フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

知っときたい!フィリピンの大学に留学する「メリット・デメリット」

 
フィリピンの大学に留学するメリット・デメリット
この記事を書いている人 - WRITER -
シンさん(田中慎一)
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら

日本国内ではまだ知名度がそこまで高くないフィリピンの大学への進学。

フィリピンの大学に進学すると日本の大学と比べどのような違いがあるの?

 

こんな疑問を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで、こちらの記事では、フィリピンの大学に留学するメリットとデメリットをそれぞれまとめました。

フィリピンの大学に留学するメリット

1) 日本の大学と比べ学費が生活費が格安

1) 日本の大学と比べ学費が生活費が格安

フィリピンの大学進学のメリットは、なんと言っても学費の安さにあります。日本の大学は年間の授業料が約100万円ほどかかると言われています。フィリピンの場合、年間の学費は、約25万円(大学によって異なる)ほどです。

つまり、日本の大学に1年通う費用でフィリピンの大学を卒業でき、学位をえられるという計算になります。これは経済的にもかなりメリットが大きいですよね。

またフィリピンは物価も日本と比べて大幅に安いので生活費のコストも抑えられるというメリットもあります。

フィリピンの物価を参考までに知っておこう!

生活費のコスト

2) 仕事でつかえるレベルの英語力が身につく

2) 仕事でつかえるレベルの英語力が身につく

フィリピンの大学では授業が英語で行われます。周囲のフィリピン人学生も高い英語力を持っていますし、会話は基本英語になります。加えて、課題や宿題なども英語で提出する必要があります。

4年間の月日をそういった英語漬けの環境のもとで過ごせば、仕事でも使えるレベルの英語が身に付きます。

また、フィリピンの大学で学べる科目は、経営、観光・ホスピタリティーマネジメント、ITなど職業に直結する専門的なものが多いため、学んだ成果をそのまま仕事に活かせるというメリットもあります。

3) 世界各国に友達ができる

3) 世界各国に友達ができる

フィリピンの大学には、アメリカやイギリスなど西欧諸国、韓国、中国、台湾、インドネシア、インドなどアジア諸国、UAE,イランなど中東諸国など世界各国から来た留学生が在籍しています。

そのため、フィリピン人学生だけじゃなく、世界各国に友達ができる可能性が高いです。

フィリピンの大学で築くネットワークは今後私生活においても仕事の面においてもあなたの人生の選択肢や可能性を広げてくれる可能性が高いです。

外国人留学生の割合は、マニラが多く、その次にセブやバギオと続きます。地方の大学には外国人学生が少なく、一人もいないという場合もあります。

フィリピンの大学に留学するデメリット

1) 英語ができないと生活が困難

1) 英語ができないと生活が困難

大学に進学するにもそうですが、ある程度の英語力がないと生活が困難です。

まだ自分の英語力が足りないという人は、フィリピンの語学学校で英語力を上げてから行くことを強くお勧めします。

ほとんど英語が話せない状態から大学留学を検討している場合は、まず3ヶ月ESLコースで基礎英語を学び、その後3ヶ月IELTSコースを受講しましょう。進学を目指す大学にもよりますがIELTSでオーバーロール最低5.5の実力は欲しいところです。

大学進学におけるIELTS
IELTSのスコアが、大学進学の公式な指標とされているわけではないので、大学進学試験の免除などはありません。ですが、それでも後半のテストコース受講を進める理由は、実力を点数化できればモチベーションが保てるし、実際に公式テストを受けてその点数を取得できれば将来的に就職活動やワーホリを検討している際に役立つからです。

2) 日本と比べ生活の質は下がる

2) 日本と比べ生活の質は下がる

フィリピンは、日本に比べてまだ生活面のインフラが整っていない部分が多いです。

例えば、水道水を飲むことはできないし、停電などは頻繁にあります。食文化も日本と違うので慣れるまでは苦労するかもしれません。

医療面でも日本ほど高度な設備が整っていないため、なるべく病気をしないように生活管理や体調管理に気を付ける必要も出てきます。

文化の違いもあります。人によってはフィリピン人のイージーゴーイング(お気楽な性格傾向)にストレスを感じる人もいるかもしれません。窃盗や詐欺などの犯罪に合う可能性も日本よりかは高まるでしょう。

日本での生活水準を期待しないこと。そして、様々な経験を自分の糧にするという覚悟が必要です。

3) 大学の名前では勝負できない

3) 大学の名前では勝負できない

例えば、アメリカやカナダ、ヨーロッパの大学・カレッジを出ているというと響きはいいですし、面接の書類選考でも優位に働きそうですよね。

でも、一般のフィリピンの大学の知名度は世界的に低いため、フィリピンの大学の名前を使ってキャリアを築くのは難しいと思ってください。ある意味、日本の地方の無名大学を出たぐらいのステータスで考えていいと思います。

これはフィリピンの大学で学べることが少ないという意味ではなく、まだ世界から見たフィリピンの大学に対する印象がそのレベルということです。今後、その印象は改善されている可能性が高いですが、少なくとも今はそのレベルです。

では、何で勝負するのかというと、実力です。

まずは資格をとりましょう。特に英語に関わる資格は重要です。日本を含むアジア圏への就職を検討しているならTOEIC750点以上は欲しいところです。欧米圏で就業したいならIELTS6.0以上は取っておきましょう。

加えて、フィリピンの大学でしっかりと仕事でつかえるレベルの英語力と専門的な知識を得て、海外での生活経験を積み、世界各国に様々な人種のネットワークを築き、あなたという人材がどれだけ貴重な存在化を面接で伝えるようにしましょう。

まとめ

フィリピンの大学留学のメリット・デメリットをそれぞれご理解いただけたでしょうか。

まとめると、フィリピンの大学留学のメリットには次の3つがありました。

  • 日本の大学と比べ学費が生活費が格安
  • 仕事でつかえるレベルの英語力が身につく
  • 世界各国に友達ができる

格安の費用で将来のキャリア形成に役立つスキル、経験、人脈を築ける非常にコスパのいい留学の選択肢ということがお分かりいただけたと思います。

一方で、以下のようなデメリットもありました。

  • 英語ができないと生活が困難
  •  日本と比べ生活の質は下がる
  •  大学の名前では勝負できない

慣れないうちは生活面や文化の違いなどでストレスを感じることもあり、日本に帰りたいと感じることもあるかもしれません。ある程度英語ができないと大学進学はおろか現地での生活も困難という現実もあります。

また大学の名前では勝負できないため、大学でしっかり学び実力を積み上げる必要があります。

ただ、上記のデメリットは乗り越えればすべてあなたにとって他の人たちと差別化を図る貴重な経験に代わるということも忘れてはいけません。

これからミレニアム世代の皆さんが生きる世界は、実力のあるものが生き残る弱肉強食の世界です。AIでもできるような仕事をしている人たちはどんどん活躍の場もなくなっていくでしょう。

一方でそれは、どんな大学を出ていても、努力を惜しまず自分を磨き続ける人に活躍のチャンスが回ってくるという世界でもあります。

フィリピンの大学留学には、あなたを飛躍的に成長させる環境が整っています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
シンさん(田中慎一)
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら