フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

新型コロナウイルスを対策しているフィリピン・セブ島留学の語学学校まとめ

 
新型コロナウイルスを対策しているフィリピン・セブ島の語学学校まとめ
ご相談・お見積りはこちらから
★フィリピン留学Hubなら仲介手数料0円&最低価格保証★
仲介手数料は頂きません!

学校に直接申込みと同じ金額なのに出発~帰国まで安心のサポートが受けられます。

最低価格保証を実現!

業界の最低価格を保証。どこよりも安く安心してお申込みが可能です

 
ご相談・お見積りはこちらから
★フィリピン留学Hubなら仲介手数料0円&最低価格保証★
仲介手数料は頂きません!
最低価格保証を実現!

学校に直接申込みと同じ金額なのに出発~帰国まで安心のサポートが受けられます。

業界の最低価格を保証。どこよりも安く安心してお申込みが可能です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
シンさん(田中慎一)
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら

これからフィリピン・セブ島留学に行く方は、「新型コロナウイルス」のこと、ちょっと気になってるんじゃないでしょうか?

基本的には、日本にいてもフィリピンにいても同様の予防策をしてもらえば、感染率はかなり下げられるということが分かっています。それは、こちらの記事でもまとめているので見てみて下さい。

▼フィリピン・セブ島1億人が新型コロナウイルスのターゲットに!渡航の可否と対策方法まとめ▼

これからフィリピン渡航を控えている方は、2020/2/11現在でフィリピン政府は台湾からの渡航も禁止する措置を出したので、フライトは直行便、もしくは台湾を含む中国方面以外の経由で取られてください。フィリピン渡航時のフライト取得の注意点もまとめています。

▼ 【衝撃】フィリピン政府が台湾からの「入国禁止」措置を発動!▼

後は、受け入れ先の語学学校がどの程度真摯にこのことを受け止めて対策をしているのか、既に対策方針を打ち出した学校をこちらで紹介します。

CPILS(セブ島)

CPILS

現在流行中の新型コロナウイルスの対策として下記の対策を実施致します。

1.中国から留学予定の生徒へ留学開始日の変更または留学自体のキャンセルを促す 
2.中国に在住中であれば留学日の変更は無料  
3. 2月1日以降の中国人留学生(申込済を含む)をキャンセル扱い、または渡航時期の無期限延長
4. 校内にてアルコール消毒の設置、マスク、アルコール消毒の販売、手洗いうがいの喚起
5.校内アルコール消毒
6.常勤ナースによる医療機関からの最新の情報収集
 
3/2追記

現在学校ではコロナウイルスの対策として下記を実施しております。
・引き続き中国、韓国(大邱)からの新規登録を禁止
・新規入学者全員に対して校門前にてセキュリティが体温検査を実施

熱がある生徒に対しては即病院へご案内(当校のナースが同行)
・共有エリアにアルコール消毒の配置
・毎日校内換気を実施、共有エリアのアルコール消毒清掃
・売店にてマスク、携帯型アルコール消毒の販売

コロナウイルスによるキャンセルについて
・コロナウイルスを懸念し本人の判断にてキャンセルの場合

通常のキャンセル規定通りのキャンセル料とします。
・今後フィリピン政府の発表により日本人の入国禁止が発表された場合

渡航前の場合、留学費用を全額返金とします。
・今後フィリピン国内および校内での感染が広がり、一時閉校の場合

残り留学期間分の返金(週単位)

 
3/8追記

新型コロナウイルスの拡散により、以下の項目を徹底していきます所存です。

【検疫14日間の校内での対処】

1.【マスクの着用義務】
新入生は校内、外出の際に2週間マスクの着用を義務付けます。
  マスク着用義務(日本人・韓国人)
  台湾人、ベトナム人は任意

2.【 ルームメイト 】
  同じ国籍同士のお部屋を割り当てる。(台湾人・ベトナム人を除く)
  2週間後にルーム変更等ご希望あれば変更可能
  ※最初の2週間はご登録して頂いたお部屋にご滞在できない場合がございます。

3. 【プールの利用規定】
プールの使用を2週間控える。
  プールは随時ウイルスを閉じ込めることのできる塩素95%で消毒をしています。

4. 【 グループクラス 】
  できる限り、新入生同士(同じ国籍)でのグループ受講を義務付ける。
  2週間後にクラスの移動は可能です。

【検疫14日間のピックアップ時での対処】

1. 【空港到着後】
新入生が空港に到着後、ピックアップ担当マネージャーより体調の確認をさせて頂きます。
発熱やひどい咳の症状をお持ちの場合は即刻病院へ診察にかかり、その後は病院からの指示に従います。

2. 【空港到着後】
軽度の咳のみの症状をお持ちの場合は幣校へご到着後、1人部屋へと隔離する一時処置。
翌日に病院へ念の為、診察にかかり病院の指示に従います。

3. 【空港到着後】
空港にてピックアップマネージャーより体温を測定後、体温が37度~37.5度の場合は幣校に到着後も念の為、合計2回体温を測定させて頂きます。
翌日も1日に4回体温を測定させて頂き、37度以下であれば通常通りのスケジュールにて参加が可能となります。
しかし、体温が37.5度以上の場合は同じく即刻病院へと診察にかかる。

4. 【空港到着後】
空港にてピックアップマネージャーより体温を測定後、体温が38度以上の場合は即刻病院へと診察にかかり、病院の指示に従います。

English Fella(セブ島)

English Fella

1.全生徒様に1日1回の検温と外出先から帰寮時の検温を実施。更に全従業員も学校に入る前に必ず検温を行っています。
2.生徒様に手洗い、衛生管理についてアナウンスしていましたが、アルコールの設置場所も増設致しました。
3.学食では、以前から使用しており医療の現場でも使用されている高圧食器乾燥機に加え、週3回の全食器煮沸消毒ならびに食堂内全体の消毒をしています
4.2回の寮部屋掃除の際にも各お部屋内を消毒。又、講義棟内も週末に消毒しています。

急遽校外アクティビティを当面中止することに致しました。急な決定でこちらを楽しみのひとつとされてお越しになられるお客様には大変申し訳ございませんが、コロナウィルス対策のひとつとして学校側が万全を期したいということから、ご理解願います。

3/5追記

マスク大量入荷+:
過日9,000枚のマスクを入手しましたが、更に増加入手できた分と合わせ合計30,000枚を入手できました。生徒様・講師・スタッフはもとより、毎週入学される生徒様と毎週帰国される生徒の皆様にも1枚ずつ配布を既に開始しています。
更に校内各所の消毒液設置増、講義棟内に設置しているモニターで
注意事項(手洗い・うがいの奨励等)を上映させて頂いております。

