フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

【フィリピン大学正規留学】フィリピン技術大学

tomo-san
WRITER
 
フィリピン技術大学

LINE登録バナーPC

LINE登録SP

この記事を書いている人 - WRITER -
tomo-san
ほとんど英語が話せない状態で社会人になってからフィリピン留学を経験。

2012年から5年間、フィリピンにある語学学校でマネジャーとして働き、数多くの日本人留学生の英語学習をサポート。最終的には副代表に就任。その後、複数の語学学校のコンサルティングも携わる。

これまでの経験からフィリピンの現地事情や語学学校の情報に精通している。スピーキングが伸びる英語学習アドバイスなども人気。TOEIC900(R/L)

フィリピン技術大学の特徴

大学名

フィリピン技術大学

エリア

マニラ

住所

Ayala Boulevard, Ermita, Manila, Metro Manila

学期

三学期制(トライミニスター)

難易度

Aクラス

国内大学ランキング

46

偏差値(目安)

48

学生数

約10,000人

外国人生徒率

不明

日本人生徒の受け入れ実績

不明

大学院の有無

あり

学生寮の有無

なし

エンジニアリングに強い歴史ある州立大学

フィリピン技術大学

フィリピン技術大学は、1901年にフィリピンの首都マニラにあるエルミタに創設された歴史ある州立大学です。生徒数は総合で約10,000人です。

マニラ(エルミタ)、カビテ、タギッグ、ネグロスに校舎を構える巨大フランチャイズ大学で、弊社ではトップ100位にランクインしているマニラ校舎を紹介しています。

技術大学という名前の通りIT、エンジニアリング系の学部を多く開設しており、古くからフィリピンの産業を支える担い手を育成することを目標に教育を提供していきました。

学費がとても安い

フィリピン技術大学

フィリピン技術大学は、他の大学と比べ学費が5万円からと半額近く安いのが魅力です。政府の財政支援を受けているので安価な学費を実現できます。

そのため、優秀ですが、あまり裕福ではない一般の学生も入学しやすい大学です。

ただし、そこまで資金力がある大学ではないので大学の施設や設備は他行に比べると古いです。そのため、そこまで期待しすぎないようにしましょう。

IT系、エンジニアリング系の学部がおすすめ

フィリピン技術大学には、政府の優良認定を受けている学部はありませんが、IT系、エンジニアリング系の学部がとても人気です。

特にエンジニアリング系の学部では、計測工学、パワープラントテクノロジー、土木工学、電気工学、電子コミュニケーション工学、機械工学、メカトロニクスなど幅広い分野の専門知識を学べます。

また、教育学部もエンジニア教育者の育成に特化しています。

安い学費の大学でIT系、エンジニアリング系の学問を学びたいという人におすすめの大学です。

フィリピン技術大学の試験・入学条件

入学条件

  • 高校の卒業資格があること
  • 大学独自の入学試験に合格すること

入学試験の内容

試験科目

英語、数学、科学、一般常識、面接

試験日については、お問い合わせください。

必要とされる英語力のレベ

IELTS

6.0以上

フィリピン技術大学の費用

登録料 500USD
学費 約5万円~/ 1年
寮費 ×

学部・学科によって金額が変わるため、詳しくはお問い合わせ下さい。

フィリピン技術大学での生活

大学内の雰囲気・環境

フィリピン技術大学が校舎を構えるエルミタは、マニラ湾沿いに面したエリアで国立博物館やリーサル公園などマニラの歴史を象徴する建造物がたくさんあるエリアです。

周囲には大学も多く、学生街としても知られています。

フィリピン技術大学は、緑に囲まれた広大な敷地の中にあります。そのため都会の喧騒から離れた静かな環境で勉強することが可能です。

コンピューターや研究施設、バスケットコートなど最低限の設備は整っていますが、施設や設備が他の大学に比べるとだいぶ古いです。政府の予算で設立された州立大学でかつ学費も安いため、資金力に乏しく施設の質は高くないので期待しすぎないようにしましょう。

大学で行われるイベント

  • スポーツ大会
  • 文化祭 など

長期休みの情報

  • 第1セミスター終わりの長期休み:12月~1月
  • 第2セミスター終わりの長期休み:6月~7月

フィリピン技術大学の周辺環境

周辺おすすめスポット

  • SMシティマニラ(大型ショッピングモール):徒歩8分
  • リーザル公園:車で5分 など

交通手段

フィリピン女子大学は、タフトアベニューという交通量の多いエリア付近に校舎がありますので交通の便は非常によく、タクシー、ジプニーなどが多く通ります。

ただし、渋滞が多いエリアなので通学には時間を多めに見積もっておく必要があります。

フィリピン技術大学のマニラ校舎は、観光客も多いエルミタの中心に位置しているのでタクシーやジプニーなどの交通量も多いため、通学手段には困らないでしょう。

LRTのUnited Nations駅も徒歩5分ほどの位置にあるので電車通学も可能です。

フィリピン技術大学の学部・学科

エンジニアリング系

学部 学科
計測工学

 

土木工学

 

電気工学

 

電子工学

 

機械工学

 

メカトロニクス工学

 

IT系

学部 学科
情報テクノロジー

 

コンピューターサイエンス

 

情報システム

 

ビジネス系

学部 学科
起業

 

アート&デザイン系

学部 学科
美術

 

建築系

学部 学科
建築

 

サイエンス系

学部 学科
環境科学

 

観光ホスピタリティー系

学部 学科
ホテル&レストランマネジメント

 

★がついている学部は、フィリピンの政府機関から最優良認定(COE-Center of Excellence)を、☆がついた学部は優良認定(Center of Development)受けたおすすめの学部です。

まとめ

フィリピン技術大学は、1901年にフィリピンの首都マニラにあるエルミタに創設された歴史ある州立大学です。生徒数は総合で約10,000人です。

技術大学という名前の通りIT、エンジニアリング系の学部を多く開設しており、古くからフィリピンの産業を支える担い手を育成することを目標に教育を提供していきました。

学費が5万円からと半額近く安いのが特徴です。ただし、施設や設備は他行に比べると古いです。

政府の優良認定を受けている学部はありませんが、IT系、エンジニアリング系の学部がとても人気です。

特にエンジニアリング系の学部では、幅広い分野の専門知識を学べます。また、教育学部もエンジニア教育者の育成に特化しています。

安い学費の大学でIT系、エンジニアリング系の学問を学びたいという人におすすめの大学です。

この記事を書いている人 - WRITER -
tomo-san
ほとんど英語が話せない状態で社会人になってからフィリピン留学を経験。

2012年から5年間、フィリピンにある語学学校でマネジャーとして働き、数多くの日本人留学生の英語学習をサポート。最終的には副代表に就任。その後、複数の語学学校のコンサルティングも携わる。

これまでの経験からフィリピンの現地事情や語学学校の情報に精通している。スピーキングが伸びる英語学習アドバイスなども人気。TOEIC900(R/L)