フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

【オンライン留学】Apitree Englishのメリットデメリット・費用・口コミ・評価

 
【オンライン留学】Apitree Englishのメリットデメリット・費用・口コミ・評価
この記事を書いている人 - WRITER -
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら

Apitree English Speakが選ばれる6つの理由

Apitree English Speakが選ばれる6つの理由

①対面授業と同じ講師が担当

①対面授業と同じ講師が担当
対面授業(名称:BECI)の講師の中でも優秀な講師を中心にオンライン留学を提供。オンラインでも質を落とさずにしっかり英語力をサポート。

②SPテスト(スピーキング強化)

②SPテスト(スピーキング強化)
スピーキングテスト内容を録画したものを書き起こし、発音・ストレス(強調)・語彙・文法の正確さ・聞き手の理解・流暢さ・文脈の一貫性・内容の正確さなどを専門講師が10段階の基準でチェックしアドバイス。自分のスピーキングを見える化することで弱点や冠詞漏れ・間違った発音・癖などに客観的に気付き定期的に修正していくことが可能。1回/4週の頻度でApitree English全プログラム無料で提供。

③SC(スピーキングコーチング)

③SC(スピーキングコーチング)プログラム
SC(スピーキングコーチング)では、スピーキングを伸ばすことを目的とした英会話プログラム。専門のフィリピン人講師が単語・リスニング・スピーキング・リーディングのテキストを使って、月1回行われるインタビューテストと呼ばれるSPテスト(*上記参照)対策を実施(1日2コマ100分)。対面授業の時も非常に人気のコースで文法・発音・冠詞の抜けなどの癖や弱点に早期に気付き、それらの弱点を徹底的につぶし、スピーキングの流暢さや正確性を増していく。

④グローバルグループクラス

④グローバルグループクラス
アジアを中心(日本・韓国・ベトナム・中国・タイ・モンゴル)としたグループクラスに参加可能。低年齢であれば算数(数学)・社会・理科(科学)といった科目の学習、また年齢毎の構成とトピックで提供。Apitree Englishの受講生全てが対象で、毎週金・土曜に無料で受講可能。

⑤旅行英会話コース(Venture English)

⑤旅行英会話コース(Venture English)

スピーキング・リーディング・リスニング・ライティングをバランスよく学びながらショッピング・観光・レストランなどの旅行英語表現を学習。海外旅行に行った際に必要となる実践的英会話スキルを学ぶことに焦点を当てて構成。

⑥ワーキングホリデーコース

⑥ワーキングホリデーコース
ワーキングホリデーの成功に必要なスピーキング・就職用面接・ライティングの3つのスキルを学習。スピーキングでは旅行英会話を、就職用面接ではビジネス英語と面接対策、ライティングでは履歴書やカバーレターの書き方を中心に学びながら、面接用のSPテスト(*上記参照)もあるのでより高いパフォーマンスが期待できる。

 

こんな人にApitree Englishをおすすめ

こんな人におすすめ

一般的には、どのサイトでも上のポイントが紹介されてるよね。だけど、ここではApitree English Schoolを死ぬほど見てきた僕が本当のおすすめポイントを紹介するよ!

Apitree English Speakで一番お勧めのコースはSC(スピーキング・コーチング)コースです。実際に対面授業の時にもSCコースを全クラス受講したことがあって、これを受講したお客さんも通常のESLコースと比べてスピーキングに効果があると体感しています。

SCコースの先駆けとしてSPというスピーキングを見える化するプログラム(月1回だけのテスト)を何年もかけてコースとして確立させたのがSCコースです。(中々一般的に詳しく知る人はいません)

提供されている科目は全て連携しているので、新しく出てきたことが違う科目でも再び出てくる仕組みになっていて、成果を毎月スピーキングテスト(SPテスト)で測ります。そこで、出来るようになったところとできていない所を明確に確認しながらつぶして行けるため、Apitree English Speakで英会話を学習するのに、SCコース以外を取るのは個人的にもったいないと思います。

取材班の体験談

フィリピン留学Hubスタッフの私が実際にオンライン授業の体験をしてみたので、参考にどうぞ。

まずはレベルチェック、そしてレッスンの順でスタートです!

