フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間9:00~18:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

【保存版】フィリピンの正規留学を徹底解説

tomo-san
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
tomo-san
ほとんど英語が話せない状態で社会人になってからフィリピン留学を経験。

2012年から5年間、フィリピンにある語学学校でマネジャーとして働き、数多くの日本人留学生の英語学習をサポート。最終的には副代表に就任。その後、複数の語学学校のコンサルティングも携わる。

これまでの経験からフィリピンの現地事情や語学学校の情報に精通している。スピーキングが伸びる英語学習アドバイスなども人気。TOEIC900(R/L)

フィリピンの大学に留学してみたいけど、全く何も知らないという人も多いでしょう。

ウェブを調べてもフィリピンの大学進学に関する情報は少なく、古いものもありますから、最新でかつ確かな情報を知りたいという方も多いはずです。

そこでこちらの記事ではフィリピンの正規留学についての情報を分かりやすくまとめました。

  • フィリピンの大学に正規留学するメリット
  • 日本の大学との違い
  • 入学の方法

などを知りたい人に役に立つ基礎情報が満載です。

それではさっそくはじめましょう。

正規留学とは?

セントラル・フィリピン大学

まず正規留学という言葉の意味から説明していきます。

正規留学とは、日本の大学で勉強するのと同じように、海外の4年制大学や大学院へ入学し、学位取得を目指すための留学のことです。

弊社では、フィリピン大学留学のことをフィリピンへの正規留学と言ったりもします。同じ留学でも、単に外国語だけを学ぶのは語学留学と言います。

そこは混同しないように気を付けましょう。

フィリピンの大学の特徴!正規留学するメリットは?

メリット1:学費が安い

フィリピンの大学に進学する最大のメリットは、コスパの高さにあります。

下記の比較表を見ても分かるように、フィリピンの大学の学費や現地の生活費は日本や欧米諸国に比べて格段に安いです。

その費用は、日本の大学の約3分の1、カナダの大学の5分の1程度と言われます。

学費が要因で大学進学をあきらめていた人でも進学が十分に可能になりますし、家族に教育費の負担をかけたくないと悩むかたでもより少ないプレッシャーで進学することができます。

項目

カフィリピン

日本

カナダ

入学金

約1万5000円

約25万円

×

学費/年

約10~30万円 

約55~90万円

約250~450万円

家賃/年

約36万円

約72万円

約72万円

水道光熱費/年

約6万円

約12万円

約8万円

食費/年

約24万円

約36万円

約36万円

通信費/年

約5万円

約12万円

約12万円

交通費/年

約1万円

約12万円

約12万円

合計(1年)

約82~102万円

約224~259万円

約390~590万円

合計(4年)

約328~404万円

約896~1036万円

約1560~2360万円

メリット2:英語がペラペラになる

フィリピンは、英語を公用語として話す国です。英語スキルはアジアで断トツのトップです。

フィリピンの大学でも授業はほとんどすべてが英語で行われます。つまり、そういった英語漬けの環境で4年間学べば、嫌でも英語はペラペラになります。

海外生活のみならず、仕事でも十分につかえるレベルの英語力ですから、外資系企業や海外での就職も実現可能ですし、スキルに応じて年収を上げることも可能でしょう。

大学で磨いたレベルの高い英語力は、あなたの人生の可能性と選択肢を広げ、市場価値も格段に高めてくれます。

メリット3:世界中に友達ができる

フィリピンの大学には、アジア、中東、アフリカ、欧米からもたくさんの留学生が訪れます。

それはすなわちフィリピン人だけではなく、様々な国籍の人たちと出会うチャンスがあり、世界中に友達を作るチャンスに恵まれるということです。

共に学び、仲間になった友人たちはいずれ自分の国に帰国して仕事を得たり、もしくは別の国で活躍することでしょう。

もしかしたら彼らとの縁が仕事や私生活に新たなるチャンスを引き寄せるきっかけになるかもしれませんし、友に会いに世界中を旅するということも可能でしょう。

フィリピンの大学への進学は、グローバル時代に最適な交友関係を築くチャンスを与えてくれるのです。

日本の大学に進学したときとの大きな違い

違い1:毎日英語を使う必要がある

日本の大学とフィリピンの大学の最大の違いは、使用言語でしょう。

先ほど挙げたようにフィリピンは英語を公用語とする国なので、大学での授業はすべて英語になります。

私生活でも英語を使って生活することになるので、最初は自分の伝えたいことを正確に伝えられず苦労することもあるかもしれません。

違い2:異文化での生活に順応する必要がある

国が違えば考え方や価値観、生活習慣なども大きく異なります。異文化で生活する際にはそのことを頭に入れてうまく順応していくことがストレスなく生活を送るポイントになります。

