フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間9:00~18:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

安い!それでもセレブ気分が味わえる?フィリピンリゾート地調査ランキング

アバター画像
WRITER
 
フィリピンのリゾート地
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター画像
金融機関に勤務しながらフィリピンに魅せられ、週末渡航を繰り返すこと数十回。スラムに招待されたり、ホテルで荷物荒らしに遭ったりしながら、ついにはフィリピン人と結婚し、現地に家を購入。
フィリピンリゾート地_Hues of Blue. By Reuel Mark Delez フィリピン旅行の人気スポットをランキングしているワールドワイドなサイトは多数あります。そのなかでランキング上位の常連は、やはり高級なリゾート地になります。 テレビ番組のフィリピン観光紹介のなかに登場してくるハイソなフィリピンリゾートは、もちろん素晴らしいことに疑う余地はありません。でも相応のコストは必要ですよね。 7000を超える島々があるフィリピンですから、大枚を叩いて高級リゾートに宿泊しなくても、青い海や真っ白な砂浜を満喫できる安い場所もあります。 そこでコスパ面からおすすめしたい、穴場のフィリピンリゾートBEST5を紹介いたします。

◎5位 穴場の「サバンビーチ」で格安リゾート

フィリピンリゾートのパラワン

フィリピン旅行で最も有名なプエルトプリンセサ地下河川

フィリピンリゾート地_#UndergroundRiver #PuertoPrincesa #Palawan by Katrina Javier フィリピン旅行のパンフレットやワールド旅行サイトでキャッチーな写真とともに紹介されているエルニドやアマンプロ島などはいずれもパラワン島エリアにあります。 ルソン島やセブ島などからポツンと西に離れて位置するパラワン島。工業地帯もありませんし都市開発も進んでいませんから、海がとてもきれいなのは必然です。 パラワン島といえば、フィリピン旅行の目玉スポットのひとつである世界遺産「プエルト・プリンセサ地下河川」を連想する人が多いでしょう。 多くの観光客はプエルト・プリンセサ市内から、日帰りツアーでUnderground Riverを訪れています。
フィリピンリゾートの隠れ家的存在サバンビーチ

フィリピンリゾートの超穴場サバンビーチ

フィリピンリゾート地_by denAsuncioner sabang 地下河川観光に向かうボート乗り場があるのはサバンビーチ。実はこのサバンビーチこそ、おすすめの穴場リゾート地です。埠頭の周辺は1kmほどの浜辺で、ホテルやコテージがあるのです。 1泊で数万円必要な高級リゾートホテルが2軒あります。でもその2軒の間とか隣には、1泊P500~1,000で済むコテージが4軒あります。 目の前がサバンビーチという立地条件は、高級ホテルもコテージも一緒です。竹やバナナリーフを組み合わせて作られたコテージは、まさに隠れ家風!南国の浜風を肌に感じながら、波の音を枕に眠りにつけるのもこの立地条件ならではです。 コテージにもレストランはありますが、ちょっぴり贅沢したくなったらディナーだけは高級ホテルで。そんなチョイスも可能です。 せっかくパラワン島まで足を伸ばすなら、プエルト・プリンセサ地下河川の観光と合わせて、格安にフィリピンリゾート滞在も楽しんでみてはいかがでしょうか。 別の視点ですが、プエルト・プリンセサには日本でいうリゾート・マンションがいくつかあります。 ホテルではなく、フィリピンの暮らしを実体験してみたい方であれば、キッチンつきのマンション型が日単位で滞在できるので便利でしょう。マニラより治安面も安心できますし、コスト面でも安いのでおすすめです。

◎4位 周辺観光をセットで楽しめる「サマール島」

フィリピンリゾートのサマール島

フィリピン格安リゾートの穴場サマール島。

フィリピンリゾート地_samar landscape-2276 by retrac04 まだ観光開発が遅れているサマール島(Samar)は、昔ながらの素朴なフィリピンを感じられる場所です。セブ島などと違ってツーリストも少なく、まさにフィリピン観光の穴場でしょう。 サマール島西部のカルバヨグにはマニラから直行便があります。 カルバヨグ周辺にはビーチの他にも、温泉や洞窟などの観光スポットがあり、特にいくつかの滝が名所になっています。 滝を滑り降りたり、滝壺で泳いだり。ビーチにプラスアルファの楽しみ方ができます。 バスで90分ほど足を伸ばすと島の北端にあるアレン。美しいブエノスアイレス・ビーチやワヤンワヤン・ビーチがあります。 ワヤンワヤン・ビーチには近辺で唯一のリゾートホテルがあります。広い客室はベランダつきで、目の前が海。それでもP1,000台で宿泊可能です。You Tubeに動画もあります。
 

◎3位 プライベート・ビーチリゾート気分が味わえる「カタンドゥアネス島」

フィリピンリゾートの穴場カタンドゥアネス島

透明な海のカタンドゥアネス島リゾート

フィリピンリゾート地_catanduanes, between gigmoto & puraran by L. 知る人ぞ知る穴場のフィリピンリゾートといっていいカタンドゥアネス島(catanduanes)は、まだリゾートとしての開発はそれほど進んでいませんが海の透明度は抜群です。 ルソン島の東端にある街レガスピの沖合に浮かぶのがカタンドゥアネス島。この島以東にはもう、太平洋の大海原しかありません。ですから海がきれいなのも納得していただけるでしょう。 カタンドゥアネス島には小さいながら空港もあり、マニラからセブパシフィックの直行便が週4日飛んでいます。わずか1時間強のフライトです。 実はカタンドゥアネス島を訪れる観光客の多くはサーファーです。波の良い7月から10月は比較的混みますが、他の時期はとてものんびりした素朴な島です。ハイシーズン以外がホテルも安いので狙い目でしょう。(台風シーズンは要注意) 島には多くのビーチが点在しています。サーファーが集うプララン・ビーチも白砂が続く美しい所ですが、小さめの穴場ビーチなら平日はほとんど人がいないので、自分だけのプライベート・ビーチ気分になれることも。 ホテルから往復する交通手段が必要ですので、1日貸切の運転手をホテルで手配してもらいましょう。おすすめのビーチも教えてくれるはずです。 そしてカタンドゥアネス島には、ビーチ以外の観光スポットも。 マリビナ滝(Maribina Falls)は眺めるだけでも美しく癒されますが、滝壺で泳げてしまいます。 ルヤン洞窟(Luyang Cave)は見ごたえ満点の巨大鍾乳洞です。

◎2位 マニラから陸路で行けるリゾート地「フォーチュン島」

フィリピンリゾートのフォーチュン島

リーズナブルなリゾートフォーチュン島

フィリピンリゾート地_Sunrise @ Fortune Island by Katrina Javier ナスブ(Nasugbu)の沖合に浮かぶフォーチュン島(Fortune Island)をご存知でしょうか。 マニラから陸路で行ける近くのビーチリゾートとなると、カラバルソン・エリアになるでしょう。 マタブンカイやナスブにもリゾートホテルがあります。エルニドなどパラワン方面の高級リゾートに比べれば、料金もリーズナブルです。 しかし残念ながら、日本人がイメージするような青い海ではありません。かつてマルコス大統領夫妻の別荘だったという「カイラブネ・ベイ・リゾート」に行ったことがありますが、海はくすんだ茶緑色でガッカリしたものです。 そこでおすすめしたいのがフォーチュン島なのです。ナスブのリゾートで予約して、バンカーボートで90分。ルソン島沿岸とはまったく別物の、ターコイズブルーの海とホワイトサンドの浜が待っています。 マニラのパサイからナスブまで、BSCトランスポート社のバスが15分間隔で出ています。所要時間の目安は3時間半、P180です。

◎1位 アクセス・安さすべてが完璧のリゾート地「コロン島」

最高のフィリピンリゾート地コロン

安く行けるアクセス抜群なフィリピンリゾート地コロン島

フィリピンリゾート地_Coron Rock Formations by Doun 長年にわたりフィリピンに駐在した知人は、エルニドこそ最高のフィリピンリゾートだ、と言いました。否定はしません。 しかしマニラからの直行便は、高級リゾートの宿泊者専用です。 だったら同じパラワン島エリアにあるコロン島がおすすめです。

理由1)アクセスがエルニドより便利

コロン島周辺の観光拠点となるコロン・タウンは、コロン島ではなくブスアンガ島にあります。マニラからブスアンガ空港にはPALエクスプレスとセブパシフィックを合わせて、毎日3~5便飛んでいます。セブ島からも運航しています。

理由2)安く宿泊が可能

1島まるごとリゾートの高級ホテルも複数ありますが、そこに宿泊しなくてもコロン・タウンには手頃な価格のホテルが数軒あります。

理由3)観光も格安で可能

1島まるごとリゾートから他の場所に観光に行くには、当然ボートが必要です。手配は頼めますが、コロン・タウンからも観光ボートはあり、割安で済みます。 またコロン・タウンはこじんまりしているうえ、トライシクルがたくさんあり、P10で街のなかは移動できます。

理由4)観光の選択肢が豊富

エルニド同様の、海面からそびえる奇岩だけではありません。他にも見所は豊富です。
  • マキニット海水温泉はコロン・タウンから3kmほど。
  • コロン湾には大戦中の日本船が多数沈んでおり、絶好のダイビング・スポット。
  • 白い砂浜が続くアトゥワヤン・ビーチ。
  • 樹木と岩に囲まれたカヤンガン・レイク。
  • 放し飼いにされているキリンなど数百頭ものアフリカの動物。

◎その他の安いおすすめリゾート地

いかがでしょう?このようにお金をかけなくても、魅力的なフィリピンリゾートを楽しむ方法はあります。実は他にも押えておきたい安く行けるフィリピンのリゾート地があります。 旅行会社が絶対に教えてくれないフィリピン観光(セブ島)の仕方教えます

◎安くはないけど知っておきたいフィリピンのリゾート地

絶対に押えておきたい!おすすめのフィリピン観光地ランキング
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター画像
金融機関に勤務しながらフィリピンに魅せられ、週末渡航を繰り返すこと数十回。スラムに招待されたり、ホテルで荷物荒らしに遭ったりしながら、ついにはフィリピン人と結婚し、現地に家を購入。

Copyright© フィリピン留学Hub , 2017 All Rights Reserved.