  • 簡単な質問に対して自分の意見を言う(どういうときに幸せを感じますか?など)
  • 写真2枚を見て、それぞれ描写する
  • 200ワードくらいの文章を読む

文法・発音・アクセント・質問に対する答えの一貫性・流暢さなどを総合的にテストされ、終了して10分に別の先生といよいよレッスン開始。今回のレッスン目的は、形容詞/前置詞を使ってものごとを描写することです。

  • 夢に描いている休暇/旅行について形容詞を使って2分間で説明してください。
  • 人々はなぜ旅行に行くのか?
  • あなたの国を旅行するならどの季節が良いか前置詞を使って説明してください。

質問に対して今日の目的を忘れずにテーマをこなします。若い先生でしたが、ベテランの先生並みに授業を進めるのがうまいですね。

  1. 先生が質問する
  2. 受講者が答える(できるだけ多くの情報を伝える)
  3. 先生が受講者の答えを画面に打ち込んでいく
  4. 先生がまとめてフィードバックする(文法、語彙の添削、他の言い回しを提示)

今回の授業で1番良いなと思ったのは、4番の先生がまとめてフィードバックするという点です!そしてそれらを体系化したのがSCコースってことですね!

カリキュラム・プラン・コース

プログラム

SP(Speaking Prescription)テスト

対象者:受講者全員

生徒のスピーキングテストをビデオ録画し、スピーキングテスト内容の書き起こしと訂正を加えものをフィードバック(4週間に1回)することで、弱点を集中的に改善するプログラム。SPテストは、生徒様のスピーキング力を短期間で伸ばすため大きな役割を持ちます。

生徒が自分の英語力を発音・ストレス(強調)・イントネーション・語彙・文法の正確さ・聞き手の理解・流暢さ・文脈の一貫性・内容の正確さ・洗練された表現の柔軟な仕様というポイントで確認し、詳細な間違い訂正により、ご自分のスピーキングのパターンや癖を認識して英語の成長を可視化できます。

これで「スピーキングが伸びる」って書かれてるサイトが多いけど、これでスピーキングが伸びるわけではないから注意。テスト結果を見て、癖や弱点に対してどうアプローチしていくかという「その後のアクション」がないと全く意味がないからね。

グローバルクラス

対象者:受講者全員

生徒と講師だけではなく出来るだけ生徒同士でも話をする機会が多くなるように、また学術的にならない様に配慮した自由参加のグループクラス。

意見交換の促進、スピーキングの訂正やアドバイス、そして最終的には各クラス用に選定されたトピックに基づくディベートを通じて、さまざまな関連トピックでご自分の意見を表現するために必要な言語スキルを学ぶ。生徒がご自分の考えや意見を声に出して表現できるよう促し、クラスを通じてスピーキングでの流暢さの向上と更なる練習、また語彙の正確性の向上が期待。

  • 開校日:金曜
  • 時間:17時~(中級者向け)/19時~(初心者向け)/20時~(初心者向け)
  • クラス時間:50分
  • 人数:催行人数2人~最大4人

2021年8月時点の参加者は各週50人(韓国41名、モンゴル2名、中国1名、ベトナム1名、フィリピン4名)と割と多くの人が参加してるよ。

コース

試験対策を除く一般英会話コースの受講頻度は以下の通りです。

週2回火・木
週3回月・水・金
週5回月~金

一般英会話のコース

General ESLコース
「2・3・5回/週」×「1~5時間/日」から選択
初級/基礎レベルからスピーキング力を磨きたい人。生徒のレベル、目標、スケジュールに合わせて短期間で英会話力を向上させる。
初心者向け内容 中級者向け内容 上級者向け内容
基礎レベルのコースで、日常生活で使うことのできる単語や表現を学び、英語の構造を理解。英単語の羅列ではなく英語の文を作ってコミュニケーションする方法を学習。
主要な英会話のパターンを学びそれを繰り返し練習し、英語表現の幅を拡大。SCでは担当スピーキングコーチからの細かなフィードバックを通じて、英会話の正確さや流暢さを伸ばしていく。
上級レベルの表現を学ぶことができ、国際的又は社会の時事問題をトピックにしたディスカッションのクラスで、自分の意見や考えを明確に表現できるようになることが期待。

*同内容で「週5日間」×「1日5時間」の場合は以下SPARTA ESLコースになります。

SPARTA ESLコース
週5日×5時間/日
General ESLコースと同じ内容。週5回×5コマ/日のプランだとSPARTA ESLコースと呼ばれる。
SC(スピーキング・コーチング)コース
週5日×2時間/日
SCスピーキングトレーニングで最も効果的なトレーニング方法。ビデオインタビュークラスとスピーキングコーチによる集中的スピーキングトレーニングを通じて、生徒様はご自分のスピーキングの癖やスピーキング力を伸ばす。スピーキングでの文法や表現、発音などを詳しく分析することにより、スピーキングでの流暢さや正確さを改善。
旅行英会話(Venture English)コース
「2・3・5回/週」×「1~4時間/日」から選択
観光時に必要になるシチュエーションで英会話を学習。ショッピング・観光・レストランなどのシーンでの英会話がスムーズに成り立つようになるためのプログラム。旅行英会話に自信を付けて、1人で海外旅行に行っても困らないようにしましょう。

受講可能レベル:基礎レベル以上

ワーキングホリデー準備コース
「2・3・5回/週」×「1~3時間/日」から選択
ワーキングホリデーに必要なスキルである、スピーキング・就職用面接・ライティングを学習します。受講コマ数に応じてアレンジが可能なのでご自身に必要な科目数を受講するのがおススメ。履歴書やカバーレターの書き方を講座に加え、面接対策も行うので、英語の基礎力がない方はGeneral ESLコースから受講するといいです。A2 Elementary(初中級)以上が対象。

・受講可能レベル:A2 Elementary(初中級者)以上

Junior Speakコース(25分)
「2・3・5回/週」×「25分/日」から選択
General ESLコースのジュニア版。50分間のレッスンが耐えられないお子様にお勧め。
Lite Speakコース(25分)
「2・3・5回/週」×「25分/日」から選択
GENERAL ESLコースの内容を25分に短縮。どうしてもレッスンで50分取りずらい人にお勧め。

試験対策のコース

IELTS Speaking & Writingコース
週5日×1時間
ブレインストーミングに基づくトレーニングにより、生徒はスピーキングとライティングでご自分の考えや意見を英語で論理的に表現が可能に。IELTSのスピキングとライティングのバンドスコアを伸ばしたい人やスコアの伸びにスランプを感じている人にお勧め。
IELTS Speaking Practicコース
週5日×2時間
IELTSスピーキングに特化し、実際の面接テストで生徒様は自然に自分の意見を表現が可能に。自分の考えを適切なご自分の考えを適切な英語語彙や表現を使って表現することが難しい人やIELTSのスピーキング・バンドスコアを伸ばしたい人にお勧め。
IELTS Regularコース
週5日×4時間/日
実際のIELTSテスト(スピーキング・リーディング・ライティング・リスニング)に必要なコツやテクニックを全て学習。クラスは生徒の弱点に焦点を当て、目標スコア達成に向けて繰り返し練習。IELTSテストを以前に受けたことのない人や短期間でIELTSスコアを伸ばす必要のある人にお勧め。

費用

各コースと受講頻度ごとの最新の料金表はこちらから確認できます。

最新の料金表

正確なお見積り・資料請求が欲しい方や無料で相談したい方は以下のボタンからお気軽にどうぞ。

Apitree Englishの概要

最低申込の期間 ***
受講の時間帯
10:00~23:00
1コマ辺りの時間50分・25分
日本人スタッフ有無○(1人)
講師タイプ(国籍)フィリピン人
祝日補講の有無*以下ポリシー内>一般規則を参照
欠席時の扱い*** *注意
受講用アプリSkype
一般規則
1. Apitree SCHOOLおよびSPEAKクラスは、平⽇(⽉曜⽇から⾦曜⽇)の⽇本時間午前10時から午後11時まで提供されます。各国の時差に応じて適⽤されます。⼟曜、⽇曜、フィリピンの祝⽇は授業を⾏いません。
2.コース、登録、変更のリクエストに関するすべてのお問い合わせは、各国担当マネージャー・フィリピン留学Hubを通じて⾏うことができます。
3.各クラス頻度での保証クラス数は以下のとおりです。(1⽇1クラス×4週間ベース)

