フィリピン留学でスマホはどうする?プリペイドsimカードは購入すべき?

ABOUTこの記事をかいた人

ロッキー

金融機関に勤務しながらフィリピンに魅せられ、週末渡航を繰り返すこと数十回。スラムに招待されたり、ホテルで荷物荒らしに遭ったりしながら、ついにはフィリピン人と結婚し、現地に家を購入。

本来の「パケ死」の意味をご存知でしょうか?

フィリピン留学を予定していらっしゃるなら、「パケ死」対策は当然として、いかにインターネットを快適に使うのか、考える必要がありますよね?

 

日本と同じ感覚で、留学中もスマホやタブレットをいつもどおりに使いたいけれど、フィリピンのWiFi事情はどうなのか。

また実際にフィリピン留学をされた諸先輩方は、現地でスマホをどうしていたのか。あるいはどうするべきだったのでしょうか。順を追って詳しく解説してみます。

 

 

国際電話ではなく国際ローミングが超・高額請求を招く

国際電話ではなく国際ローミングが超・高額請求を招く

最初に、フィリピン留学する誰もが必須の「パケ死」防止の手順を押さえておきましょう。

 

パケット定額サービスが当たり前の日本ですが、海外での利用はサービスの対象外です。そしてとんでもなく高額な利用料が発生してしまいます。リオ五輪のとき、体操の内村選手がうっかりして50万円もの通信料になった、というニュースもありましたね。

 

国際電話(通話)が高いのは誰もが意識して使いますが、スマホの怖いところは「勝手にデータ通信してしまう」点です。日本の3大キャリアはそれぞれ、海外旅行者向けの定額サービスを用意してはいますが、フィリピン留学となれば話は別です。

 

*ご参考までに携帯会社の海外サービスの料金です。

  • NTT DoCoMo 「海外1dayパケ」¥980/24h  「海外パケホーダイ」¥2,980/日
  • au  「世界データ定額」¥980/24h 「海外ダブル定額」¥2,980/日
  • ソフトバンク 「海外パケットし放題」¥1,980/日

 

数週間から数ケ月に及ぶフィリピン留学に、このような高額サービスを契約していく人はまずいないでしょう。ですから日本を発つときに(うっかり忘れたら、フィリピン到着後すぐに)データローミングをOFFします。

 

1)アンドロイドの場合

 

まず機種によってメニューの名称などが微妙に違ったりします。私のAQUOSの例です。

  1. 「設定」→「その他」→「モバイルネットワーク」と開きます。
  2. 「データローミング」のチェックを外します。
  3. 「データ通信を有効にする」のチェックも外します。

 

2)iPhoneの場合

 

  1. 「設定」アプリを起動させます。
  2. 「一般」→「モバイルデータ通信」と開きます。
  3. 「データローミング」をOFFにします。

 

3)機内モード

 

「留学中はデータローミングをOFFにするために機内モードに設定する」と書いているサイトがありました。でも機内モードではWiFiもOFFになってしまいます。

機種によっては機内モードでもWiFiを使える裏技もあります。

 

 

携帯事情の異なるフィリピン留学でインターネットを使うときの問題

携帯事情の異なるフィリピン留学でインターネットを使うときの問題

次にフィリピンのインターネット事情と、問題点を解説いたします。

 

前提として、フィリピン留学先でWiFiの無い学校はまずないでしょう。問題は速度です。

留学生がネットを使う時間帯は、当然ながら集中します。大学生で混みあう2~3月や8~9月、ゴールデンウイークや年末年始など、語学学校の繁忙期に留学する場合は余計です。また寮の部屋の位置などによっても、繋がりにくいとか通信が安定しない状況は多々起こり得ます。

 

フィリピン留学中にスマホで動画ばかり観て過ごす人はいないと思いますが、スマホを電子辞書代わりにするおつもりなら、勉強が思うようにはかどらない事態は考えられます。

 

またLINEの送受信でさえできないことも珍しくはありません。誰もが日本の通信環境に慣れてしまっているはずなので、思うようにネットに接続できないときのストレスは、想像以上にしんどいものがあるはずです。特に社会人の方で、仕事上どうしてもスムーズなインターネット環境が必須の場合、別の通信手段を用意すべきです。

 

フィリピン留学中の主な外出先となる、レストランや大型ショッピングモールにもフリーWiFiは普及しています。普及度でみれば日本以上です。また現地でプリペイドsimカードを購入した場合と比較して、商業施設のWiFiのほうが動画視聴する際などスムーズだったりもします。

しかし多くの人が利用する無料WiFiは、セキュリティ面でどうしても不安が残ります。どんな悪意を持った人間が、無料WiFiスポットで待ち構えているかわかりません。パスワードを盗まれたり、クレジットカード情報を抜き取られたりする可能性もあります。

 

このようなフィリピン留学中のインターネット環境を踏まえたうえで、通信手段をどうするべきか、考えられる選択肢をいくつか挙げてみます。

 

  • 学校のWiFiと、外出先の無料WiFiだけで我慢する
  • 海外旅行用のレンタルWiFiを準備していく
  • フィリピンでポケットWiFiを購入する
  • フィリピンで格安スマホ&プリペイドsimカードを購入する
  • simフリーのスマホを持参し、プリペイドsimカードを現地で購入する

 

それぞれにメリット・デメリットがあります。もう少し詳しく個別に考えてみましょう。

 

 

学校(寮)のWiFiだけでインターネットは我慢する

学校(寮)のWiFiだけでインターネットは我慢する

実はフィリピン留学をされた諸先輩のなかで、最大多数派です。しかし現地で留学生活を始めてから後悔した、という話もよく聞きます。

 

1)メリット

 

特に何も準備しなくて済みますし、コストもかかりません。

 

2)デメリット

 

先に触れましたが、フィリピン留学先のWiFi環境は、日本よりもかなり悪化することがよくあります。また俗にいう「スパルタ校」の場合、外出も簡単ではありませんから「いざとなれば外でWiFiを」というわけにはいきません。

 

でも、まず考えてみるべきはあなたのフィリピン留学の「覚悟」です。

わざわざ日本を離れて、おカネをかけて語学留学する以上は相当な決意をお持ちでしょう。日本と同じような「ネット漬け」の生活を切り替えて、留学中のネット利用は必要最低限にする。それもあなたの覚悟次第で可能なはずです。

 

3)現地でポケットWiFiの購入も視野に

 

それでも実際に留学してみたら「こんなはずじゃなかった」「想定外だ」みたいな状況があるかもしれません。「必要に迫られたらフィリピンでポケットWiFiを購入する」というスタンスでもいいでしょう。

また諸先輩が結果として学校のWiFiで我慢したのは「フィリピンの携帯事情、特に料金のチャージ方法がよくわからなかった」という消極的な理由もあるでしょう。これは後ほど詳しく解説いたします。

 

 

レンタルWiFiを日本で準備していく

レンタルWiFiを日本で準備していく

1)メリット

 

料金が決まっている安心感、セキュリティを心配せずに使える安心感はあります。学校の寮で、通信が混みあう時間帯でも気にせずに済みます。またスマホだけではなくタブレットやパソコンなど複数の電子機器も持参されるなら、利用価値は格段に上がります。

 

2)デメリット

 

充電が必要なことも挙げられますが、何といっても問題はコストです。レンタルWiFi業者は頻繁にキャンペーンをしていますが、ざっくり1日1,000円以内に収まる程度ですから、留学期間が2週間程度なら、検討してもいいのではないでしょうか。

 

留意する点としては、キャンペーン割引の料金であっても、プラスして保険料がかかったりすること。また1日の通信データ量はそれほど多くはないので、日本の感覚でガンガン使えるとは考えないほうがいいでしょう。

 

3)レンタルか現地購入か

 

レンタルではなく、フィリピンでポケットWiFiを購入するという考え方もあります。通信スピードが比較的速いLTEのポケットWiFiでも1万円前後で購入可能です。2週間以上のフィリピン留学予定であれば、期間が長いほどレンタルよりコスパは向上します。

 

 

フィリピンでポケットWiFiを購入する

フィリピンでポケットWiFiを購入する

1)メリット

 

レンタルWiFiと同様のメリットを享受できます。

 

2)デメリットと現地購入のメリット

 

フィリピンのキャリアを使うことになりますから、プリペイドsimカードを購入したうえで各キャリア所定の方法でインターネット通信設定をしなければなりません。

(フィリピンのキャリアとインターネット設定の手順は後ほど解説いたします)

 

フィリピンで購入するなら、大型ショッピングモールに行きましょう。携帯やパソコン関連のショップが集中しているエリアが大型モールなら必ずあります。さらに、プリペイドsimカードも同時に購入できますので、面倒な設定を店員にやってもらえるでしょう。(追加のチャージが必要になったときも同様です)

 

日本でもsimフリーのポケットWiFiは購入できますが、現地キャリアのインターネット通信設定はいずれにせよ自分でしなければなりません。プリペイドsimカードを購入するときに、そこの店員に設定まで依頼するとしても、英語であれこれ説明する必要に迫られるとしたらどうでしょう?

また、たかだか数百円のプリペイドsimカードを購入しただけで、あれこれ頼んでも拒否されるかもしれません。LTEのポケットWiFiは1万円前後しますから、設定までお願いすることも比較的容易でしょう。

 

なお3GのポケットWiFiでしたらさらに安価で購入可能ですが、通信速度が落ちるので動画視聴などではストレスを感じてしまう人が多くなります。

 

 

フィリピンでスマートフォンとプリペイドsimカードを購入する

フィリピンでスマートフォンとプリペイドsimカードを購入する

1)2台持つことで国際電話やメールもOK

 

後述する「日本からsimフリーのスマホを持って行く場合」は、フィリピンのsimに入れ替えることになります。そうすると日本からの着信や携帯アドレスでのメールのやり取りができなくなってしまいます。

仕事上の都合などで、国際電話や携帯メールも受けたい場合は、日本のスマホとフィリピンの携帯と2台持つことも選択肢です。

2)多彩なスマホメーカーと価格

 

フィリピンでは日本でなかなか見ないスマホメーカーの機種も入手可能ですし、安価な中古品も売っています。スマホの安いものなら、新品でも2~3,000円程度から揃っています。ガラケーなら1,000円前後でもあります。また日本と違って、すべてsimフリーです。ただし日本語表示は期待できませんので、英語表示で使います。

 

なお物価の安いフィリピンだからスマホもみな安いだろう、と思われるかもしれませんが、iPhoneなど高性能な最新機種は日本より高い価格になるケースもあります。

またスマホメーカーによってはデュアルsim仕様の製品もあります。simカードを2枚同時に入れて使えるので、日本からの着信にも対応しつつ現地のsimが使えます。

 

3)フィリピンのスマホ購入はとても簡単

 

日本のような「通信料後払い」ではなく、フィリピンでは先払いです。そのため口座振替だ、個人情報云々だなどの面倒な書類手続きは不要です。ポケットWiFiも同様です。

フィリピン留学後にも、日本で格安スマホを持ちたいとか、頻繁に海外に行くおつもりならば購入してしまう手もあります。

 

4)フィリピンの携帯を持つメリット

 

フィリピン留学をされた諸先輩のブログなどを読みますと、このようなメリットを挙げていました。

 

  • 週末の旅行時にお店を調べたり、観光情報が入手できる
  • 留学生仲間と外出先で連絡を取り合うのに便利
  • 外出時(特に夜)は現地スマホだけ持って出れば、スリにあっても被害は最小限で済む
  • プリペイドなので使いすぎる心配がない
  • ローカルの人たちとテキスト(SMS)でやり取りが安価に、手軽にできる

 

こうして列挙してみるとおわかりになるでしょう。どれも勉強以外の理由ですよね。極論すれば「たくさん遊びたい人」は2台持ったほうが便利、ということです。学校(寮)のWiFi環境を解決するためではないようです。

 

ちなみに海外では「携帯メールアドレス」はレアで、テキスト(SMS)で連絡を取り合うのが一般的です。フィリピンでは1送信わずか0.5ペソです。世界でもっともテキストを利用しているのはフィリピン、というデータもあります。例えば家族同士が、自宅の1Fと2Fにいるのに、声を出さずにテキストを使ったりします。ですから「ローカルとやり取りしたい」なら有用です。

 

 

simフリーのスマホを用意し、プリペイドsimカードを現地購入する

simフリーのスマホを用意し、プリペイドsimカードを現地購入する

1)メリット

 

とにかく通信コストを安く抑えるにはこれです。WiFi環境を気にする必要もありません。

 

2)デメリット

 

先に触れましたが、simカードを入れ替えて使うということは、日本のsimを使わないわけですから、日本で誰かがあなたの携帯に電話してきても、携帯メールを送っても受けられません。電話番号は携帯本体ではなくsimについているものですから。

 

フィリピンでプリペイドsimカードの購入を勧めているサイトでは、この点に触れていない記事ばかりでしたので海外ビギナーの方は要注意です。フィリピン留学の間ずっと、電話の着信も携帯アドレスへのメールも無視できる人なら、という条件つきの話になります。

 

3)プリペイドsimカードは空港で購入するのがベター

 

フィリピンだけでなく、国際線が発着する空港で現地のsimカードが購入できるのは、今や常識化しています。マニラやセブの空港に到着したら、バゲージクレームを過ぎたあとに現地キャリアの特設ブースが目につきます。

 

後述しますが、フィリピンでプリペイドsimカードを初めて使う人にとって、料金のロード(チャージ)が最大の難関です。空港で購入すると、その面倒なロードの手続きもお店のスタッフがしてくれます。

フィリピンでポケットWiFiを購入するなら大型モールに出向きますが、日本からsimフリーを持参するならば、到着空港で購入してしまえばすぐその場で使えます。

 

さらに空港で購入できる特設店舗では、あらかじめ旅行者向けの料金プランをチョイスしています。フィリピンのキャリアは(日本もそうですが)プランがいろいろあり過ぎて、初めての人はどれがいいのか迷ってしまうはずですから。

フィリピン留学の場合はまず最長の「30日プラン」あたりを購入しましょう。期限がきたら再チャージします。(方法は後述します)

 

注意点として、ポケットWiFiならデータ通信専用でよいのですが、電話もしたいしネットもしたい場合は購入するsimカードの種類が異なります。「電話もしたい!」とスタッフに必ず伝えてください。

 

 

おすすめの現地キャリアはSMART?Globe?

おすすめの現地キャリアはSMART?Globe?

フィリピンの2大キャリア「SMART」と「Globe」、どちらがおすすめか、という点では意見がほぼ真っ二つに分かれます。つまり、どちらも遜色ないともいえますが、敢えて申すならSMARTにしておくのが無難です。

 

1)周波数(バンド)の違い

 

各国の通信における周波数のデータがWikipediaにあります。

 

・SMARTのLTE: 2100 MHz LTE (バンド1)

・Globe  のLTE: 1800 MHz FDD-LTE(バンド3)

 

最近のLTE対応スマホはバンド1でも3でも対応しているはずですが、少し前のスマホのなかにはバンド3では対応できないものもあります。日本でsimロックを解除できる条件として、使用期間が最低半年以上必要だったり対象端末が限定されていることから、万一を考えるとSMARTにしておくべきでしょう。

 

2)電波の強さは場所によります

 

Globeのほうが電波の強い場所もあれば、SMARTが強い場所もあるので、一部の人の感想だけでキャリアを決めてしまうのはナンセンスだと考えます。まずSMARTを試して、ダメならGlobe、という意見もあります。

 

 

ロード(チャージ)するときの電話番号と掛け方(桁数)

ロード(チャージ)するときの電話番号と掛け方(桁数)

プリペイドsimカードと書いてきましたが、simカード自体の値段は40ペソ程度で、ときどき無料で配布したりしています。そこに「*日間有効」となる前払い(プリペイド)のロードカードがセット販売されているわけです。iTuneカードみたいなものと考えてください。

 

日本人には馴染みのないロードですが、このような流れになります。有効期限が過ぎたり残高がゼロになって再度ロードするときも2)以下、同じ手順です。

1)購入したsimカードを、スマホのサイズに合わせて挿入します

(standard, micro, nanoの3サイズに対応しています)

2)ロードカードの、銀色の部分をコイン等で削ると数字(PINコード)があります。

3)各キャリアの専用電話番号に電話をかけます。

  SMARTの場合は「1510+PINコード」をプッシュして発信します。

  正しく入力すると「you successfully loaded」云々という機械音声が聞こえます。

  Globeは「223」に発信し、機械音声が聞こえたらまず「10桁のカード番号と#」、

  また音声が聞こえたら「6桁のPINと#」を入力します。

4)ロード完了のSMSが送られてきます。

 

ロードカードにはこの手順説明も書いてありますので安心してください。

ロードが済んだら、もう1ステップ必要です。通信プラン選択です。

 

例えばSMARTで「SURFMAXPLUS995」という30日間・995ペソのプランならば、SMS(ショートメール)で宛先を「9999」、本文にプラン名の「SURFMAXPLUS995」と入力して送信します。無事手続きができるとSMSでその旨返信されてきます。

Globeなら宛先は「8888」、本文にプラン名です。

iPhoneの人は「メッセージ」アプリから行います。

 

読んだだけではちょっとイメージしにくいでしょうから、最初は購入したお店のスタッフに頼んで、やり方を見せてもらいながら説明を聞くことをお勧めいたします。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

今までぼくが研究してきた「留学で3倍の成果を上げる」ノウハウを無料でプレゼントしちゃいます。


総ページ数30ページ以上の

充実のコンテンツE-bookです。

ぜひあなたの留学にお役立て下さい。

いつか削除する可能性もあるので
今ダウンロードしちゃって下さい。

ここでは絶対に言えない成功の秘訣を
惜しみなく盛り込みました。

詳しくはE-bookで!




フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!