入国制限がかかった場合のキャンセル:
”日本人が万一渡航制限にかかってフィリピンに入国できない場合”ご入金済の場合は全額返金、ご入金前であればキャンセル料金無料.。
出発当日に入国制限がかかった場合でも適用。尚、全額返金となる場合、 振込手数料は差し引いて返金”とさせて頂きます。
※但し、大邱等に滞在歴があってのフィリピン入国拒否という場合は通常のキャンセル料金規定の適用となります。

NILS(セブ島)

NILS

  1. 中国本土及び香港マカオからの入国するすべ他の方の入国を制限しております。現在上記地域からの入学予定者はおりません。
  2. 校内にてアルコール消毒の設置、マスク、アルコール消毒の販売、手洗いうがいの喚起
  3. 校内アルコール消毒
  4. 常勤ナースによる医療機関からの最新の情報収集
  5. 学生及び先生、ゼンスタッフの体調チェックやマスク装着を促す。
  6. 日本をはじめとするアジア人への差別について
    フィリピンも東南アジアですし、その様なことは起きておりませんのでご安心ください。

QQ English(セブ島)

QQ English

1.マスクを1万枚準備
2.消毒の徹底
3.中国人生徒を受け入れない
4.外泊申請の受け入れ中止
5.平日・休日の門限時間の変更
シーフロント校のみ、これまで22:00が門限でしたが、今後21:00となります。

SMEAG(セブ島)

SMEAGキャピタルキャンパス

1.中国より入国する学生入学制限する(武漢、その他の地域):不明確な状況のための在学中の学生の不安を軽減させるための措置
また上記の25人の団体の学生の場合、潜在的な不安要素を取り除き者今週中に帰国される予定。
2.学生および先生、全スタッフの体温チェックやマスク無料配布
各キャンパスの看護師とセキュリティスタッフが赤外線温度計を使用し、学生の方々の体の状態をチェックして、38度以上の学生は継続的に監視し、適切な措置(予防)
3.セニタイザー(消毒剤)をキャンパスの主要な地域に常時配置。キャンパスごとに7カ所以上の地域が指定配置。
4.ランチ、ディナータイムに追加洗浄および消毒作業徹底進行Bio Air Sanitizerを利用した空気浄化や寮、クラスルーム、ノッカー清掃を追加で実施中。
5.カラマンシー ジュースの提供(ビタミン)
基本的な学生の方々の免疫強化のため、一般レモンの30倍以上のビタミンを含有するカラマンシージュースを各キャンパスの食堂で食事の時間に提供する。
6.診断書の提出

(1) 2020年2月5日の時点で、すべての新規登録学生は到着時にSMEAGに診断書を提出する必要があります。(血液、尿、便検査は到着日より6ヶ月以内の診断書とする。)
(2)上記の日付より前に登録した既存および学生は、診断書をSMEAGに提出することを強くお勧めします。
(3)診断書には血液検査の結果が含まれていなければなりません。そうでない場合、無効と見なされます。
(4)入学日および新入生のオリエンテーション中に、学生は診断書の原本またはコピーをSMEAGマネージャーに渡す必要があります。

*健康診断に含まれる内容
基本的な健康診断(血液検査を含む):各病院や検査機関が発行する基本的な健康診断とする。
血液検査一般血球5種類(白血球数・赤血球数・ヘモグロビン・ヘマトクリット・血小板数)
肝機能検査(GOT・GPT・γーGTP)
血中脂質(LDL-コレステロール・HDL-コレステロール・中性脂肪)

*検診書は日本語でも問題ございません。
*健康診断の有効期間:発行日から6か月以内
*フィリピン経由で他の国に行く学生の場合、学生がすでにワーキングホリデービザと他国の学生ビザを持っている場合、健康診断書ありとみなす。
*事前登録ページより添付できない場合、初日のオリエンテーション中に健康診断書を提出してください

OMGE(セブ島)

OMGE

1.消毒液の設置
2.マスクの配布
3中国人留学生の受入れ停止(既に申し込みのあった団体2グループをキャンセル)

CIJアカデミー(セブ島)

CIJ

1.3/31まで一時的に中国からの姓と様の受け入れ停止。
2.留学中の中国人生徒様の早期帰国措置。
3.毎日キャンパス施設の予防と消毒
4.すべての生徒様、スタッフ、講師、訪問者への無料マスク提供と消毒。
5.キャンパス内のあらゆる場所にて消毒液の設置。
6.すべての生徒様、スタッフ、講師は混雑した場所に行かないよう喚起。
7.風邪、熱、咳、気分が悪いなどの症状がある場合は必ず病院へ行くように案内。

CGアカデミー(セブ島)

CGアカデミー

現在、セブ現地では、非接触型体温計を用いて持続的に学生様の健康状態をチェックしており、在学生の方におかれましても新型コロナウイルスに似た症状が見受けられた場合には、即時オフィススタッフへ報告する旨注意喚起をさせていただいているほか、マスク配布やアルコール消毒剤の配置箇所を増設する等、発症者がいない現状を維持する為に、様々な防止対策に努めております。
そして、CGアカデミーでは、この懸念を抑止する為に、新型コロナウイルスの問題が収まる日まで、一時的に中国人学生様の入学を制限させていただくこととなりました。これにつきましては今週より施行致します。

申込時期・留学期間・部屋タイプ不問で2020年3月1日発までの方を対象に解約連絡タイミング不問で出発前のキャンセル料金は無料。
※出発日変更(明確に出発日を決められる方のみ) に関しても無料
※既に弊社へご入金済の場合、振込手数料のみマイナスし全額ご返金
万一フィリピン政府が日本人含め日本からの航空便利用者も国として受入一時停止という措置がくだされた際は、出発時期不問でキャンセル料金は無料。

上記のとおり3月1日発までの方は解約タイミング不問でキャンセル料金不要なため、焦って解約を決断頂く必要もないということとなりますが、さすがに現地受入側及び当社側の事務手続きから、キャンセルの際は遅くともご出発の3日前までに極力ご連絡願います。

Stargate(セブ島)

スターゲート

1.学校オフィスでマスクを販売(1枚5ペソ=約10円)→ より高機能なマスクを希望される場合は日本からご持参いただくようにご案内をお願いします。
2.食堂、ラウンジ、教室フロアでアルコール消毒液を無料設置
3.肉、卵類の入念な加熱調理
4.サラダ&果物専用冷蔵庫による冷やした状態での冷菜提供(黴菌の繁殖を防ぐ)
5.箸、スプーン等の熱湯消毒
6.日刊まにら新聞を学校ラウンジに設置。比国内の災害等の最新情報を日本語で確認できる

3/2追記

【1.新コロナウィルス対応の為の一時的な返金規則等】

「1-1.渡航延期する場合」

①出発当日でも体調不良や、飛行機等の問題で延期する場合、御連絡いただければ無料で対応いたします。

②体調不良と飛行機等の問題以外での渡航延期は遅くとも出発直前の水曜日迄にお知らせください。

③1週間単位で後ろにずらす延期の場合は終了日も1週間後ろにずれて、お申込時そのままの期間で受講できます。

④数日だけ後ろにずらす場合には、当初の月曜入学と同じ扱いになります。

⑤渡航延期して航空券を買いなおしたり、変更手数料を支払った証明ができる方は、留学開始前日まで、当校オリジナルの日本人講師によるグラマー動画授業(初心者向け)をオンライン上で無料で最初の20動画分(1動画20分前後)を見られるように手配可能です。※1※2

※1.希望者のみ。3月2日以降に延期決定された方のみ適用

※2.手配に2-3営業日程の時間がかかります。

「1-2.渡航前のキャンセル」

①留学開始1週間前迄のキャンセルは入学金以外は全額返金します。 ※1

②上記以降から渡航日迄(入寮する迄)のキャンセルは入学金+1週間分の授業料&寮費を差し引き返金します。

※1.留学開始前の月曜日13時(日本時間)迄に受付されたものが対象

「1-3.留学開始後のキャンセル」

① 通常のキャンセル規定に従います。

【2.今後、日本からのフィリピン入国が完全にできなくなった場合】

もしも、今後、日本からのフィリピン入国が完全にできなくなった場合の返金規則は以下の通りです。

「2-1.渡航前の方」

①入学金も含めて全額返金いたします。

②延期される場合、無料で対応いたします。

「2-2.留学中の方」

① 通常の返金規則になります。

留学中の方は帰国便が一部欠航になる事も想定されますが、経由便含めて別の帰国便を探してもらうように学校で案内します。

また、航空券が見つからないなどのやむを得ない事情がある場合、直近の日付で帰国されるまで、空き部屋がある限り無料延泊を受け付けます。(元々のお部屋と変わる可能性有)

【3.政府や役所指示で一時的に閉校する場合】

万が一、フィリピン国内および校内で感染が広がり、政府や役所の指示で一時的に閉校する場合には、残り留学期間分を週単位で返金いたします。

Stargateがテナントとして入居している建物(Tancor5コンドミニアム)の建物入口で、急遽3月2日(月)から、出入りする全員の体温チェックが行われることになりました。

この検査は、我々、学校管理者ではなく、建物の管理会社が、全テナント&住人の安全の為に行う検査で、コロナウィルス問題が収束するまで実施される見込みです。

Stargateの生徒には以下のような制限がかかりますので、予めご了承ください。

『① 新入生の最初の入寮時(実質3月7日以降に入学される方が対象)』

最初の入寮時の建物入口の体温チェックで、37.7度以上だった場合、建物に入れて貰えません。

(入国時に高熱が出ている場合、フィリピンの空港検疫時点で止められる可能性もあります。)

建物に入れて貰えない場合は、そのまま学校職員が同行して病院に向かい、医師判断や状況次第で、役所や建物管理会社の判断で自宅療養することに問題ないことが確認できた場合に入寮可能になります。

病院にかかる費用や、入院費等は生徒負担となります。

これらを踏まえ、渡航前に既に体調を崩している場合は渡航延期もご検討ください。

渡航延期する場合、直前でも無料で対応いたしますが、航空券の変更費用等はお客様負担となります。

詳しくは、別途メールする「新コロナウィルス対応の一時的な返金規則」をご確認ください。

『② フィリピン入国してから14日以内の生徒』

外出して戻ってきた際に、建物入口の体温チェックで37.7度以上だった場合、建物に入れて貰えません。

学校職員を呼び出してもらい、職員が同行して病院に向かい、医師判断や状況次第で、役所や建物管理会社の判断で自宅療養することに問題ないことが確認できた場合に入寮が可能になります。

病院にかかる費用や、入院費等は生徒負担となります。

尚、学校建物に住んでいる職員も複数いるので出来る限り職員同行で対応いたしますが、営業時間外や休日等は偶々、職員不在で同行できず、ご自身だけで対応いただく可能性もございますのでご了承ください。

その為、体調が優れない場合には外出を控えるようにしてください。

病院に行きたいときは、まずは学校職員に相談してください。状況をみて通院または往診のご案内をいたします。

尚、熱や咳などの症状が出ている場合、授業に出席できませんのでご了承ください。

念のため、入国から14日が経過するまでは、体調が良くても出来るだけ遠出は避けたほうが無難です。

『③フィリピン入国してから14日が経過した生徒』

外出して戻ってきた際に、建物入口の体温チェックで37.7度以上だった場合も、建物に入れて貰えますが、経過や状況をみて通院をお勧めします。

14日以内の生徒と同じく、体調が悪いときは外出を控えてください。

熱や咳などの症状が出ている場合、授業に出席できませんのでご了承ください。

※学校3階の職員室前に体温計が置かれているので、お出かけ前に体温チェックができます。

※3月2日以降は、建物に住んでいる職員以外の講師やスタッフも、37.7度以上の熱が出ていた場合は建物に入れません。

生徒を含めて全住人の健康と安全の為の建物全体の規則になりますので、大変恐縮ですがご了承いただけたらと思います。

Target(セブ島)

ターゲット

1.校内各所に消毒液(ハンドサニタイザー)の設置
2.マスクの無料配布
3.全学生及び講師に対する定期的な検温
4.日中はナースが常駐
5.多くの人が手に触れる箇所の定期的な消毒
6.中国人学生の受け入れを制限

ジーニアス(セブ島)

ジーニアス

1.申し込み済みを含め、中国から渡航される生徒さんの受け入れ停止。
・無期限で中国から渡航される生徒さんの受け入れは停止しております。
2.講師用に学校でマスクを配布。
3.学校に消毒液を設置。特に食事前に使用してもらい経口感染を防ぐ目的。
4.手洗いうがいの励行
5.不要不急での混雑する場所への外出を控えるよう呼びかけ
6.体調不良時・発熱時はすぐにスタッフに相談するように伝え、迅速に問診・通院等の体制を確立。

3/5追記

今後、「空港でスタッフと合流時」 または 「直接お越しになる方は学校到着時」 に
検温を行います。

通常医療機関で、平熱とはされない「37.5度」以上ある場合は
学校側はお受け入れをせず、そのまま病院にお連れします。
体調が回復するまでは、学校への入学は禁止とさせていただきます。
そのため、問題ないとは思いますが
・再度、渡航前に海外旅行保険に加入しているかどうかの確認をお願いいたします。
かかる医療費は学校では負担いたしません。
・また、37.5度以上あっても病院へ行くことを拒否はできますが、少なくとも2週間は学校への入学・滞在を禁止します。(代わりの滞在先などはご自身で手配)

上記対応により、入学できなかった期間分の費用は
日数で均等割にて返金させていただきます。(返金にかかる送金手数料は除く)

CELLA(セブ島)

CELLA

1.事態が終息するまで中国人の受入を規制することと致しました。
2.実施済の対策はマスク無料配布、消毒液設置、予防方法の共有です。

CPI(セブ島)

CPI

1. 実施期間
1.1 状況が緩和するまで

2. 留学開始日の調整
2.1 中国から留学予定の生徒へ留学開始日の変更または留学自体のキャンセルを促す
2.2 中国に在住中であれば留学日の変更は無料

3.CPIでの内部対策
3.1 御手洗とダイニングエリア(食堂)での手指消毒剤の使用
3.2 卒業生にマスクの無料提供
3.3 2月・3月に開始する生徒様への呼び掛け
3.4 マスクの着用、また余分にマスクをご持参ください
3.5 外部のものに触れた後など、手を消毒するようにしてください
3.6 渡航前に咳や発熱の症状がある場合は生徒様の留学を延期させて頂く場合もございます。

First English Global College(セブ島)

1, 中国・武漢から入国する生徒様の制限。
2, 生徒様、ティーチャーを含むスタッフへのマスクの無料配布。
3, 学校内のカフェテリア、ラウンジ、クラスルーム、キッズクラスルーム、ナーサリールーム、オフィスへのアルコール消毒液の設置。
4, 手洗い、うがい、マスク、消毒液の使用奨励のポスター貼り付け。
5, 人混みの多い場所への外出を控えることを注意喚起。
6, 体調がよくない時、発熱がある時はすぐに申し出ることを促進。
7, 日本人がフィリピンに入国禁止となった場合は全額返金。

2/28追記

1,フィリピン国内で感染者が増加した場合
国内で感染者が爆発的に増加した場合、一旦、授業は停止を行って部屋に待機をするように致します。また、状況に
応じて早期帰国も視野に入れて判断をしていきます。
帰国となった場合、残りの日数の授業料と滞在費は返金と致します。

2,学校内で感染者が発生しサービス提供が困難になった場合
感染者が発生した時点で授業を停止し学校内の消毒、生徒様へは即刻の帰国を促進していきます。
この場合も同様に残りの日数の授業料と滞在費は返金と致します。
又、体調がよくない、発熱がある、といった生徒様につきましては、病院と連携をとりながら迅速に対応を進めてま
いります。

3,日本政府及びフィリピン政府が、日本人のフィリピンへの入国を禁止した場合
→渡航前でしたら全額返金とさせて頂きます。渡航後の場合の対応は上記 1 番 2 番をご参照下さい。

4,感染を危惧し、自主的にキャンセルする場合
→以下の『業務委託に関する覚書』第 10 条に記載が御座います 取消料 が適用となります。
自主的にキャンセルされた場合において、キャンセルのご連絡をいただいた後にフィリピン政府より日本人渡航の
禁止が出た場合は恐れ入りますが自主的キャンセルと同じ扱いとなります。
第10条(取消料)
1入学金はいかなる場合でも返金しないものとする。
2出発日の 21 日前までにキャンセルした場合は、入学金以外 100%返金。
返金時の海外送金手数料は、乙負担とする。
3出発日の 20 日前~8 日前までのキャンセルの場合、入学金と 2 週間分の授業料と寮費以外を返金とする。
4出発日の 7 日前~前日までにキャンセルの場合、入学金と 4 週間分の授業料と寮費以外を返金致とする。
5出発日以降のキャンセルは、原則として認めません。
但し、本人の病状または直径家族の病気等でキャンセルがやむを得ない場合、最少期間に関係なく残余授業及び寮費
の 50%の返金とする。

3D Academy(セブ島)

フィリピンセブ島留学3DACACEMY

これを受け当校では、本日より3/1までの期間内にご渡航される方を対象に、ご出発前であればキャンセルタイミングを問わず入学金を含む全額ご返金の措置を取らせていただくことと致しました。

※3/1以降も渡航禁止令が解除されない場合は、以降も継続とし解除された時点で終了とさせていただきます。
※ご入金済みの場合は、振込手数料を引いた形でご返金とさせていただきます。
※ご入金済みで期間短縮の場合は差額分をご返金させていただきます。
※ご出発当日に、中国・香港・マカオへの過去の渡航歴が理由で入国できなかった場合も返金の対象となります。

1.生徒/従業員に無料の使い捨てマスクをオフィスカウンターに用意し配布。
2.各寮の部屋、学校内の公共の場所(オフィス、各グループ教室、各トイレ、内部寮カフェテリア、新ビル寮ラウンジ)にアルコールを用意。
3.公共の目の付く場所に手洗い/マスクなどの予防策を呼び掛けるポスターの設置。LINE等での予防対策の定期的な呼びかけ。
4.キッチンスタッフ、オフィススタッフ、各国インターン/マネージャーのマスク着用義務付け。

3/1までにご渡航される方で下記に該当する場合にのみ、ご出発前であればキャンセルタイミングを問わず入学金を含む全額ご返金の措置を取らせていただくことといたします。

1.コロナウィルスを発症された方、あるいは、医師の診断の結果、発症の疑いのある方 ※1
2.インフルエンザやノロウイルス等のウイルス性の病に感染された方 ※1
3.中国・香港・マカオ経由の航空券の変更ができず、渡航を断念される方 ※2
※1 – 上記1、及び2に該当する場合は、医師の診断書の提出をお願いいたします。
※2 – 既に弊校にフライト情報をご連絡済の場合にのみ適用となります。

上記に該当しない場合は、通常通りの返金規定が適用されます。

コロナウイルスの影響により、現在確定している生徒様を除き「英語+企業インターン」コースの受入れを一時停止させていただきます。

セブブルーオーシャンアカデミー(セブ島)

