フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

【2022】バギオ留学の大人向け「WALES(ウェールズ)」の教科書

シン
WRITER
 
バギオ留学の大人向け「WALES(ウェールズ)」の教科書
この記事を書いている人 - WRITER -
シン
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら

WALES(ウェールズ)が気になってる!

という読者さんのために、こちらの記事では、

  • なぜWALESがおススメされているのか?
  • 知っておくべきネガティブな情報はないのか?

という疑問に対して、WALESの基本情報を交えながら解説します。

僕のこれまでのWALESの訪問歴は20回以上で、滞在自体も10回以上して沢山授業も受けているので、WALESに行ったことがある程度の人の情報よりもより詳細に多角的にWALESの事を語れると自負しています。ぜひ、参考にしてください。

目次

WALES(ウェールズ)のお勧めポイント

市街地までのアクセスがバギオ留学No.1

市街地までのアクセスがバギオ留学No.1

WALESを選ぶ人の最も理由は「市街地までのアクセスが良い」という事でしょう。バギオにある語学学校の殆どは、市街地まで行くためにタクシーを使っていく必要がありますが、WALESの場合徒歩圏内です。

周りに銀行・薬局・レストラン・バーなどの商業施設やバーハム・パークという大きな公園などが徒歩圏内に充実しているため、学校からちょっと出てお金を下ろしたい、食料を買いたい、飲みに行きたいなどという時も、パッとでてパッと帰ってこれるという利便性の高い学校です。

自習しやすい環境

WALESカフェ

自習しやすい環境

WALESカフェというダイニング場所を兼ね備えたカフェスペースがあるため、ここでいつでもお茶しながら自習ができます。また、WALESのWi-Fiは他校と比べても断然早いため、動画を見ながら学習するという事もほとんど問題ありません。

ビジネスセンター

※準備中

クオーテッドカフェ

また、WALESから徒歩30秒のところにあるQuoted Cafe(クオーテッドカフェ)も息抜きしたり、自習場所として最適です。カフェやランチメニューも豊富でWi-Fiも使えるので、実際に多くのWALES留学生が利用しています。

Quoted Cafe

クオーテッドカフェの雰囲気もリンク先から見れるので、ぜひ見てみてください。普通留学では、学校施設内だけが学校生活となりますが、利便性が良くて外出もできるWALESの場合、学校周辺の施設も留学の学校生活となるため、よりストレスなく留学が可能となります。

柔軟な姿勢で生徒想いの校長

語学学校では、「校長」と呼ばれる人と顔を合わせることが殆どなく、どの人が校長なのか知る留学生は殆どいないというぐらい留学生と校長には壁があります。

ですが、WALESの場合は留学生1人1人の顔と名前を校長が覚えてくれていて、たまに一緒にご飯を食べたりするほど距離が近い存在です。そのため、何か問題があれば柔軟に対応してくれます。

WALESのアクセス・基本情報

アクセス・周辺環境

WALESはバギオの市街地から徒歩圏にあってアクセスが非常に良い小規模(定員50人)な学校です。学校の斜め前には人気のカフェがあって留学生はそこでよく自習をしています。

また、徒歩圏内で銀行やATM、セブンイレブン、ドラッグストア、ファストフード店、ショッピングセンターなどもあって、繁華街までも徒歩圏内という好立地にも関らず静かな環境で生活できます。

基本情報

学校名 WALES
国籍比率
*通年平均
日本25% 韓国23% 台湾20% 中国17% ベトナム5% サウジアラビア 5% クウェート5%
スパルタ度 セミスパルタ 支払通貨 米ドル
設立 2006年 規模 60名
建物 ビル型 ジム ×
キッチン アパートタイプ
/レディースプレミアム
/プレミアム・アパートタイプ
クリニック
×
日本人
スタッフ
授業時間 1コマ
カップル
同室可否
婚約者:〇
既婚:〇
トイレ
(紙)
流せない
食事 平日:3食 *昼・夕オプション  土日祝:3食 *昼・夕オプション  
掃除/洗濯
シーツ交換
詳細を見る
掃除:週2回 
洗濯:週3回 
シーツ交換:2週間に1回 
部屋の設備
詳細を見る
デスクライト:〇 ドライヤー:〇 冷蔵庫:〇 金庫:〇
門限
日~木:22時 金土:3時 祝日:22時
ジュニア受入年齢
親子の場合:7歳~
単独の場合:15歳~

空港お迎え

入寮:隔週土曜日 退寮:土曜日

ピックアップ詳細


入寮後
の流れ

詳細を見る

WALES schedule

追加授業
詳細を見る
マンツーマンクラス

*ランドリー費100ペソ/4kg

WALESの施設・サービス面

WALESの施設・サービス面

コンドミニアムをフロアごと借り上げて、同建物内に教室や寮・ダイニングが完備しています。寮のタイプは一般のものと一般スタジオと家族で使うアパートメント、それに女性に人気の女性専用ユニット型のレディースプレミアム(2フロアあるアパートメントタイプ)から選べます。

設備のクオリティにこだわる方は、アパートメントタイプの方が滞在費はやや高めですが、寝室・リビング・テラス・キッチン・家庭用の大きな冷蔵庫・部屋専用のWi-Fiが備え付けられているため、一般的な寮と比べるとすごく快適に生活ができます。

また、レディースプレミアムは、最大7名でキッチン・リビング・2つのバスルームを共有しますが、寝室は別々(シングルとツインあり)で非常に好評なため、半年前から満室も当たり前の状態になっています。

国籍比率、スパルタ度、留学生の雰囲気・レベル

韓国・台湾・ベトナム・中国・日本のみならず、中近東からの留学生も多く見られる学校です。もともと日本人留学生は0でしたが、今では3割以上が日本人留学生で占める程の人気校となっています。
 
平均年齢は約30歳と社会人が多い学校で、門限平日22時まで、週末や祝日前も午前3時までOKなので、他校と比べて自分の時間を思いっきり確保できます。WALESにいる日本人スタッフは、何か問題があるときや英語の学習で停滞した時に非常に頼りになります。

留学前には、スタッフが電話で「どのようなことで悩んでいて、留学ではどのようなことを達成したいのか」というカウンセリングをしてくれます。生徒一人一人にきちんと向き合ってくれる学校は珍しいです。

部屋タイプ

スタジオタイプ―1人部屋

スタジオタイプ―2人部屋


*スタジオタイプ1人部屋にベッド2つ置いたタイプ

プレミアム・スタジオタイプ―1人部屋

*ベッドルームとリビングルームがあるため、スタジオタイプよりも1部屋分多い

プレミアム・スタジオタイプ―2人部屋


*プレミアム・スタジオタイプ1人部屋にベッド2つ置いたタイプ

プレミアム・スタジオタイプ―フルユニット

*説明準備中

アパートタイプ―フルユニット


*ベッドルーム×2、リビングルーム、キッチンがある家族で生活できるほど広い空間(スタジオタイプの2~4倍)

アパートタイプ―セミシングル


*アパートタイプフルユニットの寝室だけを分けて、リビング・キッチン・バスルームをもう一人の同居人とシェア

レディースプレミアム―シングル


*ベッドルーム5つ(シングル・ツイン)、リビングルーム、一賃、バスルーム×2つを女性最大7名で使用し、ベッドルームだけ個人で使用

レディースプレミアム―ツイン

レディースプレミアムツイン

*レディースプレミアムシングルと同じ空間で、ベッドルームがツイン。

プレミアム・アパートタイプ―フルユニット(外部寮)

*WALESから送迎ありで15分の距離の高台にあり、大きなリビングルーム・キッチン・バスルーム・ベッドルーム×2を1家族で使用。

プレミアム・アパートタイプ―セミシングル(外部寮)


*プレミアム・アパートタイプフルユニットのベッドルームのみを個人で使い、ビングルーム・キッチン・バスルームをもう一人と共有。

ギャラリー

外観
マンツーマンクラス
グループクラス
グループクラス
食堂
食堂
食堂
食堂
アパートメント
アパートメント
レディースプレミアムダイニング
レディースプレミアム
レディースプレミアムベランダ
外観
マンツーマンクラス
グループクラス
グループクラス
食堂
食堂
食堂
食堂
アパートメント
アパートメント
レディースプレミアムダイニング
レディースプレミアム
レディースプレミアムベランダ
previous arrow
next arrow

※スライドできます。

WALES(ウェールズ)の留学費用

期間ごとに航空券代を含めた留学費用(目安)を載せています。実際には、為替や航空券の取得タイミング・キャンペーンなどによって留学費用は変動する可能性があるため、お見積り依頼をしていただければ正確な金額が分かります。

*2022年4月25日の学校料金改定適用済み(旧料金表の価格が掲載されているサイトもあるのでご注意ください)

※2022年10月1日以降渡航者より現地支払費用が改訂されます。
※レートは1$=120円で固定されています。

1週間の留学費用

1週間の留学費用

おすすめ格安コース ESL Flexibleコース
部屋タイプ スタジオタイプ2人部屋
留学総費用(①+②+③) 192,080円
費用詳細を見てみる
①日本で払う費用
入学金 12,000円
授業料・滞在費・食費(朝のみ) 54,600円
小計① 66,600円
②フィリピンで払う費用
デポジット 7,500円
SSP 15,750円
ACR-Iカード 0円
ビザ延長 0円
水道光熱費 1,250円
テキスト代目安 3,750円
ピックアップ費 7,500円
食費(昼・夜) 6,250円
小計② 42,000円
③その他
航空券 80,000円
海外旅行保険 3,480円
小計③ 83,480円
合計:
192,080円

2週間の留学費用

2週間の留学費用

おすすめ格安コース ESL Flexibleコース
部屋タイプ スタジオタイプ2人部屋
留学総費用(①+②+③) 187,080円
費用詳細を見てみる
①日本で払う費用
入学金 12,000円
授業料・滞在費・食費(朝のみ) 100,800円
小計① 112,800円
②フィリピンで払う費用
デポジット 7,500円
SSP 15,750円
ACR-Iカード 0円
ビザ延長 0円
水道光熱費 1,250円
テキスト代目安 3,750円
ピックアップ費 7,500円
食費(昼・夜) 6,250円
小計② 42,000円 
③その他
航空券 80,000円
海外旅行保険 6,170円
小計③ 86,170円
合計:
187,080円

1ヶ月の留学費用

1ヶ月の費用

おすすめ格安コース ESL Flexibleコース
部屋タイプ スタジオタイプ2人部屋
留学総費用(①+②+③) 261,550円
費用詳細を見てみる
①日本で払う費用
入学金 12,000円
授業料・滞在費・食費(朝のみ) 168,000円
小計① 180,000円
②フィリピンで払う費用
デポジット 7,500円
SSP 15,750円
ACR-Iカード 0円
ビザ延長 0円
水道光熱費 5,000円
テキスト代目安 3,750円
ピックアップ費 7,500円
食費(昼・夜) 25,000円
小計② 64,500円 
③その他
航空券 80,000円
海外旅行保険 12,610円
小計③ 92,620円
合計:
337,120円

2ヶ月の留学費用

2ヶ月の留学費用

おすすめ格安コース ESL Flexibleコース
部屋タイプ スタジオタイプ2人部屋
留学総費用(①+②+③) 570,870円
費用詳細を見てみる
①日本で払う費用
入学金 12,000円
授業料・滞在費・食費(朝のみ) 336,000円
小計① 348,000円
②フィリピンで払う費用
デポジット 7,500円
SSP 15,750円
ACR-Iカード 0円
ビザ延長 8,600円
水道光熱費 10,000円
テキスト代目安 7,500円
ピックアップ費 7,500円
食費(昼・夜) 50,000円
小計② 106,850円 
③その他
航空券 80,000円
海外旅行保険 36,020円
小計③ 116,020円
合計:
570,870円

3ヶ月の留学費用

3ヶ月の留学費用

おすすめ格安コース ESL Flexibleコース
部屋タイプ スタジオタイプ2人部屋
留学総費用(①+②+③) 806,665円
費用詳細を見てみる
①日本で払う費用
入学金 12,000円
授業料・滞在費・食費(朝のみ) 504,000円
小計① 516,000円
②フィリピンで払う費用
デポジット 7,500円
SSP 15,750円
ACR-Iカード 8,250円
ビザ延長 20,375円
水道光熱費 15,000円
テキスト代目安 11,250円
ピックアップ費 7,500円
食費(昼・夜) 75,000円
小計② 160,625円 
③その他
航空券 80,000円
海外旅行保険 50,040円
 小計③ 130,040円
合計:
806,665円

半年の留学費用

半年の留学費用

おすすめ格安コース ESL Flexibleコース
部屋タイプ スタジオタイプ2人部屋
留学総費用(①+②+③) 1,212,628円
費用詳細を見てみる
①日本で払う費用
入学金 12,000円
授業料・滞在費・食費(朝のみ) 1,008,000円
小計① 1,020,000円
②フィリピンで払う費用
デポジット 7,500円
SSP 15,750円
ACR-Iカード 8,250円
ビザ延長 40,950円
水道光熱費 30,000円
テキスト代目安 22,500円
ピックアップ費 7,500円
食費(昼・夜) 150,000円
小計② 282,450円 
③その他
航空券 80,000円
海外旅行保険 113,870円
小計③:
193,870円
合計 1,496,320円
※前泊や延泊は要相談
※現地支払費用はPHP=2.3円で計算
※レートは1$=120円で固定
※2022年10月1日渡航者より現地支払費用が値上げ予定
※水道光熱費は部屋タイプによって異なる。
※航空券・海外旅行保険は日程や使用する保険会社、航空会社によって異なる。

WALESカリキュラムの強み・特徴

WALESカリキュラムの強み・特徴

日本人に留学生には英会話コースで良く知られている学校で、授業の中身も自由にアレンジできるという特徴を持っています。また、教室は24時間いつでも解放されているので、スピーキングや発音の自習をしたいという場合にも最適です。

ESL Flexibleコースの時間割サンプル

時間授業
~6:30起床
7:00~7:30朝食
8:00~8:45マンツーマンクラス(リーディング+語彙)
8:55~9:40自習
9:50~10:35マンツーマンクラス(スピーキング)
10:45~11:30自習
11:40~12:25昼食
12:35~13:20マンツーマンクラス(ディスカッション)
13:30~14:15マンツーマンクラス(ライティング+文法)
14:25~15:10自習
15:20~16:05自習
16:15~17:00マンツーマンクラス(リスニング)
17:10~18:50夕食
19:30~22:00自由
23:00~就寝

英会話(ESL)コース

ESLコース

コースの詳細を見てみる

ESLコース

ESLコース
マンツーマン6コマ
・グループ2コマ

合計8コマ

初級コース(A0~A2)では、英語の基本的な考え方への理科を高めるために設計された英語学習を始める基礎作りをし、レクチャー型の講義が中心となります。中級コース(B1~B2)では、自身を持って英語での幅広いコミュニケーションを可能にするため、自由回答式の議論・問題解決など理解の促進を目的としディスカッション形式の講義が中心です。

また上級コース(C1~C2)では、更なる英語能力の向上を図るためプレゼンテーションや様々なアクティビティを通したアウトプット型の講義が中心となります。

ESL  Flexibleコース

ESLコース
マンツーマン5コマ

合計5コマ

ESLコースと同じ内容ですが、時間のない方のために1日5コマだけ受講したい人向けのコースですが、4技能をしっかりと身につけることが可能となります。但し、それぞれの科目のリクエストにも応えられるため、中級者の人などは特に弱点と感じる科目を中心に取ることをお勧めします。

初級者用(WELCOMING)


中級者用(LEADING)


上級者用(ADVANCING)
 

ビジネスコース

ビジネスコース

コースの詳細を見てみる

ビジネスESLコース

ビジネスコース
マンツーマン6コマ
・グループ2コマ

合計8コマ

ビジネスESLコースでは、仕事、人、組織、生産、マーケティング、金融、経済、ビジネス文化など、専門的なものではなく、一般的な内容、語彙の説明、典型的な単語の組み合わせに関する情報を提供し、生徒自身の職業・研究等に関連させて、学んだ言葉や表現を実践できるように学習します。


IELTSコース

IELTSコース

コースの詳細を見てみる

IELTS Introコース(1.0~3.5)

マンツーマン5コマ
・グループ2コマ

 

合計7コマ

英語初心者向けのこちらのコースでは、英語の4技能を認知し、型に慣れる為のトレーニングをメインに行います。英語基礎力のない初心者がIELTSをいきなり勉強するのは難しいため、ESLの内容を中心にIELTSを徐々に学習していくという内容になります。

IELTS Developingコース(4.05~5.5)

マンツーマン5コマ
・グループ2コマ

 

合計7コマ

IELTSが学べるレベルにある方が入るこのコースでは、各技能内における多数の分野で点数獲得を狙うテクニックを中心に学びます。

IELTS Masteryコース(6.0~above)

マンツーマン5コマ
・グループ2コマ

 

合計7コマ

Developingよりも幅広く、高度なテクニックを習得し、高得点獲得を狙うため、個人の弱点に応じた対策を行います。

▼参考)IELTS対策でお勧めの学校一覧▼

ジュニア・プログラム(ESL/IELTS)

親子留学コース

コースの詳細を見てみる

ジュニアESLコース(対象:7~14歳)

親子留学コース
マンツーマン5コマ
グループ3コマ

 

合計8コマ

ジュニア生徒がより簡単に英語を学び、話せるようにデザインされたコースです。但し、ジュニアのレベルに応じて内容が変わります。英語がある程度できるお子さんでは、正確な英語へと洗練し、効果的な会話力を目指すことで、生徒の英語力を高いレベルへと引き上げるための内容になります。

ジュニアIELTSコース(対象:12~14歳)

親子留学コース
マンツーマン7コマ

 

 

合計7コマ

ジュニア生徒の英語力をIELTSマクロスキルを用いて正確に計測し、レベルアップをするためのコースです。

WALES(ウェールズ)のデメリット・注意点

ココに注意!トラブル事例を紹介

語学学校キャンパス型ではない

自由度も高くて立地もいいWALESですが、実はWALESは建物全体が学校というわけではありません。WALESの入っている建物は、レジデンスと言って一般の居住者が住んでいて、そのうちのいくつかのフロアをWALESとして貸し切って使用しています。

そのため、語学学校で思い描くようなキャンパス型ではないためご注意ください。

  • ご飯が少ない・美味しくない問題がありましたが、こちらは既に改善されています。むしろご飯は美味しい学校になっていると言えます。
  • 以前、ランドリーサービスに出すと衣類が紛失するという問題がありましたが、こちらは既に業者を選定しなおして改善しています。

留学生受入れ再開後の視察とアップデート

留学生受入れ再開後の視察とアップデート

【2022/11/10】

新日本人マネージャーとして引継ぎ予定だった藤井さんが急遽諸事情で担当できなくなったため、マーケティングスタッフは不在となります。但し、現地で留学生をサポートする日本人スタッフは在籍しているのでご安心ください。

【2022/10/15】

10/17(月)以降、弊校の日本マーケット担当として藤井が窓口対応をさせて頂く運びとなりましたので、ご連絡をさせて頂きます。現地担当者が金子(男性)より藤井(女性)に変更。

視察メモ

留学生受入れ再開後の2022年4月と7月に早速現地視察に行ってきました!ちょうど4月はWALESカフェの工事中、7月はビジネスセンターのの工事中で、毎回行くたびに新しくなっていきますね。因みに日本のエージェントで初めて新しくできた外部寮を見て滞在してきましたよ!

 

留学再開後、コロナの影響で変更になったことや気になったことをメモ代わりにこちらに残しておくよ。

  • プレップ講師制度:セキュリティの代わりにナイトタイムに講師をWALESカフェに配置し、留学生の自習で何か質問があれば夜間でも教えてもらえる。
  • IELTSの特徴:ウィークリーエッセイ。単語は類義語や同意語を強化。IELTS模試は現在月に1回だが、生徒が希望すれば月に2回も可能。弱点に絞って学習を進める。
  • IELTS講師:IELTSを担当する講師は13人で、オーバーオール8.0が2人、8.5が1人在籍。
  • ビジネスセンターが完成したらIELTS IBT公式テストセンターが入る予定。
  • IELTS受講生の60%が12~16週間で平均2.5アップ。残り40%も0.5-1.0アップ。
  • ビジネスコースで、生徒に応じた業界で対応可能。渡航前にカウンセリングをしてどのような内容で行うのかを事前に決める。6マンツーマン+2グループ(シチュエーショナルコース:テレフォン、アーティクルリーディング、オピニオン、ビジネスオピニオン、コレスポンデンス)→プレゼンテーションの順。

まとめ

WALESの特徴は、市街地までのアクセスがダントツで良いこと、そしてそのWALESカフェなどの設備に加えて近辺のカフェなどにもすぐに出れるという自習しやすい環境であること、更にバギオの中でも最も柔軟に対応してくれるということです。

レジデンス内にある50人前後の小さな学校のため、キャンパスを憧れている人には向きませんが、他校の様に外出禁止や課題が多いというスパルタの学校ではないため、どちらかというと自分のペースで進めたいという社会人にお勧めの学校です。

メリット・デメリットをあわせてみると自分に合う学校かどうかが分かります。以下の記事と合わせて判断してみてください。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
シン
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら