フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

【2023】セブ島留学のスパルタ校「CPILS(シピルス)」の教科書

シン
WRITER
 
セブ島留学のパイオニアCPILSの教科書
この記事を書いている人 - WRITER -
シン
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら

スパルタならセブ島のCPILSが良いの!?

今回の記事は、そんな方向け。

  • なぜまじめに勉強するのに良いの?
  • どんな口コミがあるの?
  • ネガティブ情報は?

2014年からセブを訪問すること40回以上。セブ島では、留学先でも遊ぶ人が多いのでまじめな雰囲気の学校を見つけるのは中々難しく、語学学校では、「教育に力を入れている」と自負する学校も多いですが、大抵「自称」です(笑)。

そんな中、CPILSはそうした自称の学校とは一線を画していて、留学先としてあるべき姿(スパルタ度が高くてまじめな学生が大半)が見られる珍しい学校です。

僕が実際に1週間滞在してすべてのコースを受講しながら、留学生の様子や感想を確認してきたので、CPILSが気になっている人は参考にしてみてね。

目次

CPILS(シピルス)の特徴

講師のクオリティが高い

講師のクオリティが高い

CPILSで一番お勧めできるポイントは「講師の質」です。ここまで講師が教えることにやる気をもって取り組んでいる学校はセブ島では少ないです。CPILSで働くことを誇りに思って、プロフェッショナルにやっている講師が多く、そうした仕組みづくりを学校がうまく作っています。

コロナ禍でもできるだけ質の高い講師を維持するために、オンライン留学を提供していました。

僕は全てのコースを一通り1週間かけて受けたけど、どのコースの講師もセブの平均点以上だったよ。

ネイティブ講師がセブ島で一番いる学校

ネイティブ講師がセブ島で一番いる学校

フィリピン・セブ島留学の講師はフィリピン人講師が当たり前ですが、CPILSにはセブ島で在籍しているネイティブ講師の数がダントツで多いです。だいたい、どのコースを選んでもネイティブ講師の授業も入ってくるので、ネイティブから受けたいという希望があれば最適です。

どの学校でも言えることですが、ネイティブ講師よりフィリピン人講師の方が授業が分かりやすい事が多いので、ネイティブ講師の有無だけで学校を決める必要はないと思うよ。

なるほど、あくまでも居るといいなぐらいで考えておけばいいんですね!

IELTS・TOEIC公式試験会場

TOEIC・IELTS公式試験会場

TOEICとIELTSの公式試験会場になっているため、留学生はいつもの雰囲気で緊張することなく同じ場所で受験が可能です。

スポーツジムとヨガが充実

スポーツジムとヨガが充実

この規模のフィットネスジムとヨガルームは学校では珍しいです。1週間当たり250ペソ(約500円)の料金が掛かりますが、運動好きな人にその価値は十二分にあります。プロテインも販売あり!

更に、ジムとヨガにはそれぞれ専用のトレーナーがついているので、汗を流しながら本格的な指導ももらえちゃいます。中々ここまでのトレーナーを完備している学校は少ないです。

ジムのトレーナーは、ナインティナインの岡村隆史に激似でダンベル落としそうになったよw この人が留学再開後も再雇用されてトレーナーとして在籍してるよ。

 

CPILSの岡村隆

CPILSの岡村隆史さん

確かに似てるww

 

CPILS(シピルス)のアクセス・基本情報

アクセス・周辺環境

セブ島初の語学学校でセミスパルタの500人規模の学校です。学校からセブの中心地やアイランドホッピングに行くときに使う港までは非常にアクセスが良い場所にあります。 セブ島では珍しくネイティブ講師10名も在籍している学校です。一般の英会話からTOEICなどの試験対策、ビジネスコースまで幅広く対応してくれる学校です。

基本情報

学校名 CPILS
国籍比率
*通年平均
韓国25%、日本25%、台湾20%、中国10%、ベトナム10%、他(タイ、ロシア、アラブ系)10%
スパルタ度
セミスパルタ 支払通貨 米ドル
設立 2001年 規模 400名
建物 キャンパス型 ジム
キッチン
× クリニック
日本人
スタッフ
授業時間 1コマ50分
カップル
同室可否
既婚:〇
未婚:×
トイレ
(紙)
流せない
食事 平日:3食  土日祝:3食  
掃除/洗濯
シーツ交換
詳細を見る
掃除:週1回 
洗濯:週3回*下着は自身で手洗い 
シーツ交換:週1回 
部屋の設備
詳細を見る
デスクライト:× ドライヤー:× 冷蔵庫:×*レンタル有 金庫:×*オフィスに有
門限
日~木:21時 金土:23時 祝日:21時
ジュニア受入年齢
親子の場合:8歳~(別々に授業可能な場合は6歳~)
単独の場合:15歳~(高校進学前は不可)

空港お迎え 入寮:日曜日 退寮:土曜日
ピックアップ詳細
CPILSピックアップ
CPILSピックアップ

入寮後
の流れ
詳細を見る
■到着後の月曜日の流れ
レベルテスト(筆記試験、リスニング、スピーキングテスト)
オリエンテーション(学生証作成、ビザ申請、校内・生活注意事項案内等)
校内ツアー
ショッピングモールで両替、買い物
追加授業
詳細を見る
現在なし

※既婚カップルが同室する場合は5th floor、ファミリールームを利用
※冷蔵庫レンタル500ペソ/4週間
※ナース常駐時間:平日8:00~21:00 土日16:00~20:00

CPILS(シピルス)の施設・サービス面

学校施設(売店)

学校内に寮・プール・食堂・売店・ジム(パーソナルトレーナー常駐)・ヨガルーム(ヨガインストラクター常駐)・クリニックなどが完備されていて、外出しなくてもすべてが完結します。

館内マップ

国籍比率、スパルタ度、留学生の雰囲気・レベル

コロナ禍前までは日本人比率が低く(ピークシーズンの春夏で25%、オフシーズンで10%)、多国籍で穴場の学校でしたが、2022年9月現在は日本人比率が30%ほどにまで上がっています。

国籍比率

他に台湾・中国・ベトナム・タイなどからも留学生が来ているため、割と国籍バランスが取れてきているようです。

イベント・アクティビティ

イベントの詳細

【2022/10/21ヨガ】

毎週火曜日と木曜日はジムでヨガが行われてます。時間は21:40から45分ほど行われており、どの生徒さんでも参加できます!身体を動かすいい機会であり、友だちを作る好機でもあります!

 

【2022/9/15 ボランティア活動】
ボランティア活動の一環として、セブ市内にある施設にジョリビーのバーガーとポテトやパンを配りに行きました。今回は、セブの子どもたちに寄付をしたいという生徒さんとそれをサポートをしたいという他の生徒さんたちとのボランティア活動でした。

CPILSボランティア    
CPILSボランティア
CPILSボランティア
CPILSボランティア

リゾート・アクティビティ関連の案内

周辺の施設
  • アヤラモール
    アヤラモール
    アヤラモール
    アヤラモール
    アヤラモール
    日本の食材はアヤラモールで購入可能です。品揃えは限られていて割高ですが、日本食が恋しくなったらこちらで寂しさをまぎらわせてください!

部屋タイプ

1人部屋デラックス

1人部屋DX

※窓が外側

1人部屋スタンダード

1人部屋ST

※窓が廊下側

2人部屋

2人部屋

3人部屋

3人部屋

4人部屋

4人部屋

※1週間のみの滞在は1人部屋デラックス・1人部屋スタンダード・2人部屋の滞在が可能。TOEIC・TOEFLコースは3人部屋の可能。

ギャラリー

※スライドできます。

CPILS(シピルス)の留学費用

期間ごとに航空券代を含めた留学費用(目安)を載せています。実際には、為替や航空券の取得タイミング・キャンペーンなどによって留学費用は変動する可能性があるため、お見積り依頼をしていただければ正確な金額が分かります。

*2022年6月の学校料金改定適用済み(旧料金表の価格が掲載されているサイトもあるのでご注意 *1週間の場合Single DX, Single ST もしくは2人部屋いずれかの滞在

1週間の留学費用

1週間の留学費用

おすすめ格安コース General ESLコース
部屋タイプ 2人部屋
留学総費用(①+②+③) 235,857円
費用詳細を見てみる
①日本で払う費用
入学金 16,250円
授業料・滞在費・食費 103,870円
小計① 120,120円
②フィリピンで払う費用
デポジット 6,900円
SSP 15,640円
ACR-Iカード 0円
ビザ延長 0円
光熱費 1,437円
管理費 920円
テキスト代目安 4,600円
IDカード 920円
ピックアップ費 1,840円
小計② 32,257円
③その他
航空券 80,000円
海外旅行保険 3,480円
小計③ 83,480円
①②③合計:
235,857円

2週間の留学費用

2週間の留学費用

 

おすすめ格安コース General ESLコース
部屋タイプ 4人部屋
留学総費用(①+②+③) 288,355円
費用詳細を見てみる
①日本で払う費用
入学金 16,250円
授業料・滞在費・食費 151,320円
小計① 167,570円
②フィリピンで払う費用
デポジット 6,900円
SSP 15,640円
ACR-Iカード 0円
ビザ延長 0円
光熱費 2,875円
管理費 1,840円
テキスト代目安 4,600円
IDカード 920円
ピックアップ費 1,840円
小計② 34,615円
③その他
航空券 80,000円
海外旅行保険 6,170円
小計③ 86,170円
①②③合計:
235,857円

1ヶ月の留学費用

1ヶ月の費用

おすすめ格安コース General ESLコース
部屋タイプ 4人部屋
留学総費用(①+②+③) 391,560円
費用詳細を見てみる
①日本で払う費用
入学金 16,250円
授業料・滞在費・食費 243,360円
小計① 259,610円
②フィリピンで払う費用
デポジット 6,900円
SSP 15,640円
ACR-Iカード 0円
ビザ延長 0円
光熱費 5,750円
管理費 3,680円
テキスト代目安 4,600円
IDカード 920円
ピックアップ 1,840円
小計② 39,330円
③その他
航空券 80,000円
海外旅行保険 12,620円
小計③ 92,620円
①②③合計:
391,560円

2ヶ月の留学費用

2ヶ月の留学費用

おすすめ格安コース General ESLコース
部屋タイプ 4人部屋
留学総費用(①+②+③) 681,872円
費用詳細を見てみる
①日本で払う費用
入学金 16,250円
授業料・滞在費・食費 486,720円
小計① 502,970円
②フィリピンで払う費用
デポジット 6,900円
SSP 15,640円
ACR-Iカード 0円
ビザ延長 9,522円
光熱費 11,500円
管理費 7,360円
テキスト代目安 9,200円
IDカード 920円
ピックアップ費 1,840円
小計② 62,882円
③その他
航空券 80,000円
海外旅行保険 36,020円
小計③ 116,020円
①②③合計:
681,872円

3ヶ月の留学費用

3ヶ月の留学費用

おすすめ格安コース General ESLコース
部屋タイプ 4人部屋
留学総費用(①+②+③) 973,269円
費用詳細を見てみる
①日本で払う費用
入学金 16,250円
授業料・滞在費・食費 730,080円
小計① 746,330円
②フィリピンで払う費用
デポジット 6,900円
SSP 15,640円
ACR-Iカード 7,590円
ビザ延長 21,919円
光熱費 17,250円
管理費 11,040円
テキスト代目安 13,800円
IDカード 920円
ピックアップ費 1,840円
小計② 96,899円
③その他
航空券 80,000円
海外旅行保険 50,040円
小計③ 130,040円
①②③合計:
973,269円

半年の留学費用

半年の留学費用

 

おすすめ格安コース General ESLコース
部屋タイプ 4人部屋
留学総費用(①+②+③) 235,857円
費用詳細を見てみる
①日本で払う費用
入学金 16,250円
授業料・滞在費・食費 1,460,160円
小計① 1,476,410円
②フィリピンで払う費用
デポジット 6,900円
SSP 15,640円
ACR-Iカード 7,590円
ビザ延長 45,655円
光熱費 34,500円
管理費 22,080円
テキスト代目安 27,600円
IDカード 920円
ピックアップ費 1,840円
小計② 162,725円
③その他
航空券 80,000円
海外旅行保険 113,870円
小計③ 193,870円
①②③合計:
1,833,005円

CPILSのカリキュラム・コース紹介

カリキュラム

セブ島は一番メジャーな留学地域なので、この地域だけで100校近くの学校がありますが、仮に留学地域をセブ島にしたい場合、注意した方がいいことがあります。 それは、セブ島は知名度がありすぎて「留学生の数に対して講師の数が足りていないという問題をどの学校も抱えている」ということです。

ただ、それだと学校が成り立たないため、中途半端な講師をそろえて授業を提供している学校が数多くあります。 セブ島でなぜこの学校をお勧めしているかというと、CPILSは真っ先にその問題に対応しているからです。CPILSは優秀な「講師育成と確保」に影で力を入れているので、高品質な授業が受けやすいのが特徴です。

ビジネスとして儲ける事よりも留学生の成果を求める事を優先するというセブ島の中では数少ない学校の1つで、「ただ楽しかった留学」にならないよう、あくまでも成果を求められるように配慮して制度・規則・カリキュラムが作られている学校なんだよ。

ターゲットスコアシステムを見る

ターゲットスコアシステム(TOEIC・IELTSに適用)

ターゲットスコアシステム

例えば、TOEIC・IELTSコースを受講する人には、段階的(隔週)な目標設定、模擬試験による弱点分析、適切な対策により、最終的なターゲットスコア達成を保証し、実力と可能性を最大限に引き出すターゲットスコアシステムが適用され、以下のような取り組みがあります。

• スキルアップのための計画的な取り組み
• 弱点を分析、リストアップし、それに応じて必要なスキルを強化
• 設定した目標が達成できるよう、講師は常にサポートし、確実に目標を達成する
• 目標スコアを徐々に上げていくことで常に向上心を維持する

CPILS内部ではスコアアシュアランスと呼ばれていて、強みと弱みを分析する場合、例えば「クラス内でのパフォーマンスは良いけど、テスト本番になると本領を発揮できない人」という弱みが分かれば、たまに当たったことのない講師を配置してクラスを行う事で緊張に慣れさせるなどの対策を行います。

よくある弱みのパターンとして、ショートメモリ(記憶力が弱い)・自虐的・緊張しがなどが挙げられますが、担当講師がそれらを分析した後に、それらの情報が記録されます。単にスコアだけではなくどのアプローチがより効果を発揮するのかを見てアプローチ方法を確立させていきます。

例えIELTS5.5保持者が居たとしても、5.5の中でも上中下のレベルがあり、また科目ごとにアプローチの方法が異なるんだ。CPILSはそれらを数学者も交えて仕組みを作り上げたんだよ。

へ~、なんか難しいけどすごいですね。

時間割サンプル

時間授業
7:00~8:00朝食
8:00~8:50マンツーマンクラス(リーディング)
9:00~9:50マンツーマンクラス(リスニング)
10:00~10:50マンツーマンクラス(ライティング)
11:00~11:50自習
11:50~12:50昼食
12:50~13:40グループクラス(スピーキング)
13:50~14:40グループクラス(ディスカッション)
14:50~15:40グループクラス(ネイティブ)
15:50~16:40グループクラス(ネイティブ)
16:50~17:40グループクラス(リスニング)
17:40~18:40夕食
18:40~19:30任意参加クラス

英会話(ESL)コース

ESLコース

コースの詳細を見てみる

General ESLコース

ESLコース
・マンツーマン:3コマ
・1:4グループ:2コマ
・1:8グループ:2コマ
・スペシャルクラス:2コマ

合計7コマ+2コマ

1:1、1:4、1:8のクラスがバランスよく組み込まれており総合的に英語力を高めることのできるカリキュラム構成になっております。また7コマのクラスでもの足りない場合には無料でグループリスニング、スペシャル選択クラス(歌、映画、発音、TOEICから選択)の受講が可能です。

General ESL Plusコース

ESLコース
・マンツーマン:4コマ
・1:4グループ:2コマ
・1:8グループ:1コマ
・スペシャルクラス:2コマ

合計7コマ+2コマ

CPILS1番の人気コース! 通常のGeneral ESLコースよりマンツーマンのクラスが1つ多く組み込まれており、グループレッスンに自信のない英語初心者にオススメのコースです。1:1、1:4、1:8のクラスがバランスよく組み込まれており総合的に英語力を高めることのできるカリキュラム構成になっております。また7コマのクラスでもの足りない場合には無料でグループリスニング、スペシャル選択クラス(歌、映画、発音、TOEICから選択)の受講が可能です。

Premier Spartaコース

ESLコース
・マンツーマン:5コマ
・1:4グループ:2コマ
・1:8グループ:2コマ
・スペシャルクラス:1コマ
・強制自習:2コマ

合計10コマ+2コマ

短期で集中して学習したい方におすすめのコース! 1日10時間以上の詰込みの授業が受講できます。みっちりと英語漬けの毎日になるので一般英語コースとは英語力の伸びが違
います。必須自習があり、予習、復習が大切な留学生活で集中して学習できます。自分に甘く、一人では勉強できない人にはぴったりです。

ESL+Fitnessコース ※受付停止中

ESLコース
・マンツーマン:4コマ
・1:4グループ:1コマ
・1:8グループ:1コマ
・フィットネス:2コマ
・スペシャルクラス:1コマ

合計6コマ+1コマ

校内にある本格的なフィットネスジムを使い、ダイエット、ボディメイク、筋トレなどを専属のフィジカルトレーナーが担当し、英語学習とフィットネスの両立が可能なコースです。入学時のトレーナーとのカウンセリングを通して希望に沿ったトレーニングメニューを行います。

マンツーマンのコマ数が少ないGeneral ESLコースとマンツーマンコマ数が多いGeneral ESLプラスコースは同じ金額だから、「General ESLプラスコース」の方がお得だよ。また、Spartaコースを選ぶと21時まで授業が続くので、門限21時の平日の外出は不可能になるよ。

2023年春高校生キャンプ20名限定詳細

以下、3つの日程で高校生向けのキャンプ専用プログラムが開催されます。詳細は、以下リンクよりご確認ください。

  • 2023 年 3 月 18 日(土)~2週間
  • 2023 年 3 月 25 日(土)~2週間
  • 2023 年 3 月 18 日(土)~4週間

2023年高校生キャンプパンフレット

2023年高校生キャンプスケジュール詳細

▼参考)初心者の英会話対策なら見ておきたい記事▼

TOEICコース

TOEICコース

コースの詳細を見てみる

TOEIC Basic(250-495)/ TOEIC Intermediate(500-800)コース

TOEICコース
・マンツーマン:4コマ
・1:4グループ:2コマ
・グループ:3コマ
・強制自習:3コマ

合計9コマ+自習3コマ

CPILS独自のターゲットスコアシステムを採用模擬試験を通し、テスト結果に応じて2週間ごとの目標スコアを設定試験結果をもとに弱点を分析、スキルごとに細分化し生徒へのフォローを行うサイクルで最終的な目標スコアへ段階的に導きます。2週間に1度の模擬試験 (金曜日15:30~)があり、既定の点数を下回った場合土曜日に再試験があります。

TOEIC点数保証コース

TOEICコース
・マンツーマン:4コマ
・1:4グループ:2コマ
・グループ:3コマ
・強制自習:3コマ

合計9コマ+自習3コマ

【保証条件】
・出席率100%
・模擬テスト参加100%
・宿題100%
・ペナルティ5ポイント以上で資格喪失

【達成できなかった場合】
延長4週間分の授業料免除

IELTSコース

IELTSコース

コースの詳細を見てみる

Pre-IELTSコース(1.0~2.5)

・マンツーマン:5コマ
・1:4グループ:1コマ
・1:8グループ:1コマ
・1:15グループ:2コマ
・強制自習:3コマ

合計9コマ+自習3コマ

IELTS Basic(3.0-4.0)/IELTS Intermediate(4.5~)コース

・マンツーマン:4コマ
・グループ:5コマ
・強制自習:3コマ

合計9コマ+自習3コマ

CPILS独自のターゲットスコアシステムを採用。模擬試験を通し、テスト結果に応じて2週間ごとの目標スコアを設定。試験結果をもとに弱点を分析、スキルごとに細分化し生徒へのフォローを行うサイクルで最終的な目標スコアへ段階的に導きます。コンピューターベースのテストとペーパーテストあり。

・2週間に1度の模擬試験 (金曜日15:30~)
*既定の点数を下回った場合、翌週土曜日に再試験

IELTS点数保証コース

・マンツーマン:4コマ
・1:8グループ:5コマ
・強制自習:3コマ

合計9コマ+自習3コマ

・CPILS独自のターゲットスコアシステムを採用。模擬試験を通し、テスト結果に応じて2週間ごとの目標スコアを設定。試験結果をもとに弱点を分析、スキルごとに細分化し生徒へのフォローを行うサイクルで最終的な目標スコアへ段階的に導きます。

・2週間に1度の模擬試験 (金曜日15:30~)
既定の点数を下回った場合土曜日に再試験

【保証条件】

・出席率100%
・模擬テスト参加100%
・宿題100%
・ペナルティ5ポイント以上で資格喪失

保証プログラム受講者は、以下の事項を満たす必要があります。

a.IELTSクラスへの出席率が100%であること(IELTS模擬試験、ESLプログレステストを含む)
b.宿題を必ず提出すること(1度でも宿題を提出を怠った場合、保証は無効となります)
c.隔週で行われる模擬試験(金曜日)には、目標スコアが与えられ、目標スコアに達しない場合、土曜日の模擬追試試験が実施されます。
d.模擬試験(金曜日または土曜日)の結果を維持できなかった場合、保証の対象外となります。(ただし、12週間のうち3回の受験機会があります。)
e.IELTSコース開始時に「IELTS保証プログラム契約書」に署名する必要があります。受講者のプレイスメントスコアが保証のバンドスコアの基準となります。
保証プログラム受講者を受け入れる際に使用されるプレイスメントスコアは以下の通りです。ESLプレイスメントテスト、IELTSプレイスメントテスト、オフィシャルバンドスコア( 適用される場合)
f.最低受講期間は12週間です。
g.保証プログラムの解除は、受講者のオフィシャルテストのバンドスコアの維持状況に基づき判断されます。このスコアを維持できない場合、保証対象外 となります。
h.受講者の公式テストスコアは更新され、管理されます。成績が下がった場合は、カウンセリングを行います。受講者はスコアを維持しなければならず、以前のスコアを下回ってはなりません。
i.受講者が公式テストで必要なスコアに達したにもかかわらず、それを維持することができない場合、保証プログラムの特典は失効します。
j.アドミンおよびアカデミックオフィスより、ペナルティ・警告が3回以上あった場合、保証対象から除外されます。
k.受講者がバンドスコアの条件を満たせなかった場合、1ヶ月間の無料授業を提供します。ただし寮費、ビザの延長、電気代、水道代は受講生の負担となります。
l.受講者のバンドスコアは総合点のみ保証されます。 特定スキルの要件は適用されません。
m.受講生は、違反の有無に関わらず、無料で公式テストを受験することができます。

【達成できなかった場合】

延長4週間分の授業料免除

▼参考)IELTS対策でお勧めの学校一覧▼

TOEFLコース

TOEFLコース

コースの詳細を見てみる

TOEFLコース *2022/6/6内容変更済み

TOEFLコース
・マンツーマン:3コマ
・1:4グループ:2コマ
・1:8グループ:2コマ
・1:15グループ:2コマ
・強制自習:3コマ

合計9コマ+自習3コマ

TOEFLコースの申込は最低4週間以上からで、エッセイ・スピーキングに重点をおいてアカデミックな授業が受けられます。因みに、順天堂大学が毎年夏にTOEFL留学をCPILSでしているほど定評があります。マンツーマンクラスにてTOEFL試験対策授業グループレッスンではディスカッション、ネイティブ講師のクラスを受け、バランスよく英語力を向上し、進学準備、進学後の為に役立てます。

親子留学コース

親子留学コース

コースの詳細を見てみる

PCP Basisコース(保護者)

親子留学コース
・マンツーマン:3コマ
・1:4
グループ:2コマ

合計5コマ

PCP Basisコース(子ども)

親子留学コース
・マンツーマン:2コマ
・1:4
グループ:2コマ
・グループ:1コマ

合計5コマ

マンツーマンとグループクラスでバランスよく学び、アートを通して楽しく英語に触れあいます。午前中に4コマ、ランチ後に1コマあるので、午後の空いた時間は親子でセブ島を満喫できます。

PCP Intensiveコース(保護者)

親子留学コース
・マンツーマン:4コマ
・1:4
グループ:2コマ
・1:8グループ:1コマ

合計7コマ

PCP Intensiveコース(子ども)

親子留学コース
・マンツーマン:5コマ
・1:4
グループ:1コマ
・1:8グループ:2コマ
・グループ:1コマ

合計9コマ

PCP Basicコースよりも更にコマ数を多くとりたい人向けのコースです。

ビジネスコース

ビジネスコース

コースの詳細を見てみる

ビジネスコース

ビジネスコース
・マンツーマン:4コマ
・1:4グループ:2コマ
・1:8グループ:1コマ
・グループ:2コマ

合計9コマ

ビジネス英語の基礎から応用まで、様々な状況での対応を学習できるコースです。

PMC(Power Speaking & Modern Communication)コース

ビジネスコース
・マンツーマン:4コマ
・1:4グループ:3コマ
・1:8グループ:1コマ
・グループ:2コマ
・強制自習:2コマ

合計10コマ+自習2コマ

主にプレゼンテーション、パブリックスピーキング力を伸ばすためのコース。英会話における高いコミュニケーション能力の向上に主点を当てたコースです。

持ち物:PC持参必須、パワーポイント

・Basicコース:4週に1度のプレゼンテーション
・Intermediateコース:毎週プレゼンテーション、録画
・TEDトークなどを活用

ビジネスコースもPMCコースもレベルに応じてクラスが分かれてるので安心。中でもPMCコースは、プレゼン専用のコースなんだけど、プレゼン必要じゃなかったとしてもこのコースは英語の上達にすごく自信がつくからおすすめ。

CPILS(シピルス)に行くならココに注意!トラブル事例を紹介

ココに注意!トラブル事例を紹介

施設は古い

施設は古い

セブ島初の語学学校ということもあり、施設は割と老朽化しています。もともとホテルだったところを買い取って学校として改修して使っていますが、すごく汚いというわけではないので、ある程度妥協できる人であれば、全然耐えられる環境だと思います。

実際に1週間滞在してたけど、施設を期待しなければ普通に過ごせたよ。

Wi-Fiが使えない

Wi-Fiが使えない

Wi-Fiは校内や寮では中々使えないので、使いたい人は付属のカフェに行って使うことができます。そこで自習もできるので、休み時間があればカフェに行くといいです。また、同時に自分でもポケットWi-Fiや現地SIMカードを入れるなどしてネット環境を準備しておくことをお勧めします。

▼【フィリピンでスマホ】ポケットWiFiは無駄遣い!現地SIMカードで20倍節約!▼

最新アップデートと視察メモ

留学生受入れ再開後の視察とアップデート

【2023/1/21】キャンペーン情報の追加・更新

以下、「キャンペーン情報」の見出しに更新

【2023/1/6】2023年高校生キャンプの案内

「2023年高校]生キャンプ」が今春実施されます。詳しくは、上記見出し「英会話(ESL)コース」内に記載があります。

【2022/12/22】直近の国籍比率
韓国 52%、ベトナム、16%、日本11%、台湾11%、その他(中国、タイ等)


