フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

【フィリピン大学正規留学】アダムソン大学

tomo-san
WRITER
 
アダムソン大学

LINE登録バナーPC

LINE登録SP

この記事を書いている人 - WRITER -
tomo-san
ほとんど英語が話せない状態で社会人になってからフィリピン留学を経験。

2012年から5年間、フィリピンにある語学学校でマネジャーとして働き、数多くの日本人留学生の英語学習をサポート。最終的には副代表に就任。その後、複数の語学学校のコンサルティングも携わる。

これまでの経験からフィリピンの現地事情や語学学校の情報に精通している。スピーキングが伸びる英語学習アドバイスなども人気。TOEIC900(R/L)

アダムソン大学の特徴

大学名

アダムソン大学

エリア

マニラ

住所

900 San Marcelino Street, Ermita Manila,1000 Metro Manila

学期

二学期制(セミスター)

難易度

Aクラス

国内大学ランキング

20

偏差値(目安)

52

学生数

約8,500人

外国人生徒率

2%

日本人生徒の受け入れ実績

不明

大学院の有無

あり

学生寮の有無

なし

ギリシャ移民が設立したマニラの名門校

アダムソン大学

アダムソン大学は、1932年6月20日にギリシャの移民であるジョージルーカスアダムソンがアダムソン工業化学学校として設立した私立大学です。

例年、フィリピンの大学ランキングで上位に名を連ねる名門校で生徒数は、8500人ほどです。規模は中規模ですが、選りすぐりの優秀な生徒が集まっています。

外国人留学生の受け入れにも積極的で、外国人留学生の比率も2%と他行に比べ高いです。

設備が整った大学

アダムソン大学

施設の設備の拡充にも力を入れている大学で、構内の施設も綺麗で研究設備なども最新のものを使用できます。

メトロマニラの中心エリアにありながらも、広大な敷地の中に8つの校舎を構え、校内はとても静かで落ち着いた雰囲気です。

勉強に最適な環境が揃っていますし、綺麗好きな日本人でも抵抗なく快適に通える大学でしょう。

エンジニアリングが政府の優良認定

アダムソン大学はエンジニアリングと教育学部が政府の優良認定を受けています。

特に、ケミカルエンジニアリング、土木工学、コンピューターエンジニアリング、電気工学、電子工学、産業工学はレベルが高いことで有名です。

エンジニアリング系の学部は、学べる地意識やスキルがキャリアに直結するのでとてもおすすめの学部です。コンピューターエンジニアリングは、世界中どこでも通用する知識とスキルなので注目です。

アダムソン大学の試験・入学条件

入学条件

  • 高校の卒業資格があること
  • 大学独自の入学試験に合格すること

入学試験の内容

試験科目

英語、数学、科学、面接

試験の日程については、お問い合わせください。

必要とされる英語力のレベル

特に条件とされる英語力のレベルはありません。

ただし、英語の試験で大学側が基準としている点数を満たせなかった場合、英語のチュートリアルプログラムから受講しなければならなくなる可能性があります。

アダムソン大学の費用

登録料 15,000ペソ
学費 約15万円~/ 1年
寮費 ×

学部・学科によって金額が変わるため、詳しくはお問い合わせ下さい。

アダムソン大学での生活

大学内の雰囲気・環境

アダムソン大学は、マニラの古都メトロマニラに校舎を構える大学です。フィリピン国立博物館やリーサル公園などとも近く、周囲は歴史的な雰囲気とモダンな雰囲気の入り混じった趣のあるエリアです。

周囲には、SMシティマニラなど大型のショッピングモールもあり、生活にはとても便利です。

1ヘクタール以上の広大な敷地の中に8つの校舎があります。ギリシャ人が設立した大学ということもあってか、建物のデザインも洗練された優美さを感じさせるものです。

アクティビティが楽しめる広い運動エリアもあり、イベントなども行われます。

大学で行われるイベント

  • スポーツ大会
  • 文化祭 など

長期休みの情報

  • 第1セミスター終わりの長期休み:12月~1月
  • 第2セミスター終わりの長期休み:6月~7月

アダムソン大学周辺環境

周辺おすすめスポット

  • UNスクウェアモール:徒歩6分
  • SMシティマニラ:徒歩6分
  • リーザル公園:徒歩5分 など

交通手段

アダムソン大学は、サンマルセルストリートというマニラの主要道路のひとつ沿いにあるので、タクシーやジプニーなどが多く通るため交通はとても便利です。

近くに駅はないので、徒歩圏内に住むか、またはタクシーを使った通学が現実的です。

アダムソン大学の学部・学科

エンジニアリング系

学部 学科
☆化学工学

 

☆土木工学

 

☆電子工学

 

☆電気工学

 

☆産業工学

 

機械工学

 

鉱山工学

 

石油工学

 

ビジネス系

学部 学科
会計

 

経営
  • 財務マネジメント
  • マーケティングマネジメント
  • オペレーションマネジメント

観光ホスピタリティー系

学部 学科
ホスピタリティーマネジメント

 

教育系

学部 学科
☆初等教育

 

☆中等教育
  • 英語
☆体育
  • スポーツ&ウェルネスマネジメント

社会学系

学部 学科
政治学

 

心理学

 

人類学系

学部 学科
哲学

 

コミュニケーション系

学部 学科
コミュニケーション

 

医療系

学部 学科
看護

 

薬学

 

サイエンス系

学部 学科
生物学

 

地質学

 

化学

 

IT系

学部 学科
コンピューターサイエンス

 

情報システム

 

建築系

学部 学科
建築

 

★がついている学部は、フィリピンの政府機関から最優良認定(COE-Center of Excellence)を、☆がついた学部は優良認定(Center of Development)受けたおすすめの学部です。

まとめ

アダムソン大学は、ギリシャの移民であるジョージルーカスアダムソンが1932年に設立した私立大学です。生徒数は、8500人ほどと中規模ですが、選りすぐりの優秀な生徒が集まっています。

メトロマニラの中心エリアにありながらも、広大な敷地の中に8つの校舎を構え、校内はとても静かで落ち着いた雰囲気です。

施設の設備の拡充にも力を入れている大学で、構内の施設も綺麗で研究設備なども最新のものを使用できます。

エンジニアリングと教育学部が政府の優良認定を受けており、特に、ケミカルエンジニアリング、土木工学、コンピューターエンジニアリング、電気工学、電子工学、産業工学はレベルが高いことで有名です。

エンジニアリング系の学部に興味がある方にはぜひ挑戦してほしい大学です。

この記事を書いている人 - WRITER -
tomo-san
ほとんど英語が話せない状態で社会人になってからフィリピン留学を経験。

2012年から5年間、フィリピンにある語学学校でマネジャーとして働き、数多くの日本人留学生の英語学習をサポート。最終的には副代表に就任。その後、複数の語学学校のコンサルティングも携わる。

これまでの経験からフィリピンの現地事情や語学学校の情報に精通している。スピーキングが伸びる英語学習アドバイスなども人気。TOEIC900(R/L)