フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

セブ島ダントツの立地「IDEA CEBU(イデア・セブ)」の教科書

シンさん
WRITER
 
IDEA CEBUの教科書
この記事を書いている人 - WRITER -
シンさん
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら

IDEA CEBUって何が良いの?

そんな方のために、

  • IDEA CEBUの特徴は?
  • 中々出てこないネガティブ情報はないの?
  • セブ島の他校と比べた時どうなのか?

という疑問に対してお答えします。

IDEAは、2011年にミンダナオ島のダバオ市からスタートし、2013年に初めてフィリピンに進出。そして2017年に今のキャンパスに移ってきたという経緯です。

コロナ禍で休業中だったIDEA CEBUが2022年3月にようやく留学生受入れ再開を始めました。セブ島にも40回以上訪問している僕は、もちろんIDEA CEBUも以前のキャンパスから訪問を続けています。

そして留学再開後のIDEA CEBUに早速訪問してきたので、最新情報をこちらでお伝えします。

読む前にネタバレだけど、立地サイコー!

 

目次

IDEA CEBUのお勧めポイント

①セブ島留学の体験コンセプト

セブ島と言えば、観光地だけではなく、フィリピンならではの贅沢の仕方や楽しみ方があるもの。ですが、実際には中々一人で飛び込む勇気がなく、勉強だけの生活に終わってしまう、またはたまにの週末のアクティビティに参加する程度で終わる人も少なくありません。

そのため、IDEA CEBUではセブ島に留学したらもっと色んな経験をしてほしいという想いで、平日からでも「体験」がしやすくするための仕組み(巡回バス)を持っています。

具体的には、毎日セブ島を満喫するための場所に巡回バスを出しています。例えば、以下のような感じです。

IDEA CEBU 出発
①チョン・ファ病院 病院での健診目的(ジャパニーズヘルプデスクあり)、フィットネスジム(ウォークイン250ペソ/月謝1800ペソ程度)目的の利用
②セブ・ウエスタン・ラグーン プールリゾート目的(昼間は350ペソ、夜間は250ペソ)
③ナイトマーケット アジアのエスニックな雰囲気を味わいたい時
④セブ・バイ・ホテル ラグジュアリーなバーやブッフェ目的、フィットネスジム(ウォークイン300ペソ/月謝2200ペソ程度)目的
⑤パークモール ショッピングモールで買い物目的
IDEA CEBU 帰宅

セブ・ウエスタン・ラグーン

セブ・バイ・ホテル

 

おおー、平日からこんな楽しんじゃっていいんですか!? わたしにはラグジュアリーなバーが似合うかしら・・

巡回バスの予定表があるから、行きも帰りも時間をチェックすれば、IDEA CEBUの留学生は無料で送迎してもらえるよ。

IDEA CEBUでは、平日でも時間を気にせず楽しめるように門限がありません。但し、もちろん翌日授業がある場合は23時ぐらいには戻るようにしましょう。また、外出可能時間は連続16時間以内で、違反した場合は警告があり、警告が3~4回続くと退学となるので注意。16時間以上になる場合は外泊届を出せばOK。

②学校の立地

②学校の立地

IDEA CEBUは、学校施設・寮ともに商業区画内にある学校のため、レストランや買い物などが便利。

それ以外にもショッピングモールのパークモールやリゾート施設、病院も徒歩圏内でセブ島の中にある語学学校の中ではアクセス面でダントツです。

渡航先に行っていつも不満に思うのが、徒歩ですぐにちょっとした買い物できる場所がなかった時。そういう点では、ものすごく便利な立地だよね。

③デジタルテキスト

③デジタルテキスト

IDEA CEBUでは、デジタル教材を使用します。そのため、留学前から事前にダウンロードして中身を確認したり、準備することが可能です。

レベルチェックテストもオンライン上で渡航前に済ませることができるため、入学初日から一般の語学学校の様にバタバタ手続きをしたりテストする必要がありません。個別でIDとパスワードが与えられ、クラスもパソコンやタブレットを使用して行うというちょっと先端の授業スタイルを取入れています。

スピーキングはAIスピーキングを取入れてて、入学テスト時にスピーキングをAIで採点する仕様(アプリのようなものでマイクに向かって読む・話す・答える)になっています。自由発話もありますが、単語数や語彙力がどれだけあるのかのも採点の対象となります。 

 

また教材は、StudyliveやGlobal examというフランスで使われてるものを使用しています。

IDEA CEBUの人曰く、色々教材を見た結果、実績や内容が豊富で且つオンラインでも利用出来るからという理由で選ばれたみたいだよ。

IDEA CEBUのアクセス・基本情報

アクセス・周辺環境

IDEAは2011年にダバオ(ミンダナオ島)から開校し、2013年にセブ島に進出した老舗の日系の語学学校(最大220人収容)です。学校はタイムズスクエアという商業施設に入っていることや徒歩ですぐの所にパークモールというショッピングモールも近いことから利便性が非常にいい学校です。

基本情報

学校名 IDEA CEBU
国籍比率
*通年平均
日本90%、その他ロシア、韓国、タイ、中国
設立 2012年 規模 220人
建物   ジム ×
自習場所
クリニック
日本人
スタッフ
授業時間 1コマ50分
カップル
同室可否
婚約者:〇
未婚:〇
トイレ
(紙)
流せない
食事 平日:3食  土日祝:3食  
掃除/洗濯
シーツ交換
詳細を見る
掃除:週1回 
洗濯:週1回(9キロまで/回)※その他、洗濯デリバリーやパークモールにもランドリーショップあり
シーツ交換:週1回 
部屋の設備
詳細を見る
デスクライト:〇 ドライヤー:× 冷蔵庫:〇 金庫
門限
日~木:なし 金土:なし 祝日:なし *推奨門限23時
ジュニア受入年齢
親子の場合:5歳から
単独の場合:15歳から

空港お迎え 入寮:日曜日 退寮:土曜日
ピックアップ詳細
日曜日の場合:$20、月~土の場合:$40


入寮後
の流れ
詳細を見る

追加授業
詳細を見る
マンツーマンクラス:平日 2500php/週 または$30/週、土日、祝日 1,250php/コマ または$25/コマ
グループクラス:平日 1,500php/週 または$30/週
無料スペシャルクラス:
-NEWS ENGLISH
-PRESENTATION DELIVERY
-GRAMMAR REVIEW
-ENGLISH GAMES
-TOEIC

※専属のスクールナースが常駐。週に1度巡回ドクターもあり。

IDEA CEBUキャンセル規定

IDEA CEBUの施設・サービス面

施設

「体験」をコンセプトにした学校でプールリゾートで有名なセブ・ウエスタン・ラグーンやセブでラグジュアリー感を味わえてバーやビュッフェが楽しめるセブ・バイ・ホテルなどに学校からシャトルバスを出しています。 その他にも、ウォークインで通えるジムやもしもの時の病院、ナイトマーケットも巡回しており、平日は学習のみに特化する通常の語学学校と比べて、よりセブを体験することができるシステムを持っています。

食事は週末祝日を含めて3食提供(日本食・韓国料理・ベトナム料理・タイカレー・ハンバーグなど)されますが、キャンパスが商業施設の一角にあるため気軽に外食できます。また、Wi-Fiも百人が同時に接続してもスムーズに繋がる(200人が同時に接続しても問題ないレベルで、寮もスムーズに繋がる方)ほどの設備や停電時の発電機なども備えているため、生活で困ることはほぼありません。因みに、専属のスクールナースも在籍しています。

言うことなしですね!

 

国籍比率、スパルタ度、留学生の雰囲気・レベル

国籍比率、スパルタ度、留学生の雰囲気・レベル

日系の語学学校の場合、生徒の殆どが日本人という学校が多いのですが、IDEAはタイ・バンコク・マルタにも支社があるため、国際色豊かな学校(コロナ前で、日本50%・タイ20-30%・ベトナム10%・台湾10%・ロシア10%)です。 セミスパルタの学校ですが、体験をコンセプトにしているため平日の門限はありません。そのため、あまり学校に管理されすぎずセブを楽しみながら留学した方向けになります。

因みに未成年は外出不可で、週末も成人以上の留学生が同行しないと外出できないけど、こうしたツアーがあるから安心だよね。

 

体験は、学校でツアー(他校と同じ、1000ペソ~)を組んだり、インターンシッププログラムでは、NGOや一般企業もある(海外インド(IT企業)・タンザニア(ソーシャルアクティビティ)でオンラインで行います。オンラインではやっているものの、フィリピン人講師がメンターとしてつくので安心。オフラインのプログラムではフィリピンでボランティア活動名を行うものもあります。

部屋タイプ

1人部屋&2人部屋

2人部屋

※1人部屋は2人部屋を一人で使用。

3人部屋

3人部屋

4人部屋

4人部屋

ホテル寮1人部屋

ホテル寮1人部屋

ホテル寮2人部屋

ホテル寮2人部屋

ホテル寮3人部屋(ファミリー専用)

ホテル寮3人部屋

※ファミリー専用の特別利用のため料金は要相談。

ギャラリー

previous arrow
next arrow

※スライドできます。

IDEA CEBUの留学費用

期間ごとに航空券代を含めた留学費用(目安)を載せています。実際には、為替や航空券の取得タイミング・キャンペーンなどによって留学費用は変動する可能性があるため、お見積り依頼をしていただければ正確な金額が分かります。

*2022年3月27日の学校料金改定適用済み(旧料金表の価格が掲載されているサイトもあるのでご注意ください)

1週間の留学費用

1週間の留学費用

おすすめ格安コース Power Speaking
部屋タイプ 4人部屋
留学総費用(①+②+③) 186,720円
費用詳細を見てみる
①日本で払う費用
入学金 15,600円
授業料・滞在費・食費 46,800円
空港送迎費 2,600円
短期追加料金 6,500円
小計① 71,500円
②フィリピンで払う費用
デポジット 5,750円
SSP 15,640円
ACR-Iカード 0円
ビザ延長 0円
電気代 1,150円
管理費 2,300円
テキスト代目安 6,900円
小計② 31,740円
③その他
航空券 80,000円
海外旅行保険 3,480円
小計③ 83,480円 
①②③合計:
186,720円

2週間の留学費用

2週間の留学費用

おすすめ格安コース Power Speaking
部屋タイプ 4人部屋
留学総費用(①+②+③) 245,010円
費用詳細を見てみる
①日本で払う費用
入学金 15,600円
授業料・滞在費・食費 93,600円
空港送迎費 2,600円
短期追加料金 13,000円
小計① 124,800円
②フィリピンで払う費用
デポジット 5,750円
SSP 15,640円
ACR-Iカード 0円
ビザ延長 0円
電気代 2,300円
管理費 3,450円
テキスト代目安 6,900円
小計② 34,040円
③その他
航空券 80,000円
海外旅行保険 6,170円
小計③ 86,170円 
①②③合計:
186,720円

1ヶ月の留学費用

1ヶ月の費用

おすすめ格安コース Power Speaking
部屋タイプ 4人部屋
留学総費用(①+②+③) 336,660円
費用詳細を見てみる
①日本で払う費用
入学金 15,600円
授業料・滞在費・食費 187,200円
空港送迎費 2,600円
小計① 205,400円
②フィリピンで払う費用
デポジット 5,750円
SSP 15,640円
ACR-Iカード 0円
ビザ延長 0円
電気代 4,600円
管理費 5,750円
テキスト代目安 6,900円
小計② 38,640円
③その他
航空券 80,000円
海外旅行保険 12,620円
小計③ 92,620円 
①②③合計:
336,660円

2ヶ月の留学費用

2ヶ月の留学費用

おすすめ格安コース Power Speaking
部屋タイプ 4人部屋
留学総費用(①+②+③) 554,982円
費用詳細を見てみる
①日本で払う費用
入学金 15,600円
授業料・滞在費・食費 374,400円
空港送迎費 2,600円
長期留学割引 -15,600円
小計① 377,000円
②フィリピンで払う費用
デポジット 5,750円
SSP 15,640円
ACR-Iカード 0円
ビザ延長 8,372円
電気代 9,200円
管理費 11,500円
テキスト代目安 11,500円
小計② 61,962円
③その他
航空券 80,000円
海外旅行保険 36,020円
小計③ 116,020円 
①②③合計:
554,982円

3ヶ月の留学費用

3ヶ月の留学費用

おすすめ格安コース Power Speaking
部屋タイプ 4人部屋
留学総費用(①+②+③) 776,965円
費用詳細を見てみる
①日本で払う費用
入学金 15,600円
授業料・滞在費・食費 561,600円
空港送迎費 2,600円
長期留学割引 -31,200円
小計① 548,600円
②フィリピンで払う費用
デポジット 5,750円
SSP 15,640円
ACR-Iカード 7,590円
ビザ延長 26,795円
電気代 13,800円
管理費 17,250円
テキスト代目安 11,500円
小計② 98,375円
③その他
航空券 80,000円
海外旅行保険 50,040円
小計③ 130,040円 
①②③合計:
776,965円

半年の留学費用

半年の留学費用

おすすめ格安コース Power Speaking
部屋タイプ 4人部屋
留学総費用(①+②+③) 1,406,931円
費用詳細を見てみる
①日本で払う費用
入学金 15,600円
授業料・滞在費・食費 1,123,200円
空港送迎費 2,600円
長期留学割引 -78,000円
小計① 1,063,400円
②フィリピンで払う費用
デポジット 5,750円
SSP 15,640円
ACR-Iカード 7,590円
ビザ延長 47,081円
電気代 27,600円
管理費 34,500円
テキスト代目安 11,500円
小計② 149,661円
③その他
航空券 80,000円
海外旅行保険 113,870円
小計③ 193,870円 
①②③合計:
1,406,931円
※管理費にIDカード、洗濯・清掃費などを含みます。

IDEA CEBUのカリキュラム・コース紹介

カリキュラム

受講生の85%程が英会話コースを受講しているため、英会話やスピーキングを強化したい人向けの学校と言えます。 英会話コースでは、文章やプレゼンテーションで論理的なフレームを作るためのPREP(プレップ)法や会話のキャッチボールを円滑にするためのアクティブリスニングという手法を用いて授業を提供しています。ESLコースでは、全ての人が対象になります。

バディ講師

更に、勉強面の悩みを相談できるバディ講師を用意しており、入学後の翌週水曜とその後は4週間毎にカウンセリングを行ってくれます。

また、IDEA CEBUは英語教授法のセルタ(CELTA)と提携していて、セルタを取得するためのトレーニングセンターにもなっています。そのためケンブリッジの講師が来てセルタのトレーニングをそこで提供(在籍講師の約15%がセルタを取得)しています。留学生も年4回あるセルタの実習を受けることができますが、入学試験があるため難易度は高めです。  

時間割サンプル

ESL POWER SPEAKINGコースの場合

時間割

英会話(ESL)コース

ESLコース

コースの詳細を見てみる

POWER Speakingコース

英語学習初心者から上級者まで受講可能な一般英語コース(Power Speakingコース)で、より実践的にアウトプット中心の学習カリキュラムになっています(留学生の85%が受講)。スピーキング、発音、クイックレスポンス等のアウトプット科目を中心に学習。話すために必要な英語学習で個々の受講生の英語レベルに合わせてカスタムメイドされ、実生活や多くのシチュエーションで話せるように体系的に作られています。

マンツーマンでは、各受講生のレベルに合わせて、入学時のレベルチェックテストのスコア分析に応じて、特に弱点となっている科目を中心にトレーニング及びブラッシュアップを行い、グループでは同レベルの受講生と一緒にディスカッションやディベート、初心者レベルの方には文法やサバイバル英会話などの日常英会話をより実践的に学習できるクラスを用意。

POWER SPEAKINGコース

ESLコース
・マンツーマン:4コマ
・グループ:2コマ

合計6コマ

マンツーマンレッスン4コマとグループレッスン2コマで負担のない1日6コマの構成。

INTENSIVE POWER SPEAKINGコース

ESLコース
・マンツーマン:5コマ
・グループ:2コマ

合計7コマ

マンツーマンレッスン5コマとグループレッスン2コマでより集中的に英語を学びたい方向けのコースで、1日7コマの構成。

ULTRA 7 POWER SPEAKINGコース

ESLコース
・マンツーマン:7コマ
・グループ:2コマ

合計7コマ

7コマのマンツーマンは、特にスピーキングに特化したクラスが多く受講できる、より早く英語力や英語コミュニケーションのスキルアップを身につけたい方に最適です。

▼参考)初心者の英会話対策なら見ておきたい記事▼

TOEICコース

TOEICコース

コースの詳細を見てみる

TOEICコース

1週間からの超短期留学でも受講可能。集中コースではマンツーマンレッスンでTOEICのライティング・リスニング・リーディングを集中的に学習し、グループでは一般英語プログラムとなります。教材は自習学習でインプット学習ができるようTOEI特化型のe-Learning教材(グローバルイグザム)を利用し、自習時間でもオンライン上でMockテストが受験可能です。

TOEIC INTENSIVEコース

TOEICコース
・マンツーマン:5コマ
・グループ:2コマ

合計7コマ

TOEIC ULTRA8コース

TOEICコース
・マンツーマン:8コマ

合計〇コマ

1日8コマ(約8時間)のTOEICに特化したマンツーマンです。これまでTOEICを受験して一定程度の受験経験値ががある人の弱点補強やスコアアップを目指す方にオススメ。

IELTSコース

IELTSコース

コースの詳細を見てみる

IELTSコース

1週間からの超短期留学でも受講可能。集中コースではマンツーマンでIELTSのアカデミック科目を集中的に学習し、グループでは一般英語プログラムとなります。さらにもっとIELTSを集中して学習したい方向けには1日8レッスン全部をマンツーマンのみでIELTS科目に集中して学習できるUltra8コースを用意。教材は自習学習でインプット学習が進捗できるようIELTSに特化したe-Learning教材を利用し、レッスン時間外の自習時間において、オンライン上でMockテストを受験できるようにしています。

IELTS INTENSIVEコース

・マンツーマン:5コマ
・グループ:2コマ

合計7コマ

IELTS ULTRA8コース

・マンツーマン:8コマ

合計8コマ

IELTSは日本人はほぼいなくて、ベトナム人がこのコースを選んでるよ。

▼参考)IELTS対策でお勧めの学校一覧▼

英検対策コース

英検コース

コースの詳細を見てみる

英検コース

英検3級・準2級・2級・準1級の各レベル別にプランを準備。マンツーマンでは、一次試験のリスニング、リーディング、ライティングを対策し、二次試験のスピーキングの演習も含めて4技能の学習を行います。グループでは、本番想定した演習問題とレビューを繰返し、出題形式の慣れと問題観をマスターします。2級と準1級用の対策では、二次試験とライティングを中心に対策することで、徹底した弱点補強で成績のボトムアップを目指します。

Intensive英検セブコース

英検コース 
・マンツーマン:5コマ
・グループ:2コマ

合計7コマ

ULTRA8英検セブコース

英検コース 
・マンツーマン:8コマ

合計8コマ

CELTA(セルタ)資格取得コース

CELTAコース

コースの詳細を見てみる

CELTA(セルタ)資格取得コース

CELTA(The Certificate in English Language Teaching to Adults)はイギリスのケンブリッジ大学教育機関(The Cambridge University ESOL)が認定する英語指導者資格で、受講条件が厳しく英語応力では上級レベル(CEFRでC2以上)が求められています。IDEA CEBUでは、4週間で120時間の集中コースを行い、英語講師としてのプロフェッショナルスキルを身につけます。トレーニング講師は、CELTAやDELTA、英語教授法の修士課程を修了した国際経験があり、ケンブリッジ英語の認定を受けたネイティブ講師となります。フィリピン国内で唯一公式CELTA資格が取れるのはIDEA CEBUだけです。

CELTA (セルタ)資格取得コース

CELTAコース 
・CELTAトレーニング:6コマ
・自習・レッスンプラン作成等:3-4時間程度

合計6コマ+3-4時間

CELTAコース詳細

English Plusコース(バーチャルインターンシップ/現地ボランティア)

インターンボランティアコース

コースの詳細を見てみる

POWER Speakingコースを受講しながら、午後の時間を活用し、ヨーロッパやインドなどとバーチャルで繋いでインターンシップをしたり、セブ島現地のNGOや学校・企業でボランティア活動に参加できるプログラムです。当プログラムの参加者には、通常の英語コース終了証に加え、ボランティアやインターンシップに参加した終了証を発行します。大学受験や就活のキャリアデザインで有効活用できます。

英語+バーチャルインターンシップ

インターンボランティアコース 
・マンツーマン:4コマ
・グループ:2コマ
・バーチャルインターン:1~2時間

合計6コマ+1-2時間

英語留学中に、ヨーロッパやアジア諸国のインターンシップをオンラインで実践。英語が苦手でも、インターンシップを補助するメンタリングサポートで内容理解と解決力を身につけ、将来のキャリアデザインへ繋げることが可能。

英語+現地ボランティア

インターンボランティアコース 
・マンツーマン:3コマ
・現地ボランティア:4時間

合計3コマ+4時間

インターンボランティアコース詳細

ビジネスコース

ビジネスコース

コースの詳細を見てみる

ビジネス英語コース

外資系企業勤務の人や海外就職を目指している方にお勧めのコース。マンツーマンとグループで英語の4技能をバランスよく学習し、様々なビジネスシチュエーションで必要となる語彙力・ミーティングスキル・プレゼンスキル・交渉スキルを英語(ビジネスシーンで重要となる正しい表現、自分の意志の伝え方、商品の伝え方)でトレーニングします。

また、日本人の苦手な発言・表現力を強化し、プレゼンテーションのクラスでは、実践的なトレーニングで人前で話すことに慣れ、要点の伝わるプレゼンテーションスキルを養います。

ビジネス英語コース

ビジネスコース
・マンツーマン:5コマ
・グループ:2コマ

合計7コマ

ULTRA7ビジネス英語コース

ビジネスコース
・マンツーマン:7コマ

合計7コマ

キッズ・ジュニアコース

親子留学コース

コースの詳細を見てみる

【キッズ・ジュニアコース】

キッズ&ジュニアコース

KIDS ENGLISHコース(5-11歳)

親子留学コース
・マンツーマン:6~8

合計6~8コマ

  • Kids English 6 コース
  • Kids English 7 コース
  • Kids English 8 コース

これから英語を学んでいく5-11歳のお子さん向けのプログラムで、簡単な単語や挨拶を中心に組み立てられています。特に日本語と英語の発音やイントネーションの違いなどを理解し、簡単な英語コミュニケーション能力を養成します。また、既に英語ができる子どもには、簡単な英会話を通してコミュニケーションの土台が更に固まるようにトレーニングを行います。実際のレッスンでは、子どもが英語に興味関心が持てるようにダンス・歌・読み聞かせ・動画などもとに楽しくレッスンを行います。

JUNIOR POWER SPEAKINGコース(12-14歳)

親子留学コース
・マンツーマン:6~8

合計6~8コマ

  • Junior Power Speaking 6 コース
  • Junior Power Speaking 7 コース
  • Junior Power Speaking 8 コース

12-14歳の年齢は英語学習において最も重要な時期と言われています。文法・文脈をより意識しながら英語でコミュニケーションがとれるようアウトプット中心の学習を行います。豊かな表現力や語彙力・文法力を培って、様々なシチュエーションで英会話ができるようにレッスンを組み立てています。また、英語の発音も強化しながらトレーニングを行います。

【ファミリーシェアパッケージ】

ファミリーシェアパッケージ

家族で留学するときに、マンツーマンレッスンを家族間でシェアすることができる特別なコースです。保護者を含む15歳以上の方はPOWER Speakingコースが対象です(グループクラスは15歳以上が参加対象)。5~14歳の方はJunior Englishプログラムが対象となり、原則マンツーマンのみの受講です。コースのそれぞれの特徴は各コースを参考にしてください。

Family Package2コース(親子2名向け)

親子留学コース
・マンツーマン:8コマ
・グループ:2コマ
・オプションクラス:2コマ


合計10コマ+2コマ

Family Package3コース(親子3名向け)

親子留学コース
・マンツーマン:12コマ
・グループ:2コマ
・オプションクラス:2コマ


合計14コマ+2コマ

Family Package4コース(親子4名向け)

親子留学コース
・マンツーマン:16コマ
・グループ:1コマ
・オプションクラス:2コマ


合計17コマ+2コマ

ファミリーシェアパッケージでは、お互いのコマ数をシェアできる。15歳以上の親子のみ。又は兄弟でもいい。基本、申込時に親子の受講の割合を決めて、来てからも1週間ごとに決めれる。

★学校★に行くならココに注意!トラブル事例を紹介

ココに注意!トラブル事例を紹介

内部寮が若干古い

立地や体験型のアクティビティ押しの学校ですが、内部寮がそこまで綺麗だとは言えません。いわゆる一般的なフィリピンの語学学校レベルの寮なので、その点は期待しすぎないようにしましょう。また、寮も綺麗な方がいいという方は、若干が金額は上がりますがホテル寮を選ぶといいです。

最新アップデートと視察メモ

留学生受入れ再開後の視察とアップデート

【2022/7/20】

未成年者15-17歳の単独渡航変更点

<陰性証明書変更前・変更後>
変更前:15-17歳のワクチン2回接種完了者は陰性証明書不要
変更後:①15-17歳のワクチン接種3回完了者は陰性証明書不要
    ②15-17歳のワクチン接種2回完了者は有効な陰性証明書必須
*出発48時間以内に検査/発行されたRT-PCR陰性証明書(英文)または、出発24時間以内に検査/発行された抗原検査陰性証明書(英文)が有効

<Authorization Letter変更前・変更後>
変更前:必要なし
変更後:
単独渡航の未成年者15-17歳に対し、その保護者は未成年の渡航者が入国後の隔離や、PCR検査を受け入れることを認め、現地で保護者となる人物を委任することを明記した書類が必要
*Authorization Letterにサインした保護者のパスポートコピーもご用意下さい

視察メモ

留学生受入れ再開後

留学再開後、コロナの影響で変更になったことや気になったことをメモ代わりにこちらに残しておくよ。

【2022/4/12】

  • マルタ支社があり、イタリアからの留学生も稀にあり。
  • トビタテでも来てる人がいて、IDEAで体験でアンバサダーとして来ている。

まとめ

ideaまとめ

IDEA CEBUは、元々スパルタ系の学校でしたが、コロナ禍で大きく変わって「体験」をコンセプトとした体制に変りました。

IDEA CEBU単体では、大型のキャンパスを持たない学校ですが、商業施設内にあるため、レストランやカフェなどそれら全てがIDEA CEBUのキャンパスのような形で使えるのはメリットだと思います。

更に門限を撤廃したことで、平日でも周辺施設やセブ島のリゾート感を十分に味わえるための仕組み(巡回バスなど)を整えています。そのため、学校に缶詰めになって勉強するというよりは、「留学と観光」を同時に毎日楽しめるという感じになると思います。

カリキュラム面でも、IDEA CEBUはCELTAの公式トレーニングセンターに指定されていることから、優秀な講師育成がしやすく、他校では見られない「英検対策」「CELTA資格取得コース」「インターン/ボランティア+英語」といったコース展開も可能となりました。

テキストもすべてデジタル教材を使うなど、常に他校の先を行く姿勢は評価できます。

留学検討者は、自分独自の学校選びの基準を軸にし、デメリットが妥協できるかどうかを判断しながら選定するといいですね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
シンさん
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら