バギオのSM

ABOUTこの記事をかいた人

シンさん(田中慎一)

ネット情報と現実は全然違う!ビックリするぐらい違う!ネットや経験の浅いエージェントの話を信じて、後悔する人が後を絶たない。そん人たちをごまんと見てきた。しつこいくらいの現地視察・情報収集で迷った人を救います。

ときどき思いつき日記みたいなブログ書いてるんで、良かったら見てください。

つれづれ日記
http://www.hub1234.com/category/blog
詳しいプロフィール
http://www.hub1234.com/pfofile.html

名前:ミチル
出身:神奈川
年齢:28歳

なぜバギオ留学を選んだ?

フィリピン留学は格安費用での留学ができることで、最終的に留学先に選んだ場所です。その中でもバギオ留学にしたのは、スパルタ式の留学先であったためです。誘惑の多い都心部で楽しく留学生活を送るのは良いものですが、甘い誘惑には心が負ける自信があったので、あえてスパルタ式で厳しいと有名な、バギオ留学のPINESのチャピス校を選ぶことにしました。

出発前の英語力はどうでした?

日本ではネットのオンライン英会話を利用して、フィリピン人を先生に英会話を格安で学んでいました。スカイプもありますし、賢くネットを使うと英会話も安く学ぶことができます。でも留学に行く前には、まだまだ英語は完璧ではなく、やっとTOEICは550点にいくかどうかでしたので、留学スタート時には若干の不安はありました。

そんな不安もあるフィリピン留学ではありましたが、スパルタ式を選んだおかげで、帰国する直前には850点くらいにまで上がっていたので、セブに行ってたらと思うと怖いですね(笑)バギオのPINESを選んでよかったです。滞在期間は2名のルームメイトと過ごし、学校が終わってからもみんなひたすら勉強に明け暮れていたので、仕方なく僕もやってました(笑)人生の中で最も勉強しました。

なぜそこまでTOEICのスコアを上げられた?

TOEICの点数も一気に引き上げることができたのは、選んだ留学先がよかったからだと思います。平日の学校がある日は、外出は禁止なのでひたすら本当に勉強三昧です。ちなみに校内では、お酒は禁止をされていました。酒豪の僕にはちょっと辛かったですが、おかげで禁酒できましたね。あと、わりとみんな英語で会話してたので、おかげですべて英語脳みたいなものが出来ました。最初はすんごくしんどかったですが、日本でもやれるならやりたいですね。どこかないかなー。

スケジュールは、グループレッスンを半日と、マンツーマンのレッスンが半日で、あという間にです。朝は7時くらいから勉強がはじまり、授業にもついていけるように、机にかじりついている生活でした。あと、そとでのコミュニケーションも大事にして、SMモールとかでもできるだけ無駄に定員さんに尋ねるなどして英語をたくさん使うようにもしました。



フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!