フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

【印刷可!】セブ島留学に必要なものは?持ち物リストまとめ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
織田 智香
世界一周をするために退職した元助産師。世界一周中に必要な語学力を身につけるために8週間フィリピン・セブ島で留学をしてきました。留学中のことやセブ島についてなどリアルな留学生活についてお伝えしていきたいと思います。

フィリピン留学でも大人気のセブ島!!留学で必要な持ち物ってなんなんでしょう?

 

今回は、セブ島に留学した私が実際に感じた

  • 必須アイテム(日本から持っていくべき必需品)
  • 日本から持って行くと便利なもの
  • 現地で安く手に入りやすいもの

 

など厳選して紹介させていただきます。

 

チェックリストのダウンロードはコチラ↓

【セブ島留学版】フィリピン留学持ち物リスト

【セブ島留学版】フィリピン留学持ち物リスト(女子用)

 

セブ島の気候・気温

フィリピンは島国なので、熱帯モンスーン気候に属しています。

 

平均気温は、27~30℃程度。1年を通じてほぼ夏の気候で過ごすことができます。

 

セブ島の全体の乾季は大体12月~5月で、雨季は6月~11月。雨季は、月の平均降水量が100mm以上になります。

 

しかし、雨が多いといっても、日本のように長時間にわたってジトジト降る雨ではありません。短時間にスコール(強い雨)が発生して、雨がやんだ後は気温が下がり外出もしやすくなります。

 

セブ島に持って行った衣類

私がセブ島に持っていった衣類は、以下のもの。

  • Tシャツ
  • ズボン、半ズボン
  • ワンピース
  • 下着
  • 水着
  • 靴下
  • カーディガン
  • 運動靴
  • サンダル

 

「日本の夏で過ごすための洋服」を持っていくことをオススメします。

 

学校で洗濯してもらうと色移りする場合があるので、高価な洋服や色移りが気になる服などは持っていかないほうが良いと思います。衣類は現地でも格安で購入することができます!

 

セブ島は暑く、海辺のアクティビティも多いのでサンダルはとても重宝します。サンダルは、現地に意外と可愛いものも売っており、かつ格安(200円程度から購入可能)なので、日本から1つ持っていって、プラスで現地で購入してみてもいいかもしれません。

 

また、フィリピンはモール内やレストランなどクーラーが効きすぎていることが多いので羽織ることができる薄手のカーディガンも重宝します!日焼け予防にもなりますよ。

 

セブ島の治安はどう?

 

セブ島は、フィリピン国内のなかでは比較的治安が良い方です!

 

しかし、残念なことに、セブ島全部で治安が良いというわけではなく、場所によって厳重に警戒する必要があります。

また、フィリピンは開発途上国であり、私達が日常生活を送っている日本の治安とは大きく異なります。命に関わるような事件は少ないものの、スリや置き引きなどの軽犯罪、タクシーなどの交通機関の運賃トラブルなどは頻繁に起きているのが現状です。

 

治安を考えての持ち物の工夫

 

比較的治安が良いセブ島ですが、スリや置き引きの軽犯罪の対策としては、以下のことをおすすめします。

 

  • 必要以上の金品類は持ち歩かない
  • 目立つ服装は避ける(服装や装飾品は高価なものを身につけない)
  • スマホは道端で出さない
  • 荷物は身体の前でキープ!特に貴重品はポケットに入れない!

 

私達が普段生活している日本は、治安がとても良いので、カフェで荷物を置いていてトイレに行っても盗難にあったりすることはほとんどありませんよね?

 

しかし、海外であるフィリピンでは日本の常識が通用しないことが当たり前です!自分が海外にいるという自覚をもって最低限の注意をして持ち物を管理する必要があります。

 

セブ島へ留学にいく際に、絶対必要な持ち物

  • パスポート
  • 航空券
  • 海外旅行保険
  • お金
  • クレジットカード
  • 電子機器(パソコン、携帯電話、充電器)
  • 日頃飲んでいる薬類

 

上に挙げたものは、留学する際に絶対に必要で、現地調達も難しいです。

むしろ、これがなくなったら致命的なものばかり。パスポートは有効期限の確認をお忘れなく!

また、留学中は体調を崩しやすいので、日頃飲んでいる薬も忘れず持っていくことをおすすめします。

 

 

セブ島留学でのお金の準備について

日本からどのくらい現金を持っていく?

 

私は、日本円で現金5万円程度持っていきました!

しかし、途中で足りなくなったので、クレジットキャッシングをして、現地通貨を引き出していました。

 

日本円をどのくらい事前両替しておく?

 

私は、事前両替はせずにセブ島へ行きました。フィリピンの空港に着いてから、空港の両替所で5000円程度両替しました。他の学生に話を聞くと、出国前に日本の空港で両替していたり、クレジットキャッシングで到着した空港で現地通貨を引き出したりとさまざまでした。

 

しかし、空港の両替所のレートはあまり良くないので、語学学校までのタクシー代や数日間の生活費など考えても5000円程度両替したら十分です!高額の両替はオススメしません!

 

日本円はどこで両替するといい?

 

レートのいい両替所に関しては語学学校のスタッフや以前から留学している語学学校の生徒に聞くことをオススメします!

 

大きなショッピングモールの両替所などはレートがいいという話を聞きます。

 

現地で買えるもの、現地で買った方がいいもの

 

セブ島留学で必要なものはほとんど現地で調達することが可能です!

 

  • 日用品(トイレットペーパー、ティッシュ、シャンプー・リンスなど)
  • 食料品
  • 衣類
  • 勉強道具(ノートなど)

挙げだしたらキリがありません。

語学学校がある地区には、大規模ショッピングモールやスーパー、セブン-イレブンなどのコンビニがあるので、必要なものはその都度、現地で調達することができました。

 

私がセブ島で実際に買った衣類や日用品

  • ワンピース
  • サンダル
  • Tシャツ
  • トイレットペーパー
  • ウエットティッシュ・ティッシュ
  • シャンプー・リンス
  • コンタクトレンズ洗浄液
  • 酔い止めの薬

 

上記のように、セブ島でいろいろ購入しました。

 

服やサンダルは、「コロン」という洋服や日用品が破格の値段で売っているマーケットやモールなどで購入していました。ワンピースは400円程度、サンダルは200円程度で購入できます。日用品も、語学学校近くの小規模のショッピングモールで購入していました。

 

アイランドホッピングやダイビングをしたので、船酔い予防で酔い止めの薬を薬局で購入しました。酔い止めなどは処方箋なしで購入することができますが、不安な場合は日本のものを持参してもいいと思います。

 

日本から持って行った方がいい食べ物 

 

  • インスタント味噌汁
  • ふりかけ
  • 日本のお菓子
  • 粉末のポカリスエット

 

留学が長くなればなるほど、日本食が恋しくなります。

 

ふりかけと味噌汁は必須!手軽に日本を感じるアイテム

 

セブ島には日本食レストランが複数ありますが、現地のレストランと比較すると割高です。そんなときに手っ取り早く日本食を楽しめるのはインスタント味噌汁とふりかけです。現地購入も可能ですが、日本より高いので持参することをオススメします!

 

日本のお菓子は正義!絶対持っていくべき

 

日本のお菓子は、先生やほかの留学生の友達にプレゼントするのもおすすめです!話しかけるきっかけにもなったし、みんな喜んでくれます。おかしはどこの国でも話のきっかけになり正義です笑。

 

粉末のポカリスエットがいい!

 

そして、特にオススメしたいのが粉末のポカリスエット

フィリピンは、衛生環境も日本ほどよいとは言えないので、体調も崩しやすいです。そんなとき、ポカリスエットの粉末があれば簡単に水分+電解質補給になります。

粉末なら、それほど荷物にもならないので、ぜひ持参してみてください!体調を崩している友達への差し入れにもぴったりです!

 

女性必見!日本から持っていくと便利な持ち物

正直、セブ島では留学中に必要なものはほとんど購入することができます!

セブ島には日本人も多く生活しており、日本の製品(日本食から、日用品、薬、本など)を売っているスーパーもあります。しかし、日本で購入するよりも少し高い印象があります。

 

そのなかで、私が持っていってよかったと思うものは

  • 日焼け止め
  • 基礎化粧品
  • 生理用品

の3点になります。言い換えると、男性の方はほとんどが現地調達可能ということです!

 

日焼け止め

 

セブ島は常夏なので、紫外線の量も尋常ではなく、すぐに日焼けをしてしまいます。

 

ある夏の日の東京とセブの日焼け指数は

東京:2 セブ:9

日焼け対策が超必須です!!

 

日焼け止めに関しては日本製品が日本人の肌にも合いますし、ハイクオリティなので持っていくことを強くおすすめします!

 

セブ島の大きなモールではたまに日本製品の日焼け止めを目にすることがありましたが、日本で購入するより割高でした。もちろん、フィリピンや他の外国製の日焼け止めはセブ島で現地調達も可能です。

 

基礎化粧品

 

日本で使い慣れている基礎化粧品を持っていきましょう!セブ島のモールに資生堂やSK-2など日本人に馴染みがある製品は売ってありますが、割高です。

 

留学中に他の製品を使ってお肌のトラブルが起きてしまっては大変ですので、お使いの物を持っていくのがベストだと思います。

 

セブ島で売っている基礎化粧品の多くが、外資系の物で日本人の肌には強そうな印象を受けました。

 

生理用品

 

生理用品は、日本から持参するのをおすすめします!

現地の物より、日本の生理用品の方が断然質がいいです!

 

フィリピン留学中、洗濯はどうしてた?

 

洗濯は、語学学校でランドリーサービスが無料だったので、それを利用していました。

しかし、下着などは自分で手洗いしてドミトリー内に干していました。女性専用の部屋だったので、特に気にせず、みんな部屋に干していました。

フィリピンは、ダウニーなどの香りの強い洗剤が豊富に揃っているので、自分で好きな香りの洗剤を買って手洗いするのも楽しいですよ。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

セブ島は日本人在住者も多く、日本製品を専門に取り扱っているマーケットもあるので、日本にいるうちに絶対用意しておくものは少ないと思います。

 

しかし、日本製品の安心感・クオリティの高さは間違いなくフィリピン以上。

 

自分が日常使用していて必要だと思うものは持参することを強くオススメします!

 

セブ島は、勉強にだけでなくアクティビティも充実しており、実りが多く楽しい留学ができる場所。今回の記事が少しでもお役に立てたら幸いです!

 

ぜひセブライフを楽しんでください♪

 

フィリピン留学の持ち物リスト(男女共通)については、コチラの記事がおすすめ!↓↓↓

【印刷可】フィリピン留学持ち物リスト完全版

 

こちらの記事もよく読まれています!

この記事を書いている人 - WRITER -
織田 智香
世界一周をするために退職した元助産師。世界一周中に必要な語学力を身につけるために8週間フィリピン・セブ島で留学をしてきました。留学中のことやセブ島についてなどリアルな留学生活についてお伝えしていきたいと思います。