フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間9:00~18:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

フィリピンで買うべき『お土産お菓子』現地在住者が教えるランキングトップ10

シン
WRITER
 
フィリピンお土産(お菓子)
この記事を書いている人 - WRITER -
シン
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら

フィリピンは南国の雰囲気と美しい自然、豊かな文化と歴史、おいしい料理とフレンドリーな人々が魅力の国です。フィリピン旅行を楽しんだら、最後に欠かせないのがお土産選びですよね。でも、フィリピンのお土産は種類がめちゃくちゃ多くて、どれを選んだらいいか迷ってしまいます・・

これまでフィリピンには50回以上行っている僕でもまだまだ知らないお菓子がたくさん!今はダイエットで控えてますが・・以前は片っ端から食べてました(笑)

そこで、この記事では、渡航歴50回以上の僕と現地在住者に聞いたおすすめのお土産お菓子ランキングを紹介します。フィリピンらしいお菓子を10種類ピックアップしたので、ぜひ参考にしてください。

第10位 バナナケチャップ

バナナケチャップ

ランキング第10位は、バナナケチャップです。お菓子ではありませんが、食品としてもらっても嬉しいお土産です。バナナケチャップは、バナナを使ったトマトケチャップの代用品です。バナナケチャップは、トマトよりも安く手に入るバナナで作られており、色は赤く着色されています 。

バナナケチャップは甘くてフルーティーな味わいが特徴で、フィリピン料理に欠かせない調味料です。人気のブランドは、JufranやUFCなどで、値段はなんと約50円から100円程度です。スーパーやコンビニなどで購入できます

留学中に食パンにつけるものがなかった時、ジャムの代用として塗って食べてたのがこのバナナケチャップ!最初は意味わからん組合せだと思ったけど、これが色んな料理に合うので珍しくてお土産に持って帰る人が続出。

第9位 シニガンミックス

シニガンミックス

ランキング第9位は、シニガンミックスです。(またお菓子ではありませんが)シニガンミックスは、フィリピン料理のシニガン(酸味のあるスープ)の素です。シニガンは鶏肉や豚肉、野菜などをカラマンシー(柑橘系の果物)やタマリンド(酸味のある果物)で煮込んだもの 。

シニガンミックスはインスタント麺やご飯にかけても美味しいです。人気のブランドは、KnorrやMama Sita’sで、値段はこちらも約50円から100円程度とすごく安く買えます。スーパーやコンビニなど手に入るので、帰国後もフィリピンをフィリピン料理を手軽く楽しみたいならこれはあり!

フィリピン人のようにご飯にかけて食べるとやっぱり美味しい。

シニガンは、日本人で言うと味噌汁のような感覚で食べられてるフィリピンを代表するスープだよ。酸っぱいスープだけど、食べてるとなぜかだんだん美味しく感じてきて、また食べたい欲求に駆られる不思議なスープ。それがこのパウダーを使うだけで帰国後も作れるっていいよね!

第8位 ココナッツオイル

ココナッツオイル

ランキング第8位は、ココナッツオイルです。ココナッツオイルは、ココナッツから抽出されたオイルで、料理や美容に使えます。すいません、まだ、お菓子は登場しません!(笑)

ココナッツオイルには抗菌作用や抗酸化作用などの効果があると言われています 。人気のブランドは、MinolaやProSourceなどで、値段は約300円から500円程度。SMやAyalaなどのショッピングモールで購入できます。

ココナッツオイルの店

僕の叔母さんをフィリピンに連れて行った時は、なぜかこれを大量買いしていたほど・・ あまりの安さにびっくりしてた。美容に気を使わない僕はよく理由がわからなかったけど。

第7位 モリンガティー

モリンガティー

ランキング第7位は、モリンガティーです。モリンガティーとは、モリンガ(マルングガイ)という植物の葉から作られたハーブティーの事です。モリンガティーには栄養価が高く、美容や健康に良いと言われています 。(それよりお菓子はまだ?という声がそろそろ聞こえてきそうですが、もう少し待ってね・・)

モリンガティーはさっぱりとした味わいで、レモンやハチミツを加えても美味しい!人気のブランドは、MoringanaやMalunggay Teaなどで、スーパーやドラッグストアで約100~200円程度です。

語学学校の台湾人に大量にもらったのをきっかけに、一時期健康に目覚めて飲み始めました(笑)フィリピンは甘い飲み物が多いので、こういうのをストックしてるとヘルシーさを保てるよね。

第6位 サンミゲルビール

サンミゲルビール

ランキング第6位は、サンミゲルビールです。なんと、フィリピンのビールが日本人の間でも意外と人気があります。

サンミゲルビールは、フィリピン最大のビールメーカーであるサンミゲル社が製造するビールです。サンミゲルビールは軽くて飲みやすい味わいが特徴で、アップルやレモンフレーバーの女性でも飲みやすいテイストのビールもあります。

人気のブランドは、San MiguelやRed Horseなどで、100円から200円程度です。レストランで飲んでも安価ですが、スーパーやコンビニなどで安く購入できます。日本に持って帰る時はアルコール持込の制限もあるので注意。

小さい店に行けば行くほど安く買えるという謎の値付け。サンミゲルはフィリピンでは定番中の定番で、フィリピン人のお腹はサンミゲルビールで出来ていると言っても過言ではない・・

第5位 チョコレート

チョコレート

ランキング第5位は、チョコレートです。やっときました、お菓子です!フィリピンは実はカカオの産地で、高品質なチョコレートが作られています。

フィリピンに長年いた僕でもしばらくフィリピンでチョコレートが有名だとは気づきませんでした!

オーガニックやフェアトレードなどの特徴を持つチョコレートも多く、有名なブランドに、MalagosやAuro Chocolateがあるので探してみてください。値段は約300円から500円程度で日本人には割と手の出しやすい価格ではないでしょうか? SMやAyalaなどのショッピングモールで購入できます。

Malagosチョコレート

フィリピンでやっすいチョコレートが売ってるけど、それは味が薄くまさに安かろう悪かろうの味・・(笑)お勧めはちょっと高いけどこれらのチョコレートだよ。

第4位 ポルボロン

ポルボロン

ランキング第4位は、ポルボロンです。ポルボロンとは、小麦粉とバターで作られたサクサクの焼き菓子(100~500円)です。

スペイン発祥のお菓子で、フィリピンでは様々なフレーバーがあります。チョコレートやマンゴー、ウベ(紫芋)などのトロピカルフルーツや、モリンガ(マルングガイ)などのスーパーフードもあります。人気のブランドは、GoldilocksやHouse of Polvoronで、Goldilocksのチョコレート味が一番人気です。

味や食感は沖縄のちんすこうとほぼ一緒。だけど、色んな味があって面白く、その中でもチョコレートでコーティングされてるGoldilocksの商品が好きでお土産用にもよく買って帰えるよ。

第3位 ドライマンゴー

ドライマンゴー

ランキング第3位は、ドライマンゴーです。ドライマンゴーとは、乾燥させたマンゴーであり、フィリピンの代表的なフルーツです。ドライマンゴーは甘くて酸っぱくて柔らかい食感が特徴です。想像しただけで唾液が溢れてきますね・・

フィリピンではセブ島産のマンゴーが有名で、品質が高く、日本で販売されているものの多くはフィリピンからの輸入品です。人気のブランドは、Cebu BrandやProfoodなどです。

フィリピンと言ったら、ドライマンゴーでしょ!ドライフルーツが嫌いじゃなければ、やっぱりドライマンゴーが一番うまい!中でも7Dブランドが一番おいしいと個人的には思います!事実、売り切れてることもよくあるほど・・

第2位 チョコレート・ドライマンゴー

チョコレートドライマンゴー

ランキング第4位は、チョコレート・ドライマンゴーです。チョコレート・ドライマンゴーとは、チョコレートでコーティングされたドライマンゴーです。チョコレート・ドライマンゴーはマンゴーの甘酸っぱさとチョコレートの濃厚さが絶妙です・・・

人気のブランドは、ChocolaやNature’s Sensationなどで、値段は約300円から500円程度です。SMやAyalaなどのショッピングモールや空港で見つけることができます。

なんと、あのドライマンゴーのチョコ掛けバージョンがありました!これをモールで見つけたときは、こんな最高の組合せがあるのかと感心したほど。

第1位 バナナチップス

バナナチップス

そして堂々のランキング第1位は、バナナチップスです。バナナチップスとは、薄くスライスしたバナナを揚げて砂糖や塩で味付けしたスナックです。フィリピンではバナナが豊富にあるため、バナナチップスはよく食べられています。「なーんだバナナチップスかよ!」という声が聞こえてきそうですが、フィリピンのバナナチップスは別格!

ココナッツオイルで揚げられているので、香ばしくてサクサクの食感が楽しめます。定番の甘いものから辛いものまで様々な味があります。人気のブランドは、絶対「JOVY’S」で、スーパーやショッピングモールで購入できます。

JOVY'S

フィリピンに行くと色んなバナナチップスがあるけど、その中でも特にお勧めがJOVY’Sのバナナチップス!個人的には、これが一番おいしい!フィリピンに来ている他の国籍の留学生もこれ一択と言っていいほどなぜかみんなこれを選ぶほど。

番外編

Coffee Alamid(アラミドコーヒー)

Coffee Alamid(アラミドコーヒー)

このアラミドコーヒーは、アラミドという動物が食べたコーヒーチェリーの実を排泄したものを集めて焙煎したものです。アラミドはフィリピンの山岳地帯に住むネコ科の動物で、コーヒー豆を選りすぐって食べると言われています。

アラミドコーヒーは、その消化過程でコーヒー豆が発酵し、独特の香りとまろやかな味わいが生まれると言われています。世界でもっとも高価なコーヒーの一つで、約3000円から5000円程度で販売されていて、中にはもっと高価なものも・・。

マインズビューで飲んだジャコウネコのコーヒー

バギオ市の観光地「マインズビュー」で飲んだジャコウネコのコーヒー

ジャコウネコのコーヒーが有名なベンゲット州で、コーヒーを頼んだんだけど、ジャコウネコのコーヒーって英語でなんて言うのかわからなかったから、ミャオミャオコーヒーって言って通じたのを今でも覚えてる(笑)排泄物からできたものってなんか変な感じだけど、フィリピンだけじゃなく色んなアジアの国で飲んだな~

Turrones de Kasoy(トゥロンデカソイ)

Turrones de Kasoy(トゥロンデカソイ)

トゥロンデカソイというこのお菓子は、カシューナッツを砂糖で固めたもので、ライスペーパーで包まれています。

カシューナッツはフィリピンの名産で、パラワン島やルソン島のパンパンガ州などで栽培されています。トゥロンデカソイは、カシューナッツの香ばしさと砂糖の甘さが絶妙にマッチしたお菓子で、約100円から200円程度と安価な商品です。

甘ったるいお菓子だけど、子供向けにはいいよ!

まとめ

フィリピン旅行の楽しみのひとつがお土産選びですが、どれを選んだらいいか迷ってしまうこともありますよね。そこで、この記事では50回以上の渡航歴がある僕と現地在住者が厳選したおすすめのお土産お菓子ランキングを紹介しました。

これらのお菓子の大半はフィリピン各地にあって、SMやAyalaなどのショッピングモールで手に入りますが、ドラッグストアに食料品を売ってるのも当たり前なので、そこでも買えますよ。因みにドラッグストアは、コンビニ以上に数があるのでどこでもあります。

帰国前にお土産買い忘れたとしても、フィリピンの殆どの空港のお土産専門店や免税店では、ドライマンゴーやポルボロン、サンミゲルビールなど。コンビニエンスストアでは、多くのスナック菓子を買うことができます。

フィリピンらしいお菓子を10種類+αをピックアップしましたが、どれも美味しくてコスパが良いものばかりなので、ぜひフィリピン旅行の際にチェックしてみてくださいね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
シン
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© フィリピン留学Hub , 2023 All Rights Reserved.