブ島留学1年行くと費用は全部でこれだけ掛かる!

 
フィリピン・セブ島留学1年行くと費用は全部でこれだけ掛かる!
この記事を書いている人 - WRITER -
シンさん(田中慎一)
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら
「とにかく時間は確保した。初心者だけど1年後にはなんとか英語をものにしたい!」
  • でも、いったい1年間の留学費用ってどれくらい掛かるんだろう?
  • でも、どんな生活になるんだろう?

こんな疑問を持つ人も多いでしょう。

ここでは、これまで1000人以上の留学生を送り出してきた僕が1年間に掛かる費用を細かく解説しています。
 
 

どんな留学生活になるのかもこの記事を読めば想像できて、あとは準備をするだけとなりますよ。

★この記事の要点★
  • 「1年のフィリピン・セブ島留学でも生活環境に問題はない。」
  • 「ビザの延長や法的手続きが必要だが、語学学校に任せておけば大丈夫。」
  • 学費・生活費・渡航費・ビザ関連費用など「1年で必要な留学総費用は約287万円。」
  • 節約テクニックを最大限駆使すれば、73万円も費用を抑えられる!
  • フィリピンに「1年以上留学すると、最低でも中級~上級にまで成長。」
  • 1年留学する場合の「デメリットは、生活に慣れすぎて緊張感がなくなってくるので、半年を境に語学学校を変えると心機一転頑張れる。」

1年間のフィリピン・セブ島留学ライフ

留学中に欠かせないのが生活空間です。どこで寝泊りしてどんな食事をするのか、、生活全般が気になるはずです。一つずつ見てみましょう。

 留学場所

キャンパスマップ フィリピンにはホテルに宿泊する外部寮タイプと学校キャンパス内の内部寮タイプの2つがあります。ホテルはとにかく施設に拘る人向けです。

ホテルでは基本1人なので、他の留学生と中々仲良くなりにくい傾向にありますが、寮だと常に回りに沢山の留学生がいるので自然と友達が増えてるという傾向があります。どちらのタイプが良いかはご自身で考えてみてください。

寮

ホテルは1人部屋が普通ですが、寮は1人~3人部屋のある学校が多いです。滞在費を安くしたいと考える人や部屋の中でも英語を使いたいという人は2~3人部屋を選ぶ傾向があります。

寮の各部屋にはトイレ・シャワールームがついてるのが普通です。

学校によっては4人・6人部屋を用意しているところもあります。費用を抑えたい人は大人数部屋を選ぶと安くなりますよ。

クラスルーム

クラスルームにはマンツーマンクラスとグループクラスを行う部屋が分かれています。一人ずつクラスを行う部屋が違うのでそれぞれ指定された部屋に向かいます。

食事

キャンパス内の食堂で1日3回の食事が取れます。週末も提供される学校が多いですが、多くの留学生は週末はカフェや飲みに出かけています。

食事内容は韓国料理や日本料理などバラエティが豊富になってきてて、韓国資本の語学学校でも辛くない味付けの料理が一般的になってきています。

ジム

キャンパス型の学校にはこのようなジムが設置されています。学校によっては本格的なトレーニングマシーンを設置しているところもあります。

ラウンジ

憩いの場(スペース)を持つ学校やラウンジを持つところもあります。ここでは学生が自習をしたりイベント時に使われてたりします。

カフェみたいでおしゃれ~

  プール セブの学校ではこのようなプールがあります。放課後や休日に泳ぐ学生も少なくありません。手入れは定期的に行われてるので常に利用可能です。

授業の形式

マンツーマンクラス

英会話力をつけたい人、TOEICやTOEFL、IELTSなどのスコアが必要な人、ビジネス英語を学びたい人向けにコースがあって、マンツーマンクラスと4人前後のグループクラスに分かれています。

フィリピン留学の1日の平均授業時間は8時間です。マンツーマン4時間+グループクラス4時間に加え、無料のナイトクラス2時間がついてくるというパターンが多いですよ。

クラス

マンツーマンクラスの良い所は、わからないところを自分のペースで講師が徹底的に解説してくれるところです。グループクラスであれば中々それが出来ません。思う存分マンツーマンで疑問を解決してレベルアップしてください。

グループクラス

学校に入学すると必ずレベルチェックテストがあります。そのときの英語力を元に所属するグループが変わります。グループクラスでは自分とレベルが近い人たちとレッスンができるので安心して下さい。

健康管理

病気の時

キャンパス内には看護師(もしくは看護師の資格保持者)がいるので、体調がすぐれなかったり、ちょっと怪我した時は直ぐに見てもらえます。

ジャパニーズヘルプデスク
引用元:Primer

マニラ・セブ・クラークなどの留学地域では、「ジャパニーズヘルプデスク」(病院内の日本人専用サポートデスク)があるので、診察時の言葉のサポートや保険での支払いまで専門の日本人スタッフが無償で対応してくれます。

日本人スタッフ

日本人スタッフ

日本人スタッフはどの日系・韓国系どちらの語学学校にもいるので、何か困ったことがあれば日本語でサポートしてもらえます。

韓国系の語学学校にも日本人スタッフっているって知りませんでした!

学校選定のポイント
正規社員ではなく、学生インターンスタッフしかいない学校には注意が必要です。傾向として正規社員と比べて責任レベルが低いので、突然辞めてしまったり、対応が雑だったりすることがあるからです。

1年間のビザはどうなるのか?

ビザ

フィリピン留学は観光ビザで許可がおります。到着日から30日間は無料ですが、31日目から延長費用が発生します。

ただし、学校が全て手続きを代行するので、パスポートと延長費用を預ければ安心して滞在できます。特に自分で何かする必要はありません。

楽ちん!

フィリピン・セブ島留学1年間の費用内訳

1年間の留学費用

1年間の留学総額:2,869,848円

留学費用は大きく括ると3つです。以下の条件でそれぞれの費用を解説します。

試算条件
コース:英会話コース(マンツーマン4時間+グループ2時間+無料クラス3時間)
部屋タイプ:3人部屋
 

①フィリピン渡航前に払う費用_2,156,700円

  • 入学金(13,200円):学校登録に必要な費用
  • 授業料(2,138,400円):期間中の授業料、滞在費、食費込みの費用
  • 空港ピックアップ費用(1,600円):学校スタッフがフィリピンの空港に迎えに来てくれる費用
  • 海外送金手数料(3,500円):海外送金する際の手数料

「授業料」は学校によって変わります。安い学校はマイナス10万円、高めの学校で、プラス10~30万円までと開きがあります。でも、とりあえず上記金額を目安にしておいてください。

②フィリピン渡航後に払う費用_223,468円

  • SSP費用(15,640円×2回):フィリピン政府から発給される特別就学許可証の費用※半年ごとに更新
  • ACR-Iカード費用(7,590円):60日を越えて滞在する人に必要な外国人登録証費用
  • ECC(1,725円):ビザ延長費用の不払いや滞在中の犯罪歴がないかを確認して証明する費用
  • ビザ延長費用(93,173円):30日を越えて滞在する人に必要な1次ビザ延長費用
  • 寮保証金(6,900円):寮の保証金 ※退寮時に全額返金
  • 水道光熱費(55,200円):現地で使う水道光熱費
  • 管理費(27,600円):施設のメンテナンス費用

「現地費用」と呼ばれる上記費用は、法的手続き費用や水道光熱費が主な費用なので、たとえ学校が変わっても大きく費用が変動することはありません。留学費用とは別に日本円で用意しておく必要があります。

③その他費用_489,680円

  • 海外航空券(50,000円):往復の海外航空券代
  • 海外旅行保険(199,680円):タビホ保険利用時
  • お小遣い(240,000):タクシー代、外食代、観光費用等

格安航空やクレカ付帯の海外旅行保険を利用することで、この費用を半分程度に抑えられます。

その他の期間の留学費用

期間セブ島留学総費用の目安
(①+②+③)
1週間165,745円
2週間224,310円
3週間278,695円
1ヶ月(4週)308,450円
2ヶ月(8週)546,582円
3ヶ月(12周)785,735円
4ヶ月(16週)1,020,377円
5ヶ月(20週間)1,254,229円
6ヶ月(24週)1,488,601円
1年間(48週)2,868,848円

まだ1年間の留学になるかどうかわからない人は、期間別の留学費用(リンク付き)も参考にどうぞ。

フィリピン留学費用を安くする5つのテクニック

フィリピン留学費用を安くする5つのテクニック

1年間で必要な留学総費用はおよそ287万円ですが、更にぐんと安くできる方法を伝授します。

節約テクニック5選

A. フィリピンの留学地域を郊外にする

①安い地域にする

留学総費用の目安は「2,868,848円」ですが、これは一番メジャーな留学先「セブ島に留学した場合」の話です。

ですが、郊外に行けば物価も人件費も安くなるので、留学総額も必然と安くなるんです。それでは、サンプルとして郊外「バギオ」に地域を変更したら費用がどう変化するのか見てみましょう。

セブ島:2,868,848円

バギオ:2,391,057円 
約48万円の差額!