例えば、フィリピンは、日本と違い時間にルーズなところがあります。大学の授業でも、先生が5分遅刻してきたり、予告なしにいきなり授業が休みになったりということは結構あります。

他にも宗教による考え方の違いなどもあります。

カトリック教徒であるフィリピン人や中東出身のイスラム教徒の学生など様々な宗教バックグラウンドを持った人たちが集まる国ですから、それぞれを尊重しつつコミュニケーションをとるスキルを磨くことも必要です。

彼らが重要だと感じている価値観を侵害しないためにも宗教について簡単に学んでおくことも重要でしょう。

いい意味でも悪い意味でも突っ込みどころ満載で飽きない国ではありますが、いちいちイライラしたら身が持たないので異文化だと割り切って順応するよう心がけましょう。

違い3:日本より施設やインフラ面で劣る

アジア・トリニティー大学

施設やインフラ面でもフィリピンは日本より劣る部分は多いです。

日本の大学で使用されれるパソコンやプリンター、スキャナーなどの事務機器は最新のものがほとんどですが、フィリピンの大学の古いものを使っていることが多いです。

大学の図書館の本も日本に比べるとかなり少ないのが実情です。

私生活でも、いきなりインターネットが使えなくなったり、いきなり停電になって数時間復旧しなかったりと日本ではありえないことは普通に起こります。

年々インフラ面は改善が見られますが、あまり高望みをせず、そういうものだと割り切って生活すればストレスは少ないでしょう。

フィリピンの大学に入学するには

「フィリピンの大学に進学したいけど、入学条件がよく分からない。」と悩んでいる人も多いでしょう。

フィリピンの大学のウェブサイトを見ても、入学条件に関する情報が曖昧だったり、分かりにくかったりしますから、正確な入学条件を知るのは一苦労です。

そこでここからは、フィリピンの大学に入学するためのステップを簡単に説明していきます。

フィリピンの大学の入学時期は8~10月からなので、逆算してスケジュールを立てる必要があります。また、大学のレベルや入試科目、難易度によってもスケジュールは大きく異なります。

時期

戦略

試験の半年以上前

まずは、英語学習から始めましょう。IELTS6.5を条件としている大学が多いので、そのスコアを目標にしましょう。現地情報の収集や大学見学も兼ねてフィリピンに語学留学するのもおすすめです。

試験日より2ヵ月前

出願条件を満たすIELTSスコアを獲得したら、次は入試対策に移りましょう。弊社が提供している試験対策コースを活用してください。高校レベルの数学や科学の問題を英語で解くので時間をかけた対策が必要です。

試験日間近

Sクラス大学の入試は、9月から11月の間に集中しています。 滑り止め対策も兼ね複数の大学の試験を受けましょう。大学見学ができていない場合は、このタイミングで現地に赴き見学しましょう。

試験後~入学まで

試験後、結果発表までに半年近い時間がかかります。合格が決まったら入学手続きを行い、授業が始まる8月前には現地入りしましょう。住居探しなどもあるので2ヵ月ほど余裕をもって前入りするとよいでしょう。

フィリピンで日本人の進学におすすめの大学15選

1.デ・ラサール大学マニラ校

デラサール大学マニラ校

デ・ラサール大学マニラ校は、フィリピンの首都マニラのマラテに校舎を構える私立大学です。

生徒数は、約17,000人です。毎年大学ランキングのトップ3入りを果たす超名門校です。

学費は50万円からと一般的なフィリピンの私立大学と比べると3倍ほど高額になりますが、その分施設の設備も整っています。

IT系、ビジネス系、サイエンス系、エンジニアリング系、教育系など多くの学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング 2位
難易度 Sクラス
教育レベル ★★★★★
施設や設備 ★★★★★
学費 約50万円~/ 1年

2.アテネオ大学マニラ校

アテネオ大学マニラ校

アテネオ大学マニラ校は、フィリピンの首都マニラのケソンに校舎を構える私立大学です。生徒数は、約14,000人です。

フィリピン全土に姉妹校をもつ大型フランチャイズで、中でもマニラ校は毎年大学ランキングのトップ3入りを果たす超名門エリート校です。

学費は30万円からと一般的なフィリピンの私立大学と比べると2倍ほど高額になりますが、その分施設の設備も整っています。

ビジネス系、コミュニケーション系、社会学系、サイエンス系、人文学系など多くの学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング 3位
難易度 Sクラス
教育レベル ★★★★★
施設や設備 ★★★★
学費 約30万円~/ 1年

3.サント・トーマス大学

サント・トーマス大学

サント・トーマス大学は、1611年にフィリピンの首都マニラのサンパロックに設立された私立大学です。生徒数は、約41,000人です。

アジアで最も古い大学としても、その名を知られ、大学ランキングでは、常に上位トップ5に名前が入る名門校のひとつでもあります。

観光、医療、教育、サイエンス系、エンジニアリング系など複数の学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング 4位
難易度 Sクラス
教育レベル ★★★★★
施設や設備 ★★★
学費 約20万円~/ 1年

4.マプア大学

マプア大学

マプア大学は、フィリピンの首都マニラのイントラムロスに校舎を構える私立大学です。フィリピン国内でエンジニア、IT系の学部においてトップの大学として有名です。

フィリピン国内でも珍しい4学期制を採用しており、本来であれば6年間かけて学ぶ内容のプログラムをたった3年半で学べるプログラムを提供しています。

エンジニアリング系とIT系の学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング 8位
難易度 Sクラス
教育レベル ★★★★★
施設や設備 ★★★★
学費 約40万円~/ 1年

5.イースト大学

イースト大学

イースト大学は、1946年に設立された私立大学です。フィリピンの首都マニラのマニラ市に校舎を構えており、生徒数は、45,000人と大規模です。

IT系の学部が政府の優良認定を受けており、MicrosoftやOracle、Googleなどの世界的なIT企業とパートナーシップを組んだプログラムを提供しています。

国内ランキング 11位
難易度 Aクラス
教育レベル ★★★★
施設や設備 ★★★★
学費 約16万円~/ 1年

5.ファーイースタン大学

ファーイースタン大学

ファーイースタン大学は、1928年に設立された私立大学で例年トップ20入りを果たしている名門校です。マニラの中心街であるサンパロックに校舎を構え、生徒数は、約22,500人ほどです。

一般の私立大学と比べて1.5~2倍ほど高額ですが、その分施設の設備や教育設備のインフラがしっかり整っています。

経営学部と教育学部が政府による優良認定を受けています。

国内ランキング 13位
難易度 Aクラス
教育レベル ★★★★
施設や設備 ★★★★★
学費 約20万円~/ 1年

6.デ・ラサール大学セントベニルデ

デラサール大学セントベニルデ

デ・ラサール大学セントベニルデ校は、1988年に設立された私立大学です。フィリピンの名門デ・ラサール大学の姉妹校でフィリピンの首都マニラのマラテに校舎を構えています。

アート&デザインの学部があり演劇など芸能系の学問に力を入れており、卒業生には芸能界やスポーツ界で活躍する卒業生がとても多いことで有名です。

ビジネス系と観光系の学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング 13位
難易度 Aクラス
教育レベル ★★★★
施設や設備 ★★★★★
学費 約35万円~/ 1年

7.アダムソン大学

アダムソン大学

アダムソン大学は、ギリシャの移民であるジョージルーカスアダムソンが1932年に設立した私立大学です。生徒数は、8500人ほどと中規模ですが、選りすぐりの優秀な生徒が集まっています。

施設の設備の拡充にも力を入れている大学で、構内の施設も綺麗で研究設備なども最新のものを使用できます。

エンジニアリングと教育学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング 20位
難易度 Aクラス
教育レベル ★★★★
施設や設備 ★★★★
学費 約15万円~/ 1年

8.ホセリザール大学

ホセリザール大学

ホセリザール大学は、1919年に創立されたフ歴史ある大学です。フィリピンの首都マニラにあるマンダルヨンというエリアに校舎を構えています。生徒数は、約17,500人です。

入学試験無しで出願ができる大学です。設備がとてもいいことに加え学費がそこまで高くないのも魅力です。

経営学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング 41位
難易度 Bクラス
教育レベル ★★★★
施設や設備 ★★★★★
学費 約16万円~/ 1年

9.ファティマ大学

ファティマ大学

ファティマ大学は、1967年に設立された私立大学です。学生数も約45,000人は大規模です。

ファティマ大学は、入試なしで出願できる大学です。学費の割には施設の設備もかなり整っているのでおすすめです。

観光学部と薬学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング 52位
難易度 Bクラス
教育レベル ★★★★
施設や設備 ★★★★
学費 約22万円~/ 1年

10.サンカルロス大学

サンカルロス大学

サンカルロス大学は、フィリピンのセブシティに校舎を構える私立大学です。設立は1935年、生徒数は約22,000人です。

セブエリアではトップの大学として有名で多くの優秀な学生が集まる大学で。世界的な大学格付け機関からも高評価を得ています。

サイエンス系、IT系、エンジニアリング系、ビジネス系、教育系の学部でたくさんの学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング 7位
難易度 Aクラス
教育レベル ★★★★
施設や設備 ★★★
学費 約15万円~/ 1年

11.セントルイス大学

セントルイス大学

セントルイス大学は、フィリピンのバギオにある私立大学です。1911年にキリスト教の戦況にしよって設立された歴史がある大学で生徒数も約30,000人です。

バギオエリア内ではトップの大学として有名でルソン島北部のエリアから優秀な学生がたくさん集まります。

エンジニアリング系、ビジネス系、医療系、教育系と複数の学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング 21位
難易度 Aクラス
教育レベル ★★★★★
施設や設備 ★★★
学費 約12万円~/ 1年

12.バギオ大学

バギオ大学

バギオ大学は、フィリピン北部の教育都市バギオに校舎を構える私立大学です。設立は1948年で学生数は約15,000人です。

もともと「バギオ技術商業研究所」として始まった大学なので、ビジネス系、観光ホスピタリティー系、IT系エンジニア系などキャリアに繋がりやすい学部を開設してるのが特徴です。

日本、韓国、中国などの東アジア諸国や中東諸国から多くの留学生が訪れるのでます。試験が英語力試験のみでいいという進学のしやすさも魅力です。

国内ランキング 83位
難易度 Bクラス
教育レベル ★★★★
施設や設備 ★★★
学費 約10万円~/ 1年

13.コーディリエラ大学

コーディリエラ大学

バギオ大学は、フィリピン北部の教育都市バギオに校舎を構える私立大学です。設立は1966年で学生数は約18,000人です。

キャリアに活きやすいビジネス系、IT系、観光ホスピタリティー系の学部を開設しています。

入学試験が英語力診断とIQテストのみという点も進学しやすいおすすめポイントです。

国内ランキング 84位
難易度 Bクラス
教育レベル ★★★★
施設や設備 ★★
学費 約10万円~/ 1年

14.ミンダナオ大学

ミンダナオ大学

ミンダナオ大学は、1946年にダバオ市に設立された公立大学です。学生数は約40,000人でフィリピン国内でも最大規模の大学として知られています。。

研究設備や施設の設備がよく整っている大学で学費も15万円からとそこまで高くありませんのでコスパのいい大学と言えます。

ビジネス系の会計と経営、IT系の情報テクノロジー、エンジニア系の電気工学と機械工学、加えて教育学部が優良認定を受けています。

国内ランキング 45位
難易度 Bクラス
教育レベル ★★★★
施設や設備 ★★★★★
学費 約15万円~/ 1年

5.セント・ラサール大学(バコロド)

セントラサール大学

セント・ラサール大学は、1952年に設立された私立大学で名門デラサール大学の姉妹校です。生徒数は、約12,500人ほどの中規模校です。

学費が一般の私立大学と比べて1.5~2倍ほど高額ですがその分施設の設備や教育設備のインフラがしっかり整っているのが魅力です。

教育学部が政府による優良認定を受けています。

国内ランキング 73位
難易度 Bクラス
教育レベル ★★★★
施設や設備 ★★★★
学費 約30万円~/ 1年
この記事を書いている人 - WRITER -
tomo-san
ほとんど英語が話せない状態で社会人になってからフィリピン留学を経験。

2012年から5年間、フィリピンにある語学学校でマネジャーとして働き、数多くの日本人留学生の英語学習をサポート。最終的には副代表に就任。その後、複数の語学学校のコンサルティングも携わる。

これまでの経験からフィリピンの現地事情や語学学校の情報に精通している。スピーキングが伸びる英語学習アドバイスなども人気。TOEIC900(R/L)

Copyright© フィリピン留学Hub , 2021 All Rights Reserved.