フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間9:00~18:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

【フィリピン大学正規留学】ミリアム大学(Miriam College)

tomo-san
WRITER
 
ミリアム大学
この記事を書いている人 - WRITER -
tomo-san
ほとんど英語が話せない状態で社会人になってからフィリピン留学を経験。

2012年から5年間、フィリピンにある語学学校でマネジャーとして働き、数多くの日本人留学生の英語学習をサポート。最終的には副代表に就任。その後、複数の語学学校のコンサルティングも携わる。

これまでの経験からフィリピンの現地事情や語学学校の情報に精通している。スピーキングが伸びる英語学習アドバイスなども人気。TOEIC900(R/L)

ミリアム大学(Miriam College)の特徴

大学名 ミリアム大学(Miriam College)
エリア マニラ
住所 Katipunan Avenue, Loyola Heights, Quezon City, 1108 Metro Manila
学期 2学期制(セミスター)
難易度 Aクラス
国内大学ランキング 34位
偏差値 48
学生数 約7,000人
外国人生徒率 不明(受け入れ実績あり)
日本人生徒の受け入れ実績

あり

大学院の有無 あり
寮の有無 あり

フィリピントップの女子大学

ミリアム大学

ミリアム大学(Miriam College)は、フィリピンの首都マニラにあるケソンにキャンパスを構えている私立大学です。設立は1926年、生徒数は約7,000人です。

女性のリーダーを育成することを目的に作られた女子大学で、男子生徒は入学することができません。

ミリアム大学(Miriam College)は、Design(デザイン)、Robotics(ロボティック)、Engineering and entrepreneurship(エンジニアリング&起業)、Arts(アート)、Mathematics(数学)、Social responsibility (社会責任)の6つの分野(の頭文字をとってDREAM)の教育に力を入れています。

力を入れている学部には、STEM系の学問が目立ちますので、時代の変化をとらえたとてもリベラルな思考を持った大学であると判断できます。

設備が整った大学

ミリアム大学

ミリアム大学(Miriam College)は、教育設備でも他の大学の先をいっています。

複数の最新設備を備えたラボラトリーを用意しており学生の研究をサポートしています。3Dプリンターなども備えており、受け身の学びだけでなく最新鋭のツールを用いたよりアクティブな学習が可能になります。

大学内にスイミングプールやフィットネスセンター、カフェなどもあり、勉強だけでなくリフレッシュもできる空間も用意されています。

教育系とビジネス系の学部が優良認定

ミリアム大学学生①

ミリアム大学(Miriam College)は、教育系とビジネス系の学部が政府の優良認定を受けています。

女性の起業家やビジネスパーソンの育成にとても力を入れており、ビジネス界で活躍したい、共学ではなく、女子大に行きたいという方はミリアム大学(Miriam College)を選べば間違いないでしょう。

教育系は、日本の教職とは直接的にリンクしないためキャリア形成というよりは知識を学ぶために選択することになるでしょう。ただ、カリキュラム作成など他ユニークな専攻もあるのは魅力です。IT系などキャリアに直結する学部も開設しているので興味がある方は検討してもよいでしょう。

ミリアム大学(Miriam College)の試験・入学条件

入学条件

  • 高校の卒業資格があること
  • 大学独自の入学試験に合格すること

入学試験の内容

試験科目 英語、数学、科学

試験の日程については、お問い合わせください。

必要とされる英語力のレベル

特に求められている英語の指標はありません。

ミリアム大学(Miriam College)の費用

登録料 100USD
学費 約30万円~/ 1年
寮費 8600ペソ~

学部・学科によって金額が変わるため、詳しくはお問い合わせ下さい。

ミリアム大学(Miriam College)での生活

ミリアム大学学生②

大学内の雰囲気・環境

ミリアム大学(Miriam College)があるケソンは近年急速に開発が進んでいるエリアです。大型ショッピングモールも周辺にあり、とても生活しやすい場所です。

キャンパスは、とても清潔感があり名門女子大学としての気品を漂わせています。キャンパス内に森林公園などがありマニラの喧騒を離れてゆっくりと落ち着いた環境で勉強ができます。

施設のリノベーションも行われ学習環境はさらに快適になりました。スイミングプールやフィットネスセンター、カフェなどもキャンパス内に開設されています。

ミリアム大学

徒歩10分ほどの場所にレジデンス型の寮もあります。

3人部屋と5人部屋の2種類があり、約120名の生徒が滞在できます。24時間のセキュリティやWiFi環境、ホットシャワー、リクライニング施設、テレビなど設備も整っています。

大学で行われるイベント

  • アート・フェアー
  • ローカル&インターナショナルスタディツアー
  • セミナー&ワークショップ など

長期休みの情報

  • 第1セミニスター終わりの長期休み:12月~1月
  • 第2セミニスター終わりの長期休み:5月~7月

ミリアム大学(Miriam College)周辺環境

周辺おすすめスポット

  • マーケット:徒歩5分
  • SMセーブモア:徒歩5分 など

交通手段

ミリアム大学(Miriam College)が校舎を構えるケソンエリアは、近年急速に開発が進むエリアで、車の通りの多いエリアなのでタクシーやバスも捕まえやすいです。そのため、通学の手段に困ることはないでしょう。寮に滞在できれば徒歩で通学できます。

バスステーションも徒歩圏内にあり、マカティー市のショッピングモールなどに直行するシャトルバスが出ているので買い物などにも便利です。また、歩くと少し遠いですがLRTのKatipunan駅も徒歩20分ぐらいで行けますので電車での移動も可能です。

周囲にショッピングモールやカフェ、レストランなども多く、とてもアクセスのいい場所にあると言えるでしょう。

ミリアム大学(Miriam College)の学部・学科

ビジネス系

学部 学科
会計

 

★経営

 

★起業

 

教育系

学部 学科
★幼児教育

 

★特別支援教育

 

★教育カリキュラム

 

体育

 

観光ホスピタリティー系

学部 学科
観光マネジメント

 

社会学系

学部 学科
国際関係学
  • 国際研究
心理学

 

ソーシャルワーク

 

社会学

 

心理学

 

サイエンス系

学部 学科
数学

 

生物学

 

人類学系

学部 学科
人類学

 

アート&デザイン系

学部 学科
芸術

 

コミュニケーション&情報サイエンス系

学部 学科
★コミュニケーション

 

★がついている学部は、フィリピンの政府機関から最優良認定(COE-Center of Excellence)を、☆がついた学部は優良認定(Center of Development)受けたおすすめの学部です。

まとめ

ミリアム大学(Miriam College)は、フィリピンの首都マニラにあるケソンにキャンパスを構えている私立大学です。設立は1926年、生徒数は約7,000人です。

女性のリーダーを育成することを目的に作られた女子大学で、男子生徒は入学することができません。

ミリアム大学(Miriam College)は、複数の最新設備を備えたラボラトリーを用意しており学生の研究をサポートしています。
また、大学内にスイミングプールやフィットネスセンター、カフェなどもあり、勉強だけでなくリフレッシュもできる空間も用意されています。

教育系とビジネス系の学部が政府の優良認定を受けています。

女性の起業家やビジネスパーソンの育成にとても力を入れており、ビジネス界で活躍したい、共学ではなく、女子大に行きたいという方はミリアム大学(Miriam College)を選べば間違いないでしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
tomo-san
ほとんど英語が話せない状態で社会人になってからフィリピン留学を経験。

2012年から5年間、フィリピンにある語学学校でマネジャーとして働き、数多くの日本人留学生の英語学習をサポート。最終的には副代表に就任。その後、複数の語学学校のコンサルティングも携わる。

これまでの経験からフィリピンの現地事情や語学学校の情報に精通している。スピーキングが伸びる英語学習アドバイスなども人気。TOEIC900(R/L)

Copyright© フィリピン留学Hub , 2021 All Rights Reserved.