フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間9:00~18:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

フィリピンに隠された秘境!『世界遺産』に登録された絶景スポット5カ所

シン
WRITER
 
フィリピンの世界遺産
この記事を書いている人 - WRITER -
シン
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら

今回は、7000以上の島々から成り立つ自然豊かなフィリピンを代表する世界遺産の名所を紹介します。

フィリピンには、歴史的な建造物から息をのむような景観を持つ世界遺産まで様々です。観光産業が盛んで、日本では中々見られない生態系の価値も高く評価されているフィリピンの5つの観光スポットを紹介します。

バロック様式教会群

バロック様式教会群

1993年に、フィリピン初の世界遺産として登録されたのがバロック様式教会群です。スペイン植民地時代にフィリピンで広まったキリスト教には、実にたくさんの教会が存在します。敬虔なクリスチャンの多いフィリピン人は、毎週欠かさずミサに行くという人も少なくありません。

フィリピンには、ヨーロッパのバロック様式とフィリピンの伝統的な建築技術があわさった独特の姿をした教会が存在します。特にバロック様式の教会が多く存在し、その中でも最も優れた4つの教会「サンアグスチン教会」、「サンタマリア教会」、「パオアイ教会」、「ミアガオ教会」が世界遺産として登録されています。

これらの教会はこれまで地震や火災などの自然災害、そして戦争などの人為的な被害にも耐えてきた稀に見る歴史的な建造物で、今もフィリピンの文化遺産として大切に保護されています。

サンアグスチン教会(マニラ)

サンアグスチン教会(マニラ)

サンタマリア教会

サンタマリア教会

パオアイ教会

Paoay Church

ミアガオ教会

ミアガオ教会

コルディリェーラ棚団群

コルディリェーラ棚団群

1995年に世界遺産に登録されたコルディリェーラ棚団群は、フィリピンのルソン島北部に位置し、東斜面に広がる棚団地帯です。棚団の規模としては世界最大規模とも言われており、まさに息をのむ景色がそこには広がっています。

コルディリェーラ棚団群は、5つの地域に分かれており、高さ1,500メートルから2,000メートルに及ぶ山々に沿って作られた棚田であるバナウェライステラスは圧巻の景観を誇っています。これらの棚団はイフガオ族という先住民族によって伝統的な方法で管理されていて、彼らの生活様式や信仰自体も世界遺産に含まれています。

古都ビガン

古都ビガン

1954年に建設され、16世紀から19世紀にかけて栄えた古都ビガンは、スペイン人や中国人などの様々な人種や民族が同氏の文化交流が盛んで、今もなおその建造物や街並みが残るフィリピンでは珍しい場所です。石畳の道に沿ってコロニアル様式の家屋はや二階建ての古い町並みが続くクリソロゴ通りは、まさに情緒あふれる景色です。

馬車に乗って散策すると、スペイン様式の教会や中国様式の寺院など多様な宗教的な施設を見て回ることができます。ビガンは、フィリピンの歴史や文化の融合を象徴する世界遺産なので、スペイン統治時代の面影が残る古い街並みを見てみたい人はぜひ訪れてみてください。

トゥバタハ岩礁海中公園

トゥバタハ岩礁海中公園

トゥバタハ岩礁海中公園は、世界最大級の珊瑚礁の一つで、フィリピン南西部のパラワン島から約180キロメートル離れた海上にあります。1993年に自然遺産に登録され、約13万ヘクタールという巨大な海域を誇ります。

トゥバタハ岩礁は、その豊かな生物多様性と美しい景観で知られていて、サンゴ礁に囲まれた小島群付近では、約600種類の魚類や360種類の珊瑚類、11種類のサメ類や13種類のイルカやクジラ類などが生息しており、ダイビングやシュノーケリングを楽しむことができる海中公園があります。

3月半ば~6月半ばの3ヶ月間のみダイビング・クルーズを利用して行くことができます。

プエルト・プリンセサ地底河川国立公園

プエルト・プリンセサ地底河川国立公園

世界最長の地下河川を誇るプエルト・プリンセサ地底河川国立公園はパラワン島北部にあります。1999年に自然遺産に登録され、地下河川では、約8.2キロメートルにわたってカルスト地形の洞窟を流れており、その内約4.3キロメートルは観光客がボートで探検することが可能です。

 

最大14Kmにも及ぶ河川の洞窟内では、コウモリや大トカゲ、珍しい蝶などマングローブや熱帯雨林特有の多様な動植物が生息しており、ジャングル・トレッキングを楽しめることで観光客に有名です。

まとめ

フィリピンの世界遺産は、自然や文化の魅力が溢れています。フィリピン旅行や留学の際には、ぜひこれらのスポットを訪れてみてください! 

歴史的な建造物であるバロック様式教会群、大自然と文化が融合したコルディリェーラ棚団、スペイン統治時代にタイムスリップしたかのような古都ビガン、そして自然遺産として登録され、多様な生物と出会えるトゥバタハ岩礁海中公園とプエルト・プリンセサ地底河川国立公園。あなたは一体幾つ回れますか?

フィリピンには世界遺産以外にも、文化や自然を生かした観光スポットが各島々に沢山あり、日本では絶対に味わえない経験をすることができますよ。

この記事を書いている人 - WRITER -
シン
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© フィリピン留学Hub , 2023 All Rights Reserved.