フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間9:00~18:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

フィリピン留学バギオの費用|英語学校の授業料などおすすめポイントを解説

アバター画像
WRITER
 
フィリピン留学バギオ費用
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター画像
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら

バギオ留学は、英語を集中して勉強できるだけでなく治安がよいことでも人気です。

以下の項目を紹介します。

  • バギオ留学の費用
  • 費用の内訳
  • バギオ留学のおすすめポイント
  • バギオでおすすめの語学学校
  • フィリピン留学のエージェント比較・口コミ

バギオ留学の費用の内訳はこちらです。各項目について確認しておきましょう。

  • 入学金・学費
  • 航空券(往復)
  • パスポート・ビザ申請費
  • 健康診断料
  • 海外留学保険料(半年)
  • 宿泊先のデポジット
  • 生活費
  • 諸経費

バギオ留学でかかる平均的な費用も紹介しますので、バギオ留学を考えている方は参考にしてくださいね。

 

バギオ留学の費用

フィリピン留学バギオ費用

バギオはフィリピンの涼しい山岳地域に位置しています。

同じフィリピン国内でも、セブ島やマニラへの語学留学にかかる費用と大きな差はありません。

ですが、セブ島の平均的な学校と比べると学費が「月2〜3万円」安い場合が多いので、比較的安く抑えられるでしょう。

 

バギオ留学の費用の目安はこちらを参考にしてください。

期間 費用
1ヶ月 約25万~53万円
3ヶ月 約59万~89万円
半年 約115~162万円
1年 約300万 ~400万円

マニラに比べると遊べる観光スポットも少ないので、外出を控え節約に向いている留学先ともいえそうです。

エージェントなしでバギオ留学を考えている方は、現地で予算が足りないトラブルに合わないようにしっかりチェックしておきましょう。

 

フィリピンの留学は手続きの内容が多いので、一人で手続きするのは心配です。
事前の手続きや留学中のトラブルなど、安心して留学するためにエージェントの利用がおすすめです。

 

バギオ留学の費用の内訳

フィリピン留学バギオ費用

 

バギオの留学に必要な費用は、学費だけではありません。

 

例として、1ヶ月バギオのBECI the Cafe(ベシザカフェ)に留学した場合の、費用の内訳を確認しましょう。

①日本で払う費用
入学金 10,000円
授業料・滞在費・食費 149,000円
合計① 159,000円
②フィリピンで払う費用
デポジット 7,500円
SSP 17,000円
水道光熱費 5,000円
テキスト代 2,500円
ピックアップ費 7,500円
IDカード 500円
②合計  40,000円
③その他
航空券  80,000円
海外旅行保険  12,620円
③合計  92,620円
①②③合計 291,620円

語学学校によって費用は変わってきますので、行きたい学校の費用は確認しましょう。

それぞれの費用について詳しく紹介します。

 

英語学校の授業料

バギオの語学学校に留学するためには、入学金と授業料が必要です。

学校によって違いますが、15,000円前後が相場。

授業料は月13万円前後が平均ですが、授業内容なレッスン数によって異なります。

マンツーマンがメインだったり、レッスン数が多い場合は学費だけで20万円をこえる場合もあります。

 

航空券

バギオ留学には往復の航空券が必要です

行きの航空券だけでは、フィリピンの入国を許可してもらえないからです。

復路のチケットか、捨てチケットを用意しましょう。

 

バギオの往復航空券は7万円前後が相場です。

ですが、渡航時期や航空会社によって金額の差があります。

 

渡航費用を抑えたい場合は、LCCを選んだり繁忙期を避けたりなど安く渡航できるチケットを探しましょう。

フィリピンから日本の航空券についてはフィリピン留学の航空券の費用で詳しく紹介しています。

 

パスポート・ビザ申請費

出国の際にはパスポートが必要です。

パスポートをすでに持っている場合は、有効期限に気を付けましょう。

パスポートを申請する費用は11,000円〜16,000円位が目安。

パスポート費用の内訳
都道府県収入証紙 2,000円
5年間有効旅券 9,000円
10年加入校旅券 14,000円

30日以内の滞在の場合は、ビザは申請不要です。

滞在期間が30日を超える場合は、30日ごとに現地で観光ビザの延長が必要になります。

 

その際は費用が発生するんですね!

 

ビザの申請費用はこちらを参考にしてくださいね。

滞在期間 申請費の合計
1ヶ月(30日)以内
2ヶ月(59日)以内 4,000PHP(11,120円)
3ヶ月(89日)以内 9,000PHP(25,020円)
4ヶ月(119日)以内 12,000PHP(33,360円)
5ヶ月(149日)以内 15,000PHP(41,700円)
6ヶ月(179日)以内 18,000PHP(50,040円)

 

健康診断料

バギオ留学をする場合は、健康診断を受診する必要があります。

受診内容は留学先の学校に指定され、健康診断の受診費は2万〜4万円程度。

 

英語で健康診断書の提出を求める学校が多いです。

病院が英語の診断書を用意する時間も考慮して、なるべく早めに健康診断を受けましょう。

 

海外旅行保険

海外旅行保険は必ず加入しておきましょう。

留学生の生活を守り、安全に過ごすためには必須だからです。

加入する会社や保険内容によって海外旅行保険費用は違います。

 

大体1ヶ月で15,000円ほどが目安です。

 

自分が必要な保険内容を選択しましょう。

海外旅行保険は空港で当日に加入することもできます。

ですが、空港の海外旅行保険は、補償内容が限定的なものが多いです。

事前に予算や条件に合った保険の加入をおすすめします。

 

宿泊先のデポジット

寮やホテルに滞在する際、先にデポジット費用が必要な場合もあります。

デポジット費用は、

  • 部屋のカギを無くした場合
  • 設備を破損した場合

などの補償金です。

帰国するまでに、特に問題がなかった場合は返金されます。

 

生活費

バギオ留学で必要な生活費は1ヶ月で4万円〜8万円を目安にしましょう。

生活スタイルは人によって違うので、外食や買い物・旅行などをすれば出費は多くなります。

バギオはアウトドアアクティビティなど、遊べるところが多く留学生に人気です

 

せっかくバギオに留学するなら、思い出のために楽しみたいですね♪

 

諸経費

その他の諸経費として、以下のものも必要です。

  • 空港送迎費:0~1万円
  • 教材費:約2,000円
  • 水道光熱費:約3,000円
  • 宿泊先のデポジット費:約7,000円
  • SSP申請費:15,000円

 

空港送迎費は空港に到着した後、学校まで送迎してもらえるサービスの費用です。

無料で学校まで送迎してくれる学校もありますが、別途費用がかかることが多いです。

 

帰国の際も、自力でタクシーで空港に行かなければならない場合がほとんどなので、空港までの費用は準備しておきましょう。

自力で行くのが不安な場合は、学校の送迎サービスを利用するのもおすすめです。

 

教材費

留学した受講コース・レベルによって教材費は変わってきます

1ヶ月の場合は、1冊500円程度のものを4冊くらい利用するケースが多いです。

教科書の種類と教科書の数によって、教材費は違うので確認しておきましょう。

 

水道光熱費

寮など宿泊先の費用とは別に、水道光熱費がかかるケースもあります

請求は固定額の場合と利用に応じた額の場合とあり、学校によって異なります。

大体1ヶ月の平均は3,000円位が多いです。

 

宿泊先のデポジット費

宿泊先のデポジットとは、部屋のカギを無くしたり設備を破損した場合などの補償金です。
この費用は、帰国まで特に問題がなかった場合は返金されます
平均して5,000円〜7,000円位が必要です。

 

SSP申請費

フィリピンに留学する際は、SSPの申請が必要です。

SSP(Special Study Permit)とは

観光目的で入国した外国人が合法的に就学するために必要な滞在を特別に許可した許可証

 

フィリピンの英語語学学校に入学するときは、1週間の留学でもSSPは必要。

申請手続きは学校が代理で行い、平均して15,000円程度ですが学校によって費用が違います。

 

2ヶ月以上の留学の場合は、以下の2つも必要になります。

  • ACR-Iカード/外国人登録証
  • ECC /出国許可証

それぞれの申請費用はこちらを参考にしてください。

  詳細 申請費用
ACR-Iカード/外国人登録証 60日以上外国人がフィリピンに滞在する場合、登録が義務 約7,000円前後
ECC /出国許可証 半年以上フィリピンに滞在し出国する際取得が必要
犯罪歴・ビザ申請の怠りがないことの証明
約1,300円

 

申請に不安がある場合は、エージェントに相談しましょう。

 

フィリピンの留学費用はフィリピン留学費用の平均も参考にしてくださいね。

 

バギオ留学のおすすめポイント

フィリピン留学バギオ費用

 

フィリピンのバギオに留学することのおすすめポイントを紹介します。

  • 短期・格安で留学できる
  • 英語学習に集中できる
  • 物価が安い
  • 治安が良い

 

それぞれのポイントを紹介します

 

短期・格安で留学できる

格安で留学できるのもバギオのおすすめポイント。

ヨーロッパやアメリカと比べると、格安で留学できるからです。

フィリピン留学はリーズナブルで人気ですが、マニラやセブ島と比較しても、物価が安い印象。

6人数部屋の格安プランなどを利用すれば、最安値で留学することも可能です。

 

短期留学で集中して勉強したい方にもピッタリのプランもあります。

最寄りの空港がマニラなので、航空券もセブ島よりも安く済むのもうれしいですね。

 