週2回(火曜日/木曜日)週3回(月曜日/水曜日/金曜日)週5回(月曜日~金曜日)
8クラス12クラス20クラス

4. Apitree SCHOOLおよびSPEAKの全コースには、追加料⾦なしで各⽣徒に提供される⽉1回のSP(スピーキング矯正)テストが含まれています。
5. Apitree SCHOOLコースでは、オンラインeラーニング資料にアクセスするための個⼈IDを提供します。(複数名が1つのアカウントに同時アクセスすることは不可、1⼈につき1つのアカウントのみ)
6. Apitree SPEAKコースのクラスは、⼊学時のレベルテストの結果に基づいて調整されます。デジタル教科書全ページのファイルを⽣徒に提供することは、著作権保護のため許可されていません。
7. Apitreeの全クラスは、技術的またはビジネス上の問題がない限り、各⽣徒の固定スケジュールに従って提供されます。ただし、⾃然災害、⼤統領や地⽅⾃治体により突然発表されるフィリピンの休⽇、⽶国のeラーニング資料のウェブサイトでの予告なしのシステムチェックなど、やむを得ない事情により、事前の通知なしにクラススケジュールが変更される場合があります。
8.⼊学時のレベルのテスト結果に基づいて、各⽣徒に担当講師が割り当てられます。⽣徒の選択されたコース・年齢も講師の割り当ての際に考慮されます。特定の講師を指名する場合は、開始予定⽇の少なくとも1週間前に申し出ていただいた場合にのみ可能となります。

クラス規則

1. 出席
-講師は⽣徒が応答するまで、最初の15分間は5分ごとに⽣徒にビデオ電話をかけます。クラスの最初の15分間に、講師から⽣徒に少なくとも3回のビデオ電話がかけられます。
15分間のビデオ電話試⾏後、講師は予定されたクラス時間が終了するまで⽣徒をお待ちします。
⽣徒が予定されたクラス時間の途中でクラスを開始したい場合は、SkypeまたはZoomを使⽤して講師にビデオ電話していただき、残りの分数だけクラスを⾏うことができます。⽣徒はクラス時間を延⻑することはできず、クラスは予定された時間に終了します。
-講師が事前の通知なしにクラスの開始時間から5分間遅れた場合、クラスは実施されなかったものとみなします。実施クラス回数には含まれず、残りのクラス回数から差し引かれません。メイクアップ(補習)クラスは終了⽇を延⻑して提供されます。クラスの延⻑は、各⽣徒の週のクラススケジュールに従います。
例)⽣徒が毎週⽕曜⽇と⽊曜⽇の⽇本時間午後7時にクラスを受講し、⽣徒の終了予定⽇が⽕曜⽇の場合、メイクアップ(補習)クラスは⽣徒の登録期間の最終週の⽊曜⽇の⽇本時間午後7時にスケジュールされます。
-⽣徒がクラスを⽋席する場合は、クラスを⽋席する予定⽇の少なくとも1⽇前に、各担当マネージャー/スケジュール担当者にクラスの延期/再スケジュールを申請する必要があります。クラス担当講師を通じての申請は認められません。
(クラスの再スケジュール/延期は4週間に2回利⽤できます。)
-⽣徒がクラス当⽇に⽋席を通知する場合、通知遅れとみなされるため、残りのクラス回数から差し引かれます。
-個⼈的理由により、事前連絡なく⽣徒がクラスを⽋席された場合、メイクアップ(補習)クラスは提供されません。
-講師の個⼈的な理由でクラスを提供できない場合、⽣徒はコースの終了⽇を延⻑するか、代替講師とクラスを受講するかのどちらかを選択できます。
-講師の遅刻、⽋席、またはやむを得ない事情(停電、⾃然災害、技術/通信の問題など)のために中断されたクラスは⾃動的に延期され、影響を受けた⽣徒にメイクアップ(補習)クラスが提供されます。代替講師はランダムに⽣徒に割り当てられます。

2. クラスの延期とメイクアップ(補習)クラス規則
-フィリピンの休⽇にはクラスは提供されず、休⽇に当たるクラスは⾃動的に延期されます。
-クラスの再スケジュールや延期は、基本的に延⻑された週の同じ曜⽇、時間にスケジュールされ、⽣徒のクラス終了予定⽇が延⻑されます。
-メイクアップ(補習)クラスは、⽣徒の登録/コース受講期間中にのみ提供され、⽣徒の希望するクラスの⽇時に担当講師のスケジュールが不都合の場合は、代替講師が担当することもあります。
フィリピンの祝⽇および適切にキャンセルされたクラスのため⾃動延⻑して提供されるメイクアップ(補習)クラスの⽇付は、登録/コース受講期間とみなされます。登録期間後のメイクアップ(補習)クラスの申請は受け付けておりません。
-すでに予定されたメイクアップ(補習)クラスの⽇時を、変更またはキャンセルすることはできません。
⽣徒がすでに予定されているメイクアップ(補習)クラスに出席できない場合、メイクアップ(補習)クラスは提供されたとみなされ、新たにメイクアップ(補習)クラスは提供されません。

変更についての規則

1. コースまたは授業の変更
[SCHOOL]
アカデミックカリキュラムの制限により、最初の1学期が終了するまでコースを変更することはできません。(例:⼩学校
コースから中学校コースへのコース変更は許可されていません)。
※同じコース内で、ある学年から別の学年への変更は、相談後に⾏うことができます。
[SPEAK]
-コースの変更は、4週間のコース修了後に⾏うことができます。
*⽣徒は、新しいコース開始希望⽇の少なくとも2週間前にコース変更を申請する必要があります。
[共通の規則]
-Apitree SPEAKコースをApitree SCHOOLコースへ、またはその逆のパターンでコース変更することを固く禁じます。

2. スケジュールまたは講師の変更
-⽣徒は、クラスの再スケジュールまたはキャンセルの通知を、予定されているクラスの少なくとも1⽇前にマネージャー/スケジュール担当者に通知する必要があります。
-講師または授業時間の変更申請は、Apitreeマネージャー/スケジュール担当者に直接通知する必要があります。4週間に1回
のみ許可されます。クラスのスケジュールに関して、担当講師と直接/私的な取り決めをすることを固く禁じます。
-クラス頻度の変更は、クラス開始⽇から4週間後に可能であり(例:週5⽇から週2⽇へ)、6か⽉間に2回まで許可されます。
-講師やクラスのスケジュールの変更は、少なくとも7⽇前までに申請する必要があります。スケジュールの空き状況により、代替講師が割り当てられる場合があることを⽣徒は事前にご了承いただく必要があります。(やむを得ない事情が発⽣した場合、
⽣徒はクラスの⽋席の通知と、再スケジュールのクラス曜⽇/時間をクラスの予定⽇の少なくとも1⽇前に申請する必要があります。)
-やむを得ない理由で担当講師が不在の場合、Apitreeは代替講師を⼿配する権限があります。

長期間のクラス停止
SCHOOLSPEAK
• クラスの⼀時停⽌は30⽇までのみ可能

• 24週間に1回のみ
クラスの⼀時停⽌は90⽇までのみ可能

12週間に1回のみ

-短期や⻑期のクラス停⽌の申請は、クラスの担当講師ではなく、各担当マネージャー・スケジュール担当者に直接連絡してください。クラスの担当講師に伝えるのみでのクラスの⼀時停⽌の申請は受け付けられません。
-⽣徒がクラスを⼀時停⽌したい場合は、クラス停⽌を開始したいクラス⽇の少なくとも1週間前に申請する必要があります。
⼀時停⽌期間中にクラスを再開したい場合は、少なくとも1週間前に申請する必要があります。
-希望するクラス停⽌期間が終了すると⾃動的にクラスが再開され、万が⼀⽣徒の⽋席によりクラスが再開されなかった場合、クラスが提供されたものとみなします。
-⽣徒が30⽇を超えてクラスを⼀時停⽌することを選択し、30⽇間の⼀時停⽌期間後に返⾦を要求した場合、返⾦は⾏われません。

