フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

フィリピン留学に適した時期はいつ?避けるべき時期もあります

 
フィリピン留学に適した時期はいつ?避けるべき時期もあります
この記事を書いている人 - WRITER -
ロッキー
金融機関に勤務しながらフィリピンに魅せられ、週末渡航を繰り返すこと数十回。スラムに招待されたり、ホテルで荷物荒らしに遭ったりしながら、ついにはフィリピン人と結婚し、現地に家を購入。

「フィリピン留学するならこの時期しか行けない」という人は別として、時期の選択がある程度可能な方々向けに、いくつかの切り口でベストな時期や避けたほうが無難な時期などを説明して参ります。

日本の旅行者が多い時期、フィリピン留学はできれば避けるべき

 

フィリピン留学関連の某サイトでは、日本の夏季休暇や冬季休暇のフィリピン留学を推奨していましたが、私には理解不能です。

日本国内の観光地にあるホテルや旅館を考えてみてください。ゴールデン・ウイークや夏休み、年末年始は割高なうえに混みあいますよね?それでも「そのタイミングでしか行けないから」人々は我慢するのでしょう?

フィリピン留学も同じです。「そのタイミングでしか行けない」方々で混みあうとわかっている時期を、なぜおすすめできるのでしょうか。

 

フィリピン留学に限らず、日本の大学が休みになる8~9月と2~3月は語学留学業界の繁忙期です。留学生ひとりひとりへのケアが手厚くできなくなるのは必然です。

日本の旅行者が多い時期、フィリピン留学はできれば避けるべき

「アメリカのようなクラス式ではない、マンツーマン授業が主のフィリピン留学だから、季節や日本人の多さは関係ない」と書いているサイトもありますが、これも疑問です。

 

マンツーマン授業をする以上、繁忙期は留学生の数だけ、教師の人数も必要になります。では繁忙期に必要な人数を、学校は通年で雇用するでしょうか?

答えは当然、NOです。繁忙期限定のパート教師を雇うわけです。必然的に、教師のクオリティは下がります。限られた教師数でこなすために「自習時間」がカリキュラムに多いケースもあります。わざわざ留学費を支払って自習、ではコスパの問題だけでなく語学上達度も違ってきますよね?

 

日本ではなく、韓国の旅行者が多い時期もあります。韓国には日本には無い「キャンプ」という慣習(文化)があります。その時期、学校によっては韓国からの留学子弟でてんやわんやになったりします。

韓国資本の学校は言うまでもありませんが、邦人経営でも韓国からのフィリピン留学生が多い学校はあります。「当校は外国人比率が高い」という場合、この外国人とはほぼイコール韓国人でしょう。

キャンプは年によって変動しますが、1月~2月上旬と7月~8月の年2回あります。その少し前から、つまり6月中旬~8月中旬と12中旬~2月中旬が混みあいます。

 

 

フィリピン留学時期を考えるための、台風の「新:常識」とは

 

「9~10月はフィリピンの台風シーズン」と多くのフィリピン留学関連サイトが書いていますが、これは最早「過去の常識」になりつつあります。日本でも異常気象が多数起きているように、フィリピンの気象も「昔の常識」どおりではありません。

 

記憶に新しい2017年。台風26号は12月中旬に中部サマール島に上陸し、1万人以上が避難する事態に。続いて12月下旬の台風27号によって、南部ミンダナオ島を中心に死者270名という惨事になりました。

2013年にレイテ島などに高潮の大被害をもたらした台風30号は、11月の発生でした。当時はセブ島北部でも甚大な被害が発生しましたね。

フィリピン留学時期を考えるための、台風の「新:常識」とは

ここでフィリピン留学の時期を考える際の「新:常識」です。

 

9~10月には日本にも多くの台風が来ますね。フィリピンの東方海上で発生し、ルソン島から台湾・沖縄付近を通過してきます。一方、上に列挙した11~12月の危険な台風は、フィリピンの中・南部を直撃していますね。これは緯度と季節要因によります。

 

人気のフィリピン留学先で考えると、マニラやクラーク、バギオは9~10月が避けるべき時期。セブやイロイロ、バコロドは11~12月が要注意の時期。こう考えるべきでしょう。

 

 

雨季のフィリピン留学は本当に避けるべきなのか

 

「11月~5月までの乾季がフィリピン留学のオススメ時期」と書いているサイトも多数ありますが、本当にそうでしょうか?

 

雨がうっとうしいだけでなく、確かに雨季にはデング熱が流行しやすいです。バギオあたりは日本の梅雨どころではなく、半月以上も雨天が続いたりします。しかもスコールではなく終日降ることもよくあります。こうした雨季のデメリットがあることは事実です。

雨季のフィリピン留学は本当に避けるべきなのか

一方で「フィリピン留学中に旅行に行くにもいい時期だから」と乾季を勧めていたりするのですが、それは本末転倒と言えなくもありません。

「せっかくのフィリピン留学の機会だからたくさん遊びたい」人は、そのとおりでしょう。では「本気で語学上達に取り組みたい」人は?

 

外は雨でも、勉強に支障がありますか?むしろ「週末旅行に出かける留学生仲間に誘惑されることが少ない、勉強に専念しやすい時期」とも言えますよね。

雨季とはいっても日本の梅雨と違って、フィリピンのスコールは短時間に降り、1~2時間後には晴れ間が戻ってきます。平日は夕方までカリキュラムが詰まっているでしょうし、土日も自習して過ごすならスコールの影響はごく限定的です。

 

乾季が観光に適している、ということで航空券の価格も高い傾向になります。留学生が少ない時期のほうが、学校内も落ち着いて勉強できる雰囲気になるでしょう。生徒数が少なくなる時期には、割引キャンペーンをする学校もあります。

また乾季は雨期よりも当然ながら気温が高めです。スコールよりも暑さのほうが、勉強の集中に支障となってしまう人も、なかにはいらっしゃるでしょう。

 

あなたの目的次第ですが雨季はかえってフィリピン留学時期として狙い目ではないでしょうか。

ただし雨季の学校選びでは、宿舎が同じ敷地内とかすぐ隣にあるのか、食事が常に外食なのか、週末でも寮で提供されるのかもチェックしましょう。

 

 

短期間のフィリピン留学で避けるべき時期は

短期間のフィリピン留学で避けるべき時期は

あなたが1ケ月程度のフィリピン留学をお考えなら、1日1日がより重要になりますよね。韓国のキャンプ時期もそうですが、短期間であればこそ密度と集中が大事です。

 

12月は3月と並んで、祝日の多いフィリピンでも特に多い時期です。一部の学校を除いて、祝日は当然授業が休みになってしまいます。また12月は区分上では乾季ですが、雨季よりましなものの降水量は少なくありません。

12月の後半は航空券も当然ながら高値になります。前半はそれほどでもありませんが、ひとつ注意点があります。12月は金品狙いの犯罪が非常に増える時期なのです。

 

カトリック教徒の多いフィリピンは「世界でいちばん長い期間、クリスマス気分を楽しむ」国でもあります。日本のお盆と正月を合わせてもまだ足りないほどの重要イベントです。当然お祝いするにはおカネが必要になるわけです。

またフィリピン全体が浮かれたお祭りモードになり、仕事がおろそかになりがちです。

 

先に触れたとおりでバギオの雨季も短期では避けたほうが無難でしょう。また申すまでもなく、ゴールデン・ウイークや盆正月も可能であれば避けるのがベターでしょう。

 

 

フィリピン留学に安く行ける時期はいつ?

フィリピン留学に安く行ける時期はいつ?

時間が自由になるシニアの方々がフィリピン留学に訪れるのは、大学生の少ない4~6月が多いです。親子留学も少ないので落ち着いた環境で勉強ができます。また航空券も黄金週間を除けば安く済む時期です。生徒が集まりにくい時期なので、割引キャンペーンをする学校もあります。コスト優先ならフィリピン留学はこの時期です。

5月までは乾季なのでメリットもありますが、4~5月は一番暑い時期ではあります。

 

同様に航空券が比較的安くて、割引キャンペーンも期待できるのが10~12月前半です。ただしこの時期は前述のとおり、雨季と台風を考慮する必要があります。

 

1月は正月明けに航空券が安くはなりますが、旧正月が1~2月のどこかであります(年によって変動します)ので、その時期は東南アジア全体で航空券が品薄になり高騰します。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ロッキー
金融機関に勤務しながらフィリピンに魅せられ、週末渡航を繰り返すこと数十回。スラムに招待されたり、ホテルで荷物荒らしに遭ったりしながら、ついにはフィリピン人と結婚し、現地に家を購入。