フィリピンに到着

ABOUTこの記事をかいた人

瀬崎真悠

熊本大学出身の瀬崎真悠19歳です。ニュージーランドとかタイに観光に行ったことはあるけど、フィリピンは今回が初めてで、留学も初です!ドキドキする間もなく出発ですが、とにかく頑張ります!

バギオのBECIにフィリピン留学をすることに

バギオへ出発

いよいよフィリピンへ出発します。3日前に出発が決まって、慌ただしく準備を進めあっという間に福岡空港国際線ターミナルにいまいます。あまりにも急な渡航となり、心の準備もあまりできないままなのですが、こんな機会はめったにないので自分への挑戦の気持ちでこれからの1週間を頑張っていきたいと思います。

今回で三回目の海外ですが、今までとは全く違う留学になるでしょう。スケジュールを見る限り、英語のクラスと食事を繰り返す毎日で、5日間だけではあるがきちんとやり切れるのか正直不安にもなりました。

しかし、日本にいたらこんなにも英語に浸れることはできないので、このチャンスを絶対に無駄にせずに今後につながるような経験をしたいと思います。英語力が上がれば上がるほど、英語を勉強することが楽しく感じられます。

1週間という短い期間ですが、少しでも英語を上達させて帰りたいと思います。マンツーマン形式の授業が多く自分に合った授業を受けることができるため、今回は恥ずかしがらずに分からないところがあればはっきり言って、正しい文でなくても、相手に自分の思いをどんどん伝えていきたいです。

BECIで学ぶこと、感じること、体験することすべてを吸収して、自分のものにして日本に帰ってきたいと思います。また、今回レポーターとしての派遣ということで、フィリピンで自分の経験したことを他の人へ伝えて、フィリピン留学がどういうものなのかを発信していきたいと思います。

フィリピンに到着!

フィリピンに到着

フィリピンのマニラ空港に到着しました。まず初めに思ったことは、暑い!ということです。さすがフィリピンという感じでした。ピックアップも問題なくしていただき、車に乗り込みました。それから約5時間の移動はかなりしんどいものでした。しかし、車からみる景色は想像していたものとははるかに異なり、新鮮でとてもワクワクしました。思っていたよりも都会で、たくさんのお店とたくさんの車で、街は埋め尽くされていました。

今にでも事故をしそうなくらい、高スピードで荒々しい運転もフィリピンの特徴なのかなと感じつつ、恐怖とも戦いながら眠りにつけないでいました。午前0時にやっと学校に到着し少し説明を受け、部屋に向かいました。相部屋の子は、日本人でいろんなことを教えてくれました。わからないことや、日本と異なるところがたくさんあるけれど、この環境でこれから一週間暮らしていくので、少しずつ慣れていこうと思います。これも大事な経験なので思う存分楽しみたいです。

ここフィリピンでしかできないことを、一分一秒も無駄にせずにたくさん体験し、少しでも成長した自分になって帰国できるように積極的に活動していきます。



フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!