【2022/11/26】11月のイベントスケジュール
CPILSイベント

【2022/11/15】11月のイベントスケジュール

CPILSイベント
【2022/11/18】カフェ再開

校内のカフェがプレオープンしました。休み時間や放課後など、息抜きにいかがでしょうか?
*現在は現金決済のみとなります。
【2022/10/28】
国籍比率/受講比率更新
国籍比率
CPILS国籍比率

受講比率
CPILS国籍比率

【2022/10/13】国籍比率更新

10.13国籍比率【2022/10/13】10月のイベントスケジュール

CPILSカレンダー

【2022/9/13】国籍比率更新

9.13国籍比率

【2022/9/2】

 

キャンペーン情報

【2023/1/21】

  • 申込期間:203/1/21~2023/12/22
  • 対象の部屋:エクステンション・ルーム(シングル/ツイン)

キャンペーン

【2022年11月2日】→【延長:2023/1/21】キャンペーン延長

キャンペーン

・お申込期限:【2022年9月1日~2023年1月27日(金)18:00までの締め切り】→延長:~2023年2月26日(日)までの〆切。
・入寮期限:【2023年4月30日(日)までのご入寮の生徒様に適用】
・PROMOのご内容:現在の料金表(2022年6月~)より(登録料は除きます)
◎4W以上 留学費用の10%OFF
◎8W~24W 留学費用の10%OFF + ご料金そのままでルームのグレードアップ。(2タイプのみ)

・QUAD料金でTRIPLE ROOMへグレードアップまたは、TRIPLE料金でTWIN ROOMへグレードアップ
但し、アップグレードは、空室がある場合に限定されます。)
◎ IELTSコース 12W以上でオフィシャルテスト1回無料。
◎ TOEICコース 8W以上で      〃

CPILSキャンペーン

視察メモ

留学生受入れ再開後の2022年4月に早速CPILSを訪問してきました。まだ留学生自体は少なかったですが、日本・フィリピン現地どちらも日本人スタッフがそれぞれ配置されていて安心して留学できる状況が整っていましたよ。

 

留学再開後、コロナの影響で変更になったことや気になったことをメモ代わりにこちらに残しておくよ。

【2022/4/13】

  • ネイティブ講師は以前と同じ講師が在籍
  • フィリピン人の在籍している講師は、以前の講師と同じでオンライン授業も担当。若干新しい講師も採用。
  • 講師トレーニングは毎週で、更に月に2回生徒のケーススタディトレーニングを行う。IELTS6.0と7.0目標の生徒への教え方は違う。
  • 現在、IELTS・TOEIC講師は、在籍講師の中で選抜されたのちに2週間のトレーニングを受けて正式に担当。
  • 現地スタッフは、日本人マネージャー女性1人と学生インターン男性1人を配置予定。日本法人は牧田さんが営業担当で社長は峰村さんと事務方。
  • フィリンターの元副校長(ジェイムズ・パー)がCPILSに就任。これまでのCPILSのカリキュラムを大幅に見直す担当。
  • コロナ禍対策で対面授業では、ガラスを講師と生徒の間に置いている。

まとめ

まとめ

セブ島ではどんどん新しい学校が出来るので、古い学校はすぐに忘れられていきます。

なので、学校も生き残りをかけてインフルエンサーと呼ばれる人を招待して告知してもらったりいろんなことをしています。

そうした中、CPILSはそういうマーケティング活動(集客のための活動)には殆どお金をかけず、教育や講師の質の担保や向上のために真剣に考えている学校でした。

施設は割と古く、ネット環境も良くないのでそれらが整っていないと留学自体厳しいという人もいると思います。

ただそこは妥協できるという人にとっては、有力な選択肢になることは間違いないはずです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
シン
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら