フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

フィリピンの大学進学の入学条件は?この記事ですべて分かります

tomo-san
WRITER
 

LINE登録バナーPC

LINE登録SP

この記事を書いている人 - WRITER -
tomo-san
ほとんど英語が話せない状態で社会人になってからフィリピン留学を経験。

2012年から5年間、フィリピンにある語学学校でマネジャーとして働き、数多くの日本人留学生の英語学習をサポート。最終的には副代表に就任。その後、複数の語学学校のコンサルティングも携わる。

これまでの経験からフィリピンの現地事情や語学学校の情報に精通している。スピーキングが伸びる英語学習アドバイスなども人気。TOEIC900(R/L)

「フィリピンの大学に進学したいけど、入学条件がよく分からない。」

今回は、そんな悩みを解決するための記事を書きます。

フィリピンの大学のウェブサイトを見ても、入学条件に関する情報が曖昧だったり、分かりにくかったりしますから、正確な入学条件を知るのは一苦労です。

英語で書かれていますから、時間も余計にかかりますよね。

こちらの記事では以下のことが分かります。

  • 難易度ランク別!フィリピンの大学の入学条件
  • 大学入学までの具体的な流れやスケジュール

それでは、さっそく説明をはじめます。

フィリピンの大学の入学条件について

弊社では、フィリピンの大学を難易度別にS・A・Bの3つのクラスに分類しています。

クラスによって入学スケジュールや対策がかわってくる ので注意しましょう。

クラス

詳細

Sクラス

入試がある大学で入試の難易度も高い大学。大学ランキング上位に入る超難関大学が該当。

Aクラス

入試がある大学でSクラスほどは難易度が高くない大学。

Bクラス

入試なしで出願できる、または英語力診断の身で出願できる大学。

また、日本の入試のようにセンター試験などはなく、大学独自の入学試験のみとなります。

日本の大学は1月、2月に入試が集中しますが、フィリピンの場合は、9月~2月など地域や大学ごとにバラバラです。

しっかりとスケジュールを把握しておかないと、出願に間に合わない可能性も出てきますので注意しましょう。

難易度Sクラス大学の場合

アテネオ大学マニラ校

Sクラスの大学は、フィリピンの中でもひときわ名門のトップ大学を指します。

最低でもIELTS5.5-6.5レベルの英語力を入学時の条件としているところが多く、入試も英語、数学、科学、論文など多数の受験科目があります。

ライバルも多いので、入学までの道のりは険しいものになります。しっかりと入試対策を行う必要があるので、最低でも1年以上の準備期間を確保すべきでしょう。

時期

戦略

試験の1年以上前

まずは、英語学習から始めましょう。IELTS6.5を条件としている大学が多いので、そのスコアを目標にしましょう。現地情報の収集や大学見学も兼ねてフィリピンに語学留学するのもおすすめです。

試験日より3ヵ月前

出願条件を満たすIELTSスコアを獲得したら、次は入試対策に移りましょう。弊社が提供している試験対策コースを活用してください。高校レベルの数学や科学の問題を英語で解くので時間をかけた対策が必要です。

試験日間近

滑り止め対策も兼ね複数の大学の試験を受けましょう。大学見学ができていない場合は、このタイミングで現地に赴き見学しましょう。

試験後~入学まで

試験後、結果発表までに半年近い時間がかかります。合格が決まったら入学手続きを行い、授業が始まる前には現地入りしましょう。住居探しなどもあるので2ヵ月ほど余裕をもって前入りするとよいでしょう。

難易度Aクラス大学の場合

ミンダナオ大学

Aクラス大学は、入試はあるもののトップ大学ほどは競争率や難易度が高くない大学を指します。

入学時の英語力の条件などは課していないところが多いです。試験科目は、英語、数学、科学、論文など多数ありますが、トップ大学よりも問題の難易度は下がります。

Sクラスほどではありませんが、英語力だけでなく、数学や科学の試験も英語で受ける必要があるので、入試までに半年ほどの準備期間を確保すべきでしょう。

時期

戦略

試験の8ヵ月前

まずは、英語学習から始めましょう。英語力の条件を指定している大学は少ないですが、目安として、IELTS6.5レベルの英語力を目指すとよいでしょう。現地情報の収集や大学見学も兼ねてフィリピンに語学留学するのもおすすめです。

試験日より2ヵ月前

次は入試対策に移りましょう。弊社が提供している試験対策コースを活用してください。高校レベルの数学や科学の問題を英語で解くので時間をかけた対策が必要です。

試験日間近

滑り止め対策も兼ね複数の大学の試験を受けましょう。大学見学ができていない場合は、このタイミングで現地に赴き見学しましょう。

試験後~入学まで

試験後、結果発表までに半年近い時間がかかります。合格が決まったら入学手続きを行い、授業が始まる前には現地入りしましょう。住居探しなどもあるので2ヵ月ほど余裕をもって前入りするとよいでしょう。

難易度Bクラス大学の場合

ファティマ大学

Bクラスの大学は、入試無しでも出願できるか、入試があったとしても英語力チェックだけなど簡易的なものを採用している大学を指します。

入試の難易度が低いので日本人にもチャレンジしやすい大学です。

ただし、決してレベルが低いというわけではなく、フィリピンにある2300校の中では上位100位内に入っている優良校です。

準備期間としては、英語学習も含めて半年ぐらいを計画しておくといいでしょう。

時期

戦略

試験の半年前

Bクラス大学の試験は英語での面接のみです。4ヵ月~半年前に余裕をもって英語力対策を始めましょう。英語学習と現地の情報収集や大学見学も同時に行えるフィリピン留学がおすすめです。

試験日間近

Bクラス大学の英語面接は、入学日の2~3ヵ月前である5月から7月の間に集中しています。語学留学中にそのまま入試を受け入学できるというメリットが有ります。

試験後~入学まで

Bクラス大学の場合、結果発表は1ヵ月以内に出ます。語学学校に滞在しながら結果発表を待ち、その後、入学手続きやアパートへの引越しなどを行うのが効率的です。

フィリピン大学エージェントへの相談が賢い選択

フィリピンの大学の入試はスケジュールも大学や地域ごとに異なり、入学条件や試験の内容に至るまで違いがあります。

大学のウェブサイトを調べるという手段もありますが、情報は英語で書かれていますから、詳細情報を個人で調べようと思うと、多大な労力がかかります。

また、ウェブサイトに載っている情報が最新のものとも限らないのが、フィリピンの大学の怖いところです。

しっかりと、担当者とメールや電話でやり取りして確かめないと分からないことも多くあります。

エージェントは、大学の情報提供や入試対策などのサポートをしてくれますから、フィリピンの大学に進学を検討しているなら、絶対にエージェントに頼るべきです。

弊社では、入試などの情報提供のみならず、英語学習や数学、科学などの試験対策サポートもしているので、志望大学の準備に必要な対策がすべて可能です。

フィリピンの大学進学について1人で悩まずに、ぜひ私たちに相談してください。

この記事を書いている人 - WRITER -
tomo-san
ほとんど英語が話せない状態で社会人になってからフィリピン留学を経験。

2012年から5年間、フィリピンにある語学学校でマネジャーとして働き、数多くの日本人留学生の英語学習をサポート。最終的には副代表に就任。その後、複数の語学学校のコンサルティングも携わる。

これまでの経験からフィリピンの現地事情や語学学校の情報に精通している。スピーキングが伸びる英語学習アドバイスなども人気。TOEIC900(R/L)