キャンセルと返金規定

1. [SPEAK] 1)初回クラス開始前:授業費全額返⾦(⼊学⾦/登録費10,000円を除く)
2)初回クラス開始後(返⾦は申請⽇に基づきます。)
-7⽇以内に返⾦を申請した場合:全額返⾦(⼊学⾦/登録費10,000円を除く)
-14⽇以内に返⾦を申請した場合:残りのクラス⽇数分の50%の返⾦。(⼊学⾦/登録費10,000円を除く)
-14⽇超過後に返⾦を申請した場合:返⾦なし

2. [SCHOOL] 2-1. 16週間未満の登録の場合
1)初回クラス開始前:授業費全額返⾦(⼊学⾦/登録費10,000円を除く)
2)初回クラス開始後(返⾦は申請⽇に基づきます。)
-7⽇以内に返⾦を申請した場合:全額返⾦(⼊学⾦/登録費10,000円を除く)
-7⽇超過後に返⾦を申請した場合:残りのクラス⽇数分の50%の返⾦。(⼊学⾦/登録費10,000円を除く)
– 90⽇超過後に返⾦を申請した場合:返⾦なし

2-2. 16週間以上の登録の場合
1)初回クラス開始前:授業費全額返⾦(⼊学⾦/登録費10,000円を除く)
2)初回クラス開始後(返⾦は申請⽇に基づきます。)
-14⽇以内に返⾦を申請した場合:全額返⾦(⼊学⾦/登録費10,000円を除く)
-14⽇超過後に返⾦を申請した場合:残りのクラス⽇数分の50%の返⾦。(⼊学⾦/登録費10,000円を除く)
– 90⽇超過後に返⾦を申請した場合:返⾦なし

*⽋席したクラスは実施クラス数に含まれます。キャンセルしたクラスと予定しているメイクアップ(補習)クラスは、残りのクラス回数に含めることができ、提供されていないクラスとみなされます。
*プロモーションまたは割引が適⽤されている場合、返⾦額は通常価格に基づいて計算されます。

返⾦の計算(⽣徒⽤)

⽣徒の実際の⽀払額(総額)-( 1クラスあたりの通常価格×実施/提供されたクラスの数)=返⾦額
返⾦額X 50%(キャンセル料)=最終返⾦額(⽣徒分)*

*⽣徒への実際の返⾦額は、フィリピン留学Hubの返⾦規則によって異なります。
*全クラスのスケジュールは、当校が返⾦申請を受領した時点からキャンセルされます。
*返⾦時のカード代や振込⼿数料は⽣徒負担とさせていただきます。
*原則として、返⾦申請⽇より14⽇以内に返⾦いたします。
*当校は、⽣徒がお⽀払いに使⽤されたものと同じ送⾦サービスを使⽤し返⾦いたします。
*事前連絡なく⽋席した場合、⽋席したクラスは実施済みクラスとみなします。
*返⾦は、その申請受領⽇に基づいて⾏われます。
*⼊学⾦(登録費)10,000円の返⾦は⼀切いたしません。

3.⾼等学校学位(卒業資格)取得コース
PCI⾼校の返⾦規則が本コースでは適⽤されます。

-登録⽇の30⽇間:申請料を除く全額返⾦
-登録から30⽇超過後:返⾦なし

割引禁止について

基本的に、APITREE ENGLISHのオンライン英語コース全てに割引禁止を適用させていただきます。

≪割引禁止理由≫
1.エージェント同士の過激な割引競争を予防するため
2.APITREE ENGLISHの製品とサービスの品質保持のため
3.フィリピン、バギオ市をベースに13年以上の経験を持つ英語語学学校として、コース、教材、講師の質を更に改善しより良いサービスを提供していくため

割引エージェントからのお申し込みが発覚した場合、代理店は学校とのエージェント契約が解除となるだけでなく、お申込者様も入学拒否となる可能性がありますことを予めご理解ください。

時間割

時間
①10時00分~10時50分
②11時00分~11時50分
③12時00分~12時50分 
レッスン
13:00-14:00お昼休憩
⑤14時00分~15時50分 
⑥15時00分~16時50分 
⑦16時00分~17時50分 
⑧17時00分~18時50分 
レッスン
18:20-19:00夕方休憩
⑨19時00分~19時50分
⑩20時00分~20時50分
⑪21時00分~21時50分
⑫22時00分~22時50分
レッスン

※左右スクロール文章

*希望時間帯を上記より選択。

Apitree English紹介ビデオ

Apitree English留学の体験談・口コミ・評価

取材班の辛口評価

取材班の辛口評価(デメリット)

Apitree English Speakでは、週2~3回だけ受けたい人にとって曜日が固定(週2回は火・木のみ、週3回は月・水・金のみの受講)されているので自由に選べないため、それ以外の組合せで受けたい人には対象にならない学校です。

また、SPテスト(SPプログラムとも呼ばれる)がどのサイトでも強調される節がありますが、それだけでスピーキングが強化されるものではなく、これを基に自分なりに徹底的に強化しなければ意味がないので、その点は注意したいところです。

受講者の体験談

TYさん(12週間受講)

良い経験でお勧めします。私の英語力はとっても低く、言っていることは理解できず、会話さえもできませんでした。先生たちは一生懸命教えてくれるため、私は諦めませんでした。API Speakの先生たちのおかげで成長できました。感謝します。

MSさん(4週間受講)

英語のブランク期間が長く、最初は1:1のクラスを心配していました。でも、先生皆は励ましてくれるしフレンドリーで、私が緊張しているのもすぐに気づいてくれます。まだまだ成長過程にありますが、楽しく勉強しています。

Nさん(12週間受講)

私は仕事で英文資料を読む必要があり受講しています。まずスピーキングテストの映像ファイルとスクリプトを送っていただいて、自分の話し方などを客観的に知る事が出来ました。講師のRLyn先生はとても明るく、いつもクラスは楽しいです。英単語を英語で説明する事はなかなかないので、大変ですが勉強になります。先生は優しいながら、ソフトに厳しく、必ず最後に笑顔で宿題をくれます。(^o^)自分のやる気を引き出していただいてます。
最近初めて英検を受験してみましたが、(コロナの影響で、TOEICが抽選になってしまい、なかなか受験できないので・・・)合格してました。特にリスニングとスピーキングが良かったです。先生や皆さんのおかげです。SCのテキストは、単語や、私の苦手な熟語をたくさん勉強出来るので、英検にも役に立つと思いました。

まとめ

比較ポイント特筆
講師の質
★★★☆☆3つ星
留学と同じ講師担当
カリキュラム
★★★★☆4つ星

SC(スピーキング・コーチング)というスピーキングを中心に組立てられたカリキュラムが特徴的。

日本人スタッフ
★★★☆☆3つ星
1人

この記事では、Apitree Englishが選ばれる理由から注意したい点までを細かく解説しました。

注意点として、どのサイトでも強調されているSPテストだけではスピーキングの上達は見込めないので、受講を決めてしまうと期待外れ感は免れません。また、週2~3回だけ受講しようという人にとって、曜日が選べないという点は押さえておきましょう。

それでは、Apitree English SpeakではSC(スピーキング・コーチング)というスピーキングを伸ばすための科目は面白いと思います。そのコースで受ける全ての科目では、科目をまたいで習った単語やフレーズが再度出てくるので記憶に定着しやすいという特徴があります。

コロナ禍で多くの講師が去ってしまいましたが、それでも優秀な講師が未だ残っているApitree English Speak。そんなApitree Englishでは無料で体験クラスを提供しているので、気になる方は下のボタンからお気軽にお問合せ下さい。

 
↓他校も検討したい方はこちら↓
 
 
この記事を書いている人 - WRITER -
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら