フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間9:00~18:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

【2024】セブ島親子留学費用を完全攻略!実際に体験した人の費用も公開

シン
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
シン
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら

フィリピン親子留学の費用相場

セブ島の親子留学費用は、1週間で13万円~26万円が相場です。費用内訳には入学金・滞在費・授業料のほか、特別就学許可証・水道光熱費・テキスト代・航空券・保険代があります。

但し、親子人数・期間・年齢・学校によって留学費用は異なります。また、学校によって子どもの受入れ可否の年齢が違うため注意してください。

例)お子さんが4歳前後の親子2人の留学費用の一例

  • 1週間:28万円~
  • 2週間:44万円~
  • 3週間:60万円~
  • 4週間:77万円~

親子留学の費用内訳

フィリピン親子留学には、大きく3つの費用があるので押さえて下さい。申込後は「①出発前支払費用」を支払い、「②現地支払費用」の現地通貨に両替後に現地で支払います。それに加えて「③その他費用」があります。

①出発前支払費用:
入学金、授業料、滞在費、食費

②現地支払費用:
ビザ関連費・ 水道光熱費・管理費・教材費

③その他費用:
航空券代、海外旅行保険代、お小遣い

また、留学費用は家族単位のパッケージで決まるのではなく、「参加人数・期間・コース」によって変わることを知っておきましょう。

似たようなプログラムでも学校によって金額が異なるため、ここでは0歳からの受入れも可能なセブ島の「ELSA」を例に保護者の目的と子どもの年齢ごとに金額を見てみましょう。

保護者費用(目安)

少なめ受講の場合(保護者ESLコース)

親子留学コース
・マンツーマン:2コマ
・グループ:3コマ


合計5コマ

1週間 2週間 3週間 4週間
 -入学金 15,000 15,000 15,000 15,000
 -授業料 67,500 135,000 202,500 270,000
①出発前費用 82,500 150,000 217,500 285,000
②現地費費用 41,600 44,720 47,840 50,960
合計(①+②) 124,100 194,720 265,340 335,960

※含まないもの:航空券・海外旅行保険・お小遣い。
※1ドル=150円、1ペソ=2.6円で算出

しっかり受講の場合(Generalコース)

ESLコース
・マンツーマン:4コマ
・グループ:4コマ


合計8コマ

1週間 2週間 3週間 4週間
 -入学金 15,000 15,000 15,000 15,000
 -授業料 73,125 146,250 219,375 292,500
①出発前費用 88,125 161,250 234,375 307,500
②現地費費用 41,600 44,720 47,840 50,960
合計(①+②) 129,725 205,970 282,215 358,460

※含まないもの:航空券・海外旅行保険・お小遣い。
※1ドル=150円、1ペソ=2.6円で算出

子ども費用

0~3歳の場合(ベビーシッター)

親子留学コース
・ベビーシッター:8時間



合計8コマ

子ども 1週間 2週間 3週間 4週間
 -入学金 0 0 0 0
 -授業料 0 0 0 0
①出発前費用 0 0 0 0
 -ベビーシッター費(ペソ) 3,250 6,500 9,750 13,000
 -光熱費(ペソ) 1,200 2,400 3,600 4,800
②現地費費用(ペソ) 4,450 8,900 13,350 17,800
合計(①+②) 11,570 23,140 34,710 46,280

※含まないもの:航空券・海外旅行保険・お小遣い。
※1ドル=150円、1ペソ=2.6円で算出

4歳~6歳の場合(幼稚園コース)

親子留学コース
・マンツーマン:4コマ
・グループ:4コマ


合計8コマ

子ども 1週間 2週間 3週間 4週間
 -入学金 15,000 15,000 15,000 15,000
 -授業料 84,375 168,750 253,125 337,500
①出発前費用 99,375 183,750 268,125 352,500
②現地費費用 54,600 62,920 71,240 79,560
合計(①+②) 153,975 246,670 339,365 432,060

※含まないもの:航空券・海外旅行保険・お小遣い。
※1ドル=150円、1ペソ=2.6円で算出

7歳 ~ 14歳の場合(ジュニアコース)

親子留学コース
・マンツーマン:5コマ
・グループ:3コマ


合計8コマ

子ども 1週間 2週間 3週間 4週間
 -入学金 15,000 15,000 15,000 15,000
 -授業料 84,375 168,750 253,125 337,500
①出発前費用 99,375 183,750 268,125 352,500
②現地費費用 41,600 44,720 47,840 50,960
合計(①+②) 140,975 228,470 315,965 403,460

※含まないもの:航空券・海外旅行保険・お小遣い。
※1ドル=150円、1ペソ=2.6円で算出

フィリピン親子留学の具体例

ここからは具体的な親子の人数と子どもの年齢を参考に総額どれぐらい掛かるのか(上記表の組合せパターン)を見てみましょう。お子さんの年齢に合わせてざっくりと知りたい方は参考にしてもらえます。親御さんは受講少な目のパターンで仮定しています。

親子2人の留学費用

まずは最も多い親子2人を例に具体的なお子さんの年齢ごとの料金を見てみましょう。

母+0~3歳の場合(ベビーシッター)

1週間 2週間 3週間 4週間
 -入学金 15,000 15,000 15,000 15,000
 -授業料 67,500 135,000 202,500 270,000
①出発前費用 82,500 150,000 217,500 285,000
②現地費費用 41,600 44,720 47,840 50,960
合計(①+②) 124,100 194,720 265,340 335,960
子ども 1週間 2週間 3週間 4週間
小計(ペソ) 4,450 8,900 13,350 17,800
合計(円) 11,570 23,140 34,710 46,280
総額 135,670 217,860 300,050 382,240

母+4~6歳の場合(幼稚園)

1週間 2週間 3週間 4週間
 -入学金 15,000 15,000 15,000 15,000
 -授業料 67,500 135,000 202,500 270,000
①出発前費用 82,500 150,000 217,500 285,000
②現地費費用 41,600 44,720 47,840 50,960
合計(①+②) 124,100 194,720 265,340 335,960
子ども(幼稚園) 1週間 2週間 3週間 4週間
 -入学金 15,000 15,000 15,000 15,000
 -授業料 84,375 168,750 253,125 337,500
①出発前費用 99,375 183,750 268,125 352,500
②現地費費用 54,600 62,920 71,240 79,560
合計(①+②) 153,975 246,670 339,365 432,060
総額 278,075 441,390 604,705 768,020

母+7 ~ 14歳の場合(ジュニアコース)

1週間 2週間 3週間 4週間
 -入学金 15,000 15,000 15,000 15,000
 -授業料 67,500 135,000 202,500 270,000
①出発前費用 82,500 150,000 217,500 285,000
②現地費費用 41,600 44,720 47,840 50,960
合計(①+②) 124,100 194,720 265,340 335,960
子ども(ジュニアコース) 1週間 2週間 3週間 4週間
 -入学金 15,000 15,000 15,000 15,000
 -授業料 84,375 168,750 253,125 337,500
①出発前費用 99,375 183,750 268,125 352,500
②現地費費用 41,600 44,720 47,840 50,960
合計(①+②) 140,975 228,470 315,965 403,460
総額 265,075 423,190 581,305 739,420

 

親子3人の留学費用

次は2番目に多いパターンの親子3人を例に具体的なお子さんらの年齢ごとの料金を見てみましょう。

母+0歳+3歳の場合(ベビーシッターのみ)

1週間 2週間 3週間 4週間
 -入学金 15,000 15,000 15,000 15,000
 -授業料 67,500 135,000 202,500 270,000
①出発前費用 82,500 150,000 217,500 285,000
②現地費費用 41,600 44,720 47,840 50,960
合計(①+②) 124,100 194,720 265,340 335,960
子ども(ベビーシッター) 1週間 2週間 3週間 4週間
小計(ペソ) 4,450 8,900 13,350 17,800
合計(円) 11,570 23,140 34,710 46,280
子ども(ベビーシッター) 1週間 2週間 3週間 4週間
小計(ペソ) 4,450 8,900 13,350 17,800
合計(円) 11,570 23,140 34,710 46,280
総額 147,240 241,000 334,760 428,520

+3歳+6歳の場合(ベビーシッター+幼稚園コース)

1週間 2週間 3週間 4週間
 -入学金 15,000 15,000 15,000 15,000
 -授業料 67,500 135,000 202,500 270,000
①出発前費用 82,500 150,000 217,500 285,000
②現地費費用 41,600 44,720 47,840 50,960
合計(①+②) 124,100 194,720 265,340 335,960
子ども(ベビーシッター) 1週間 2週間 3週間 4週間
小計(ペソ) 4,450 8,900 13,350 17,800
合計(円) 11,570 23,140 34,710 46,280
子ども(幼稚園) 1週間 2週間 3週間 4週間
 -入学金 15,000 15,000 15,000 15,000
 -授業料 84,375 168,750 253,125 337,500
①出発前費用 99,375 183,750 268,125 352,500
②現地費費用 54,600 62,920 71,240 79,560
合計(①+②) 153,975 246,670 339,365 432,060
総額 289,645 464,530 639,415 814,300

+4歳+5歳の場合(幼稚園コース+幼稚園コース)

1週間 2週間 3週間 4週間
 -入学金 15,000 15,000 15,000 15,000
 -授業料 67,500 135,000 202,500 270,000
①出発前費用 82,500 150,000 217,500 285,000
②現地費費用 41,600 44,720 47,840 50,960
合計(①+②) 124,100 194,720 265,340 335,960
子ども(幼稚園) 1週間 2週間 3週間 4週間
 -入学金 15,000 15,000 15,000 15,000
 -授業料 84,375 168,750 253,125 337,500
①出発前費用 99,375 183,750 268,125 352,500
②現地費費用 54,600 62,920 71,240 79,560
合計(①+②) 153,975 246,670 339,365 432,060
子ども(幼稚園) 1週間 2週間 3週間 4週間
 -入学金 15,000 15,000 15,000 15,000
 -授業料 84,375 168,750 253,125 337,500
①出発前費用 99,375 183,750 268,125 352,500
②現地費費用 54,600 62,920 71,240 79,560
合計(①+②) 153,975 246,670 339,365 432,060
総額 432,050 688,060 944,070 1,200,080

母+5歳+8歳の場合(幼稚園+ジュニアコース)

1週間 2週間 3週間 4週間
 -入学金 15,000 15,000 15,000 15,000
 -授業料 67,500 135,000 202,500 270,000
①出発前費用 82,500 150,000 217,500 285,000
②現地費費用 41,600 44,720 47,840 50,960
合計(①+②) 124,100 194,720 265,340 335,960
子ども(幼稚園) 1週間 2週間 3週間 4週間
 -入学金 15,000 15,000 15,000 15,000
 -授業料 84,375 168,750 253,125 337,500
①出発前費用 99,375 183,750 268,125 352,500
②現地費費用 54,600 62,920 71,240 79,560
合計(①+②) 153,975 246,670 339,365 432,060
子ども(ジュニアコース) 1週間 2週間 3週間 4週間
 -入学金 15,000 15,000 15,000 15,000
 -授業料 84,375 168,750 253,125 337,500
①出発前費用 99,375 183,750 268,125 352,500
②現地費費用 41,600 44,720 47,840 50,960
合計(①+②) 140,975 228,470 315,965 403,460
総額 419,050 669,860 920,670 1,171,480

母+7歳+9歳の場合(ジュニアコース+ジュニアコース)

1週間 2週間 3週間 4週間
 -入学金 15,000 15,000 15,000 15,000
 -授業料 67,500 135,000 202,500 270,000
①出発前費用 82,500 150,000 217,500 285,000
②現地費費用 41,600 44,720 47,840 50,960
合計(①+②) 124,100 194,720 265,340 335,960
子ども(ジュニアコース) 1週間 2週間 3週間 4週間
 -入学金 15,000 15,000 15,000 15,000
 -授業料 84,375 168,750 253,125 337,500
①出発前費用 99,375 183,750 268,125 352,500
②現地費費用 41,600 44,720 47,840 50,960
合計(①+②) 140,975 228,470 315,965 403,460
子ども(ジュニアコース) 1週間 2週間 3週間 4週間
 -入学金 15,000 15,000 15,000 15,000
 -授業料 84,375 168,750 253,125 337,500
①出発前費用 99,375 183,750 268,125 352,500
②現地費費用 41,600 44,720 47,840 50,960
合計(①+②) 140,975 228,470 315,965 403,460
総額 406,050 651,660 897,270 1,142,880

【注意点】親子留学費用についてのあるある間違い

「親子留学の費用」などと調べると沢山の解説記事が出ますが、その大半が間違っている、又は情報が古すぎるため、親子留学の相場観を正確に把握するのが難しくなってしまっています。

そのため、実際に問合せして見積金額をもらったら想像より全然高かったなんてこともザラです。親子留学をする上で、最も気になるはずの「留学費用」について間違った認識を持ってしまうと、今後の計画に大きな影響が出てしまいます。そのため、今のうちにしっかりとした認識を持っておきましょう。

ここでは親子留学の費用を調べる際に注意してほしいことを簡潔にまとめました。

サイトで案内されている費用が古い

「いま見ているサイト古くないですか?」

まず、そのサイトがいつ更新されたものかを確認しましょう。1年以上も前の記事であれば、親子留学の費用は間違いなく相場が全く変わっています。なぜなら、1年も違えば「学校自体の価格改定」の影響で値上げ、「為替レートの変動(円安))」で日本円での支払いに影響が出ており、確実に高くなっているからです。

因みに、2023年10月は1ドル=150円で2022年2月は1ドル=115円です。それにもかかわらず、1年以上も前の記事を見てしまうと、為替レートの影響だけでも25%以上も安い相場観を持ってしまっていることになります。

また学校自体も価格改定をしているため、2022年の留学費用と比べても30%前後の価格差が出ていることが多いです。

他サイトのレートが違い過ぎる

「その留学費用の相場はリアルタイムですか?」

前述した通り、2023年10月は1ドル=150円ほどなので、2022年2月は1ドル=115円でした。更に、2020年12月では1ドル=103円でした。仮にたった3年前のレートと比べるだけでも、なんと円安の影響だけで50%もの金額差が出ることがわかっています。

ですが、記事によっては金額を安く見せるために1ドル=100~115円程度で留学費用を見積って掲載しているところも多く見受けられました。残念ながら、実際の見積りはそれよりも150%近くも高くなるため、「リアルタイムの金額だと幾らになるのか?」という視点を忘れないようにしましょう。

学費改定は常に起こっている

「価格はいつも同じではない!」

留学費用は、留学エージェントが独自に決めるものではなく、各学校が独自に決めるものです。そのためエージェント毎に価格が設定されていて、問合せ先ごとに違うという事はありません。

ですが、ほぼ毎年のペースで学校から価格改定が入ります。物価や人件費の高騰から学校の経費が上がり続けており、それが学費の値上げという形で留学生の費用に影響します。そのため、いまその瞬間の見積り費用が後々の事を考えると最安であると考えましょう。

いつか安くなるかもしれないと待っていても、残念ながら値上げしか待っていないため、できるだけ安く行きたい方はタイミングを逃さない様にしましょう。

1人分の料金で行けると思っている

「留学費用は人数分が必要」

これまで読んできてわかったと思いますが、家族で留学する場合、「人数関係なくパッケージで幾ら」という申込み方ではなく、人数に応じて金額が1人分ずつ追加になります。

「フィリピン親子留学の具体例」では、親子2人と3人を例に挙げて説明しましたが、親子4人~5人という家族は、更に増えた人数分の費用が加算されますので、詳しくはお問合せ下さい。

フィリピンの留学費用まとめ

フィリピン・セブ島の親子留学の費用について詳しく解説しました。

料金には「①出発前支払費用」を支払い、「②現地支払費用」の現地通貨に両替後に現地で支払います。それに加えて「③その他費用」があります。そして、留学費用は家族単位のパッケージで決まるのではなく、「参加人数・期間・コース」によって変わることをお伝えしました。

しかし、親子留学の費用について正しく記載されている記事が少ないく多くの方が間違った相場観を持っているので、こちらの最新の記事を見て正しい相場感を養ってください。

因みに、こちらでサンプルで出した親子留学費用はあくまでも1校の例になります。学校や選ぶプログラムが変われば安くも高くもなるため、詳しく知りたい方はぜひお気軽にお問合せ下さい。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
シン
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© フィリピン留学Hub , 2023 All Rights Reserved.