 

ぎょえーー、郊外のバギオって地域に変えただけで48万円も安くなっちゃうんですか!?

A. 節約金額:48万円

B. 大人数部屋を選ぶ

部屋タイプを大人数部屋にする

更に、Aで節約できた金額2,391,057円から、今度は大人数部屋(6人部屋)にした時の差額を見てみます。

3人部屋:2,391,057

6人部屋:2,164,457円 
22.7万円の差額!

 

全く同じ授業が受けられるにも関わらず、3人から6人部屋にするだけで、23万円近くも安くなりましたね!。部屋人数が多くても抵抗がない人なら、ここは節約ポイントですね!

B. 節約金額:22.7万円

C. 格安航空券(LCC)を選ぶ

格安航空にする

ここも金額が変わるポイントです。大手航空会社から格安航空会社(LCC)にするだけで、半額で取れるなんてこともよくあります。フィリピン・セブ島留学でよく使われているLCCは、以下の2社です。

  • セブパシフィック航空
  • ジェットスター航空

こちらでも、Bで節約した金額2,164,457円から、更にLCCを使った場合どうなるでしょう?

大手航空会社:2,164,457円

格安航空会社:2,139,457円 2.5万円の差額!

 

大手航空会社が往復チケット50,000円なら、LCCで往復25,000円ということはよくあって、それだと25,000円も浮きますよね。でも、急なトラブル(遅延・欠航)あっても補償がないことも頭に入れておきましょう。そういう意味で、トラブルに対応できる人なら節約できるところです。

C. 節約金額:2.5万円

D. 「クレジットカード付帯の海外旅行保険」で賄える?

クレカ保険にする

1年間の海外旅行保険代はタビホ保険を使った場合で199,680円でしたよね。でも、「海外旅行保険付帯のクレジットカード」を持っている人なら90日(約3ヶ月)以内の渡航期間は無料です。

ってことは、最初の3ヶ月間はクレジットカードの海外旅行保険を使って、残り9ヶ月間分だけ一般の海外旅行保険に入れば3ヶ月分の保険代が浮くってことですよね!?

「留学期間12ヶ月-クレジットカード付帯の海外旅行保険で3ヶ月=9ヶ月間」を一般の海外旅行保険にすればいいって考えがちですが、実はそうじゃないんです。

なんと、日本の海外旅行保険加入条件として、「出国前じゃないと加入できない」っていうルールがあるんです。

一部海外の保険会社で、出国後の日付からでも保険加入できるものもあるんだけど、営業時間が日本とは真逆で、しかも英語での対応が普通なんだよ。だから慣れてなければ、一般の海外旅行保険に入っていた方が良いと思います。

わたし英語デキナイww

D. 節約金額:0万円

E. 学校の割引・キャンペーンを使う

割引キャンペーン(あったらラッキー)=オフシーズンを狙う

学校キャンペーンは不定期に発表されます。特に閑散期にできるだけ留学生を埋めようという発想から、そのようなキャンペーンをするところもありますが、「11/28~1/15までの期間に4週間以上留学する人が、10月末までにお申込みで8000円割引!」というように要件があります。

突発的な告知になるので、もしあなたが留学したい学校でやっていたらラッキーぐらいに思っておいた方がいいです。

時々、「キャンペーン・割引を狙えば学費が安くなる!」という記事を見かけますが、それで学校を選んでしまうとリスク大きすぎて、いくら安くても結局合わなくてコスパ最悪だったという事にもなりかねないので注意。

E. 節約金額:0円 ※タイミング次第

留学費用最大の節約効果

 節約金額
A. フィリピンの留学地域を郊外にする48万円
B. 学生寮は大人数部屋を選ぶ22.7万円
C. 格安航空券を選ぶ2.5万円
D.海外旅行保険付帯のクレジットカードで賄う0円
E. 学校の割引・キャンペーンを使う※タイミング次第
節約金額合計73.2万円

以上、D・Eの方法を今回無視してA~Cの3つのテクニックだけであっても、最大73万円以上も安くなりましたね!できるところがあればやってみて下さい。

2,869,848円→最大2,137,848円まで節約!

留学中のスケジュールと生活

留学中のスケジュール
 
1日のスケジュールはどの学校も大体このようなイメージです。
 
殆どの学校は日曜日(土曜日の所もあり)が入寮日です。翌日にレベルチェックテストやオリエンテーション(規則の説明)があるので、授業は火曜日からになります。
 

土日祝日は学校はお休みなので、留学制覇お茶したり観光したりして過ごされてます。

フィリピン・セブ島留学の持ち物

留学で必要な持ち物を以下ページでまとめました。気になる人は見てみてください。

【完全版】フィリピン留学持ち物リスト(ダウンロード用)

▼(参考)留学中の気になる持ち物▼

1年留学するメリット

1年留学するメリット

1年間留学するとどれくらい英語が伸びるでしょうか。

いくら初心者からはじめたとしても、最低でもこれまでの経験上、中級者以上にはなってるはずです。3ヶ月ほどで自分の伝えたいことは、ペラペラじゃないけど話せるようになってきます。聞き取りも英語の講師の話す綺麗な英語なら聞き取れています。
 
 
半年経つと、ある程度自分の弱点がわかってくるようになってきます。そうなると初期の頃と比べると効率的な上達が見込めます。超初心者~初心者であれば何を勉強して良いのかどれくらいやればいいのかわからないからです。
 
 
1年経つ頃には、街中で話される英語もほぼ聞き取れ、専門的な分野は無理でも殆ど日常会話が成立つようになっています。半年ほどでそのレベルに達する人もいますが、そのような人は使う教材のレベルも高度な内容になってたり、自分の専門分野を勉強しているはずです。
 

1年いくと欧米留学の数年分に匹敵するほどの効果があるよ。

1年留学するデメリット

1年留学するデメリット
 
留学期間が長ければ長いほど英語力が上がるというのは理解できると思います。
 
では、逆にデメリットはないのでしょうか?
 
留学3ヶ月くらいまでは、環境も周りの留学生も新鮮に感じるので留学生活が満ち溢れてる方が多いです。
 
でも、半年も経つと少しダレてきます。留学生は常に入れ替わりますが、校舎で知らないところはなくなるし、講師も全員知っているので家族の一員のような感じになっているはずです。
 

でも、講師一人ひとりの性格やパターンを知りすぎると、良い意味での緊張感がなくなってきて勉強に身が入らないという人も多くなります。

1年留学したら、私にもそんな時期が来るのかしら・・・

デメリットの解決方法

このようなダレをなくすには、半年で1度学校を変えることです。半年間の留学ですら3ヶ月ごとに学校を分けることも少なくありません。なので、最低でも半年をめどに学校を変えます。
 
そうすると、ダレそうなタイミングで心機一転新しい環境に放り込まれるので身が引き締まります。ただ、このときに注意したいのが、最初の学校よりもレベルの低い学校を選ばないことです。
 

最初の時点でいくらあなたの英語力が低いといっても、さすがに半年もすればレベルがグンと上がってるはずです。なので、2校目も同じようなレベルの学校は選ばず、中級者が行くような学校を選んでおくと良いでしょう。

きゃーー、私が中級者が行くような学校に行ってるイメージが出来ないw でもそんな風に成長していくんですね~。ワクワク

留学地域・学校選びの方

留学地域と学校の選び方
 
1校目の学校、2校目の転向先の学校を選ぶ際に注意したいことをまとめています。
 
エージェントに言われるままではなく、自分で本当にその地域が合っているのかどうか?また、学校があってるのかどうかを確認していく作業にしましょう。

まとめ

フィリピン・セブ島留学1年間の費用と効果わかっていただけたでしょうか?

1年間の留学費用はおよそ287万円です。でも、留学地域や部屋タイプを変えるなどの節約テクニックで73万円も安くなります。

生活面では、Wi-Fi速度が安定していなかったり、シャワーの温度が安定しなかったり、水圧が弱かったりすることはよくあるので、その辺りは慣れるしかありません。でも、3度の食事・洗濯・掃除までついているフィリピン・セブ島留学では日常そこまで困ることはあまりありません。

1年間の留学では、どんな初心者からスタートしてもほとんどの方が最低でも中級レベル以上にはなっています。効率的な勉強が可能なら、上級者にもなれるはずです。人によっては、専門的な勉強もしている時期に突入しているでしょう。

ただ、1年間同じ学校にいると少々ダレてきたり、周りの留学生のレベルが物足りなくなったりするので、半年間(6ヶ月)前後を目途に少々レベルが高い学校に移るなどの方法でできるだけ留学中のパフォーマンスが落ちないように気を付けてください。

 

▼次は留学地域の選び方について知ろう!▼
「フィリピン留学におすすめの地域なんてなかった!騙されない3つの考え方(保存版)」

この記事を書いている人 - WRITER -
シンさん(田中慎一)
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら