フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間9:00~18:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

【2023】セブ島親子留学で『中学生』におすすめのプランを徹底解説

シン
WRITER
 
セブ島親子留学中学生
この記事を書いている人 - WRITER -
シン
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら

セブ島親子留学の中学生におススメの語学学校

CPI

セブ島でリゾート留学が叶うCPI(シーピーアイ)の教科書

セブ島にあるCPIは中学生の親子留学の受入れが可能です。リゾートコンセプトで作られたキャンパスの中央には、オリンピック競技用と同じ長さで作られたプールを配置しています。

子ども用の水深のプールもあって、監視員も常駐しているためある程度お子さんを自由にしていても安心して留学生活を送ることができます。カリキュラムにはお子さんの宿題を行う時間もあるため、学校に任せておきながら付き添いのお母さんもしっかりと授業を受けることができます。

【CPI】ジュニアオプションクラス

子ども用のカリキュラムは、マンツーマンのほかに小グループクラスと大グループクラスで構成されています。更に放課後には大人も子どもも参加可能な身体を動かすアクティビティやしっかり英語漬けになりたい人向けのマンツーマン受け放題のアクティビティが提供されています。

⑤巡回バスを運行

CPIでは、平日と週末に定期的にショッピングモールやITパークに連れて行ってくれる巡回バスを出してくれます。

 

中学生対象の親子留学コース

親子留学コース

コースの詳細を見てみる
Diet Generalコース(保護者)

親子留学コース

・マンツーマン:2コマ
・小グループ:1コマ
・大グループ:1コマ
・任意参加3時間(19:30~22:30)

合計4コマ+3時間

「Diet General English」は、親子留学の保護者向けのライトなコースです。授業時間は、1日4時間。授業の合間に一人で予習をしたり、リラックスするなど、自由な時間を過ごすことができます。CPIは平日外出禁止の語学学校ですが、親子留学の保護者は外出可能なので、空き時間にショッピングに出かけることもできます。

Junio Program(お子様)

親子留学コース

・マンツーマン:5コマ
・小グループ:1コマ
・大グループ:1コマ
・義務自習:1コマ
・任意参加2時間(19:30~22:30)

合計8コマ+2時間

親子留学のお子様向けのプログラムです。夕方は講師監視のもと、その日の宿題を行います。親子留学してる家族も多いよ。1日中監視員も多いから万が一キャンパス内で子供が何かあってもすぐに発見できる体制を敷いています。

宿題の時間もカリキュラムに含まれているため、先生に任せることができます。親御さんがフルタイムで授業をとっても、ご自身の自習時間も確保できる点が素晴らしいです。

▼参考)【2023】セブ島でリゾート留学が叶うCPI(シーピーアイ)の教科書▼

EV Academy

セブ島で一番綺麗なEV Academy(イーブイ・アカデミー)の教科書

EVアカデミーは、中学生の親子留学が受入れできるセブ島ナンバー1の学校です。親子留学でも安心して滞在できるリゾートタイプの環境を揃えています。夜間はプールがライトアップされており、遅くまでオープンしているカフェもあります。

中学生用のカリキュラムは「マンツーマン4コマ+グループ2コマの合計6コマ/日」とお母さん様に「マンツーマン6コマのコース/日」を提供。無料で参加できるオプションクラスには、英語の歌やゲーム・ダンス・映画鑑賞などが提供されています。

イブニングアクティビティ

中学生対象の親子留学コース

親子留学コース

コースの詳細を見てみる
ファミリーコース

EV FAMILY CAMP 2022

お申込に当たって、参加人数(親御さん含む)×頭金500ドルが必要です。

ファミリーコースは繁忙期以外は無制限ですが、繁忙期は各国籍5組までに限定しています。以前は国籍関係なく15組まででしたが、子どもが増えすぎてしまうため、現在は組数を更に制限中です。最低4週間からの受付ですが、それ以下でも相談可能。親御さんのレッスン数に関しては、多すぎれば金額は変わらないですが受講しなければいいだけですが、ジュニアのレッスン数に関しては受講必須となります。

Juniorコース

親子留学コース 
・マンツーマン:4コマ
・グループ(選択):2コマ

合計6コマ

Guardian(保護者)コース

親子留学コース 
・マンツーマン:6

合計6コマ

親子留学スケジュール

*4週間未満のお申込の場合、4週間費用の1週40%、2週65%、3週85%で計算されます。

*2023年最新版の親子留学についてのパンフレット  (2023年夏渡航より適用)はコチラから閲覧可能。 2023年6月~8月、2024年1月~3月を除く期間は、人数制限なく随時受付しております。

▼参考)【2023】EV English Academy(アカデミー)の教科書▼

I.BREEZE

I.BREEZEの教科書

セブ島にあるI.BREEZEでは、中学生の親子留学が可能です。オーナーが世界中のリゾートホテルから発想を得て作られたキャンパスは非常に開放感があります。

セブ島の中では最も中心地から近いロケーションにあるため買い物や外出の利便性が高いのが特徴です。

親子共に1日合計6コマの英会話コースが提供されます。お母さんは親子留学専用のコース以外でも選択が可能ですが、キチンと親子の受講時間が合うように調整してくれます。

中学生対象の親子留学コース

親子留学コース

コースの詳細を見てみる
JUNIOR ESL(Young Learners English Cambridge)コース

親子留学コース
・マンツーマン:6コマ
・オプションクラス:1コマ

 

合計6コマ+1クラス

JUNIOR YLEコース

親子留学コース
・マンツーマン:6コマ
・オプションクラス:1コマ

 

合計6コマ+1クラス

5~15歳のお子様向けのカリキュラム(単体留学不可)です。レベルに応じて柔軟にクラスをアレンジしています。保護者はどのコースでも選択が可能で、親子の時間が合うように学校側が調整します。親子は毎日週末関係なく22時が門限で、外泊は土日のみ許可(月曜の8時までなら2泊3日可能)されます。ただし、3回ルールを破ると退学になるためご注意ください。

▼参考)【2023】セブ島留学の綺麗どころI.BREEZE(アイブリーズ)の教科書▼

フィリピン親子留学の具体例

ここからは具体的な親子の人数と子どもの年齢を参考に総額どれぐらい掛かるのかを見てみましょう。ざっくりと知りたい方は参考にしてもらえます。親御さんは受講少な目のパターンで仮定しています。

親子2人の留学費用

まずは最も多い親子2人を例に料金を見てみましょう。

母+中学生の場合

1週間 2週間 3週間 4週間
 -入学金 15,000 15,000 15,000 15,000
 -授業料 67,500 135,000 202,500 270,000
①出発前費用 82,500 150,000 217,500 285,000
②現地費費用 41,600 44,720 47,840 50,960
合計(①+②) 124,100 194,720 265,340 335,960
子ども(ジュニアコース) 1週間 2週間 3週間 4週間
 -入学金 15,000 15,000 15,000 15,000
 -授業料 84,375 168,750 253,125 337,500
①出発前費用 99,375 183,750 268,125 352,500
②現地費費用 41,600 44,720 47,840 50,960
合計(①+②) 140,975 228,470 315,965 403,460
総額 265,075 423,190 581,305 739,420

 

親子3人の留学費用

まずは最も多い親子3人を例に具体的なお子さんの年齢ごとの料金を見てみましょう。

母+小学生+中学生の場合

1週間 2週間 3週間 4週間
 -入学金 15,000 15,000 15,000 15,000
 -授業料 67,500 135,000 202,500 270,000
①出発前費用 82,500 150,000 217,500 285,000
②現地費費用 41,600 44,720 47,840 50,960
合計(①+②) 124,100 194,720 265,340 335,960
子ども(幼稚園) 1週間 2週間 3週間 4週間
 -入学金 15,000 15,000 15,000 15,000
 -授業料 84,375 168,750 253,125 337,500
①出発前費用 99,375 183,750 268,125 352,500
②現地費費用 54,600 62,920 71,240 79,560
合計(①+②) 153,975 246,670 339,365 432,060
子ども(ジュニアコース) 1週間 2週間 3週間 4週間
 -入学金 15,000 15,000 15,000 15,000
 -授業料 84,375 168,750 253,125 337,500
①出発前費用 99,375 183,750 268,125 352,500
②現地費費用 41,600 44,720 47,840 50,960
合計(①+②) 140,975 228,470 315,965 403,460
総額 419,050 669,860 920,670 1,171,480

母+中学生+中学生の場合

1週間 2週間 3週間 4週間
 -入学金 15,000 15,000 15,000 15,000
 -授業料 67,500 135,000 202,500 270,000
①出発前費用 82,500 150,000 217,500 285,000
②現地費費用 41,600 44,720 47,840 50,960
合計(①+②) 124,100 194,720 265,340 335,960
子ども(幼稚園) 1週間 2週間 3週間 4週間
 -入学金 15,000 15,000 15,000 15,000
 -授業料 84,375 168,750 253,125 337,500
①出発前費用 99,375 183,750 268,125 352,500
②現地費費用 54,600 62,920 71,240 79,560
合計(①+②) 153,975 246,670 339,365 432,060
子ども(ジュニアコース) 1週間 2週間 3週間 4週間
 -入学金 15,000 15,000 15,000 15,000
 -授業料 84,375 168,750 253,125 337,500
①出発前費用 99,375 183,750 268,125 352,500
②現地費費用 41,600 44,720 47,840 50,960
合計(①+②) 140,975 228,470 315,965 403,460
総額 419,050 669,860 920,670 1,171,480

 

上記の通り、小学生と中学生の料金は同じという学校が大半なので、お子さんが「小学生+中学生」パターンも「中学生+中学生」のパターンでも同じになります。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
シン
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© フィリピン留学Hub , 2023 All Rights Reserved.