フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

フィリピンで人気の留学先セブ島!メリット・デメリットを留学経験者が大公開

 
この記事を書いている人 - WRITER -
織田 智香
世界一周をするために退職した元助産師。世界一周中に必要な語学力を身につけるために8週間フィリピン・セブ島で留学をしてきました。留学中のことやセブ島についてなどリアルな留学生活についてお伝えしていきたいと思います。

フィリピンには毎年多くの日本人が語学を学ぶために留学をしています。そのなかでも特に大人気なのエリアが「セブ島」です!実際、私もフィリピン・セブ島に2ヶ月留学をしてその魅力の虜になりました。

 

  • セブ島留学ってどんな感じなの?
  • フィリピンでどこの地域に留学しようか迷っている。
  • 留学エリアによって違いがあるか知りたい。
  • セブ島の治安って大丈夫?
  • どんな種類の学校があるの?

 

など、フィリピン・セブ島での留学について知りたい方にオススメの記事です。

今回は「フィリピン国内でセブ島とその他の留学エリアとで比較したときのメリット・デメリット」や「セブ島でおすすめの語学学校」についてまとめてみました。

1.フィリピン・セブ島留学のメリット4つ

 

「低価格でマンツーマンレッスン中心の留学ができる」「日本からも飛行機で5時間と近い」「ビザの手続も簡単」とさまざまなメリットがあり、日本人の留学先として大人気のフィリピン。

 

そんな「フィリピンの語学学校」は有名な「セブ島」だけでなく

  • バギオ
  • クラーク
  • スービック
  • タガイタイ
  • ダバオ
  • バコロド

など実は留学ができるエリアがたくさんあります!

 

しかし、そんなたくさんのエリアの中で留学先としてダントツの人気があるのが「セブ島」です。

 

まずは、そんな「セブ島」がなぜこんなに人気があるのかフィリピン国内の他のエリアと比較したうえでのメリットを紹介していきます。

 

セブ島留学のメリット1:学校数が多く、自分のニーズに合う学校がみつかる

フィリピン国内には認可・無認可を含めると100校近くの語学学校があり、「セブ島」にはその過半数の語学学校があるといわれています。

 

  • 平日外出禁止や自国語禁止などのスパルタ系の学校
  • 留学生の自主性を尊重するスパルタ環境でない学校
  • 少人数でアットホームな学校
  • 大規模で施設(ジムやマッサージ、カフェなど)の充実した学校
  • 日本人100%の学校
  • 韓国人比率が高い学校
  • 多国籍な学校
  • ホテルやコンドミニアムを借りている学校
  • TOEIC・IELTS等の資格対策中心の学校
  • 海外就職やワーキングホリデー前、世界一周前のカリキュラムがある学校
  • リゾート地に近い学校

など、それぞれの学校で特色があります。

 

特に、セブ島の語学学校は激戦区。自分の学校に少しでも留学生が来るように、それぞれの語学学校のクオリティが高く、カリキュラムも豊富であることがいえます。

 

語学学校が多いということは、選択肢も多様にあるので自分にニーズに合った学校と出会う確率が高くなります!せっかく、安くはない留学費用を支払って留学するので自分の目標が達成できる語学学校に通いたいですよね。

セブ島留学のメリット2:年中常夏で過ごしやすい気候

セブ島は皆さんのイメージにもあるように年中常夏の南国で、熱帯モンスーン気候に属しています。

 

平均気温は、27~30℃程度と1年を通じてほぼ夏の気候。半袖で過ごすことができます!

 

セブ島には雨季と乾季があり、乾季はおよそ12月~5月で真夏のような天気が続きます。

 

一方、雨季は6月~11月。月の平均降水量が100mm以上になります。しかし、日本の梅雨のように長時間にわたってジトジト降る雨ではなく、短時間にスコール(強い雨)が降り、雨がやんだ後は気温が下がりカラッとした晴れ間がみられます。

 

また、語学学校や留学生が外出するショッピングモールやレストランには冷房が完備されているので、屋内でも快適に過ごすことができます。同じフィリピンであってもバギオなどの寒暖差の大きい地域や台風が直撃することが多い地域などもあるので、セブ島はとても過ごしやすい気候であると思います。

 

セブ島留学のメリット3:休日にはアクティビティを楽しむことができる

セブ島は、世界屈指のリゾートアイランドとしても有名です。

 

きれいな海で「ダイビング」を楽しんだり、複数の島をボートでめぐり海水浴やランチを楽しむ「アイランドホッピング」ができます。また、セブ市内から来るまで4時間ほどでジンベイザメと泳げる「オスロブ」に行けたり、ビーチリゾートを日帰りで楽しめる「デイユース」など大満足できるアクティビティが豊富にあります。

 

平日は思いっきり英語学習に集中して、週末はアクティビティを楽しむという適度な息抜きをしながら充実した留学期間を過ごすことができるのもセブ島留学の魅力の1つです。

セブ島留学のメリット4:LCCで日本からの直行便があるので移動費の節約もできる

 

フィリピンの語学学校がある主要のエリアには、日本からマニラへ移動しその後国内線を使って行かなければならないことが多いです。そのため、フィリピン入国後国内線に乗り換えが必要な場合もあり、移動に対して不安を感じる人もいらっしゃるかもしれません。

 

マニラからは飛行機を使わない地域もあります(クラーク、スービック、タガイタイ、バギオ)。基本的にマニラ空港に到着したら語学学校からお迎えが来てくれます。車での移動時間は近い所で2時間、遠い所で6時間ほどです。

 

しかし、セブ島には日本から直行便があるだけでなく格安航空である「セブパシフィック」が就航しています。

 

現在、直行便は「東京」「名古屋」「大阪」からフィリピン航空が就航しており、格安航空であるセブパシフィックは「成田」から飛んでいます。

 

セブパシフィックはたまにプロモをやっている時があり、タイミングがあえば往復合わせて1万円以下で行くことができちゃうんです!プロモではなくてもチケットを早めに購入できるのであれば、直行便の往復を3万円~5万円以内で収める事も十分可能です。

 

2.フィリピン・セブ島留学のデメリット3つ

 

ここまではセブ島留学のメリットを述べていきましたが、ここからはデメリットを紹介していきます!メリット・デメリットを知った上で、自分にあった留学先を決める参考にしてみてくださいね。

 

セブ島留学のデメリット1:誘惑が多く英語学習に集中しにくいことがある

 

先述したように、世界的にも有名なリゾート地であるセブ島。そのため、セブ島内には数多くの娯楽があります。

 

バーやクラブなどのナイトライフも充実していますし、休日には海辺のアクティビティやリゾートホテルのショートステイを楽しむことができたりと勉強以外にたくさんの誘惑があります。

 

セブ島に留学した人の中には「語学学習よりも遊びメイン」になってしまって思ったような効果が得られなかったという話も耳にします。

 

充実した留学にするためにも、「平日は勉強して、休日は遊びつつ勉強もするというメリハリのある生活」をすることをオススメします。時には遊びの誘いに断る勇気も必要です!

セブ島留学のデメリット②:講師の質が劣ることがある

 

セブ島には多くの語学学校があり、現在もその数は増え続けています。

 

そのため、講師不足という問題を抱えています。

 

語学学校の中には講師を確保するために、講師の採用基準を落として採用していたり、正社員ではなく期間限定のバイトとして人数を確保しているところもあるのが現状です。

 

一方、セブ島以外のエリアの語学学校は10校以下と少ないので、採用基準を下げずに講師を採用しているので地方と比較するとセブ島の講師の質が劣る場合があります。

 

学校を選ぶ際に、厳格な採用基準を設けられていたり、国際英語教授資格(TESOL)を持っている講師が多い学校、講師トレーニングに力を入れている学校など「講師の質が高いのか」確認することが大切です。

セブ島留学のデメリット3:治安がよくないエリアがある

 

セブ島は、首都のマニラより治安がいいものの他の留学エリアより不安があるのは事実です!

 

命に関わるような事件は少ないものの、スリや置き引きなどの軽犯罪、タクシーなどの交通機関の運賃トラブルなどは頻繁に起きているのが現状です。

 

  • 危険なエリアに立ち入らない!特に夜間!
  • 可能な限り複数人で行動する(夜は1人で出歩かない)
  • 必要以上の金品類は持ち歩かない
  • 目立つ服装は避ける(服装や装飾品は高価なものを身につけない)
  • スマホは道端で出さない
  • 荷物は身体の前でキープ!特に貴重品はポケットに入れない!

といった防犯対策を常に行っておくことが必要です。

 

そして、セブ市内の「マンゴーストリート」「コロンストリート」と呼ばれる繁華街では、日中は観光客や地元の人も多く観光スポットでもありますが、夜間になると「ストリートチルドレン、売春婦、ドラッグ密売人、ドラッグ中毒者、強盗」などが数多く出没し犯罪に巻き込まれるリスクが格段に上がるので注意が必要です!財布やiPhoneを狙ったスリの被害が多いことでも有名です。

 

3.セブ島でおすすめの語学学校

CPI

セブ島のCPI

セブシティ側にある学校の中でも、施設やカリキュラムにしっかりとこだわる語学学校です。

平日は外出禁止ですが、放課後はまじめに勉強したい人向けに「無料のマンツーマンクラス合計3時間受け放題」があったり、アクティビティで汗を流したい人向けに「英語でのクラブ活動」なども充実しています。

勉強も大事だけど施設面や生活面もしっかりとしたい人にはとてもいい学校ですよ。

セブブルーオーシャンアカデミー

セブブルーオーシャンアカデミー

リゾート派を満喫しながらセブ島で留学したい人にお勧めできるのが「セブブルーオーシャン」です。

目の前にセブの広大なオーシャンを毎日眺めながら留学できる学校はそうそう多くありません。というのも、セブの殆どの語学学校は海なんて全く見えないシティのど真ん中に位置してるからです。

その点、この学校は5つ星ホテルも立ち並ぶリゾート側にあるので、雰囲気が全く違いますよ。

4.まとめ

 

いかがでしたか?

 

今回はフィリピン・セブ島留学についてフィリピン国内の他の留学エリアと比較したうえでのメリット・デメリットについて紹介させていただきました。

 

フィリピン留学を考える上で、「セブ島」は選択肢のなかに必ずと言っていいほどあがる場所でもあると思います。留学先を決める場合は、他のエリアの記事と比較しながら自分にあったエリアと語学学校を決めてくださいね。

 

この記事がフィリピン留学を考えている方の参考に慣れば幸いです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
織田 智香
世界一周をするために退職した元助産師。世界一周中に必要な語学力を身につけるために8週間フィリピン・セブ島で留学をしてきました。留学中のことやセブ島についてなどリアルな留学生活についてお伝えしていきたいと思います。