フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

【フィリピン大学正規留学】音楽系の学部一覧

tomo-san
WRITER
 
音楽系サムネイル

LINE登録バナーPC

LINE登録SP

この記事を書いている人 - WRITER -
tomo-san
ほとんど英語が話せない状態で社会人になってからフィリピン留学を経験。

2012年から5年間、フィリピンにある語学学校でマネジャーとして働き、数多くの日本人留学生の英語学習をサポート。最終的には副代表に就任。その後、複数の語学学校のコンサルティングも携わる。

これまでの経験からフィリピンの現地事情や語学学校の情報に精通している。スピーキングが伸びる英語学習アドバイスなども人気。TOEIC900(R/L)

フィリピンの大学にも、音楽系の専門知識やスキルが学べる学部が存在します。

フィリピンの大学で英語も見に着きますから、「英語×音楽」という強味を活かして世界で活躍できるアーティストへと成長できる可能性があります。

こちらの記事では音楽系の学部の一覧表を記載しています。

この記事を読めば、音楽系の学部とそれぞれの概要や特徴、目指せるキャリアなどが分かります。

音楽系の学部一覧

音楽

音楽

指揮、ピアノ、声楽、弦楽器、打楽器、ダンスなど音楽の専門分野でプロを目指す人を要請する学問です。

音楽学部は、トップクラスの大学や女子大学などに多い傾向にあります。また、大学によって学べる学期の種類に違いがあります。

英語では、「Music」と言います。

☆目指せるキャリア☆

ライブパフォーマー、ミュージシャン、音楽起業家など

音楽教育

音楽教育

音楽を教える教師や講師を育成するための学問です。

英語では、「Music Education」と言います。

☆目指せるキャリア☆

音楽の先生、音楽学者など

音楽プロダクション

音楽プロダクション

音楽プロダクションでは、音楽のスキルだけではなく音楽市場でのマーケティングなども学んでいきます。個人で音楽活動をしていきたい人にもおすすめです。

英語では、「Music Production」と言います。

☆目指せるキャリア☆

ライブパフォーマー、ミュージシャン、音楽起業家など

ミュージックセオリー

音楽セオリー

ミュージックセオリー学部では、音楽の構造や手法を理論立てて説明する学問です。音楽の指導にはか欠かせない知識です。

英語では、「Music theory」と言います。

☆目指せるキャリア☆

演奏家、音楽教師、インストラクターなど

エンターテイメントマネジメント

エンターテイメントマネジメント

エンターテイメントマネジメントは、音楽やエンターテイメント業界でマネジメントができる人材を育成するための学問です。

ビジネスモデルや経営、法務、財務などエンタメ業界に特化したマネジメントに関する知識や運営スキルを学びます。

英語では、「Entertainment management」と言います。

☆目指せるキャリア☆

経営者、起業家、営業、マーケターなど

音楽系の学部がおすすめの大学

1.フィリピン大学デリマン

フィリピン大学デリマン

フィリピン大学デリマンは、1909年にフィリピンの首都マニラのケソンに設立された歴史ある国立大学です。学生数は約47,000人です。

フィリピンの大学留学ランキングにおいて長年1位の座を維持する、文字通りフィリピンNo.1の大学といえます。

フィリピン国内で最多の20を超える学部が政府の優良認定を受けています。

教授陣も世界中からトップクラスの人材が集まっていますので、教育を受けるには最高の環境が整っていると言えます。

国内ランキング 1位
難易度 Sクラス
教育レベル ★★★★★
施設や設備 ★★★
学費 約16万円~/ 1年

2.デ・ラサール大学マニラ校

デラサール大学マニラ校

デ・ラサール大学マニラ校は、フィリピンの首都マニラのマラテに校舎を構える私立大学です。

生徒数は、約17,000人です。毎年大学ランキングのトップ3入りを果たす超名門校です。

学費は50万円からと一般的なフィリピンの私立大学と比べると3倍ほど高額になりますが、その分施設の設備も整っています。

IT系、ビジネス系、サイエンス系、エンジニアリング系、教育系など多くの学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング 2位
難易度 Sクラス
教育レベル ★★★★★
施設や設備 ★★★★★
学費 約50万円~/ 1年

3.サント・トーマス大学

サント・トーマス大学

サント・トーマス大学は、1611年にフィリピンの首都マニラのサンパロックに設立された私立大学です。生徒数は、約41,000人です。

アジアで最も古い大学としても、その名を知られ、大学ランキングでは、常に上位トップ5に名前が入る名門校のひとつでもあります。

観光、医療、教育、サイエンス系、エンジニアリング系など複数の学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング 4位
難易度 Sクラス
教育レベル ★★★★★
施設や設備 ★★★
学費 約20万円~/ 1年

4.デ・ラサール大学セントベニルデ

デラサール大学セントベニルデ

デ・ラサール大学セントベニルデ校は、1988年に設立された私立大学です。フィリピンの名門デ・ラサール大学の姉妹校でフィリピンの首都マニラのマラテに校舎を構えています。

アート&デザインの学部があり演劇など芸能系の学問に力を入れており、卒業生には芸能界やスポーツ界で活躍する卒業生がとても多いことで有名です。

ビジネス系と観光系の学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング 13位
難易度 Aクラス
教育レベル ★★★★
施設や設備 ★★★★★
学費 約35万円~/ 1年

5.フィリピン女子大学

フィリピン女子大学

フィリピン女子大学は、1919年にフィリピン人の女性たちによって設立された私立大学です。女子大学という名前ですが、男性も入学できます。

キャンパスは、メトロマニラ市内のマラテという近年開発の著しい商業エリアにあり、学生数は4500人ほどです。

音楽の学部が政府の優良認定を受けています。フィリピンの民族音楽に興味がある人などは、この大学を選べば間違いないでしょう。

国内ランキング 49位
難易度 Aクラス
教育レベル ★★★★
施設や設備 ★★★
学費 約22万円~/ 1年
 

6.サンアウグスティン大学(イロイロ)

サンアウグスティン大学

サンアウグスティン大学は、1904年にスペイン人の宣教師によってフィリピンの西ビサヤ地域、イロイロ市ラパスに設立された歴史ある私立大学です。

全教室エアコン完備はもちろんのこと、スイミングプール、運動施設、シアター、カフェテリアなど快適な生活を送れる施設や設備が整っていると言えます。

教育学部が優良認定を受けています。

国内ランキング 81位
難易度 Aクラス
教育レベル ★★★★
施設や設備 ★★★★★
学費 約13万円~/ 1年
この記事を書いている人 - WRITER -
tomo-san
ほとんど英語が話せない状態で社会人になってからフィリピン留学を経験。

2012年から5年間、フィリピンにある語学学校でマネジャーとして働き、数多くの日本人留学生の英語学習をサポート。最終的には副代表に就任。その後、複数の語学学校のコンサルティングも携わる。

これまでの経験からフィリピンの現地事情や語学学校の情報に精通している。スピーキングが伸びる英語学習アドバイスなども人気。TOEIC900(R/L)