フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

【マニラ空港】やばい、飛行機に間に合わないかも!絶対知っておきたい4つの裏技公開

 
もしものときのために
この記事を書いている人 - WRITER -
シンさん(田中慎一)
ネット情報と現実は全然違う!ビックリするぐらい違う!

そんな情報を信じて後悔する人が後を絶たない。年間7回以上の現地視察と情報力でみんなの助けになりたいです。
詳しいプロフィールはこちら

「バスが交通渋滞に巻き込まれた」「バスが大雨で迂回を余儀なくされた」などの理由で、飛行機の時間に間に合わないって最悪ですよね。

▼バギオからマニラ空港へのバスでの移動方法
【バギオからマニラ空港】ジョイバスチケットの予約から出発ガイド(動画解説付き)

そんなもしもの時、空港ではどのように動いたらいいのでしょう?

緊急時に絶対に知っておきたい空港での4つの裏技を解説します。

①「空港のゲート」

ゲート

最初の関門は、空港のゲートを通り抜けることです。

フィリピンの空港は、建物内に入るだけで1人ずつチェックするので行列が出来るのが当たり前です。

時間帯によっては、信じられないほど並びます。

これを待ってるととてもじゃないですが、飛行機に間に合いません。

えーー、じゃあどうすればいいんですか!?

そんなときは思い切って、列を無視してゲートの入口まで一気に行けばいいよ。警備員(矢印の人)にEチケットを見せて間に合わないのを説明すれば、最優先で通してくれるよ。

なんて言えばいいんですか!?

話し方:I’ll miss the flight. 「フライトに間に合いません。」

 

②「ターミナル間移動」

マニラ各ターミナル

提供元:ANAホームページ

ターミナル移動がある人は、シャトルバスで移動するのが一般的です。

▼マニラ空港ターミナル3から他のターミナルにシャトルバスで移動
【バギオからマニラ空港】ターミナル3からの移動方法ガイド(動画解説付き)

ですが、時間が迫っているときにすぐには発車しないシャトルバスを待ってる余裕はありません。

じゃあ、いったいどうやってターミナル移動するんですか!?

そんなときは、「タクシー」が一番いいよ!

ボッタクリタクシーは無視

えー、でも空港のタクシーはボッタクリが多いって言ってたのに?

うん、数万円の飛行機代がパーになるのと数百円~千円程度タクシーにボッタクられるのどっちがいいか?(笑)

でも、どんだけボッタクられるかわかんないから、出来るだけ少なくボッタクられたいです!!(笑)

最小限にボッタクられる話し方:I’m going to Terminal 1/2.  How about 300 pesos? 「ターミナル1(2)に向かっています。300ペソでどうですか?」

※正規料金なら100~150ペソ程度ですが、まずそれで行くドライバーはいません。

実際には、もっと吊り上げられます。

「いや1500ペソだ!」「いや2000ペソだ!」とか。。

そんなときは、「ノーマネー、ノーマネー、オンリー500ペソ」とか言っておけば、相手も折れます。

③「チェックインカウンター」

チェックインカウンターへの行列

やっと空港の中に入ったのに、まだこんなに並ぶんですか!!!(驚)

そうだよ、チェックインカウンターではこれが普通だからね。覚悟しておいてね(笑)

って、こんな何列あるかわからないのを待ってたら、私飛行機間に合わないですよ!

そうだよね、飛行機の時間が迫ってるのに、こんな並んでた確実に乗れないね。。。

そんなときは、チェックインカウンター近くに職員がいないか探してみて!

空港職員

それぞれのチェックインカウンター付近に職員がいます。

職員を見つけたら、時間がないことを伝えましょう。そうすれば、最優先で手続きをしてくれます。

※時間にまだ余裕があると判断された場合はしてくれません。

話し方:I’ll miss the flight. 「フライトに間に合いません。」

④「出国手続き」

出国手続き

最後に出国手続きが待っています。

国内線(Domestic)の入口と国際線(International)の入口があります。

出国する人は国際線(International)側に向かいます。

その次に、Filipino Passport(フィリピン人パスポート)とForeign Passport(外国人パスポート)に審査が分かれます。

Foreign Passport(外国人パスポート)側に行きます。

この流れを覚えておくとスムーズに通過し、搭乗ゲートに向かうだけだよ。

番外編:この人たちに注意!

要注意人物

マニラ空港には、タクシードライバー同様に気をつけた方がいい人がいます。

ポーターと呼ばれる彼らは、お客さんの荷物運びを手伝っています。

時間が間に合わないときに彼らにお願いすると、快くゲートの警備員に事情を説明して通してくれます。

え、それならめちゃめちゃいい人じゃないですか!

そう思うよね? ぼくも最初はそう思ったんだけどね、、、でも、賄賂を要求してくるよ!

えーーーー、なんですかそれ!

一見、彼らは親切にゲートから最優先で通すよう交渉してくれてるように見えます。

そして、「最優先で通過するには500ペソ必要だから払うように」と話してきます。

ですが、それはです。

そのようなルールがあるように思ってしまいそうですが、そこで払う必要はまったくありません。

これは単なる彼らの小遣い稼ぎです。

まとめ

ウェブチェックイン

飛行機は、電車やバスと違って遅れたからといって後の便に乗ることが出来ないですよね。

なので、いつも余裕を持って空港に出発するようにしましょう。

ちなみに、Webチェックイン(インターネットでログインしてHP上でチェックインすること)をあらかじめしておくと便利です。

チェックインカウンターでは、Bag DropというWebチェックイン専用のカウンターに並べるのでスムーズにチェックインが可能です。

ですが、緊急時にはそれさえも時間がないはずなので、職員に声を掛けて最優先で通してもらいましょう。

 

▼帰国の前にお土産ってどんなのを買えばいい?
知らなかった!フィリピン旅行に行ったら絶対に買いたいお土産雑貨

この記事を書いている人 - WRITER -
シンさん(田中慎一)
ネット情報と現実は全然違う!ビックリするぐらい違う!

そんな情報を信じて後悔する人が後を絶たない。年間7回以上の現地視察と情報力でみんなの助けになりたいです。
詳しいプロフィールはこちら