フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

【フィリピン大学正規留学】言語系の学部一覧

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ほとんど英語が話せない状態で社会人になってからフィリピン留学を経験。

2012年から5年間、フィリピンにある語学学校でマネジャーとして働き、数多くの日本人留学生の英語学習をサポート。最終的には副代表に就任。その後、複数の語学学校のコンサルティングも携わる。

これまでの経験からフィリピンの現地事情や語学学校の情報に精通している。スピーキングが伸びる英語学習アドバイスなども人気。TOEIC900(R/L)

フィリピンの大学では、英語やフィリピン語など言語系の学部を専攻することもできます。

英語などの外国語のスキルは汎用性がありますし、言語を仕組みから学べるので講師になりたい人にもおすすめです。

こちらの記事ではフィリピンの大学で学べるの言語系学部の一覧表を記載しています。

この記事を読めば、言語系の学部とそれぞれの概要や特徴、目指せるキャリアなどが分かります。

言語系の学部一覧

英語

英語

英語の構造などの部分から専門に学ぶ学部です。英語の語源や英文学など英語について深く、詳細な知識を養います。

英語では、「English」と言います。

☆目指せるキャリア☆

英語教師・講師、英語コーチ、トレーナーなど

フィリピン語

フィリピン語

フィリピン語の構造などの部分から専門に学ぶ学部です。語源や文学など深く、詳細な知識を養います。

英語では、「Filipino language」と言います。

☆目指せるキャリア☆

フィリピン語研究者、通訳 など

西欧言語

西洋言語

西洋言語は、イタリア語、ポルトガル語、ギリシア語、オランダ語など西洋の言語の成り立ちや文法など言語に関わる事柄を総合的に学びます。

英語では、「European language」と言います。

☆目指せるキャリア☆

教師、講師、英語コーチなど

言語学

言語学

言語学は、世界の言語の特徴や特質を研究する学問。言語を成り立ちや構造、変化・変遷、分布、比較などさまざまな角度から捉えることで理解を深める学部です。

「意味論」「語彙論(ごいろん)」「文法論」「文字論」「音韻論」など複数の学問領域があります。

英語では、「Linguistics」と言います。

☆目指せるキャリア☆

言語学者、翻訳家、教師など

言語系の学部がおすすめの大学

1.フィリピン大学デリマン

フィリピン大学デリマン

フィリピン大学デリマンは、1909年にフィリピンの首都マニラのケソンに設立された歴史ある国立大学です。学生数は約47,000人です。

フィリピンの大学留学ランキングにおいて長年1位の座を維持する、文字通りフィリピンNo.1の大学といえます。

フィリピン国内で最多の20を超える学部が政府の優良認定を受けています。

教授陣も世界中からトップクラスの人材が集まっていますので、教育を受けるには最高の環境が整っていると言えます。

国内ランキング1位
難易度Sクラス
教育レベル★★★★★
施設や設備★★★
学費約16万円~/ 1年

2.デ・ラサール大学マニラ校

デラサール大学マニラ校

デ・ラサール大学マニラ校は、フィリピンの首都マニラのマラテに校舎を構える私立大学です。

生徒数は、約17,000人です。毎年大学ランキングのトップ3入りを果たす超名門校です。

学費は50万円からと一般的なフィリピンの私立大学と比べると3倍ほど高額になりますが、その分施設の設備も整っています。

IT系、ビジネス系、サイエンス系、エンジニアリング系、教育系など多くの学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング2位
難易度Sクラス
教育レベル★★★★★
施設や設備★★★★★
学費約50万円~/ 1年

3.アテネオ大学マニラ校

アテネオ大学マニラ校

アテネオ大学マニラ校は、フィリピンの首都マニラのケソンに校舎を構える私立大学です。生徒数は、約14,000人です。

フィリピン全土に姉妹校をもつ大型フランチャイズで、中でもマニラ校は毎年大学ランキングのトップ3入りを果たす超名門エリート校です。

学費は30万円からと一般的なフィリピンの私立大学と比べると2倍ほど高額になりますが、その分施設の設備も整っています。

ビジネス系、コミュニケーション系、社会学系、サイエンス系、人文学系など多くの学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング3位
難易度Sクラス
教育レベル★★★★★
施設や設備★★★★
学費約30万円~/ 1年

4.サント・トーマス大学

サント・トーマス大学

サント・トーマス大学は、1611年にフィリピンの首都マニラのサンパロックに設立された私立大学です。生徒数は、約41,000人です。

アジアで最も古い大学としても、その名を知られ、大学ランキングでは、常に上位トップ5に名前が入る名門校のひとつでもあります。

観光、医療、教育、サイエンス系、エンジニアリング系など複数の学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング4位
難易度Sクラス
教育レベル★★★★★
施設や設備★★★
学費約20万円~/ 1年

5.シリマン大学

シリマン大学

シリマン大学は、セブ島から近いドゥマゲテに校舎を構える私立大学です。設立は1908年と歴史のある大学で生徒数は約9,000人です。

オープン・アドミッションポリシーという規定を掲げており、原則入学試験なしで出願が可能です。

教育、看護、ITの学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング12位
難易度Bクラス
教育レベル★★★★★
施設や設備★★★★
学費約15万円~/ 1年

6.サウスイースタン・フィリピン大学

サウスイースタンフィリピン大学

サウスイースタン・フィリピン大学は、ダバオにある州立大学です。設立は、1978年で生徒数は、約10,000人です。

学費が4万5000円からと安いですが他校に比べて入学条件のレベルが高いです。

IT系、教育系、農業系、言語系など政府から優良認定を受けている学部が多くあります。

国内ランキング80位
難易度Sクラス
教育レベル★★★★★
施設や設備★★★
学費約4万5000円~/ 1年
この記事を書いている人 - WRITER -
ほとんど英語が話せない状態で社会人になってからフィリピン留学を経験。

2012年から5年間、フィリピンにある語学学校でマネジャーとして働き、数多くの日本人留学生の英語学習をサポート。最終的には副代表に就任。その後、複数の語学学校のコンサルティングも携わる。

これまでの経験からフィリピンの現地事情や語学学校の情報に精通している。スピーキングが伸びる英語学習アドバイスなども人気。TOEIC900(R/L)