フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

【フォトジェニック特集】ラ・トリニダード「ストロベリーファーム(Strawberry Farm)」のSNS映えポイント5選

 
【フォトジェニック特集】ラ・トリニダード「ストロベリーファーム(Strawberry Farm)」のSNS映えポイント5選
この記事を書いている人 - WRITER -
山脇かすみ
青年海外協力隊(職種: 観光)として、ベンゲット州 ラ・トリニダード町役場の観光課に派遣されています。任地では広報マテリアル(webサイト、パンフレット、映像) の作成や広報キャンペーンの実施支援を行っています。旅行が趣味でこれまでに海外48カ国、国内全都道府県を巡った結果、ここに辿り着きました。バギオ近辺の観光をご検討の方は、町役場(Municipality of La Trinidad)までお越しください。

ラ・トリニダードの有名観光地でインスタ映えスポットが「 Strawberry Farm(ストロベリーファーム)」です。バギオではないですよ!バギオの隣町で「フィリピンのストロベリーキャピタル」と言われているラ・トリニダードにある観光地です。

バギオからはタクシーでたったの30分!バギオに留学・観光に来たなら一度は訪れてほしい場所です。たくさんのお土産ショップが立ち並び、いちごのデザートの食べ歩きやフォトジェニックなアイコン、ウォールアートを背景に素敵な写真を撮ることができます。乾季にはいちご狩りなどのアクティビティも可能で大人から子どもまで楽しめますよ!

ストロベリーファームポスター

今回はラ・トリニダード町役場の観光課に勤務している私がストロベリーファームの知られざるフォトジェニックポイントについてご紹介します。

【タクシーとジプニーでの行き方を両方紹介】ストロベリーファーム(Strawberry Farm) への行き方

 
ストロベリーファームはラ・トリニダードのバランガイ「Betag(ベタグ)」またはKM6というエリアにあります。
 

【初心者向け】とっても簡単!タクシーでStrawberry Farm(ストロベリーファーム)まで行く方法 運賃 : 180ペソ

【タクシー】バギオ中心地からストロベリーファームの行き方
 
バギオの中心地からストロベリーファームまでは、タクシーで30~40分、運賃は180ペソです。(乗車時間は渋滞により異なります。)
 
ストロベリーファーム駐車場
 
大型バスや乗用車を駐車できる広い駐車場もありますので、乗用車、貸し切りジプニーでのアクセスも問題ありません。
 

【長期滞在者向け】ジプニーを使用して、タクシーの1/10以下の運賃でStrawberrry Farm(ストロベリーファーム)へ行く方法 運賃 : 11.25ペソ

長期の留学でジプニーを乗りこなしている方、少人数でバギオからラ・トリニダードへ行くので、交通費を節約したい方は下記の方法も試してみてください!

上記の別記事でご紹介しているバギオのジプニーステーションからストロベリーファーム(KM6)までは、ジプニーで35~45分、運賃は11.25ペソです。(渋滞により異なります。)

ラ・トリニダードのジプニールート

それらのジプニーステーションから出ているジプニーは全てラ・トリニダード行きになります。上記画像のようにラ・トリニダード内のジプニールートはシンプルでほぼ全てのジプニーがストロベリーファームを通過します。

※ただし、緑色の矢印であるPico(ピコ)、Puguis(プギス)方面行きのジプニーはストロベリーファームの前は通過しませんのでご注意ください。

【ジプニー】バギオ中心地からストロベリーファームの行き方

ジプニーは上記のオレンジ色の線の終了地点で降車してください。

ストロベリーファーム入口

降車すると右側にストロベリーファームの看板が見えます。それが目印です。

ストロベリーファーム行き方

看板に従い、道路を渡るとこのような細い道に入っていきます。徒歩1分もかからないうちにストロベリーファームの駐車場入口に到着します。

ストロベリーファーム(Strawberry Farm)の特徴

ストロベリーファームは、ラ・トリニダードを代表する観光地で、いちご狩りなどのアクティビティ体験や地元のお土産、特産品を購入することができます。

特徴① フィリピンのストロベリーキャピタル!ラ・トリニダッドが誇る有名な観光地

ストロベリーキャピタルラトリニダード

ラ・トリニダードは「フィリピンのストロベリーキャピタル」と呼ばれ、いちごの一大産地になります。「南国のフィリピン、涼しい場所などないのでは…」と考えられると思いますが、ラ・トリニダードは標高1,500mの山岳地帯に位置し、年中通してとても涼しいです。特に乾季である11月から4月にかけては、朝晩は息が白くなるほど気温が下がります。

そのような気候がいちごや高原野菜の栽培に適し、新鮮で美味しいいちご、野菜がお手頃な価格で手に入ります。

特徴② ベンゲット州立大学(BSU: Benguet State University)が所有

ストロベリーファーム

こちらは、ストロベリーファーム近くの高台から撮った写真です。ストロベリーファームはとても広いんです。

ベンゲット州国立大学

この79.49ヘクタールの広大な農場は、ベンゲット州立大学(BSU)が所有しています。

ベンゲット州立大学(BSU: Benguet State University)はご存じでしょうか?1916年に設立された歴史ある大学で、フィリピンの大学ランキングでも上位に位置する名門校です。農業大学として経緯から農業系の学部に強みを持ちます。

ストロベリーファーム(Strawberry Farm)のSNS映え!フォトジェニックポイント5選

ストロベリーファーム地図

広大なストロベリーファームですが、フォトジェニックポイントは主に1のエリアに集中しています。

とっても広いストロベリーファーム!どこに行けばいいのか分からないという方に、私がおすすめするフォトジェニックポイント5選を紹介します!

ストロベリーファームマップ

こちらが1のエリアの拡大図です。フォトジェニックポイント1~5を順番にご紹介しています。

フォトジェニックポイント① 現地のアーティストが作成した巨大なウォールアート

ストロベリーファームフォールアート

まず最初に、ストロベリーファームへ向かう途中にこのようなウォールアートがあります。

ウォールアートを背景に写真を撮ってみましたが、だいたいの大きさは分かりますでしょうか。写真に入りきらないほど横に長いウォールアートです。

ストロベリーファームフォールアート

2019年のストロベリーフェスティバルの後に、地元のアーティストによって作成されました。「ラ・トリニダードのジプニーは派手な気がする」、「町の至る所がカラフルだよね」といったことをフィリピンの他のエリアから訪れた人によく言われます。地元の人たちはアートが大好きで、それは私がこの任地を選んだ理由でもあります。

フォトジェニックポイント② 79.49ヘクタールの広大ないちご農園

いちご農園

まっすぐに続く1本道が素敵ないちご農園です。

ストロベリーファームいちご農園

このようなおしゃれな農園の登録ボードもあります。

フォトジェニックポイント③ キュートで大きないちごのアイコン

ストロベリーファームアイコン

このような可愛いいちごのアイコンもあるんです。ストロベリーファームの繁忙期には馬と一緒に写真を撮ることもできますよ。

ストロベリーファームアイコン

正面に立つだけでも十分良い写真が撮れますが、いちごを食べたり、つまんだりするように写真を撮るのもよいかと思います。

フォトジェニックポイント④ カラフルな屋台が色とりどりのデザートを販売

ストロベリーファーム食べ歩き

繁忙期は移動式の屋台でとても賑わっているので、いちごのデザートやフルーツを購入してみましょう。

フルーツ食べ歩き

お店の方に伝えれば、フルーツはその場でも食べられるようにカットしてくれます。

デザート食べ歩き

ストロベリーファームに来たなら食べていただきたいのがこのストロベリーアイス!

デザート食べ歩き

日本のアイスクリームと違って、きっついピンク色で気が引ける方もいるかもしれませんが、味はとても美味しいです!

いちごのタホ

長い棒の両端に大きなアルミのバケツをぶら下げたものを担いで歩きながら、「タホ―」と言っている人がいたので、近くに行ってみると面白いローカルフードを発見しました。

こちらは、フィリピンのローカルフードの「Taho(タホ)」のいちご味になります。タホは熱い豆腐に甘いシロップとタピオカを加えた飲み物です。このいちごのタホはこの辺りでしか食べられないんですよ。

フォトジェニックポイント⑤ 大きなストロベリーケーキのアイコン

ストロベリーファームアイコン

このようなストロベリーケーキのアイコンもあります。

ラ・トリニダードのキ゚ネス記録に登録された巨大ストロベリーケーキはご存知でしょうか?詳細は3月のバギオ留学・観光なら!ラ・トリニダードの『ストロベリーフェスティバル (Strawberry Festival)』でいちござんまい!の記事を確認してみてください。

フィリピンでいちご狩り体験

イチゴ農園

乾季である11月~4月はいちご狩りを体験することができます。農園の方に声をかけると、かごとハサミを貸してくれますよ。

1キロ500パソ程度で買い取りになります。

ラ・トリニダードがイチゴの産地になったのは、実は日本人も関係していると知っていますでしょうか。

第2次世界大戦後、現地の方と結婚をして移住することになった日本人が、日本のいちごの品種をここに持ち込み、栽培を始めたそうです。

いちごの農園

ラ・トリニダードの農家さんを日本での研修へ送り出していたり、日本からいちごの農家さんや専門家を呼んで、指導したりしています。日本の技術がラ・トリニダードのいちごの生産量の増加にも貢献していると知って、とても誇らしい気持ちになりました。

ラ・トリニダード・バギオ観光のお土産はストロベリーファームで購入

ラ・トリニダードの特産品であるいちごの購入

これがラ・トリニダードのいちごになります。このようにかごに綺麗に盛り付けられて販売されています。

量り売りとパック販売の2パターンがあります。

 

量り売り

いちごの品質がまちまちであるため、自分が気に入ったいちごのみ購入されたい方、少量のみ購入したい方は、量り売りが良いでしょう。

好みのいちごを自身でパック詰めし、希望価格もしくはグラム数を伝えれば、お店の方が調整してくれます。

いちごの販売

収穫状況によりいちごの価格は異なるのですが、いちごの収穫時期でない雨季に少量の量り売りを頼んだところ、大粒のいちご5粒程度で50ペソのお値段でした。

イチゴの量り売り

いちごの収穫時期である2月~4月には大量のいちごが店先に並ぶため、ストロベリーフェスティバルの時期以外は上記よりも安価に購入することができると思います。

パック販売

パック販売はいちごの品質は不揃いなものもありますが、量り売りよりも安く多くのいちごを購入することが可能です。

いちごの販売

平均的にパック販売は右の小さな白いパックで50ペソ、他の大きなパックは100ペソ~200ペソで販売されています。

ラ・トリニダードの特産品であるいちごの加工品の購入

ワインのお土産

ストロベリーファームのお土産屋さんには多くのいちごの加工品が販売されています。

まず、目を引くのがたくさんの種類のワイン!写真のワインは3本で100ペソととても安いお値段で売られています。

ぜひ、飲んでいただきたいのがいちごのワイン。ものによりアルコール度数が異なり、イチゴジュースの感覚で飲めるものから少しアルコールが強いものまで幅広くあります。

種類がとても多いので気になるワインがあれば、試飲させてもらうこともできますよ。

ワインの試飲

だいたいワインの前で悩んでいるとお店の方が声をかけてきてくださるのですが、どうしてもこの味を知りたいなと思うワインがあれば、お店の方に試飲可能か聞いてみましょう。

たくさんの種類のワインの飲み比べができます。

ワインのお土産

いちごのワイン以外にもCordillera(コルディレラ)地域の伝統的な飲み物であるTapuey(タプイ)と呼ばれるライスワインも置いてあります。

ストロベリーファームお土産

他にもコーヒーワインやブルーベリーワイン、その他珍しいフルーツのワインも置いてあり、とても面白いですよ。

ぜひ、ストロベリーファームに来たなら1本はお土産に購入していただきたいです。

ストロベリーファームお土産

日本のお土産のように個包装されているものはありませんが、お菓子も販売しています。

ストロベリーファームお土産

お菓子も試食させてもらうことができたのですが、これは美味しかったです。

ストロベリーファームお土産

こちらがウベジャムになります。フィリピンでよく見かける「Ube(ウベ)」は紫芋になります。日本では「ダイジョ」と呼ばれ、主に沖縄や鹿児島などの暖かい地域が産地です。

ストロベリージャム

こちらがストロベリージャムです。特徴として、いちごが丸ごとゴロゴロ入っています。

ストロベリージャムの試食

ジャムも試食が可能ですので、ぜひ試してみてください。

1つ10ペソから!ばらまき土産の購入

ストロベリーファームお土産

ストロベリーファームでは、ばらまき土産に最適なキーホルダーなども格安で購入できます。

ストロベリーファームお土産

キーホルダーは1つ10ペソ(2019年9月現在: 20円)から販売されています。

カラフルほうき

カラフルなほうきも販売されています。「なんで、こんなにカラフルなのか?」と尋ねると、消費者にアピールするためと言っていました。

2年くらいの滞在だとほうきも1つくらいは欲しかったので、私は地味な方のほうきを購入!長期留学の方は一本いかがでしょうか。

ストロベリーファームお土産

「Pasiking」は、フィリピンの北部ルソン島で見られるバスケットのバックパックです。

ストロベリーファームお土産

その他にも可愛い柄のバックが数百ペソで販売されています。

ストロベリーファームお土産

隣町のバギオに関するTシャツが多いですが、ラ・トリニダードのTシャツも販売していますよ。

ストロベリーファーム地図

お土産は1のエリアで十分充実していますが、2のエリアでもたくさんのお土産が販売されています。

ストロベリーファームはとても広いので、時間が許せば行ってみてください。

ストロベリーファームお土産販売

お土産売り場の規模は小さくなりますが、こちらでも食品を中心にお土産が販売されています。

ストロベリーファームお土産販売

バギオでもパブリックマーケット等でお土産を購入することができますが、ストロベリーファームの方がお土産の種類、量ははるかに多いので、ぜひバギオ滞在中に一度はいらしてくださいね。

まとめ

ラ・トリニダードの有名観光地「 Strawberry Farm(ストロベリーファーム)」はいかがでしたでしょうか。

バギオからはタクシーでたったの30分!たくさんのお土産ショップが立ち並び、美味しいいちごのデザートの食べ歩きやフォトジェニックなアイコン、ウォールアートを背景に素敵な写真を撮ることができる他、いちご狩りなどのアクティビティも可能で大人から子どもまで楽しめます!

SNS映えする可愛い写真を撮影したい方、アクティビティで留学仲間と親睦を深めたい方、ラ・トリニダード、バギオのお土産を購入したい方は、「 Strawberry Farm(ストロベリーファーム)」にいらしてください。

ストロベリーファーム(ストロベリーファーム)の情報

観光地Strawberry Farm (ストロベリーファーム)
予算300-500ペソ 
営業時間7:00~19:00 
住所Km. 6 Strawberry Farm , Halsema Highway, La Trinidad, Baguio, 2601 Benguet
電話0955 396 5499
公式サイト – 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
山脇かすみ
青年海外協力隊(職種: 観光)として、ベンゲット州 ラ・トリニダード町役場の観光課に派遣されています。任地では広報マテリアル(webサイト、パンフレット、映像) の作成や広報キャンペーンの実施支援を行っています。旅行が趣味でこれまでに海外48カ国、国内全都道府県を巡った結果、ここに辿り着きました。バギオ近辺の観光をご検討の方は、町役場(Municipality of La Trinidad)までお越しください。