フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

【海外正規大学留学】フィリピン・イースト大学

 
イースト大学
この記事を書いている人 - WRITER -
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら

イースト大学の特徴

大学名イースト大学
エリアマニラ
住所2219 CM Recto Avenue, Manila City, 1008 Metro Manila
学期二学期制(セミスター)
難易度★★★★
国内大学ランキング(2021年)17位
偏差値(目安)50
学生数約45,000人
外国人生徒率不明(韓国、ケニア、サウジアラビア、イランなどから受け入れ実績あり)
日本人生徒の受け入れ実績

不明

大学院の有無なし

文武両道な大学

イースト大学は、1946年に設立された私立大学です。生徒数は、45,000人とフィリピンの大学の中では大規模のサイズに入ります。

2021年のフィリピンの大学ランキングでは、14位と上位にランクイン。毎年、20位以内にとどまる名門校のひとつです。

スポーツが強い大学としても有名で、マニラにある有名大学8校によるフィリピン大学アスレティック(UAAP)のメンバーとして14の競技でランキングを競っています。

特に、バスケットボール(フィリピンで最も人気のスポーツ)は強く、UE Red Warriorsは1966年から1972年にかけて7年間連続優勝を飾った実力を持つほどです。全部で17個のタイトルも持っています。

イースト大学は、文武両道の学生たちが集まる大学とも言えます。

IT系もおすすめ!

イースト大学IT

イースト大学では、IT系の学部が政府の優良認定を受けています。

最新の設備を整えており、MicrosoftやOracle、Googleなどの世界的なIT企業とパートナーシップを組んだプログラムを提供しています。IT業界で活躍するプロフェッショナルを目指すのに申し分ない環境が整っていると言えるでしょう。

優秀な成績を収めると、海外でインターンシップができるチャンスにも恵まれます。

IT系の学部は、学んだスキルと知識が直接キャリア形成に役立つのでおすすめです。英語力と掛け合わせることで世界的に活躍できる人材を目指しましょう。

歯科医のコースも有名

イースト大学で特に有名なのは歯科医のコースです。フィリピンではじめに歯学部を開設した大学で、いまでも司会を目指す学生の一番人気の大学としてその名を知られています。

優秀な教員と最新の設備があり、図書館には2,000を超える文献と5,000冊を超える歯科医の専門書が置かれています。

日本の愛知学園大学(歯学部)、長崎大学(歯学部)、新潟大学(歯学部)など日本の大学とも提携関係にあります。

日本の歯科大学は学費が高いですが、フィリピンであればかなり費用を抑えて学べます。ただ、外国人がフィリピンで司会になることも可能ですが、大学の卒業、資格試験合格だけではなく、その他に様々な行政的な手続きが必要となるので時間やお金、労力がかかることは覚えておきましょう。

参考記事:フィリピンで歯科医をする小林誠さんの記事

イースト大学の試験・入学条件

入学条件

  • 高校の卒業資格があること
  • 大学独自の入学試験に合格すること

入学試験の内容

イースト大学マニラ校の入試科目は、英語、数学、科学の3科目になります。

数学は、高校数学の範囲も出題され、英語回答する問題がある可能性もあり、難易度が高いです。英語の試験では、文法力を問う問題や読解力を計る問題などが出題される傾向にあります。

そのため、英語力だけなく、数学や科学の試験対策も必要です。

必要とされる英語力のレベル

特に求められている英語の指標はありません。

イースト大学の費用

登録料400ペソ
学費約15万円~/ 1年

学部・学科によって金額が変わるため、詳しくはお問合せ下さい。

イースト大学での生活

大学内の雰囲気・環境

イースト大学は、マニラの大学ベルトエリアの中心にあり、12のキャンパスで構成されています。韓国、イラン、サウジアラビア、ケニアなど海外からの留学生も多く、国際的な環境があるのも魅力です。

学生数も45,000人と多く、大型の大学です。外国人留学生の受け入れ実績のある大学なので、日本人留学生も留学しやすいでしょう。

施設もモダンなつくりになっており、キャンパス内には庭園などリラックスできる場所もたくさんあります。UAAPの大会が始まるシーズンは、試合の応援など大学がひときは盛り上がるシーズンでもあります。

大学で行われるイベント

  • ファンデーション・ウィーク
  • スポーツフェスティバル
  • 美術館訪問
  • サークル活動 など

長期休みの情報

  • 第1セミスター終わりの長期休み:12月~1月(日本でいう冬休み)
  • 第2セミスター終わりの長期休み:5月~7月(日本でいう夏休み)

イースト大学周辺環境

周辺おすすめスポット

  • サンパロックマーケット:徒歩6分
  • Legarda 駅:徒歩6分
  • フード・アウトレット:徒歩7分

交通手段

イースト大学は、University Belt(大学ベルト)と呼ばれる著名な大学が集中しているエリアの中心に位置しています。タクシーやバス、電車など交通手段には事欠きませんが、渋滞がひどい点が難点です。

イースト大学の学部・学科

ビジネス

学部学科
管理会計

 

会計

 

経営
  • ビジネス経済
  • ビジネスマネジメント
  • フィナンシャルマネジメント
  • マーケティングマネジメント

コンピューター&システム

学部学科
コンピューターサイエンス

 

情報マネジメント

 

情報システム

 

インフォメーション・テクノロジー

 

医療&ヘルスケア系

学部学科
歯科学(マスター)

 

エンジニアリング系

学部学科

土木工学

 

コンピューターエンジニアリング

 

電気工学

 

電子工学

 

機械工学

 

アート&サイエンス

学部学科
コミュニケーションアート

 

観光マネジメント

 

★がついている学部は、フィリピンの政府機関から最優良認定(COE-Center of Excellence)を、☆がついた学部は優良認定(Center of Development)受けたおすすめの学部です。

まとめ

イースト大学は、歯科学を学び、歯科医を目指したい学生が多く入学する大学です。歯科学においては、フィリピントップの実力と言ってもいいでしょう。その他の学部は、ビジネス系、観光系、IT系とキャリアにも活かせるハズレのない学部をしっかりと抑えて開設している印象です。

特にITは、政府認定の優良プログラムに認定されています。MicrosoftやOracle、Googleなどの世界的なIT企業とパートナーシップを組んだプログラムを提供しているので、ITのプロを目指すには申し分ない環境でしょう。

イースト大学に入学するには、日本の偏差値換算で50以上の学力が必要です。ただし、英語で試験を受けることになるので、実際の難易度はもう少し高くなるとみていいでしょう。

また試験の内容も数学、英語、数学、科学の3教科で英語力だけではなく、理系の知識も試されます。しっかり対策しましょう。

特に入学条件とされる英語の指標はありませんが、大学に入り授業を受けていくには最低でもIELTS5.5以上の実力は必須だと思ってください。

韓国、イラン、サウジアラビアなど世界各国からの留学生の受け入れ実績もある大学なので、日本人が入学しても問題ない環境です。

この記事を書いている人 - WRITER -
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら