activity-riku

ABOUTこの記事をかいた人

坂井梨矩

Hey, what's up? It's RIKU! Welcome to my page. 1週間のフィリピン留学が私の人生を180度変え、これまで3度フィリピンへ行きました。 その中で世界中の人々に出逢い、”生き方やモットー”聞いてきました。 知らなかった人や世界に魅了された私は、自分の人生に対する目標や価値観を大きく広げることができました。 フィリピン留学は、人生の代えがたい「宝」となりました。 そんな私のリアルな留学生活をこちらに発信しています!

私は、フィリピン留学中に、先生や留学生に『生き方』『将来のプラン』をたくさん聞きました。

 

その話の中で、フィリピンで出会った人たちは、『自分が本当にやりたいこと』を叶えるために、思い切ったチャレンジをしている、ということに気づきました。

 

例えば、

  • 学生の間にフィリピンだけでなく他の国でも留学を経験する人
  • 30代で仕事をやめてこれから第2の人生をスタートさせる人
  • 現状からさらなるステップアップを求める人

などなど…。

 

現地で出会った人たちの話を聞くことで、「今まで考えもしなかったこと」を知ることができたり、「将来、自分が本当にやりたいこと」を考え直したりすることができました。

 

 

結果的に、私は今、大学を卒業後にフィリピンへ戻ることを考えています。

 

 

今回は、私自身がとても刺激を受けた、フィリピン留学生や講師の方の『生き方』や『将来のプラン』を記事にしたいと思います。

 

やりたいことを叶えるのに、時間や年齢は関係ない!

interview-riku

海外で医者になるために3ヶ国を留学する22歳

 

フィリピン留学中に、カナダ・フィリピン・イギリスの3ヶ国を留学中の青年に出会いました。

高校時代3年間カナダに留学してた彼は、大学を休学してからの約半年間、フィリピン留学をしていました。

フィリピン留学が終わった後は、イギリスに1年間留学をするとのこと。

 

なぜ、3ヶ国も留学を経験するのかというと、将来、海外で医者になるためです!

 

「お金は戻ってきても、時間は戻ってこない。」

 

まさに、この言葉が彼には当てはまるような気がします。

 

将来を見据えて、英語と向き合っている姿が、すごいな、と思いました。

 

30代でやりたいことをスタートさせた、元大手企業会社員

 

彼は、働いていく中で、「起業して、日本だけでなく海外とも関わる仕事をしたい」と思い、これまで働いていた会社を退職したそうです。

 

30代で仕事を辞めるってすっごく決意がいる、、、

 

しかし、「自分のやりたいことをするって、価値のあることなんだ」と思いました。

 

 

聞いたところによると、彼はフィリピン留学中にTOEICのオフィシャルテストを受けたら800点を超たそうです。

 

もちろん、たくさん勉強したから取れたスコアですが、その背景には、自分が本当に頑張れる理由(やりたいこと)があったのだと思います。

 

「30歳からでも、こんなに可能性がある!」

 

年齢って関係ないのかもしれません。

 

読み書きだけでなく、話せる英語の先生になるために

 

日本では、英語の先生をされている25歳とも出会いました。

 

「学校でALTの先生と一緒に授業を進める時に、生徒は僕と先生が英語で会話しているところを見る。そんな時に、ALTの先生と英語で話すことで、もっと生徒に英語でコミュニケーションを取る楽しさを伝えることができるんじゃないかって思った。つまり、話せる先生になりたい!」

 

そこで、短期間でスピーキングを強化するためにフィリピン留学!

確かに、英語の読み書きだけじゃなくて、英語で会話する楽しさや可能性を与えてくれる先生がいたら最高ですよね!

 

彼の学校には、生徒がスピーキングの能力を競うテストがあります。

彼は、そのスピーキングテストで一番を取っていました!

 

彼は、自習時間には、いつも海外の友達に英語を教えていました。

もちろん英語を英語で!

 

 

このような努力が、彼のスピーキングを成長させた理由の一つだと思います。

 

隠れた幸せに気づかされたフィリピン人講師との話

happiness-riku

ビザなしで簡単に世界に行ける日本は幸せ?

 

私:「日本でもフィリピン人講師の授業を受けれたらいいのに。こんなに高い能力を持った先生たちが日本に来たら絶対評価されるよ!」

先生:出たくても出れないんだよ。りくは日本から出ることができるその時点で幸せなんだよ。

私:「なんで?」

先生:「フィリピン人がビザなしで行ける国って、ほんとに数える程度しかない。フィリピンから海外へ出るには、費用や手続とか、すっごくハードルが高い現実がある。だから私は、フィリピンで頑張らなきゃいけない。」

 

私はその時、正直、「海外に行けないなんてかわいそうだ」と思いました。

こんなに高い能力と優しさを持った人たちが世界に出れば、今よりもはるかに高いお給料で、安定した暮らしができる。

 

しかし驚いたのは、先生が「それでも、今の生活に幸せを感じている」と言ったことです。

 

先生との話で、私はこれまで考えもしなかったことを考えることができました。

また、自分が幸せな環境にいるということに気づかされました。

 

家族の幸せは、自分の最大の幸せ

 

先生:「りくは自分に時間を費やせることができる。それも幸せだよ。」

私:「どういうこと?」

先生:フィリピンでは、兄・姉が弟・妹の学費のために自分は学校に行かず働くことが珍しくない。

先生:「自分が大学に行けるのって、何年後とかになるよ。」

 

って。

 

そんなこと、日本じゃありえない。

 

その先生も大学は遅れて入学したそうです。

また、姉妹が多いことから、お給料のほとんどは家族にあてているとのこと。

 

「家族が幸せでいてくれることが自分の幸せだから、彼氏はいらないの。」

 

と、笑いながら言っていたけど、ものすごく考えさせられました。

 

ここでも、先生は「今の生活に満足している」と言っていました。だって、家族が幸せに暮らせているから。

 

私たちの多くは、自分のやりたいことをやれる幸せな環境にいるんです。

 

まとめ

piafriends-riku

せっかくフィリピン留学に行くなら、留学中に先生や留学生に『生き方』や『将来のプラン』を聞いてみてください。

 

  • やりたいことを叶えるのに、時間や年齢は意外と関係ない
  • やりたいことをやれる環境がある幸せに気づかされる

 

私はこのように2つのことを学び、自分の人生に対する目標や価値観を広げることができました。

 

そして、「将来、自分が本当にやりたいこと」について深く考えさせられました。

 

それが、大学卒業後の長期留学です。

 

「就活をせずに大学を卒業してから留学すると、日本に戻って来た時に新卒枠じゃなくなる。」

「みんなが大学を卒業して社会人になる中、私は自分の軸を真っ直ぐ持ったまま留学できるのか。」

 

今まで、そんな不安がありました。

でも、フィリピン留学中に、先生や留学生へ色んなことを聞いたことをきっかけに、そんな不安は吹っ切れた気がします。

 

 

留学生の多くは、フィリピン留学を留学の出発地点とします。

そんな留学生たちから、新しい考え方や生き方、そして将来のプランを聞いて、何か刺激をもらうかもしれません。

また、先生の話からも、勉強以上に大切なことを学ぶことができます。

 

せっかくフィリピン留学に行くなら、人との出逢いを大切にし、色んなことを聞いて吸収しましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

今までぼくが研究してきた「留学で3倍の成果を上げる」ノウハウを無料でプレゼントしちゃいます。


総ページ数30ページ以上の

充実のコンテンツE-bookです。

ぜひあなたの留学にお役立て下さい。

いつか削除する可能性もあるので
今ダウンロードしちゃって下さい。

ここでは絶対に言えない成功の秘訣を
惜しみなく盛り込みました。

詳しくはE-bookで!




フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!