フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

セブ島の海にダイブ!「ブルーオーシャンアカデミー」の教科書

シンさん
WRITER
 
セブブルーオーシャンアカデミー(Cebu Blue Ocean Academy)の教科書
この記事を書いている人 - WRITER -
シンさん
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら

セブ島で海が見える学校、セブブルーオーシャンアカデミーが良いらしい!

すっかりそんなイメージが定着した学校ですが、、

  • ちゃんと勉強できるの?
  • 海が本当に見えるの?
  • 何か欠点はないの?

そんな疑問を持つ方もまだ多いようです。

元々バギオ市にあるPINESという有名校の姉妹校に当たるのがセブブルーオーシャンアカデミーです。

僕が初めてセブブルーオーシャンアカデミー(Cebu Blue Ocean Academy)を訪問したのは2014年でした。あれから6年通いましたが、メインのスタッフさんもだけじゃなく、学校の体制やカリキュラムもだいぶ変化しています。実際にここに何度か滞在して授業も受けてみた僕が、この記事でリアル情報をお伝えします。

リゾート留学に憧れる皆さんに、セブブルーオーシャンアカデミーは留学する価値があるのかどうか、ぜひこの記事で見極めてみてね。

目次

CEBU BLUE OCEAN ACADEMY(セブブルーオーシャンアカデミー)のお勧めポイント

①オーシャンビューが目の前

①オーシャンビューが目の前

セブブルーオーシャンアカデミーは、その名の通りオーシャンビューが丸見えのロケーションです。初めて学校に到着後、この景色に息をのむ方も少なくありません。

この景色を毎日見たいなら、学校にはシービュータイプとガーデンビュ―タイプの2つがあるので、ちゃんとシービューで申込まれてるかどうか確認しよう。

②生活環境が充実しすぎ

②生活環境が充実しすぎ

オーシャンビューのリゾート地で毎日勉強できるというだけでも、贅沢なはずですが、セブブルーオーシャンアカデミー専用のカフェ・ジムというまあまあイケた施設を準備しています。これで満足しなければ、他校で満足することはできません・・

カフェは、自習や憩いの場として、ジムは筋肉隆々のマッチョから細マッチョまでいますw

③講師をセブ島以外から積極採用

③講師をセブ島以外から積極採用

セブ島は留学生の数に対して講師の数が足りていないにも関わらず、いまだ学校の建築ラッシュがやまないようなエリアです。

セブ島ではもはや高品質な講師の確保は難しくなっています。それを何とか解決するために、セブブルーオーシャンアカデミーでは、バギオやドゥマゲッティという地方の教育都市(優秀な講師は沢山いるのに語学学校が少ないエリア)から多くの講師を確保して、講師の質を担保しています。

講師を呼ぶだけではなく、ちゃんと住まいも提供して住まわせてるので、他校と比べると相当講師を採用するのにお金をかけてるという事になるね。

へ~、そこまでやる学校なんてあるんですね!

CEBU BLUE OCEAN ACADEMY(セブブルーオーシャンアカデミー)のアクセス・基本情報

アクセス・周辺環境

セブ島の喧騒から離れたリゾート地のマクタン島に位置する学校です。学校の名前の通り、ホテルの上の階を寮として使用していて、学校名の通りの学校の目の前がオーシャンビューでリゾート感満載です。学校を出て徒歩圏内にショッピングセンター・カフェ・レストラン・マッサージショップなどの商業施設が沢山あるので、外出時にも便利な場所にあります。

学校名 CEBU BLUE OCEAN ACADEMY
国籍比率
*通年平均
日本39% 韓国36% 台湾17% その他8%
設立 2014年 規模 150名
建物 キャンパス型 ジム
自習場所
クリニック
日本人
スタッフ
授業時間 1コマ45分
カップル
同室可否
既婚:〇
未婚:×
トイレ
(紙)
流せない
食事 平日:3食  土日祝:3食  
掃除/洗濯
シーツ交換
詳細を見る
掃除:週2回 
洗濯:週3回 
シーツ交換:4週間に1回 
部屋の設備
詳細を見る
デスクライト:△*レンタル ドライヤー:△*レンタル 冷蔵庫:〇 金庫
門限
日~木:22時 金土:24時 祝日:22時
ジュニア受入年齢
親子の場合:小学4年生以上
単独の場合:15歳以上

空港お迎え

入寮:隔週土曜日15時~ 退寮:土曜日

ピックアップ詳細
土曜日10:00 ~ 日曜日 02:00
セブブルーオーシャンアカデミー
セブブルーオーシャンアカデミー

入寮後
の流れ
詳細を見る
セブブルーオーシャンアカデミー
追加授業
詳細を見る
マンツーマンクラス:6500PHP/4週間(ESLコース)、7500PHP/4週間(IELTS、TOEIC、Businessコース)
*2週間の場合は50%
オプションクラス:×

※ドライヤーレンタル 75ペソ/2 週間
※ポケットwifi端末レンタル 100ペソ/2週間 *通信量は別

★学校名★の施設・サービス面

リゾートホテル内にキャンパスがある珍しいタイプの学校で、ホテル内にはプール・マッサージショップ・売店・レストランなどが揃っています。また、学校独自にジムやカフェを持っているので学校のある敷地内だけで授業のある平日も満喫できる環境です。

国籍比率、スパルタ度、留学生の雰囲気・レベル

留学生の国籍は、韓国・台湾・ベトナム・日本です。日本人の割合は25%程で、春・夏休みは日本人の比率が5~10%ほど上がります。留学中の雰囲気はそこまでスパルタではなく、平日は10時まで外出できるので、ある程度自分で留学スタイルをコントロールできる環境です。まじめに勉強するのもリゾート感を満喫しながら勉強するのも本人次第です。

因みに、EOP(英語のみで生活する)制度もあるので、スパルタで挑戦したい人はやってみるといいよ。

アクティビティを見る

City Tour

夏のイベント

部屋タイプ

1人部屋

1人部屋

※全室シティビュー

2人部屋

2人部屋

※オーシャンビューとシティビュータイプあり

3人部屋

3人部屋

※全室オーシャンビュータイプ

ギャラリー

※スライドできます。

CEBU BLUE OCEAN ACADEMY(セブブルーオーシャンアカデミー)の留学費用

期間ごとに航空券代を含めた留学費用(目安)を載せています。実際には、為替や航空券の取得タイミング・キャンペーンなどによって留学費用は変動する可能性があるため、お見積り依頼をしていただければ正確な金額が分かります。

*2022年8月15日の学校料金改定適用済み(旧料金表の価格が掲載されているサイトもあるのでご注意ください)

2週間の留学費用

2週間の留学費用

おすすめ格安コース Intensive ESL
部屋タイプ 3人部屋
留学総費用(①+②+③) 263,870円
費用詳細を見てみる
①日本で払う費用
入学金 15,000円
授業料・滞在費・食費 128,700円
小計① 143,700円
②フィリピンで払う費用
デポジット 10,000円
SSP 17,000円
ACR-Iカード 0円
ビザ延長 0円
管理費 1,500円
テキスト代目安 2,750円
ピックアップ費 2,000円
ID 750円
小計② 34,000円
③その他
航空券 80,000円
海外旅行保険 6,170円
小計③ 86,170円 
①②③合計:
263,870円

1ヶ月の留学費用

1ヶ月の費用

おすすめ格安コース Intensive ESL
部屋タイプ 3人部屋
留学総費用(①+②+③) 341,120円
費用詳細を見てみる
①日本で払う費用
入学金 15,000円
授業料・滞在費・食費 198,000円
小計① 213,000円
②フィリピンで払う費用
デポジット 10,000円
SSP 17,000円
ACR-Iカード 0円
ビザ延長 0円
管理費 3,000円
テキスト代目安 2,750円
ピックアップ費 2,000円
ID 750円
小計② 35,500円
③その他
航空券 80,000円
海外旅行保険 12,620円
小計③ 92,620円 
①②③合計:
341,120円

2ヶ月の留学費用

2ヶ月の留学費用

おすすめ格安コース Intensive ESL
部屋タイプ 3人部屋
留学総費用(①+②+③) 585,620円
費用詳細を見てみる
①日本で払う費用
入学金 15,000円
授業料・滞在費・食費 396,000円
小計① 411,000円
②フィリピンで払う費用
デポジット 17,500円
SSP 17,000円
ACR-Iカード 0円
ビザ延長 9,850円
管理費 6,000円
テキスト代目安 5,500円
ピックアップ費 2,000円
ID 750円
小計② 58,600円
③その他
航空券 80,000円
海外旅行保険 36,020円
小計③ 116,020円 
①②③合計:
585,620円

3ヶ月の留学費用

3ヶ月の留学費用

おすすめ格安コース Intensive ESL
部屋タイプ 3人部屋
留学総費用(①+②+③) 832,665円
費用詳細を見てみる
①日本で払う費用
入学金 15,000円
授業料・滞在費・食費 594,000円
小計① 609,000円
②フィリピンで払う費用
デポジット 25,000円
SSP 17,000円
ACR-Iカード 8,750円
ビザ延長 22,875円
管理費 9,000円
テキスト代目安 8,250円
ピックアップ費 2,000円
ID 750円
小計② 93,625円
③その他
航空券 80,000円
海外旅行保険 50,040円
小計③ 130,040円 
①②③合計:
832,665円

半年の留学費用

半年の留学費用

 

おすすめ格安コース Intensive ESL
部屋タイプ 3人部屋
留学総費用(①+②+③) 1,539,545円
費用詳細を見てみる
①日本で払う費用
入学金 15,000円
授業料・滞在費・食費 1,188,000円
長期留学割引 -15,000円
小計① 1,188,000円
②フィリピンで払う費用
デポジット 47,500円
SSP 17,000円
ACR-Iカード 8,750円
ビザ延長 47,175円
管理費 18,000円
テキスト代目安 16,500円
ピックアップ費 2,000円
ID 750円
小計② 157,675円
③その他
航空券 80,000円
海外旅行保険 113,870円
小計③ 193,870円 
①②③合計:
1,539,545円

※2週間からの受付です。
※水道光熱費はチェックアウト時にメーター清算です。

CEBU BLUE OCEAN ACADEMYのカリキュラム・コース紹介

カリキュラム

セブブルーオーシャンアカデミーは、バギオ名門校「PINES」のセブ島の分校です。PINESは独自でカリキュラム開発専用のチームを持っていたり、講師教育に余念がない学校で知られていますが、セブ島でも同様のカリキュラムを導入したのがセブブルーオーシャンアカデミーです。そして、そのカリキュラムを支えられるだけの講師を獲得するために、(語学学校が乱立して良質な講師獲得が難しくなった)セブ島以外からも講師を積極的に採用しています。

時間割サンプル

General ESLコースの場合

時間授業
7:00~7:45任意参加クラス
6:45~8:00朝食
8:00~8:45マンツーマンクラス(リスニング)
8:55~9:40グループクラス(ディスカッション)
9:50~10:35マンツーマンクラス(スピーキング)
10:45~11:30マンツーマンクラス(ライティング)
11:40~12:25昼食
12:35~13:20グループクラス(リスニング)
13:30~14:15マンツーマンクラス(音読&発音)
14:25~15:10自習
15:20~16:05マンツーマンクラス(パターン)
16:15~17:00自習
17:15~18:00オプションクラス
18:00~19:00夕食
18:30~19:15オプションクラス
20:30~自習

英会話(ESL)コース

ESLコース

コースの詳細を見てみる

Light ESLコース

ESLコース
・マンツーマン:4コマ

合計4コマ

英語のスキルアップもしたいけど、プライベートな時間も大切にしたい方にお勧めです。

POWER ESLコース5コース

ESLコース
・マンツーマン:5コマ

合計5コマ

POWER ESLコース6コース

ESLコース
・マンツーマン:6コマ

合計6コマ

POWER ESLコース7コース

ESLコース
・マンツーマン:7コマ

合計7コマ

バランスよく学べる、オーソドックスなコースです。マンツーマンクラスで英会話スキルを延ばし、グループクラスでクラスメートとディスカッションを楽しめます。

Intensive ESLコース

ESLコース
・マンツーマン:5コマ
・グループ:2コマ

合計7コマ

より発言の機会が欲しい方、マイペースで授業を行いたい方にお勧めです。

Premium ESLコース

ESLコース
・マンツーマン:9コマ

合計9コマ

授業内容を自分で選択できるので、学びたいこと強化したいことを重点的に学べるコースです。

Survival ESLコース(4週間のみ)

ESLコース
・マンツーマン:5コマ
・グループ:2コマ

合計7コマ

初心者限定のコースです。基本的な英語でのコミュニケーション能力を身につけることができます。

英会話で一番取られてるのは、General ESLコースだよ。でも自分の時間をもっと確保したい人やシニアの人はコマ数が少なめのLight ESLコースがお勧め。

※ グループクラスの構成が出来ない場合は2コマの4:1を1コマの1:1としてご提供(全コース共通)。

▼参考)初心者の英会話対策なら見ておきたい記事▼

TOEICコース

TOEICコース

コースの詳細を見てみる

TOEICコース

TOEICコース
・マンツーマン:5コマ
・グループ:2コマ

合計7コマ

TOEICの得点アップを目的にしてコースです。効果的な得点アップの方法を学ぶことができます。

※ グループクラスの構成が出来ない場合は2コマの4:1を1コマの1:1としてご提供(全コース共通)。

IELTSコース

IELTSコース

コースの詳細を見てみる

IELTSコース

・マンツーマン:5コマ
・グループ:2コマ

合計7コマ

IELTSの得点アップを目的にしてコースです。効果的な得点アップの方法を学ぶことができます。

※ グループクラスの構成が出来ない場合は2コマの4:1を1コマの1:1としてご提供(全コース共通)。

IELTS保証コース条件

▼参考)IELTS対策でお勧めの学校一覧▼

親子留学コース

親子留学コース

コースの詳細を見てみる

ジュニアコース

親子留学コース
・マンツーマン:5コマ
・グループ:2コマ

合計7コマ

親子で留学できるコースです。しっかり勉強もでき、文化体験やアクティビティを通して親子の思い出を作ることができます。

※ グループクラスの構成が出来ない場合は2コマの4:1を1コマの1:1としてご提供(全コース共通)。

ビジネスコース

ビジネスコース

コースの詳細を見てみる

Business Englishコース

ビジネスコース
・マンツーマン:5コマ
・グループ:2コマ

合計7コマ

履歴書の書き方、面接対策など、ビジネスの場にあった表現やコミュニケーションスキルを学ぶコースです。

※ グループクラスの構成が出来ない場合は2コマの4:1を1コマの1:1としてご提供(全コース共通)。

Businessコース

カリキュラム詳細

・ビジネスコースは、上級者向けに作られているため、事前のインタビュー(スカイプやLINE)で受講レベルを満たしているかどうかを確認します。基本的にはカリキュラムに沿って行いますが、要望があれば、そのレベルをみたしている場合に限って最初のパートを飛ばしてカリキュラム途中からの受講も可能です。

・大きめの教室で数十人で行うプレゼンの授業が必要ない場合、2~3名で行う商談のような授業に変更対応もしています。

ブルーオーシャンに行くならココに注意!トラブル事例を紹介

ココに注意!トラブル事例を紹介

①シャワーの水圧が弱い

シャワーの水圧が弱い

フィリピンでは、よほどいいホテルなどに泊まらない限り、シャワーの水圧や温度を安定させることは諦めた方が良いです。僕も何度かセブブルーオーシャンアカデミーには泊まっていますが、例外に漏れず、シャワーの温度は安定しませんでした。

なので、いくら3つ星ホテルを学校の寮として提供していると言っても過度な期待は禁物。オーシャンビューのプラスの要素で、このマイナス面は忘れましょうw

②ご飯は普通

ご飯は普通

セブブルーオーシャンアカデミーのご飯は「普通」です。美味しくもまずくもなく・・といったところでしょうか。他校では、ケータリングサービスで豪華な食事を提供するところも出てきたので、そうしたところと比較すると見劣りしてしまいます。

ビュッフェ形式で好きなだけ食べれるので量は問題ないはず。

それなら私は大丈夫ww

③遊ぶ学生も一定数いる

遊ぶ学生も一定数いる

セブブルーオーシャンアカデミーは、セミスパルタの学校ですが、リゾート地にあって気分が高揚するのか、気が緩む生徒も多少います。

立地も講師もいい学校なので、しっかり勉強したいなら付き合う相手をちゃんと選ぼうね。

留学生受入れ再開後の視察とアップデート

留学生受入れ再開後の視察とアップデート

【2022/9/28】

  • 入学前キャンセル料金の変更

入学前のキャンセル料金の変更

  • 現地費用の変更

現地費用の変更

まとめ

セブブルーオーシャンアカデミーまとめ

セブブルーオーシャンアカデミーは、何度行っても無限大に広がるオーシャンビューに、日ごろの小さな悩みが吹き飛びます。

学校から出ても徒歩圏内にスーパーやコンビニ、カフェ、バー、マッサージ屋さんも揃う好立地です。セブの中心街からは遠い場所にありますが、喧騒が嫌いでゆっくり大自然に身を任せて生活したいという人には最高の場所です。

ただ、シャワーやご飯など細かな点では、日本クオリティは中々維持できていないのでその辺は期待しないようにしましょう。

しっかり勉強するのも、遊び呆けるのも留学生次第という環境です。集中してやりたい人は、メリハリをきちんとつけながら生活してください。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
シンさん
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら