フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

【フィリピン正規留学】ダバオの魅力についてまとめてみた

tomo-san
WRITER
 
ダバオ

LINE登録バナーPC

LINE登録SP

この記事を書いている人 - WRITER -
tomo-san
ほとんど英語が話せない状態で社会人になってからフィリピン留学を経験。

2012年から5年間、フィリピンにある語学学校でマネジャーとして働き、数多くの日本人留学生の英語学習をサポート。最終的には副代表に就任。その後、複数の語学学校のコンサルティングも携わる。

これまでの経験からフィリピンの現地事情や語学学校の情報に精通している。スピーキングが伸びる英語学習アドバイスなども人気。TOEIC900(R/L)

ダバオは、フィリピン最大の島ミンダナオ島に位置する人口約163万ほどの大都市です。マニラ、セブに次フィリピンで3番目に大きな都市で「フィリピン第三の都市」とも呼ばれます。

戦前は多くの日本人がマニラ麻の生産するために出稼ぎとしてダバオへ渡り、「アジア最大規模」と言われる日本人街があったと言われています。日本ともゆかりのあるエリアですね。

こちらの記事では、そんなダバオの魅力についてまとめました。

  • フィリピンの大学に進学したいけど、どのエリアがおすすめか知りたい。
  • ダバオで大学留学もできるのか知りたい。
  • ダバオにはどんな大学があるのか知りたい。

こんなニーズを持つ人の役に立てる内容です。

ダバオの特徴

1)ダバオの概要とエリア

ダバオはフィリピンの南部にあるミンダナオ島に位置しています。ミンダナオ島はめちゃくちゃ広い島ですが、その中でも南部に位置します。

ダバオ

日本からダバオへの直行便はありません。マニラかセブ島での乗り換えが必要です。所要時間は、マニラから約1時間40分、セブ島からは約30分ほどです。

ダバオ大学の位置

フィリピン第三の都市とは呼ばれているものの、マニラほど喧騒感はなく、都市部と自然がバランスよく組み合わさった生活しやすいエリアです。

都市機能は海沿いのエリアに集中しています。すべての大学が上記の地図の都市エリアにあります。

ダバオ

周囲には、サマール島とタリコッド島といったダイビングスポットやビーチも点在しており、週末はビーチリゾートに足を延ばすことも可能です。

2)ダバオの治安

ダバオは、フィリピン国内でもトップクラスの良好な治安で有名です。

ドゥテルテ元市長の時代から治安維持に積極的に取り組んでおり、公共の場での喫煙を厳しく禁止、深夜1時以降のお酒の販売の禁止、車の速度制限(30km)など徹底的な規制をしています。

人によっては少し窮屈に感じられるかもしれませんが、規制によってかなり安全に治安が守られているので、正規の大学留学で長期間滞在する人にはとても適したエリアと言えます。

ただし、ミンダナオ島のダバオ以外のいくつかの地域では、独立をめぐって未だに紛争が繰り返されています。過去に身代金を狙った外国人の拉致事件などもありましたから、危険地域には絶対日数かないようにしましょう。

3)ダバオの気候

ダバオは、気候も安定しています。1年を通して気温が25〜33℃をキープしており、台風が発生する海域よりも南に位置しているため台風がほとんど通りません。

一年中温暖な気候で、まさにイメージ通りの南国での生活が送れます。

ダバオの大学に正規留学する魅力・メリット

治安が良好

大学留学をする人は、4年間という長期間フィリピンに滞在することになるので、治安は最も重要な要素のひとつです。

ダバオは、フィリピン国内でもトップクラスに治安がいいエリアなので安心して留学できます。公共の場での喫煙の禁止や酒類の販売制限などのマナーにも厳しいので、勉強に集中するにはとてもいい環境です。

気候が安定していて過ごしやすい

気候が安定していて過ごしやすい点も長期滞在者には魅力な点です。中でも台風が通らないというのはとても大きな魅力ですね。

気候が安定していると病気にもなりにくいですし、勉強の集中に障害となる外的な要因が減ります。

大学の多い学園都市である

ダバオは、フィリピン有数の学園都市として有名です。名門大学も複数あります。

フィリピン南部を代表する都市なので、周辺地域の優秀な子たちがダバオの大学に集まります。優秀な子たちに囲まれて勉強ができるのは留学生にとっても大きなアドバンテージになります。

マニラの大学と比べるとまで海外の留学生は多くないですが、英語で話をする環境は整っているので、すぐに高レベルな英語力も身につくでしょう。

ダバオにあるおすすめ大学

1.アテネオ大学ダバオ校

アテネオ大学ダバオ校は、ダバオに校舎を構える私立大学です。設立は、1948年でマニラにあるフィリピンの名門アテネオ大学がダバオに持つ姉妹校です。

学生数は12500人です。長年ダバオでトップの大学として君臨しており、地域の優秀な学生が入学します。

IT学部と教育学部は政府の優良認定を受けています。

国内ランキング 18位
難易度 Sクラス
教育レベル ★★★★★
施設や設備 ★★★★
学費 約15万円~/ 1年

2.ミンダナオ大学

ミンダナオ大学

ミンダナオ大学は、1946年にダバオ市に設立された公立大学です。学生数は約40,000人でフィリピン国内でも最大規模の大学として知られています。。

研究設備や施設の設備がよく整っている大学で学費も15万円からとそこまで高くありませんのでコスパのいい大学と言えます。

ビジネス系の会計と経営、IT系の情報テクノロジー、エンジニア系の電気工学と機械工学、加えて教育学部が優良認定を受けています。

国内ランキング 45位
難易度 Bクラス
教育レベル ★★★★
施設や設備 ★★★★★
学費 約15万円~/ 1年

3.フィリピン大学ミンダナオ校

フィリピン大学ミンダナオ校は、名門フィリピン大学のダバオキャンパスとして優秀な学生が集まる大学です。

入試の難易度が高いうえに、学生の定員が1500名程度と小規模なので競争率が激しいです。

生物学部が優良認定を受けています。

国内ランキング 24位
難易度 Sクラス
教育レベル ★★★★★
施設や設備 ★★★
学費 約16万円~/ 1年

4.サウスイースタン・フィリピン大学

サウスイースタンフィリピン大学

サウスイースタン・フィリピン大学は、ダバオにある州立大学です。設立は、1978年で生徒数は、約10,000人です。

学費が4万5000円からと安いですが他校に比べて入学条件のレベルが高いです。

IT系、教育系、農業系、言語系など政府から優良認定を受けている学部が多くあります。

国内ランキング 80位
難易度 Sクラス
教育レベル ★★★★★
施設や設備 ★★★
学費 約4万5000円~/ 1年

ダバオの大学はこんな人におすすめ【まとめ】

勉強に集中できる安全なエリアで優秀な学生に囲まれて大学生活を送りたい方にはダバオがおすすめです。優良大学も多いのも魅力です。

また、ダイビングやビーチアクティビティが趣味で平日は勉強、週末は海で遊ぶというメリハリのある生活を送りたい人にも合っているでしょう。

逆に、都市独特の刺激ある生活を送りたい人にはすこし物足りなく感じるかもしれません。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
tomo-san
ほとんど英語が話せない状態で社会人になってからフィリピン留学を経験。

2012年から5年間、フィリピンにある語学学校でマネジャーとして働き、数多くの日本人留学生の英語学習をサポート。最終的には副代表に就任。その後、複数の語学学校のコンサルティングも携わる。

これまでの経験からフィリピンの現地事情や語学学校の情報に精通している。スピーキングが伸びる英語学習アドバイスなども人気。TOEIC900(R/L)