フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間9:00~18:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

フィリピン親子留学「マニラ」のメリットとデメリット!を徹底解説!

シン
WRITER
 
親子留学マニラ
この記事を書いている人 - WRITER -
シン
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら

マニラとは

フィリピンの首都であり、東南アジア最大の都市圏です。人口は約1,300万人で、多様な文化や歴史が混在しています。フィリピンの政治、経済、教育、文化の中心地であり、観光やビジネスの拠点でもあります。

マニラは16の行政区に分かれており、それぞれに特色があります。例えば、マカティは高層ビルやショッピングモールが立ち並ぶ近代的な街で、多くの外国企業や大使館があります。マラテはスペイン統治時代の建築物や教会が残る歴史的な街で、夜にはバーやレストランが賑わいます。ケソンはフィリピン最大の行政区で、大学や放送局が集まる教育やメディアの中心地です。

フィリピンでの親子留学の候補の地域ともなるマニラからは、フィリピン国内へのアクセスが非常によく、休日にはリゾート気分を味わうことができます。

ただ、実際にはマニラに留学している親子は治安上の理由でほとんどいないよ。それでも気になる人はマニラの事をきちんと理解しておこう!

マニラの代表的な観光地

マニラはフィリピンの首都で、歴史や文化、自然など多彩な魅力が詰まった都市です。親子留学でマニラを訪れる方におすすめの観光スポットをご紹介します。

まずは、スペイン統治時代の雰囲気が残る旧市街エリア「イントラムロス」。石畳の路地や馬車、教会や要塞など、歴史を感じる建造物がたくさんあります。特に「マニラ大聖堂」や「サン アグスティン教会」は必見。

マニラ大聖堂は歴史ある大聖堂で、美しい大理石やステンドグラスが見どころです。サン アグスティン教会はフィリピン最古の教会で、世界遺産にも登録されています。

次に、アジア最大級の水族館「マニラ・オーシャンパーク」です。親子留学ならお子さんが喜ぶこと間違いなし。

多くの海洋生物が展示されており、水中トンネルやシーライオンショーなど、楽しいアトラクションが盛りだくさんです。子供も大人も一日中遊べる親子に優しい施設となっています。

最後に、マニラ湾に沈む夕日です。マニラ湾の夕日はとても美しいと言われています。海岸沿いのレストランやバーでゆっくり食事や飲み物を楽しみながら、ロマンチックな景色を堪能しましょう。

5つ星ホテルの「コンラッドホテル」のレストランからなら、空調の効いたラグジュアリーな雰囲気でマニラ湾を眺めることができるよ。

マニラの治安

フィリピン親子留学を考えている方の中には、マニラの治安が気になる方も多いでしょう。マニラはフィリピンの首都であり、人口や経済活動が集中する大都市です。そのため、犯罪やトラブルも少なくありません。

そのため日本と同じように生活していると危険に巻き込まれる可能性が高くなります。そこで、マニラで安全に過ごすために知っておきたいポイントを紹介します。

マニラで注意すべき犯罪やトラブル

マニラで発生している犯罪やトラブルの一部を挙げます。

車上荒らしや車の盗難

留学中に車を運転する機会はほとんどないと思いますが、車を施錠せずに駐車したり、貴重品を置いておいたりすると狙われやすい地域です。もし車を運転してパーキングする場合は、人通りが多く警備員のいる明るい場所に駐車しましょう。

置き引きやひったくり

空港や駅など人が多い場所では荷物に常に気を配りましょう。貴重品は身につけるか手元に置いておきましょう。フィリピンで最も多い軽犯罪がこれです。

詐欺

路上で声をかけられても無視するか断固として拒否しましょう。片言の日本語で話しかけてくるフィリピン人はほぼ間違いなく詐欺目的で仲良くなろうとしてきます。そのため、あまり深入りせず早々に離れてください。

また、マニラに住んでいる日本人にも詐欺に加担している人が多いため、同じ日本人だからと気を緩めない様にした方が良いよ。僕も数えきれないぐらい声かけられた・・

強盗

路上や地下鉄など公共の場で強盗に遭うことがあります。夜間や人気のない場所は絶対に避けましょう。また、昼間であっても貴重品は目立たないように隠しておきましょう。

麻薬の売買

知らない人からパーティーやドラッグなどに誘われることがあります。断固として断りましょう。麻薬は違法で使用や所持だけで逮捕される可能性があります。 マニラで気をつけるべきエリア マニラでは以下のようなエリアは治安が悪く、危険度が高いとされています。

エルミタ・マラテ

観光客向けのエリアですが、夜間は売春や麻薬の取引が行われています。暗くなったら近づかないようにしましょう。

キンタ・マーケット

ローカルな市場ですが、スリや置き引きが多発しています。貴重品は持ち歩かないようにしましょう。

ドーチェスター

高速道路沿いにあるエリアですが、治安が悪く、強盗や暴力事件が起こっています。訪れる必要がなければ避けましょう。

マニラではどのエリアでも一人で歩いたり、夜間に出歩くことはNGだと心がけましょう。

マニラのメリット

マニラで親子留学をすると、どんなメリットがあるのでしょうか?

日本からのアクセスが良い

セブ島への直行便は、2023年時点で成田空港からだけです。ですが、日本国内の主要な国際線空港からであればほとんどマニラ直行便があります。日本からのフライト時間は4~5時間程度なため、短期間でぱっと帰ってきたい留学には向いている地域だと言えます。

英語力向上

マニラはフィリピンでも最も英語が話されている都市です。日本人向けの語学学校も多く、ネイティブ講師や外国人生徒との交流もあります。親子で一緒に英語を学ぶことで、お互いに刺激を与え合い、効果的に英語力を向上させることができます。

多文化体験

マニラは世界中から移民が集まっている多国籍な都市です。中国やインド、フィリピンなど様々な国籍の人々と触れ合うことで、異文化理解やコミュニケーション能力を高めることができます。また、マニラ周辺には歴史的な建造物や美しい自然も豊富にあります。

家族の絆

マニラ親子留学では、普段とは違う環境で家族で過ごすことになります。一緒に勉強したり、遊んだり、困難を乗り越えたりする中で、家族の絆を深めることができます。また、親子留学は子供の自立心や自信も育みます。

マニラ親子留学のデメリット

マニラには親子留学する上で注意すべきデメリットもあります。ここでは、マニラ親子留学のデメリットを紹介します。

治安が悪い

治安が悪い マニラはフィリピンでも犯罪発生率が高い都市です。特に夜間や人気のない場所では強盗やスリなどに遭う可能性があります。また、テロや暴動も発生することがあります。親子留学中は常に自衛の意識を持ち、学校や滞在先のスタッフの指示に従ってください。

物価が高い

物価が高い マニラはフィリピンの中でも物価が高い都市です。特に食費や交通費は他の都市と比べて割高です。親子留学では食事や移動などの費用も考慮する必要があります。予算に余裕を持って計画しましょう。

大気汚染がひどい

環境が汚い マニラは人口密度が高く、大気汚染や水質汚染が深刻な問題です。空気中にはPM2.5や黄砂などの有害物質が含まれており、呼吸器系や皮膚に影響を与えることがあります。また、水道水は飲用できません。親子留学中はマスクやミネラルウォーターなどを用意しましょう。

やはりマニラの留学で特筆すべきは「治安」の悪さ。単独の留学でも気を付けることが沢山な上に、子どもも連れて行くとなると更に気を遣う必要があるよ。

マニラ親子留学できる語学学校

マニラで親子留学ができる語学学校を紹介します。

PICO

PICOは日本人経営の学校で、渡航前にオーダーメイドのカリキュラムを作成できます。治安が安定しているエリアにあり、空き時間にはショッピングや散歩も楽しめます。親子留学プログラムでは、親子で同じ教室で授業を受けることができます。

Face to Face

Face to Faceは日本とアメリカの共同資本の学校で、留学後のキャリアアップを見据えたプログラムを提供します。親子留学プログラムでは、親子別々の授業を受けることができます。また、現地校への進学サポートも行っています。

SDA Language Center

SDA Language Centerは24時間英語環境を提供するスパルタ式の学校です。親子留学プログラムでは、親子で同じ寮に滞在し、親子別々の授業を受けることができます。また、インターナショナル幼稚園も併設されています。

Enderun College Language Center

Enderun College Language Centerは大学付属の語学センターで、高いレベルの授業を受けることができます。親子留学プログラムでは、親子別々の授業を受けることができます。また、卒業時には大学からの修了証も得られます。

以上がマニラ親子留学できる語学学校の一部です。マニラで親子留学を検討している人はマニラの事情もきちんと理解した上で自分に合った学校を見つけてみてください。

※コロナ禍で多くの学校が撤退しているため、最新情報はお問合せ下さい。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
シン
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© フィリピン留学Hub , 2023 All Rights Reserved.