英語学習に集中できる

バギオの語学学校は、ほとんどがスパルタ式です。

なので、真剣に英語を学びたい、という意識の高い学生がバギオを選んでいます

バギオの語学学校では、母国語の使用を禁止としている学校が多いので、しっかり英語を学ぶことに集中できるからです。

 

観光など遊ぶところが少ない都市なので、平日外出禁止で朝から晩まで強制的に勉強する環境を作る学校もあります。

本気で英語を勉強したい留学生が集まるので、英語学習に集中できるのがポイントです。

 

物価が安い

バギオの物価は、マニラやセブ島に比べると2割くらい安い傾向があります。

ショッピングモールが市内にありますが、食材などの値段が少し安いのが魅力。

バギオにはおしゃれなカフェがたくさんあります。

セブなどのリゾート都市よりも安いだけでなく、おしゃれで質の良いカフェを楽しめます。

 

観光できる

フィリピン留学バギオ費用

 

バギオは他の都市に比べて遊べる場所は少ないですが、有名な観光地がいくつかあります。
例えば、「ラ・トリニダード」のフォトジェニックスポット「Stobosa Colorful Houses」は留学生にも人気です。

ラ・トリニダードはバギオの隣町なので、週末に気軽にショートトリップにも行けます。

 

治安が良い

バギオ留学がおすすめな理由は、フィリピンでも治安が良いエリアだということ。

治安が良いのは、もともと米軍の避暑地として作られた都市で、現在も大統領など政治家や富裕層の避暑地となっているからです。

そのため、未成年が留学する場合でも、バギオは安心して過ごせます。

治安が良いエリアを探しているなら、バギオ留学がおすすめです。

 

バギオでおすすめの語学学校

バギオのおすすめの語学学校を5つ紹介します。

  • 2週間留学した場合の費用
  • 日本人スタッフの有無
  • 規模
  • 特徴

 

自分に合った学校を選びたいなら、留学エージェントに相談しましょう!

 

上記の項目をまとめたので参考にしてくださいね。

  2週間の留学費用 日本人スタッフ 規模 特徴
A&J
(エーアンドジェイ)
237,695円 50名 アットホームな雰囲気
ネイティブ講師とホームステイ感覚
BECIBECI the Cafe
(ベシザカフェ)
223,070円 40名 ジブリのような世界観
スピーキングを可視化するSPテスト
発音矯正クラス
PINES メインキャンパス 247,800円 270名 徹底教育された講師陣
発音矯正
British Council公式テストセンター
好ロケーション
WALES(ウェールズ) 187,080円 60名 市街地までのアクセスが良い
自習しやすい環境
渡航前オンライン面談
生徒想いの好調
Baguio JIC
(ジェイアイシー)
234,600円 130名 スパルタとセミスパルタの選択制
IELTSに強いカリキュラム
おしゃれなカフェ
キャンパス内に品ぞろえ豊富なスーパーマーケット

 

フィリピン留学のエージェント比較・口コミ

フィリピン留学バギオ費用

フィリピン留学におすすめのエージェントを5つ紹介します。

エージェントを選ぶポイントは以下の項目をチェックしましょう。

エージェントを選ぶポイント
  • 費用の明確さ
  • 実績・信頼性
  • サポートの充実
  • 口コミ

留学エージェントは事前の準備や現地でのサポートをしてくれる専門家です。

準備の手間や負担を減らせるだけでなく、トラブルのサポートにも対応してくれます。

留学初心者や手続きの進め方が不安な方にはエージェントの利用がおすすめです。

 

留学エージェント基本情報比較

エージェント 料金 対応都市 サポート内容
スマ留 【スマ留ライトプランの料金】
137,000円〜/1〜3週間
294,000円〜/4週間
663,000円〜/12週間〜
【航空券代込みの目安費用】
33万円/1ヶ月
48万円/2ヶ月
129万円/6ヶ月
セブ島
クラーク
バギオ
マニラ
【留学前】
・語学学校の入校手続き
・VISA取得コンサルテーション
・ホームステイ先の紹介
・海外旅行保険の手続き
・航空券取得サポート
【留学中】
・語学学校担当者による現地オリエンテーション実施
・現地での学校延長や転校相談
・ホームステイ、学生寮などの滞在先延長サポート
・学校とのトラブル対応サポート
スクールウィズ 代理店手数料無料
【航空券代込みの目安費用】
17.1万円/1週間
34.8万円/1ヶ月
90.9万円/3ヶ月
169.5万円/6ヶ月
332.5万円/1年
セブ島
マニラ
バギオ
クラーク
ダバオ
バコロド
【留学前】
・英語学習サポート
・航空券・ビザ取得代行
・海外旅行保険代行
【留学中】
・定期面談
・転校や留学延長の手続き
・学校とのトラブル対応
留学情報館 手数料無料
【見積もり目安金額】
245,937円/1ヶ月
640,036円/3ヶ月
1,253,685円/6ヶ月
セブ島
バギオ
【留学前】
・無料英会話レッスン
・出発前交流会
【留学中】
・現地サポート
・プランカウンセリング
フィリピン留学センター 手数料無料
【航空券代込みの目安費用】
18〜25万円/1ヶ月
セブ島
クラーク
マニラ
バコロド
バギオ
ダバオ
イロイロ
ドゥマゲッティ
タルラック
スービック
ボラカイ島
【留学前】
・無料英会話レッスン
・学校手続き代行
・海外旅行保険手続き代行
・航空券代行手配
【留学中】
・電話、メールサポート
・転校、延長手続き
・2ヶ国留学サポート
フィリピン留学Hub 手数料無料
19~27万円/1週間
 24~37万円/2週間
 29~48万円/3週間
 32~60万円/1ヶ月
54~101万円/2ヶ月
 77~144万円/3ヶ月
 99~186万円/4ヶ月
 121~228万円/5ヶ月
 143~270万円/半年
 269~521万円/1年

セブ島
バギオ
クラーク
スービック
タガイタイ
ターラック
ダバオ
ドマゲテ
バコロド
マニラ

・親身な問合せ対応
・トラブル対応が迅速
・旅行代理店の資格を有した専門的なカウンセリング
・LINEでの丁寧なやり取り
・フィリピン留学専門エージェント
・カウンセリング無料
・留学前・留学中もサポート
・英語力が2倍あがる!

 

フィリピン留学を考えているなら、フィリピン留学Hubがおすすめです!

留学エージェントを選ぶ際は、親身にカウンセリングをしてくれることが重要です。
留学する目的や予算・学校など、プランを練るときに丁寧にカウンセリングしてくれるエージェントを選びたいですね。

留学先の国のこと、学校について知識のあるエージェントがおすすめ。

フィリピン留学Hubのエージェントは。現地に何度も視察を重ね学校の設備や雰囲気など、最新の詳しい情報を持っています

LINEで気軽に相談できるのも、留学に慣れていない人にとっては心強いですよね。

フィリピン留学Hubで留学手配をしてもらった人は、英語力が他のエージェントと比べて2倍以上上がったそうです!

初めてフィリピン留学を考えているなら、フィリピン留学Hubを検討してみてくださいね。

 

留学エージェントの口コミ

上記で紹介した留学エージェントの口コミをチェックしました。

エージェント 口コミ
スマ留 トラブルの対応や滞在延長手続きなど、サポートの種類が豊富
連絡方法がLINEかメールのみ。レスポンスに時間がかかる場合も
料金プランがシンプルでわかりやすい
現地にオフィスがないのが不安
スクールウィズ 24時間対応も電話サポートがある
現地オフィスがないのが不安
無料LINE相談があるが、留学中のズーム面談が有料
留学情報館 カウンセリングが丁寧
マニラにオフィスがあって現地サポートが受けられるのが安心
対応時間が限られている
フィリピン留学センター 土日祝も営業していてレスポンスが早い
留学先が豊富で選びやすい
支払い方法がドル払いのケースがある
サポートが充実していて初心者にも安心
フィリピン留学Hub 何から何までサポートしてくれて、安心して留学に臨めた
情報量が多くカウンセリングも丁寧
困ったときもすぐに相談できて安心できた
フレンドリーな対応
サポートが手厚いのでかなり頼りになる
不安な時も電話やLINEで気にかけてくれて嬉しかった

現地で必要なものや海外旅行保険など、留学準備の不安要素を最小限に抑えてくれることで、フィリピン留学Hubは高評価でした!
フレンドリーで頼もしいエージェントだという声もたくさんありましたよ。
中には、エージェントが現地に会いに来てくれたり無くしたものを届けてくれたという声も。

初めての留学で心配な人にこそ、フィリピン留学Hubをおすすめしたいです。

 

まとめ

フィリピンのバギオ留学の費用の目安は以下を参考にしてください。

期間 費用
1ヶ月 約25万~53万円
3ヶ月 約59万~89万円
半年 約115~162万円
1年 約300万 ~400万円

 

バギオはフィリピンの国内でも物価が安かったり治安が良かったりで、留学生に人気の都市です。

スパルタ式の語学学校が多いので、集中して英語を勉強することができます。

せっかくバギオに留学するなら、英語力を伸ばして楽しい経験としたいですね。

初めての留学や手続きに不安がある場合は、留学エージェントを利用しましょう。

事前の手続きからトラブルのサポートまで対応してくれるので、安心した留学生活が送れますよ。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター画像
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© フィリピン留学Hub , 2024 All Rights Reserved.