バギオPINESの生徒

ABOUTこの記事をかいた人

岡本麻須美

崇城大学一年生の岡本麻純です!今回は三回目の留学で二回目のフィリピンです。前回はセブ島に行ったため、日本の初秋に似ているといわれるバギオに行くのはとても楽しみです。

急に決まり慌ただしく過ぎ去っていった準備期間ですが、今以上に英語をしゃべれるように頑張ってみます!!!

フィリピン人講師の授業は楽しい

どこの学校に行っても感じると思うのが、先生たちがみんな元気で授業が楽しく感じることだと思います。

というのも、前回セブ留学をした際、ほかの学校に行った人たちと日本に帰ってから様々なことについて話し合った結果すべてにおいて共通していたのが、フィリピン人教師は全員面白くていろいろな話をしてくれるから、授業受けるのが楽しかったというものでした。

それは、クイサンアカデミーにも当てはまることで、テキストブックに書かれてあること以外について詳しく教えてもらったり、フィリピンの文化と日本の文化について議論したりしてもらったので日本では苦痛だった英語の授業がすごく楽しく感じました!!

PINESのテキスト

テキストブックを使わないというのも決して先生たちが楽をしているということではなく、それぞれの先生が生徒に理解してもらいやすいように自分なりの個性を生かして授業を行っているので、先生によって授業スタイルが違うそうです。 

PINESの私の担当

フィリピン名物食

私には凄く面白くて少しだけ豪快で男勝りなJULIEという先生がいます。授業中に以前からバロットを食べたいと思っているのだけど時間なくて食べられないんだよね。

という話をしたところ、夜に出かけるから買ってきてあげる!と言ってもらいました。しかし、買ってきてもらうためには条件があり、それはJULIEの前で食べることでした。というのも、初めてバロットを食べる人の反応を見たいからというものでした。

次の日クラスに行ってみると机の上には約束通りバロットがあり、授業終わる十分前ぐらいによし!たべてみようか!!ということになり、チャレンジしました。

いざ、殻を開けてみると思っていた以上にアヒルのひながいて驚きました。驚きで固まっている私の隣でなんとJULIEはビデオ片手ににやにやしていました。

バギオPINESの講師

 授業に慣れてきて思っていたことですが、先生たちはお金を貯めるために働いていると言っていますが、実際には生徒に教えることが楽しいから先生をしているのかなと感じました。

またクイサンの先生はセブの先生に比べて教えることに生きがいを感じている人が多いと思います。

というのも、私が受けている授業の半分以上の先生は、話が盛り上がってくると約一畳半の部屋で立って話し始めるからです。頑張って先生の話についていくと先生もわかってくれているのか、次第に身振り手振りが大きくなります。

 私はただ単にボードを見て授業する先生より、ボードに背を向け自分のつたない英語を向き合って聞いてくれる先生が大好きです!!

バギオPINESの雰囲気はみんなが友達感覚

留学に来たら、先生たちからだけ学ぶと思われている人達がいるかと思いますが、それは違います。

クイサンには大きなマーケット・食堂がありほぼ毎日使用するため、どこにでも顔なじみが出来ます。彼らと話すのに最初何を話せばよいのかわからなかったですが、この料理美味しかった!やフィリピンで有名なお菓子って何?と聞くだけですぐに打ち解け、会うたびに名前を呼んでもらえます!

ほかにもボディーガードやお掃除をしてくれる人もいるため、先生と生徒という関係より、友達というような関係で接することができます!先生との距離感がわからない人は初めに様々なスタッフと仲良くなるのも一つの手かもしれません!!

バロットにトライ

フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!