フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

バギオのスパルタ名門校「PINES (パインス)チャピスキャンパス」の教科書

シンさん
WRITER
 
バギオイチのスパルタ名門校「PINES Academyチャピスキャンパス」の教科書
この記事を書いている人 - WRITER -
シンさん
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら

PINES(パインス)が気になって気になってしょうがない!

という読者さんのために、こちらの記事では、

  • 「なぜ選ばれ続けているのか?」
  • 「非公開のネガティブな情報はないのか?」

という疑問に対して、PINESチャピスキャンパスの基本情報を交えながら解説します。

僕のこれまでのPINESを訪問歴は「メイン×5回以上、チャピス5回以上」です。更に両キャンパスに1週間ずつ授業を受けながら滞在しています。

更に、インターン生6名をPINESに送り込んで調査しているので、表向きの情報だけ公開しているサイトよりも多角的にPINESの事を語れると思っています。参考にしてもらえれば嬉しいです。

 

PINESの基礎知識

PINESには2つキャンパスがあって何を勉強したいかによってキャンパスが違うため、あった方を見てください。

  • 「英会話コース」なら→メインキャンパスを参照
  • 「試験対策コース(IELTS/TOEIC/TOEFL)」なら→チャピスキャンパス(こちらの記事)を参照

 

PINES(パインス)チャピスキャンパスのお勧めポイント

①試験対策に特化したキャンパス

①試験対策に特化したキャンパス

通常は、英会話(ESL)コースの受講生も同キャンパスにいますが、「PINES International Academy(パインス・インターナショナル・アカデミー)」のチャピスキャンパスは、IELTS・TOEIC・TOEFL対策を専門に行うキャンパスです。

英会話(ESL)コースの受講生は、試験対策コースの受講生と違って真面目度や本気度が低い傾向にあります。ですが、チャピスキャンパスでは海外就職や海外進学など明確な目標を期限付きで必死にやっている生徒しかいないため、真面目に勉強したいという人には最適な環境になっています。

②カリキュラムの独自開発チーム

②カリキュラムの独自開発チーム

PINESにはカリキュラム開発専門のチームがあり、メインキャンパスとチャピスキャンパスでそれぞれチームが分かれています。メインキャンパス用に一般英会話コースの開発、チャピスキャンパス用に試験対策コースの開発。

フルタイムで開発に携わる人や講師と兼任して開発に携わる人もいますが、いずれも経験の長い講師かPINES内部で評価の高い講師が担当しています。0.5ポイント刻みでテキストが作られているIELTS点数保証コースなど質の高いプログラムは、こうしたチームによって支えられています。

③エキスパートな講師陣

PINES講師陣

PINESには、英会話(ESL)コース専用のメインキャンパスと試験対策コース専門チャピスキャンパスに分かれています。試験対策コースを担当する講師は基本的にメインキャンパスでの実績や評価を元に選び抜かれた人が担当するようになっています。

そのため、メインキャンパスより実力が高い講師が集まっている傾向があります。チャピスに1週間滞在して授業を受けてきたことがあるので、以下の記事も参考にしてください。

PINESチャピスキャンパスのアクセス・基本情報

アクセス・周辺環境

PINESチャピスキャンパスは、試験対策専用の名門校(120名規模)です。チャピスビレッジという閑静な住宅街の中にあります。ちょっと歩けば幹線道路に出るため、タクシーも拾いやすい場所です。

学校名 PINESチャピスキャンパス
国籍比率
(通年平均)
日本25%/韓国25%/台湾12%/ベトナム22%/
中国10%/モンゴル等6%
設立 2013年 規模 120名
建物 元ホテル ジム
自習場所
自習場所:〇
教室開放:〇
クリニック
トイレ
紙は流せない デスクライト
日本人スタッフ 授業時間 1コマ50分
入寮・退寮 入寮:隔週土曜日
退寮:土曜日
食事 平日:3食
土日祝:2食
掃除・洗濯 掃除:週2回
洗濯:週3回
シーツ交換
4週に1回
門限
月~金:外出禁止 土:門限なし  日:21時
ジュニア受入年齢
親子の場合:6歳~
単独の場合:17歳以上
空港お迎え

隔週土曜日。

入寮直後のスケジュール

【3週間以上の留学】月曜日レベルチェックテスト、オリエンテーション、火曜日から授業開始

【2週間以下の留学】同上

授業追加

マンツーマンクラス:6,500PHP/4週間

PINESチャピスキャンパスの施設・サービス面

PINESチャピスキャンパスの施設・サービス面

決して大きくはない建物ですが、同建物内に教室、寮、ダイニング、ジム、売店など必要最低限の設備は整えています。スパルタ系の学校で、平日月~木曜日は外出禁止ですが、学校の周辺100M以内なら外出できるので、その範囲にあるカフェなどに行って自習をすることもできます。

国籍比率、スパルタ度、留学生の雰囲気・レベル

日本以外に、韓国・台湾・ベトナム・中国・モンゴルから留学生が来ていて、ガッツリと高得点を目指している外国人留学生~これから英語の勉強を始める日本人留学生まで様々です。特に中級レベル~上級レベルでは、英語の先生や帰国子女も見られるので、高いスコアを目指している留学生でも対応できる学校です。

部屋タイプ

1人部屋

2人部屋
2人部屋

3人部屋
3人部屋

4人部屋
4人部屋

ギャラリー

外観
レセプション
教室
教室
教室
ジム
ジム
ジム
ジム
卓球台
教室
ダイニングエリア
廊下
廊下
廊下
外観
レセプション
教室
教室
教室
ジム
ジム
ジム
ジム
卓球台
教室
ダイニングエリア
廊下
2F Hallway (1)
廊下
廊下
previous arrow
next arrow

※スライドできます。

PINESチャピスキャンパスの留学費用

期間ごとに航空券代を含めた留学費用(目安)を載せています。実際には、為替や航空券の取得タイミング・キャンペーンなどによって留学費用は変動する可能性があるため、お見積り依頼をしていただければ正確な金額が分かります。

*2022/8/15の学校料金改定適用済み(旧料金表の価格が掲載されているサイトもあるのでご注意ください)

2週間の留学費用

2週間の留学費用

おすすめ格安コース IELTSコース
部屋タイプ 4人部屋
留学総費用(①+②+③) 251,170円
費用詳細を見てみる
①日本で払う費用
入学金 15,000円
授業料・滞在費・食費 108,600円
②フィリピンで払う費用
デポジット 6,900円
SSP 14,490円
ACR-Iカード 0円
ビザ延長 0円
水道光熱費 2,300円
テキスト代目安 3,450円
空港送迎費(片道) 6,900円
IDカード 460円
ポイント 6,900円
③その他
航空券 80,000円
海外旅行保険 6,170円
合計:
251,170円

1ヶ月の留学費用

1ヶ月の費用

おすすめ格安コース IELTSコース
部屋タイプ 4人部屋
留学総費用(①+②+③) 332,320円
費用詳細を見てみる
①日本で払う費用
入学金 15,000円
授業料・滞在費・食費 181,000円
②フィリピンで払う費用
デポジット 6,900円
SSP 14,490円
ACR-Iカード 0円
ビザ延長 0円
水道光熱費 4,600円
テキスト代目安 3,450円
空港送迎費(片道) 6,900円
IDカード 460円
ポイント 6,900円
③その他
航空券 80,000円
海外旅行保険 12,620円
合計:
332,320円

2ヶ月の留学費用

2ヶ月の留学費用

おすすめ格安コース IELTSコース
部屋タイプ 4人部屋
留学総費用(①+②+③) 559,582円
費用詳細を見てみる
①日本で払う費用
入学金 15,000円
授業料・滞在費・食費 362,000円
②フィリピンで払う費用
デポジット 6,900円
SSP 14,490円
ACR-Iカード 0円
ビザ延長 7,912円
水道光熱費 9,200円
テキスト代目安 6,900円
空港送迎費(片道) 6,900円
IDカード 460円
ポイント 13,800円
③その他
航空券 80,000円
海外旅行保険 36,020円
合計:
559,582円

3ヶ月の留学費用

3ヶ月の留学費用

おすすめ格安コース IELTSコース
部屋タイプ 4人部屋
留学総費用(①+②+③) 787,975円
費用詳細を見てみる
①日本で払う費用
入学金 15,000円
授業料・滞在費・食費 543,000円
②フィリピンで払う費用
デポジット 6,900円
SSP 14,490円
ACR-Iカード 7,590円
ビザ延長 18,745円
水道光熱費 13,800円
テキスト代目安 10,350円
空港送迎費(片道) 6,900円
IDカード 460円
ポイント 20,700円
③その他
航空券 80,000円
海外旅行保険 50,040円
合計:
787,975円

半年の留学費用

半年の留学費用

おすすめ格安コース IELTSコース
部屋タイプ 4人部屋
留学総費用(①+②+③) 1,418,537円
費用詳細を見てみる
①日本で払う費用
入学金 15,000円
授業料・滞在費・食費 1,086,000円
長期割引 -15,000円
②フィリピンで払う費用
デポジット 6,900円
SSP 14,490円
ACR-Iカード 7,590円
ビザ延長 31,027円
水道光熱費 27,600円
テキスト代目安 20,700円
空港送迎費(片道) 6,900円
IDカード 460円
ポイント 23,000円
③その他
航空券 80,000円
海外旅行保険 113,870円
合計:
1,418,537円

PINES(パインス)チャピスキャンパスのカリキュラム紹介

試験対策では、TOEIC・IELTS・TOEFLコースが準備されていて、それぞれに専門の講師が付きます。PINESの試験対策コースでは、PINESの中でもベテランの講師が担当しているので、講師の質が高いことで有名です。  

時間割サンプル

試験対策コースの場合

時間授業
7:00~7:45任意参加クラス
7:00~8:00朝食
8:10~8:55グループクラス(リスニング)
9:05~9:50グループクラス(リスニング)
10:00~10:45グループクラス(慣用句、頻出表現)
10:55~11:40自習
11:50~12:35マンツーマンクラス(語彙)
12:40~13:25昼食
13:35~14:20マンツーマンクラス(スピーキング)
14:30~15:15マンツーマンクラス(発音)
15:25~16:10自習
16:20~17:05グループクラス(ディスカッション)
17:15~18:00マンツーマンクラス(文法)
18:10~18:55夕食
20:00~22:20任意参加クラス

TOEICコース

TOEICコース

コースの詳細を見てみる

TOEICコース

TOEICコース
マンツーマン4コマ

・グループ4コマ

 

合計8コマ

近年就職活動の際等に重宝しているTOEICテストの総合対策コースです。このコースではビジネスシーンにおける日常的なコミュニケーション、または業務などに必要な実用英語力を身に付けると同時に、TOEIC専門講師と共に短期間での点数アップを目指します。リスニングとリーディングのみに特化したいという要望があれば、相談の上で科目の変更も可能。

TOEIC Speakingコース(TOEIC S&Wテスト対策)

TOEICコース
マンツーマン4コマ

・グループ4コマ

 

合計8コマ

一般的にTOEIC Speaking はダイアログ、対話、適切に構成されたビジネスシーンにおけるディスカッションにフォーカスしたテストで、このコースではビジネスシーンで使われる対話や討論などの実践を想定したシチュエーションを学ぶことが可能です。テストへの準備と高得点を目指したカリキュラムで構成されており、ビジネスセクションにおけるスピーキング能力を伸ばすのに適したカリキュラムです。

TOEIC点数保証コース

TOEICコース
マンツーマン4コマ

・グループ4コマ

 

合計8コマ

短期間にて最も効率の良い方法で目標スコアの達成に向け対策準備をすることが可能です。長年の経験より構成された無駄のないカリキュラムと、選抜されたハイレベル講師がコースを担当し、確実なスコアアップをお約束します。

■TOEIC点数保証コース詳細資料■

IELTSコース

IELTSコース

コースの詳細を見てみる

IELTSコース

 
マンツーマン4コマ

・グループ4コマ

 

合計8コマ

IELTSテストの短期点数アップを目指すだけではなく、スピーキング、リスニング、ライティング、リーディングからなる質の高い総合英語力の習得が期待できます。

 

  • アカデミックモジュールテスト

アカデミックテストは受験生の英語力が、英語で授業を行う大学や大学院に入学できるレベルに達しているかどうかを評価するものです。一般的に、大学や大学院において英語で学びたい方や、英語圏での看護師や医師登録申請をする方は、このアカデミック・モジュールでの結果が必要です。

  • ジェネラルモジュールテスト

ジェネラルモジュールテストは受験生の英語力が、イギリス、オーストラリア、カナダ やニュージーランドのような、英語圏の国へ移住できるレベルに達しているかどうかを評価するものです。将来英語圏の国へ移住を考えている方は、ジェネラルモジュールでの結果が必要です。

 

IELTS保証8週間コース

 
マンツーマン5コマ

・グループ2コマ

 

合計7コマ

短期間で確実に結果を出して頂ける学習プログラムです。IELTS Guaranteeを受け持つ講師は上級者コースの中でも厳選された講師のみが担当しており、8週間サイクルでプログラムを開講しております。このプログラムの強みの1つは公式テストを受ける前の8週目に毎日IELTSのシミュレーションテストを行い、実践問題に慣れていく事を通して、自信と実力を高めます。

1日12コマ以上のカリキュラムに加え、全9回分のIELTS模擬試験があるのが特徴です。また8週間で目標点数が達成されなかった場合、目標達成までの授業料を無料(寮費は学生様負担になります)で保証するという完全点数保証プログラムです。8週間のIELTS点数保証コースを受講される生徒はコース8週間目にIELTS公式テストを受けていただきます。また、受験料はPINESで負担いたします。

IELTS保証12週間コース

 
マンツーマン5コマ

・グループ2コマ

 

合計7コマ

12週間のIELTS点数保証コースを受講される生徒は、公式試験の日程によりますがコース9週目もしくは10週目にIELTS公式テストを受けていただきます。公式テスト受験後の残りの週は、「マンツーマン4コマのIELTSコース」を継続して受講していただきます。

≪IELTS 通常テストコースと IELTS 点数保証コースの違い≫

【利用テキストに関して】
保証コース:6.5まで0.5刻みで目標点数に最短で達する為の最効率テキスト。目標点数別に学習内容が大きく違う。通常コース:レベル段階が5段階あるが、保証コースのテキストより比較的おおまかな分けられ方で、レベル別で学習内容の差はそれほどない。学習内容のレベルが徐々に上がっていくイメージ。
【土曜日の模擬試験】
保証コースは全9回の模擬試験が受験必須。(試験代金は授業料に含まれています)通常テストコースでも、ご希望の場合別途P400で土曜日の模擬試験を受験することができる。
【保障コース担当の講師】
保障コースを担当する講師はIELTS公式スコア保持者の講師の中でも特に優秀な講師が担当し、所属レベル毎に講師の保持スコアレベルも変わる。
【保障コースの宿題】
毎日講師から学生それぞれの弱点補強のための宿題が出される。通常コースだとテキストの予習が主な宿題になるが、保証コースは異なった種類の宿題が出される。
※注意※ IELTS 点数保証コースの公式試験は土曜昼まで行われるケースが多いです。ですので、復路の航空券は土曜夜 21時以降のものを取得されるよう、お願いいたします。

※8 週保証コースと 12 週保証コースの違いについて

1.12週コースは9・10週目(試験日による)での公式試験実施なので、8週コースよりも余裕を持って学習に取り組むことが出来る。
2. 12週コースにおいて、公式試験受験後の約2週間は、毎日5時間のマンツーマンもしくはそのまま点数保障コースの内容を継続できる。
3. 8週コースと12週コースでは、目標達成スコアが同じのため、8週コースの方がコスパが良い。

一言でいうと・・

  • 出来るだけコストを抑えて、なおかつ出来るだけ早く目標の点数に達したい→8週コース
  • コストや期間は気にせず、あまり自分にプレッシャーをかけずマイペースで目標の点数まで達成したい→12週コース

 

■ IELTS点数保証コース詳細案内資料■

TOEFLコース

TOEFLコース

コースの詳細を見てみる

TOEFLコース 
マンツーマン5コマ

・グループ2コマ

 

合計7コマ

 1964年から英語圏大学の講義室で使用されるリーディング、ライティング、リスニング、そしてスピーキング領域に対する実用英語力と理解力を評価する尺度です。世界で最も認定された英語試験として、アメリカ、オーストラリアやイギリスの数多くの専門大学と総合大学を含む約130カ国の8,000以上の大学、企業、その他の機関が、入学や入社基準のひとつとして TOEFLを採用しています。PINESは2008年からTOEFL試験準備クラスの準備,研究を始め、PINES独自のTOEFLプログラムを導入することになりました。

TOEFL資料
TOEFL資料2

英会話(ESL)コース

英会話コースは、PINESメインキャンパスでの受講になるため、以下のリンク先をご参照ください。

PINESチャピスキャンパスのデメリット・注意点

ココに注意!トラブル事例を紹介

EOP(English Only Policy)がなくなった!?

PINESは以前、レベルによって校舎を分け(初心者~中級者専用の「メインキャンパス」と中上級者専用の「チャピスキャンパス」)をしていたため、チャピスキャンパスに行けば中級者以上のレベルの人には満足いく環境が揃っていました。EOP(英語のみ使用)制度も徹底して行われていたため、完全英語漬けの環境。

 
ですが、2020年にコースによって校舎分け(メインキャンパス=英会話専門校舎、チャピスキャンパス=試験対策専門校舎)に変更になったため、どちらのキャンパスにも初心者から上級者が混在するようになりました。
 
そのため、もし高いレベルでEOP(英語のみ使用)で生活したいという希望でチャピスキャンパスを選びたいということ出れば、他のスパルタ校も視野に入れて比べてみるといいです。
 

いつも監視されてる?

チャピスキャンパスは元々スパルタで有名な学校だったため、(今でこそレベル分けでキャンパスが分かれなくなりましたが)レベルに関係なく規則正しい生活が求められること自体は変わっていません。

そのため、一日中行動を徹底的に監視されている環境が苦手な人には若干窮屈に感じてしまう可能性もあります。

留学生受入れ再開後の視察とアップデート

PINESチャピスキャンパスのアップデート

入学時の注意点(2022/7/28)

※以下直訳のため若干日本語が変です。

I. フィリピンでの円滑な学校留学のために、入学生にアドバイスしてください。
1. フィリピンへの出発日に、自分で迅速抗原検査を行うこと。
2. 2. 陽性であった場合、フライトを2週間延期すること。
3. 3.フィリピンに来る前に海外旅行保険に加入する。Covid-19の治療をカバーするのに十分な額であれば、最低額は必要ない。

II. 同伴者のいない未成年者(18歳未満)については、保健省が以下のような新しいガイドラインを発表しています。
1. 15-17歳の同伴者なしの外国人未成年者は、以下の場合、到着時に検疫と検査を受けてはならない。
a. Covid-19ワクチンを2回接種し、少なくとも1回の追加接種を受けた場合。
b. Covid-19ワクチンを2回接種し、自国を出発する日時の48時間前までにRT-PCR検査で陰性であったこと。

2. また、同伴者なしの未成年者は、航空会社がチェックする以下の書類を提示する必要があります。
a. ワン・ヘルス・パス(OHP)
b. 予防接種証明書/ワクチン接種証明書
c. Covid-19ブースター注射または有効なRT-PCRの陰性結果
d. フィリピンでの検疫保護者の名前と住所を明記し、検疫とRT-PCR検査を受けることを許可する保護者からの承認書。

視察メモ

留学生受入れ再開後の2022年4月と7月に早速現地視察に行ってきました!チャピスキャンパスは6月再開だったので、7月にようやく再開後の様子を見れました。こんな短期間で日本から訪問するのは私だけだと言われました(笑)以下、弊社からのお客さんの受講の様子。

 

留学再開後、コロナの影響で変更になったことや気になったことをメモ代わりにこちらに残しておくよ。

  • コロナの影響で退職した元講師の6割程度が現役講師としてPINESで復帰。
  • オンラインとオフライン含めて講師数180名ほどが在籍。
  • チャピスキャンパスの4人部屋は、講師が滞在しているため暫く提供なし。
  • 円安の影響で8/15から料金改定(月に2万円以上は値上げ)。
  • IELTS点数保証コースの講師は全員が公式スコア7.0
  • 2022/4/1時点_留学生数:中国×16、ベトナム×4,韓国×9、日本1(4月末には9人)、アラブ2人、モンゴル2人、台湾(今後増える予定)
  • 中国人留学生はパンデミック中も帰国しなかった人が留学生として在籍中。
  • 最近サウジアラビアの留学生が増加中。
  • 留学再開後もバギオの他の学校と比べて生徒数が圧倒的に多い。

まとめ

まとめ

PINESチャピスキャンパスの特徴は、試験対策専用のキャンパスであること、またそれ専用のエキスパート講師が揃っていることが真っ先に挙げられます。

施設はチャピス・ビレッジという住宅街の中にあり、静かな場所です(でもフィリピンならではのニワトリのBGMはどこにいても聞こえます 笑)。メインキャンパスほど、周りに商業施設にあるという事がないため買い出しなどは週末にまとめてしておく必要がありますが、市街地までのアクセスも悪くないのでそこまで気にならないはずです。

最大でも100人弱の小さなキャンパスのため、生徒の管理(言い方を変えると監視?笑)が割と徹底された学校です。あまり監視されることが苦手な人には難しいかもしれませんが、真面目にスコアアップだけを目指して留学したい人には最適な学校です。

メリット・デメリットをきちんと天秤にかけて選んでみてください。以下の記事をあわせて読むとよりPINESメインキャンパスの事が分かります。

この記事を書いている人 - WRITER -
シンさん
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら