フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間9:00~18:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

【フィリピン大学正規留学】マニラ市立大学(University of City of Manila)

tomo-san
WRITER
 
マニラ市立大学
この記事を書いている人 - WRITER -
tomo-san
ほとんど英語が話せない状態で社会人になってからフィリピン留学を経験。

2012年から5年間、フィリピンにある語学学校でマネジャーとして働き、数多くの日本人留学生の英語学習をサポート。最終的には副代表に就任。その後、複数の語学学校のコンサルティングも携わる。

これまでの経験からフィリピンの現地事情や語学学校の情報に精通している。スピーキングが伸びる英語学習アドバイスなども人気。TOEIC900(R/L)

マニラ市立大学(University of City of Manila)の特徴

大学名

マニラ市立大学(University of City of Manila)

エリア

マニラ

住所

General Luna corner Muralla Streets, Intramuros, Manila, Philippines 1002

学期

二学期制(セミスター)

難易度

Sクラス

国内大学ランキング

66

偏差値(目安)

43

学生数

約6,600人

外国人生徒率

不明

日本人生徒の受け入れ実績

なし

大学院の有無

あり

学生寮の有無

なし

イントラムロスに校舎を構える市立大学

マニラ市立大学

マニラ市立大学(University of City of Manila)は、1965年にフィリピンの首都マニラのイントラムロス内に設立された市立大学です。マニラ市の支援金によって建設された大学で生徒数は、約6,600人です。

別名をThe Pamantasan ng Lungsod ng Maynila(PLM)とも呼ばれます。タガログ語でマニラ市の大学という意味です。

マニラ市立大学(University of City of Manila)が校舎を構えるイントラムロスは、16世紀にスペイン人によって建設された城郭都市で、サンチャゴ要塞やサン・アグスティン教会など歴史的な建造物が多く集まる場所です。

マニラ市立大学(University of City of Manila)に通う学生は、マニラの歴史的な雰囲気を感じられる場所で学生生活を送ることができます。

授業料は安いが入学難易度は高い

マニラ市立大学(University of City of Manila)は、授業料が約3万円からと格安です。

その代わり、高校で上位10%の成績をとったものしか入ることのできない超難関校でもあります。それは裏を返せば、かなり優秀な学生が集まる大学であることも意味しています。

キャリアに活きる学部が揃っている

マニラ市立大学

マニラ市立大学(University of City of Manila)には、政府の優良認定を受けた学部はありませんが、ビジネス系、エンジニア系、IT系、観光ホスピタリティー系などキャリアに直結する学部が揃っています。

中でも、エンジニアは化学工学、土木工学、コンピューターエンジニアリング、電子工学、電気工学、産業工学、機械工学など学べる分野が豊富です。

また、ビジネス系の学部も会計、経営、ビジネス経済、起業、不動産と内容が充実しています。

マニラ市立大学(University of City of Manila)の試験・入学条件

入学条件

  • 高校の卒業資格があること
  • 大学独自の入学試験に合格すること

入学試験の内容

試験科目

英語、科学、数学、論文

試験日については、お問い合わせください。

必要とされる英語力のレベル

特に入学に必要とされる英語力のレベルの条件はありません。

マニラ市立大学(University of City of Manila)の費用

登録料 なし
学費 約3万円~
寮費 ×

学部・学科によって金額が変わるため、詳しくはお問い合わせ下さい。

マニラ市立大学(University of City of Manila)での生活

大学内の雰囲気・環境

マニラ市立大学(University of City of Manila)は、フィリピンの首都マニラのイントラムロスに校舎を構えています。イントラムロス周辺は、歴史的な建造物や博物館などが多い場所で、多くの観光客でにぎわうエリアです。

開放感があり、かつ歴史的な趣のある環境で学生生活を送れるでしょう。また、マニラ湾からも近く、綺麗な夕日が楽しめるマニラベイウォークも徒歩圏内にあります。

大学の設備は新しいとは言えませんが、キャンパスはとても広く、18の建物で成り立っています。運動施設や文化財の展示エリア、60のパソコンがあるコンピュータールームなど最低限の設備は整っています。

大学で行われるイベント

  • スポーツ大会
  • 文化祭 など

長期休みの情報

  • 第1セミスター終わりの長期休み:12月~1月
  • 第2セミスター終わりの長期休み:7月~8月

マニラ市立大学(University of City of Manila)の周辺環境

周辺おすすめスポット

  • イントラムロス城壁:徒歩1分
  • マニラべイウォーク:徒歩5分
  • ロビンソンOtis(大型ショッピングモール):車で10分 など

交通手段

マニラ市立大学(University of City of Manila)が校舎を構えるイントラムロスは、有名な観光エリアなので人通りも多く、タクシーやジプニー、トライ淑るなども良く通ります。そのため、通学の交通手段に困ることはないでしょう。

観光客が多いシーズンなどは渋滞も考えられますので、少し余裕をもって通学することをおすすめします。

マニラ市立大学(University of City of Manila)の学部・学科

教育系

学部 学科
初等教育
  • プレスクール教育
体育
  • 学校の体育
中等教育
  • 生物化学
  • 英語
  • フィリピン語
  • 数学
  • 社会科

ビジネス系

学部 学科
会計

 

経営
  • 財務マネジメント
  • HRマネジメント
  • マーケティングマネジメント
  • オペレーションマネジメント
経済

 

起業

 

不動産

 

エンジニアリング系

学部 学科
化学工学

 

土木工学

 

コンピューターエンジニアリング

 

電子工学

 

電気工学

 

産業工学

 

機械工学

 

社会学系

学部 学科
心理学

 

ソーシャルワーク

 

サイエンス系

学部 学科
生物学

 

化学

 

数学

 

IT系

学部 学科
コンピューターサイエンス

 

情報テクノロジー

 

医療&ヘルスケア系

学部 学科
看護

 

理学療法

 

コミュニケーション&情報サイエンス系

学部 学科
コミュニケーション
  • パブリックリレーション

行政系

学部 学科
行政学

 

観光ホスピタリティー系

学部 学科
ホスピタリティーマネジメント

 

観光マネジメント

 

建築系

学部 学科
建築

 

音楽系

学部 学科
音楽

 

★がついている学部は、フィリピンの政府機関から最優良認定(COE-Center of Excellence)を、☆がついた学部は優良認定(Center of Development)受けたおすすめの学部です。

まとめ

マニラ市立大学(University of City of Manila)は、1965年にフィリピンの首都マニラのイントラムロス内に設立された市立大学です。マニラ市の支援金によって建設された大学で生徒数は、約6,600人です。

授業料は3万円からと格安ですが、高校で上位10%の成績をとったものしか入ることのできない超難関校でもあります。

政府の優良認定を受けた学部はありませんが、ビジネス系、エンジニア系、IT系、観光ホスピタリティー系などキャリアに直結するおすすめの学部が揃っている点が魅力です。

この記事を書いている人 - WRITER -
tomo-san
ほとんど英語が話せない状態で社会人になってからフィリピン留学を経験。

2012年から5年間、フィリピンにある語学学校でマネジャーとして働き、数多くの日本人留学生の英語学習をサポート。最終的には副代表に就任。その後、複数の語学学校のコンサルティングも携わる。

これまでの経験からフィリピンの現地事情や語学学校の情報に精通している。スピーキングが伸びる英語学習アドバイスなども人気。TOEIC900(R/L)

Copyright© フィリピン留学Hub , 2021 All Rights Reserved.