セブブルーオーシャンアカデミー

*中国エージェント様からの新規登録については既に当面停止をしております。
*1月18日を最後に中国から渡航の学生様はお受け入れしておりません。

▼在校生への感染対策について
・毎朝アカデミーに入る際の体温の測定
・消毒液の追加設置
・手洗いうがいの呼びかけ
・マスクの配布と着用奨励
・学校イベントのシティツアー、ボランティアプログラムの中止
・免疫促進のためのカラマンシージュース設置
・人が多く集まる場所を避ける呼びかけ
・体調不良時の迅速な対応への備え

▼これから渡航の生徒へのご依頼
・マスクや消毒液を持参する
・旅行保険など保険への加入

3/5追記

1. キャンセル時の対応について

▼3月14日、28日、4月11日、4月25日入学のかた

渡航禁止令含め、いかなる理由のキャンセルであっても、全額の返金を致します。
延期の場合の手数料などもございません。

▼5月8日以降の入学のかた

4月8日までにキャンセルの申し出をいただければ全額の返金をいたします。
4月8日以降キャンセル申し出の場合の対応については現時点で未定です。

2. 渡航予定のお客様へのお願い

下記3点、これから渡航へ留学予定のお客様へご案内頂けますと幸いであります。

・ハンドソープや消毒液、マスクなどの持参
・14日間は新入生のみを同室にするため入学2週間後の部屋移動(例、3人部屋→3人部屋)の可能性がある
・異なる国籍の生徒と同室にできないことが増えている

3. COVID-2019への校内での新たな対策

以下の感染症対対策を新たに行っております。

・入学後14日間は必ず新入生のみがルームメイトになるよう部屋割調整
・当校ナースが必要と認める場合、一人部屋への移動

なお、以下の対策は引き続き行っております。

・毎朝アカデミーに入る際の体温の測定
・消毒液の追加設置
・手洗いうがいの呼びかけ
・マスクの販売と着用奨励
・学校イベントのシティツアー、ボランティアプログラムの中止
・免疫促進のためのカラマンシージュース設置
・人が多く集まる場所を避ける呼びかけ
・体調不良時の迅速な対応への備え

ELSA(セブ島)

セブ自体はコロナウイルスの影響はほとんどなく、通常通りの生活をしております。
(*マスクはほぼ売り切れとはなりますが・・)

弊校としては、中国および台湾の新規受け入れを停止しております。
また、基本的なことですが、手洗いうがいをしっかりするということを周知させていただいております。
(先週、ドクターを呼び、先生&生徒全員を対象に対策と傾向、正しい知識を頭に入れるプレゼンをさせていただきました。)

また、弊校近く(Compostela)にも専門のドクターがいますので、感染が疑わしき場合、直通電話にて弊校まできていただけるようになっております。

マスクに関してですが、不足しておりますので、疑わしき人、咳をしている人などに優先的に(弊校ナースの判断にて)お渡ししております。

■キャンセル時の規定について

ケース1:日本人入国不可になった場合
・全額返金

ケース2:こわいのでキャンセルする場合
・申し訳ございませんが、キャンセル規定通りとさせていただきます。

PHILINTER(セブ島)

・手洗い、うがい、消毒、マスク着用の促進(方法:校内掲示、Line@での周知)
・マスク配布
・校内の清掃ペースアップ
・日本からお越しになる申込者へ、個別に現地マネージャーからの注意喚起メッセージを送信
・中国、台湾からお越しになる申込者へ、留学キャンセルまたは延期をするか全件確認
 (ご存知の通り、現在フィリピン移民局が同2国からのフライトでの入国を拒否しております)

【キャンセルに関する対応】

下記条件に該当するお客様からはキャンセル料金を頂かず、入金済の場合は全額返金とさせて頂きます。

必須条件:
・3/1までにご渡航される方
・ご出発前である
その他条件(1つは該当必須):
1.コロナウィルスを発症された方、あるいは、医師の診断の結果、発症の疑いのある方 ※1
2.インフルエンザやノロウイルス等のウイルス性の病に感染された方 ※1
3.中国・香港・マカオ・台湾経由の航空券の変更ができず、渡航を断念される方 ※2
4.過去6か月以内に中国・香港・マカオ・台湾に滞在されており、自主的に渡航を断念される方 ※3
※1 – 上記1、及び2に該当する場合は、医師の診断書の提出をお願いいたします。
※2 – 既に弊校にフライト情報をご連絡済の場合にのみ適用となります。
※3 – 滞在されていた事をを証明できるものをご提示願います。
上記に該当しない場合は、通常通りの返金規定が適用されます。

2/28追記

———————————————
キャンセルに関して》
 
①【キャンセル料の負担なくキャンセル可能なケース】

1, コロナウィルス等の発症が確認された方、または発症の疑いのある方 ※1
2, フィリピン政府の指示により、既に予定されていた航空便で入国できない方(中国・香港・マカオからの便および今後入国禁止となる国からの航空便)※2
3, 過去6か月以内に中国・香港・マカオに滞在されており、自主的に渡航を断念される方 ※3
 
※1 – 上記1、及び2に該当する場合は、医師の診断書の提出をお願いいたします。
※2 – 既に弊校にフライト情報をご連絡済の場合にのみ適用となります。
※3 – 滞在されていた事をを証明できるものをご提示願います。
 
②【留学中にフィリピンで感染者数が増加し、サービス提供が困難になった場合】
留学サービスの提供は中止となり、残りの期間のコース料金および宿泊費用を100%返金致します。
 
③【コロナウィルス感染を危惧し、自主的にキャンセルする場合】
キャンセル規定通りの返金を致します。
 
④【③の通りキャンセルした後、①に該当すると発覚した場合】
例:通常規定通りにキャンセル料を負担した後、日本からフィリピンへの渡航が禁止された。
 

回答:本ケースについては③に従い対応させて頂きます。

3/6追記

PHILINTERでは、現在毎日の体温チェックを生徒、先生、スタッフへ行っております。
結果に応じ、すぐ病院へご案内しております。

Brilliant Cebu(セブ島)

【BCEAコロナウイルス対策】
・毎日学校施設内での予防と消毒の徹底
・校内の数か所に消毒液を設置
・すべての生徒様、スタッフ、講師は混雑した場所をなるべく控えるよう注意喚起。
・風邪、熱、咳、気分が悪いなどの症状がある場合はスタッフへご相談頂くよう、お声がけ。
・今後入国制限がかかり、留学予定者がフィリピンに入国禁止になった場合、全額返金。

現在当校には中国からいらしている生徒様はいらっしゃいません。

MeRISE(セブ島)

当校におきましては、新型コロナウィルスの影響により、日本フィリピン間で渡航禁止となった場合には、以下の通り対応させて頂きます。

1.対応方針
I. 日程変更のご案内
・ 無料にて日程変更の対応を行いますので、まずはこちらをご案内ください(1回のみ無料対応)
・ 期間変更をご選択いただいた場合、以降の返金ご要望には対応は致しかねますので、ご留意ください。
II. 入学金も含めた全額返金対応
・ 上記の日程変更が難しい場合、全額返金対応のご案内をお願いします。
・ 返金には、最大 60 日を要します。
2.適用対象者
当校への留学開始前のお客様のうち、渡航禁止令によって留学開始日の前日までにフィリピン共和国へ入国ができず、留学が開始できないお客様
※本対応に関しましては、2020 年 3 月 31 日までの施策とさせていただきます。以降引き続き継続させていただく場合には、またご連絡をさせていただきますので、どうぞ宜しくお願い申しあげます。

IMS(セブ島)

IMSでは現在、
・アルコールによる手の消毒、検温。
・入学日から14日間、マスク着用の推奨。
・常駐ナースによる問診。
による対策を講じております。

BESA(バギオ)加盟校

1. 帰国される学生
・学校からマスク、ガイドラインの配布と手消毒
・2月1日から16日までの卒業生にのみ適用

2.現在在学中の学生
・アルコールとマスクの配布
・できるだけ公共の場所に出入りしないことを促す連絡
・免疫力を高めるため、カラマンシー、レモン、麦茶などの供給
・体温を頻繁にチェック
・発熱が疑われる場合には、病院に行って診察を受ける等の迅速な対応

3. 到着予定の学生
今後渡航を予定する学生に以下の点のご連絡をお願い致します。
・手を頻繁に洗う、こまめな消毒、マスクを常時携帯するようアドバイス
・学生保険や旅行保険への加入推薦
・学校到着後、体温チェックやアルコール消毒等実施の事前連絡
・中国から渡航する留学生は、2月からの出発を一時的に延期
・既に登録済みで延期が決定した学生を対象に、BESAから、再登録のためのSSPとピックアップ費用を支給
・やむを得ず延期された生徒様方を対象に、学校は授業料全額返金と最大150ドルの補償金譲渡(対象:授業料全額支払い済み、59日間ビザを保持、今週、学校の航空券を予約された生徒に限られます)
・国籍を問わず、当面は中国本土発の留学生は入場できませんので、ご了承ください。

3/5追記

表題の件に関しまして、入学1週間前にフィリピンへの入国、もしくは日本からの出国制限がかかり、予定していた留学のキャンセル・期間変更を余儀なくされた場合のみBESAとして下記対策を実施させて頂く運びとなりました。

——————–

■ 条件:フィリピン政府、または、日本政府が渡航禁止措置を実施した場合

■ 対象者:渡航1週間前に出入国規制がかかっており、期間を変更/キャンセルする新入生

■ 対応策:
1. 留学キャンセルの場合
お支払い頂いた料金から100%の返金が行われる形となります。

2. 期間変更希望の場合
SSP、ピックアップ費用は弊協会が負担させて頂きます。

——————–

※渡航日から数え、1週間前の最新情報に従う必要がございます。
例:2020/04/12に入学予定の生徒が、本日、期間変更を申し出た場合、以下特権は得られません(各学校のキャンセルや期間変更の規定に従っていただきます)。
2020/04/12の1週間以内(2020/04/05以降)に政府が出入国禁止にした場合のみ下記対応策が適用される形となります。

あくまでBESAの対応は渡航前1週間以内に禁止が発令され、渡航が不可能となった場合の変更やキャンセルを行う場合です。
上記以前の期間を対象としたキャンセルや変更に関しては、各学校により規定が違うため、お申し込みされた学校へお尋ねいただけますと幸いでございます。

WALES(バギオ)

WALES外観

1. 新規中国人生徒様の受け入れ一時停止
2.ハンドソープ・アルコールの設置と、使用呼びかけ
3.マスクの使用推奨
4.風邪の症状が見られた場合の迅速な対応
5.肉・卵・その他食材の入念な調理
6.キッチンスタッフのマスク着用
7.ステンレス製カップ・トレイを常に熱湯除菌
8.お湯(飲料)の常時提供
9.動物との接触を避けるよう呼びかけ

発熱・咳・息切れ・呼吸困難・その他呼吸器系の症状が見られた際には、同ウイルス感染の可能性も考えられる為、即時対応をする形となります。

コロナウイルスの影響を受け、2020年2月2日にフィリピン政府は、中国・マカオ・香港からのフライトを受入停止しておりました。

上記に加え、昨日(2020年2月10日)付けで台湾からのフライトにも受入停止の措置が取られる形となりましたので、同対応を受け、下記に生徒様のキャンセル・変更に関するWALESの対応策を記載させて頂きます。

1. 対象者:

・上記地域(台湾・中国・マカオ・香港)からの渡航を予定されていた方

・既にお申し込みされた方

2. 条件:

■ 渡航前30日を切っている場合

・留学期間変更の場合:日程の変更が可能。また、希望部屋タイプへ優先的にご案内致します。航空券の変更に伴う手数料、SSPとピックアップ料金は学校側が負担致します。

・留学キャンセルの場合:返金規定に準ずる形となります。

■ 渡航前30日に達していない場合

・留学期間変更の場合:日程の変更が可能。ご案内させて頂くお部屋タイプは空室状況によって決定されます。航空券の変更に伴う手数料とその他費用は生徒負担となります。

・留学キャンセルの場合: 返金規定に準ずる形となります。

※上記対象者に当てはまらない生徒様で、キャンセル・留学時期変更を希望される場合には、”2020 WALESハンドブック”に記載のある返金規定内容に準ずる形となります。

BECI(バギオ)

BECI

1. 本校では看護士が勤務しております。
2. 新入生は全員、次のような看護婦のスクリーニング検査を受けます。
-体温チェック
-インフルエンザのような症状のチェックする
-学校が出すアンケートへの記入(こちらは各生徒の健康状態および旅行歴の記録として役立ちます)
3. 投稿では次のような医療品を増量いたしました。
-フェイスマスク
-軽微な症状(咳、頭痛、風邪、インフルエンザ)の治療薬
-温度計
4. 当校では、次のような衛生対策を強化しています。
-消毒器や手拭き·洗浄剤を学校内の全ての公衆トイレに設置。
-食事の準備や配膳の際は、キッチンスタッフ全員がフェイスマスクを使うよう義務付け。
-学校全体の清掃と衛生化の頻度の増加。
-必要に応じて学生から寮の清掃サービスを求める。
-学生の掃除の要望に応え、スタッフを増員いたしました。
5. 当校は全生徒に定期的に体温チェックを義務付け、
全ての学生が予定された検査に参加する必要があります。
6. 当校では学生たちの万が一のため(緊急で病院に行かなければいけない事態に備え)学校は24時間365日体制でのスタッフの増員。
7. 隔離室の設置(必要に応じて使用可能)
8. 当校は、生徒たちにできる限りの安全対策を施し、定期的にこのウイルス流行について情報を送っていく予定でございます。

3/1追記

コロナウイルス感染予防と早期発見に向け、両キャンパスの全学生を対象に、体温検査をして頂くようお願いしております。新入生の方に関しましては、所定の時間に体温検査を受けて頂くことにより、モニタリングをしております。
当校では、コロナウイルス感染予防のため、生徒様、講師、スタッフ、職員、マネージャー一同の意識向上と感染予防のための手順確認を行っております。

A&J(バギオ)

1.共有エリアでのアルコール消毒液の設置します。
(ロビー、オフィス、教室、セルフスタディーエリア)
2.すべてのトイレにハンドリキッドソープの設置します。
3.レモンティーやカラマンシーティーなどの熱いお茶を提供します。また2台のパーコレターを設置します。
4.門限時間に管理者が生徒の体温をチェックし、毎日記録し
ます。
5.生徒にはマスクを配布します。
6.卒業する生徒には帰国の際にアルコール消毒液とマスク
を提供します。
7.注意喚起の用紙を生徒、先生、オフィスに配布しました。

MONOL(バギオ)

MONOL

1.6人部屋のお申し込みを一時的に停止させていただきます。(再開は未定でございます。)
2.2月1日ご到着の新入生から最初の4週は全員グループクラスの参加はできずマンツーマン5時間の受講になります。
(Regular ESL、IELTSでご登録の学生様が対象になります。4週でご登録の学生様には大変申し訳ございません。)
3.複数人数部屋でご登録の学生様は(3、4、6人部屋、3+1部屋)ご到着後2週間はシングル、セミシングルに滞在(3+1部屋でご登録の学生優先)
または2人部屋または4人部屋を新入生同士2名で使用していただきます。
4.ご到着後最初の2週間、当校のナースまたはスタッフが毎日健康状態(主に体温)を管理し異常がみられない場合は2週間後にご登録のお部屋に移動いたします。
5.マスクを毎日支給いたしますので強制的に着用していただきます。(全学生、職員)

HELP(バギオ)

HELPロンロン校

1.2020年2月1日より中国からの入学者の受け入れを一時的に制限
HELPでは中国から来られるいずれの国籍および、フィリピンの他の学校からの入学生の入学延期
をフィリピン政府から通知があるまで実施します。
2.2020年2月3日~2020年2月17日間の中国からの入学予定者の受け入れを延期
3.スタッフを増員し新入生の対応
国籍問わず万が一到着時、風邪やインフルエンザの症状がある場合、病院にて診察し学校に戻れた
場合2週間にわたり学校の看護師の観察、1日3回の検温を行います。また学校スタッフ及び講師た
ちも風邪やインフルエンザの症状を持つ者が出た場合、ただちに休ませ、回復を待ち、他者への感
染の予防に努めます。
4.HELPに滞在している学生の健康確保・校内消毒
学生の健康確保、維持、免疫力を高めるためジンジャーカラマンシーティーを24時間学校のカフェ
テリアにて提供します。また校内の消毒を行います。
5.これから入学される方へ
これから渡航、入学される方へご自身用のマスク・消毒液を持参することをお進めいたします。
また、校内食堂で食事をする前に石鹸での手洗い消毒液の利用をお願いします。

3/4追記

*新型コロナウイルスの影響による返金規定について*
当校にて常時適用しております返金規定には従わず、
渡航前、渡航日当日のキャンセルの場合研修費用100%返金させていただきます。
登録費用については現状返金できないこととします。

またこれにより在学中に強制帰国によって留学を中止せざるを得ない場合は
残りの満週分100%返金とさせていただきます。

*新型コロナウイルスの影響による入学日の延長に関して
HELPでは入学日の延長による手数料は発生いたしません。

PINES(バギオ)

PINES

1.中国本土から渡航の生徒様へのご対応
・2月・3月の中国本土、香港、マカオから渡航の生徒様全員のお受け入れを停止
・2020年1月1日以降に中国本土への渡航歴がある生徒様については、事前お申し出を依頼

②在学中の生徒様へ
・アルコール消毒液の設置
・免疫強化のため、カラマンシジュース、レモンの設置
・生徒・スタッフの体温・体調管理
・マスクの配布
・人混みを避けるよう呼びかけ

③これから渡航の生徒様へのお願い
・旅行保険など、万が一に備えた保険への加入
・空港・公共の場でマスクの着用、消毒液等のこまめな使用
・多めのマスク、消毒液等のご持参

3/2追記

世界規模で感染者の増加する COVID-19 ウイルスに関して、在学中の皆様、これからお越しの皆様に安
心してお過ごしいただけるよう、お手数をおかけして誠に恐れ入りますが、パインスでは下記について
ご確認のご協力をいただきたく存じます。
1. 下記条件に該当するこれから渡航予定の生徒様へ、免疫が低下している可能性があるため、感染リス
クが大きくなっていると報告されております。大変心苦しいのですが、ご本人様のためにもキャンセル
もしくは渡航の延期をご検討いただくよう、ご案内いただければ幸いでございます。
(1) 渡航直前に発熱・インフルエンザのような症状があった方
(2) 糖尿病をはじめとする重い持病をお持ちの方
(3) ご年齢が 60 歳以上の方
2. マネジメントによる下記ご対応について、これから渡航予定の生徒様へご案内いただくようお願い申
し上げます。
(1) 新入生の生徒様は、到着後の 2 週間は新入生同士でお部屋がグルーピングされます。
(2) 新入生の生徒様は、到着後の 2 週間はキャンパス内で必ずマスクを着用してください。
(3) 新入生および、すでに在学中の生徒様の健康状態は、毎日アカデミーのナースよりチェックされ
ます。
(4) インフルエンザのような症状のある生徒様は念の為隔離され、病院にて診察を受けていただきま
す。
必要に応じて、隔離されたお部屋でオンラインクラスを受講いただくケースもございます。

