ABOUTこの記事をかいた人

ユキ

19歳の頃に初めてフィリピン、バギオを訪れ、初留学を体験。その後、フィリピンという国に心を掴まれ、バギオ市内の大学入学を決意。幾度の挫折を経つつも無事3年後に卒業を果たす。それからもこの国の為に尽力したいと意気込み、現在もフィリピンに在住中の熱血ライター。

こちらの記事では、バギオの老舗スパルタ学校 『パインス(PINES)』についてご紹介します。

今回、

  • パインス(PINES)の特徴やカリキュラム
  • 他の学校との違い
  • 施設の設備や料理

 

について、現地で徹底的に調査してきました!

 

パインス(PINES)をご検討中の方は、ぜひぜひ参考にしてみてください。

パインス(PINES)とは?

パインス(PINES)とは『パインスインターナショナルアカデミー』の略。

バギオという街にある、15年以上続く由緒と歴史のある語学学校です。

職員は、現在約350名。

学生は、韓国、日本、中国、台湾、ベトナム、モンゴル等の様々な国から、ピークの時期には200名~350名程勉強しています。

パインス(PINES)は、「スパルタカリキュラムのパイオニア」とも言われており、「しっかり勉強したい!」という学生が多く集まる語学学校としても有名です。

パインス(PINES)の立地

パインス(PINES)はバギオ市という小さな街に位置しています。

バギオ市という所は、富士山の約5合目と同じ標高にあり、山の上の避暑地として国内でも有名です。気温も北海道の初夏並みになっており、非常に過ごしやすい街。

さらに、バギオ市はフィリピン国内有数の学園都市としても名を馳せており、小学校から大学、更には専門学校等も多く集っています。

一層学習にフォーカスをして、短期間で英語力を伸ばしたいという学生には、バギオという都市は、フィリピン国内最高の環境だと言えるでしょう。

パインス(PINES)の特徴・他の学校との違い

パインス(PINES)の最大の特徴は、スパルタカリキュラム。

パインスは「スパルタカリキュラムのパイオニア」とも言われており、16年というキャリアを持っている老舗の学校です。

講師、学生共に非常に意識の高い環境が自然に保たれています。

また、パインスは自校で2つのキャンパスがあるのが特徴。

初〜中級の学生が通う「メインキャンパス」と、上級の「チャピスキャンパス」に分かれています。

初中級メインキャンパス

メインキャンパスの学生のレベル

まず、メインキャンパスに入学する学生の英語レベルについてご説明します。

メインキャンパスは、レベル1~10に分けられた学生の中で、主にレベル1~5の学生のみで構成されています。

「英語を人生で初めて勉強します!」

という方や、

「普段から海外旅行によく行くので、英語は少し話せます!」

というレベルの学生が在籍しています。

メインキャンパスが新施設に!

 

メインキャンパスは、2018年5月26日から出来立てほやほやの新キャンパスに移転しました!

 

実はこのメインキャンパス、以前はクイサンホテルというローカルホテル(お世辞にも綺麗とは言えない。。)で運営されていました。

新キャンパスでは、施設の設備、学生の宿舎、ともにとても綺麗になっています!

 

メインキャンパスの立地

新メインキャンパスは、以前に比べると、立地も格段に良くなりました。

右手に伸びておりますのが、新メインキャンパス。

街の中心地から離れた立地になっており、バギオ市内ではちょっとした高級住宅街と呼ばれるようなエリアに位置しています。

タクシーに乗れば約5~10分程で、市内で最も大きいSM BAGUIO MALLにアクセスする事が出来ます。

また、新キャンパスの近隣には大統領が政務活動の際に滞在される『マンションハウス』という建物があります。

このエリアは、バギオ市内の中でも圧倒的に治安が保証されているエリアと言えますので、治安が心配な方も、安心して留学生活をすることができます。

チャピス上級キャンパス

チャピス上級キャンパスの学生のレベル

チャピスキャンパスの学生は、Level 6~10の学生で構成されています。

 

バギオ市内の語学学校の中でも、学生の平均英語レベルはトップクラス!

 

その背景としては、

  • パインスのメインキャンパスで、数か月の英語学習を終えた学生が入学している
  • 他の語学学校からレベルの高い環境を求めて入学する学生が多い
  • 講師の質が圧倒的に高い

という理由があるから。

 

チャピスキャンパスは、「レベルの高い環境に身を置いて、英語を頑張りたい!」という留学生の方におすすめのキャンパスです。

EOP(僕語禁止制度)

チャピスキャンパス内は、EOP(僕語禁止制度)が徹底されています。

 

常に四六時中キャンパス内を巡回している監査員がいるので、もしも、英語以外の言語を話しているところを見つかったら…

 

OUT!!

即、罰金のペナルティです。

 

それ以降、罰金のペナルティは倍々方式で増えていくというルールですので、どれだけEOPを徹底しているかという姿勢が伝わります。

チャピスキャンパスの立地

左手に伸びていますのが、チャピス上級キャンパス。

バギオの中心街からは、タクシーで約20分強の立地になっています。

主要道路(Marcos Highway) から離れていることもあり、車の騒音等、勉強の妨げになるものがないので、本当に学習に集中したい方にはとても良い環境と言えます。

講師の質が高い

講師の質は、チャピスキャンパス最大の売りです。

 

学生のレベルが高い=講師に求める英語レベルが高い

                            ↓

講師のレベルが圧倒的に高い

 

  • パインスメインキャンパスで、1年以上の講師経験を積んで且つ、
  • 講師の総合評価が満点近い

 

そんな選抜された講師陣が、チャピスキャンパスに在籍しています。

パインス(PINES)のコース・費用

新メインキャンパス提供コース一覧

コース一覧 授業料  
Power ESL ¥76,000

*表示価格は4週間の料金です。

長期滞在(12週以上)をご希望の方は、さらに割引が適応されます。(詳しくは、お問い合わせの際にご確認ください。) 

Intensive ESL ¥89,000
Premium ESL7 ¥101,000
Pre 試験対策コース
IELTS TOEIC
¥80,000

チャピスキャンパス提供コース一覧

コース一覧 授業料  
Power ESL ¥76,000

*表示価格は4週間の料金です。

長期滞在(12週以上)をご希望の方は、さらに割引が適応されます。(詳しくは、お問い合わせの際にご確認ください。) 

*試験対策コースは、チャピスキャンパスのみのご提供になりますことをご確認ください。 

Intensive ESL ¥89,000
Premium ESL7 ¥101,000

試験対策コース
IELTS TOEIC/TOEIC Speaking/ TOEFUL/OPIC

¥85,000
PINES IELTS 8週コース ¥234,000
PINES IELTS 10週コース ¥234,000

 

キャンパスによって、提供されているコース、部屋タイプは違っています。

パインスでは、基本的なスピーキングコースから、レッスン内容を自由に決定できる完全マンツーマンコースまで様々なコースが受講できます。

最近では、テスト対策の講師育成にも力を入れており、テストコースが充実しているのも、ポイントです。

 

■4・6人部屋でコストを抑えよう

さらに、パインスメインキャンパスには4・6人部屋が新設されているので、以前よりも価格を抑えて留学することが可能です。

例えば、Power ESLコース+6人部屋ですと、

4週間の滞在で

¥145,000 (初回登録料、ピックアップ費用も含む)で留学可能!

さらに、パインスが割引キャンペーンを開催している時期は、さらに安く留学することもできます!

パインス(PINES)の施設

メインキャンパス

■メインオフィス

パインスのメインキャンパスは、出来立てほやほや。施設内全てが新しく、快適な環境で留学生活を過ごせます。

■学生宿泊寮

 

 

 

 

 

■レッスン教室

 

チャピスキャンパス

■メインオフィス

    

■レッスン教室

■キャンパス内施設

パインス(PINES)の食事

パインスの食事は毎日色々なバリエーションで提供されます。(メイン・チャピス共に同じ)

魚の煮つけとミネストローネスープ

日本を感じるほっこり優しい味付けです。

韓国風チゲと甘辛フライドチキン

パインスでは、常に日本人向け、韓国人向けに辛い料理、辛くない料理が用意されております。

頻繁に日本食も出ますので、日本人への気遣いもあってありがたいですね。

韓国風ハンバーグとクリームスープ

このクリームスープが実は密かな人気メニュー!

食事のバリエーション、料理の質も年々改善され、より良い物になっているようです!

パインス(PINES)の口コミ

続いて、実際にパインスを卒業された日本人学生さんの声をご紹介したいと思います!

・4週間の滞在でしたが、熱心で優しいパインスの先生方には大変感謝しております。キャンパス内の環境も非常に良い雰囲気に包まれており、勉強だけ!という前評判とは良い意味でのギャップがあり、とても満足しています。また肝心の学習面ですが、英語を短期間で伸ばすならもってこいの場所だと感じました。学生も講師陣もONとOFFの切り替えがとてもはっきりしており、周りに引っ張られ勉強に集中する事が出来ました。

(Uemeda Daiki)

 

私の3カ月半のパインス留学は、私の人生にとってとても貴重な経験になりました。来た当初は、フィリピン、パインス生活の全てが新しい発見でした。見ず知らずの人、国籍の違う学生と一緒に勉強する事、まさに新しい世界でした。最初はそのような戸惑いもありましたが、時が経つにつれ、新しい環境に順応していく能力が高まっていったようにも感じます。ただ、同じようなものを毎日食べたり、お酒を飲めないという事に関しては正直きつかったと感じました。ですが、授業が始まれば、スパルタカリキュラムですから、そんな悩みを忘れるくらいの忙しい日々。英語学習もそうですが、パインス留学で私は忍耐力、順応力等、大きな意味で人間として成長出来たと思います。

(Naota Harada)

 

パインスでの留学は、英語学習のもちろんのこと、原田さんの様にスパルタの環境で人間的にも大きく成長したという方も多いのだそうです。

スパルタカリキュラムは、英語学習以外にも人間としての成長を促すカリキュラムとも考えられるのですね。

パインス(PINES)はこんな人におススメ!

パインスは、歴史のある名門スパルタ校。

パインスの特徴は、何といっても学習面に関して、最高水準の品質!と言えるのではないでしょうか?

  • 短期間で確実に結果を伸ばしたい
  • 甘えが出てしまうので、強制的に自分を厳しい環境に置きたい
  • 国際色豊かな学生と一緒に勉強したい

 

という方におすすめです。

パインスの国籍比率については、

  • 韓国人30% 
  • 日本人30% 
  • 中国・台湾人20% 
  • モンゴル・ベトナム・サウジアラビア等20%

 

最近のパインスは、日本人、韓国人学生の比率がそれ程高くなく、国際色豊かな学生が集まる学校です。

パインスは、施設面や、生活面等、様々な要素がかなり高い水準でバランス良く提供されている学校だと言えます。

 

さいごに

こちらの記事では、バギオの老舗校パインス(PINES)について、詳しくご紹介しました。

2018年にメインキャンパスを移転し、さらにパワーアップしたパインス。

初〜中級の新メインキャンパス、上級のチャピスキャンパスにわかれているので、自分のレベルに合った環境で、トコトン語学力を深めることができます。

 

↓PINESの体験レポートも合わせてどうぞ!

【バギオPINESの評判を抜き打ち検査】チャピス校は上級者向けではなかった!?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

今までぼくが研究してきた「留学で3倍の成果を上げる」ノウハウを無料でプレゼントしちゃいます。


総ページ数30ページ以上の

充実のコンテンツE-bookです。

ぜひあなたの留学にお役立て下さい。

いつか削除する可能性もあるので
今ダウンロードしちゃって下さい。

ここでは絶対に言えない成功の秘訣を
惜しみなく盛り込みました。

詳しくはE-bookで!




フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!