3/5追記

【フィリピン政府が日本からの渡航を禁止した場合】
キャンセルの場合は全額返金を予定しております。

また、現時点でのキャンセルについてですが、こちらも現状を鑑み、
【渡航禁止ではない状況で、キャンセルをご希望の場合】
4月25日渡航の生徒様まで、お申し出のタイミングを問わずキャンセル料なしでご対応させていただくことが決まりました。

4月25日以降に渡航の生徒様については、随時状況を見て決定してまいります。
また、新型コロナウイルスからの懸念に関する渡航延期は、手数料なしで日程変更を随時お受付しております。

CIP(クラーク)

CIP

1.中国より入国する学生入学制限する。(武漢、その他の地域)
2.学生及び先生、ゼンスタッフの体調チェックやマスク無料配布
各キャンパスのクリニック、またはアドミンルームにてマスクを設置します。希望の方にはお渡しいただけますのでお受け取り下さいませ。
3.セニタイザー(消毒剤)をキャンパスの主要な地域に常時配置
現在食堂に既に設置しております消毒液につきまして、必ずお食事を召し上がる前にはご使用をお願いいたします。
4.ランチ・ディナータイムに追加洗浄および消毒作業徹底進行
食堂や教室の清掃の見直し及び、清掃回数の増加。清潔な環境を保つようにいたします。

3/4追記

フィリピン政府により日本滞在者に対する渡航制限が発表された場合、下記のように特別キャンセル規定が適応されますので、ご確認くださいませ。

◾️特別キャンセル規定適用の場合
– 3月、4月に留学開始予定の方のみ (現段階の方針として)
– 渡航制限対象の地域にお住まいの方または渡航制限対象に該当する方

◾️返金のお支払い期限
– 入学予定日より3ヶ月以内にご返金

◾️返金金額
全額から入学金100ドルを引いた額を返金
(送金手数料、受取手数料など考慮)

<最新コロナ対策>
感染が増加している国籍 (日本や韓国)の学生様は2週間出来るだけルームメイトを付けない方針をとっております。
*一部の学生、保護者より心配の声が上がっている為

– 新入生は2週間毎朝・夕に体温チェックが必須
– 新入生は2週間マスクの着用義務
– 手洗い、消毒の呼びかけ
– 外出の際のマスク着用義務
– 外国人が多いエリアへの立ち入りの禁止
– 国内を含む旅行を自粛
– 熱が37.5℃以上ある学生は病院への受診義務など

EV Academy(セブ島)

1) 現在留学中の中国籍の生徒
    - 今現在Wuhan出身の生徒は2名いました。
: 1名は北京から、他の1名は1月6日Wuhanより渡航された生徒で、2名とも体調は良好です。
      → 2名とも体調は良好で潜伏期間を超えましたので1次感染の恐れはございません。
    - 現在滞在中の中国籍の生徒は殆どが2週間以上滞在中で、念のため全員医療検査実施:異常無し

2) 新型コロナウイルスの原因と対策について校内掲示 (1月22日水曜日:1次対策)

   ※ 添付資料1をご参考願います。

3) 校内対策実施 (1月24日金曜日:2次対策)
    - 滞在中の中国籍の生徒向け医療検査実施(異常無し)
    – 校内の生徒、先生にマスク(2枚)支給及び在庫確保
    - 各階段にハンド消毒液配置
    - オレンジジュースまたはカラマンシージュースなど、ビタミン系ジュース追加提供(食事時)
    - 看護師24時間校内常駐
    - 入学日基準、新入生の2週間体調管理(体温測定及びモニタリング)
    - 生徒全員向け体温測定及びモニタリング(ゲートで実施中)
    - 体調不良の生徒のサポート強化

3/3追記

2. コロナウィルス関連キャンセル規定について
 
  最近コロナウィルスにおける弊校のキャンセル規定ついてお問い合わせをたくさん頂いております。
  下記のように整理させて頂きますのでご査収ください。

EVアカデミー
※ 営業日基準となるため、金曜日18時以降(日本時刻) ~ 日曜日にご連絡を頂く場合は翌週の月曜日とみなします。
 

EG Academy(セブ島)

EG Academy(クラーク)

1.2月1日からの中国人留学生(申込済含む)を全てキャンセル扱い、または渡航時期の延長を数少ない中国代理店と合意。受入れ可能時期は事態が終息次第となっており現時点では具体的な受け入れ可能時期は設定しておりません。
2.1/23午前から講義棟入口、第一寮入口、第二寮入口にアルコールを設置し手のアルコール消毒を喚起。
3.1/23午前から全生徒対象にマスク無料配布。今週は一人上限2点、来週以降は一人上限2点まで希望者に配布。

【留学前にキャンセルされた場合】
 ※2019年12月末までに申し込まれた方はUSD150->15,000円、USD300->30,000円・申込日より留学プログラム開始日の15日前までにキャンセルされた場合のキャンセル料USD150
・留学プログラム開始日の14日前から前日までにキャンセルされた場合のキャンセル料USD300
※代理店から弊社へのお支払期限は全額一括にて出発日の21日前を目安とする(間際の申込を除く)。
上記キャンセル料の日本円換算レートは登録日のUFJ銀行TTSレートに基づき、返金の際の振込手数料を差し引いてご返金。

SMEAG English(オーストラリア)

SMEAGキャピタルキャンパス

2月1日にオーストラリア政府は、「中国本土に立ち寄った外国人は、中国本土(香港を含む)を出国または通過した時点から14日間は豪州に入国できなくなる措置を決定致しました。

豪州政府の発表リンク:https://cutt.ly/9rUlBik

これから渡航される生徒様は上記に当てはまる場合、オーストラリアへの入国が不可となりますのでご注意くださいませ。この措置は一時的なもので、14日後に再検討される予定です。規制国のリストは今後状況によりましては韓国、日本、台湾にまで広がる可能性があるとのことです。

SMEAG Englishは、現在の状況と新型コロナウイルスの発生を注意深く監視しています。予防措置と致しましてリセプションに消毒液の設置、各クラスにて注意喚起が行われております。

まとめ

※こちらは報告のあった学校のみ随時更新しています。

▼フィリピン・セブ島1億人が新型コロナウイルスのターゲットに!渡航の可否と対策方法まとめ▼

 

この記事を書いている人 - WRITER -
シンさん(田中慎一)
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら